今日スーパーで仕事をしていて頭に浮かんだTHE YELLOW MONKEYの歌詞(2020年5月10日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス

カル〇ス

仕方ないね

おつまむ

おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス

カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

今日も三密の中仕事しましたよ…

こんにちは。おつまむです。私はスーパーの畜産に勤めておりまして…この忙しい状態は本当にいつまでつづくのでしょうかねぇ。

三密は避けましょうって言われても、人間は飯を食わないと生きていけないわけで。そんで、今は外食をしようとしても、どこも開いていないわけで。

まぁ仕方ないですよね。スーパーに人が集まるのは。正直もう諦めています。てかレジは間隔を開けて並んでもらうのはありがたいのですが、品出し中に寄ってこられるのはちょっと…

と、愚痴も言いたい今日この頃。こういう時って、頭の中に好きな曲がふと流れる事がありませんか?今の心情を表す様な曲が。

今日、私の頭の中には多くのイエモンの曲が流れました。いやぁイエモンの曲の歌詞ってすごいですね。何が凄いって、ぱっとその歌詞の一部が強烈に思い浮かんでくのですよ。

という事で今日の仕事中にぱっと思い浮かんだイエモンの曲の歌詞を殴り書きしようと思います。

一気にお買い得品の鶏もも肉に群がる人達をみて…僕ら光に集まった虫みたいね(SHOCK HEARTS)

お買い得品の鶏もも肉が売場から無くなったのをみて…乗客に日本人はいませんでした、いませんでした、いませんでした、僕は何を思えばいいんだろう、僕は何て言えばいいんだろう(JAM)

お買い得品のひき肉が売れていると思いきや、お買い得品じゃない合いびき肉が売れているのが信じられなくて…本当だよFather(FATHER)

100グラム598円で値段を付けるはずだった牛タンの値段が、間違って100グラム59円でついている事をお客様に指摘され…人が海に戻ろうと流すのが涙なら抑えようないね(聖なる海とサンシャイン)

豚モモの成型の調子が上がってきて…値のはるシックなスーツで、大人げない様なジョークを、交わす気ままなランデブー(マリーに口づけ)

解凍の牛レバーを欲するおっさんに「解凍までに時間がかかります」と伝えたら「冷凍のままよこせと」と一歩も引かないおっさんを相手にした時…我がままの固まりでできた君はダイヤモンド(イエ・イエ・コスメティック・ラブ)

昼12時なのにめっちゃお客さんがいて、お昼に入れない状況に。…神様が作る人様に振り回され台無し(ALRIGHT)

昼から上がってきて、鶏肉だけではなく、豚こま切れもなくなって絶望した瞬間…追いかけても追いかけても逃げていく月のように(バラ色の日々)

最後の掃除をしていて…色んな景色が流れて、何故だかわからず涙目(MOONLIGHT DRIVE)

本当に心に残る歌詞ばかり

今日の仕事中、頭に浮かんだイエモンの曲の歌詞たちでした。いやぁだからなんだって話なのですが、いつでもどんな時でもぱっと浮かぶ印象深い歌詞ばかりですね。イエモンの曲は。

吉井さんが作る歌詞って色々考察がされていて、色々な言い回しや比喩・隠喩が多いのです。私が思うに吉井さんが作る歌詞の意味は、ソロ時代に出した曲「Pain」という曲の「オレの詩には意味がない だけど君に伝われ」という歌詞に尽きると思うのです。

吉井さんは「意味がない」って言ってるのだけど、聴いている側としては、この歌詞はこんな意味があるのでは?とか色々考えてしまう。吉井さんの天才的な歌詞は聴いている人が色々な解釈をしてしまうのだ。

だからこそ吉井さんが作る曲にのめり込んでしまう。

そしてライブでは「オレの詩には意味がない だけど君たちには伝わっているよなぁ?」ってさらっと言ってしまうのもしびれますよね。

ただ…まぁ過去のイエモンの曲は、NHKで歌えないやつばっかですけど。

「VAGINAが泣いている」とか「ほしぶどう」とか「僕は孤独なつくしんぼう」とか。一生ついていきますぜ…兄貴…

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★追憶のマーメイドという、ただの名曲。 (2020年1月3日カル〇スブログ2)

★いくぞ!スーパーの畜産部。サガリの貯蔵は十分か?いらっしゃいませぇぇぇぇぇええ! (2020年5月7日ゴールデンウィーク中の話)

★吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞!イエモン時代とソロ時代から自分的最高な歌詞10選! (2020年3月3日カル〇スブログ)

★[非常事態宣言とはなんだったのか]スーパーの肉屋アルバイト店員が語る地獄の4日間(2020年2月27~3月1日)

★[イエモン]吉井さんはなんでこんなにかっこいい歌詞を思いつくのか。 (2020年1月14日カル〇スブログ)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)

吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞!イエモン時代とソロ時代から自分的最高な歌詞10選! (2020年3月3日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

イエモンニコ生初出演!30周年30時間生放送を記念して、吉井さんの素敵な歌詞をご紹介!

こんにちは。おつまむです。何となく今日ニュースを見ていたら、私が愛してやまないロックバンド「ザ・イエローモンキー」がニコ生に初出演するという事で。なんと30周年記念にちなんで30時間も生放送!

とはいっても、内容はこれまでにリリースした全楽曲の一挙配信や過去のライブ映像やMVが中心になるという事。過去のMVとか今の時代に受け入れられるのか?というものもちらほらあるのだが…

あるのだが!妖艶でかっこいいイエモンの姿は今見ても色あせる事はないので、是非見て欲しい。30時間放送は3月6日午後3時から行われ、翌日7日20時からはイエモンメンバーも登場する!

私は仕事なので、すべて視聴する事は不可能だが!メンバー出演時にはなんとか見る事ができそうだ!また番組の一部はプレミアム限定視聴という事だ。ニコ厨の私は勿論余裕の表情で見る事が可能だ

さて今回は、イエモンがニコ生初登場という事でな。イエモンのボーカル吉井和哉が歌うとってもかっこいい歌詞を、独断と偏見でご紹介しようかなと思う。

とはいっても!私がイエモンを知ったのは「プライマル」の時で、知った時には解散…勿論過去の曲はいくらから聴いているが、ソロ時代の方が、個人的にはまだ自信がある。

という事で、イエモンの曲とソロ時代の吉井和哉およびYOSHII LOVINSONのかっこいい曲の歌詞も織り交ぜながら今回は10個ご紹介していこうと思います。ニコ生…楽しむしぎますねぇ!!

・吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞1:白くちらつく胸元に 触れたいのに胸元に
THE YELLOW MONKEY・悲しきASIAN BOYより。おっぱい触りたい…おっぱい触りたい…というかっこいい歌詞!イエッサー!!この曲はいつ聞いても色あせませんよねぇ。MVの吉井さんの短髪も良いが、アニーのカメラ目線にじわる。

・吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞2:世界中が快楽と狂気の間を行ったり来たり
THE YELLOW MONKEY・真珠色の革命時代より。この前の地獄の様な土日での仕事(スーパー勤務)でずっと頭の中に浮かんだ歌詞。まぁ、最後に思考錯誤の愛撫を散りばめとけええんちゃう?

・吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞3:黄金のろくでなし、大いに結構!進め!!
THE YELLOW MONKEY・I CAN BE SHIT, MAMAより。サビの「アッカンベーしたまま」と題名がリンクするこの曲。サビも良いけど、やはりこの歌詞を吉井さんが歌うのがかっこいいんですよ。

・吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞4:どうして大切って字は大きく切ないんだろう
THE YELLOW MONKEY・淡い心だって言ってたよから。そうだね、ただの名曲からのこの言葉遊び的なこの歌詞。吉井さんの表現力と相まって…もうね…かっこよすぎる。

・吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞5:いつか僕等も大人になり老けていく
THE YELLOW MONKEY・楽園より。どこを切り抜いてもかっこいいんだけど、吉井さんは「老けると」いう事にたしか美学があったような事を何かのインタビューで聞いた事あって(勘違いだったらすみません)。それで、イエモンと出会って約20年。わしも老けましたわwwあと、清原さんとかピエール瀧さんとか、動脈のハイウェイを駆け抜けた人に聴いてほしい曲。

・吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞6:つくしんぼう
THE YELLOW MONKEY・天国旅行より。はい名曲からのちょいすぅ~。すっごい暗い雰囲気なんだけど、独特の歌詞、曲のかっこいい転調など魅力的な名曲。この曲、自慰行為の曲だと友達から聞いていたから、このつくしんぼうってwwこの最後に「つくしんぼう」って切なく言う感じがすきなんですよねぇ。また芥子の花びらとかどうやら麻薬も題材しているとか。是非清原さんとかピエール瀧さんとか、汚れた心とこの世にさよならした人に聴いてほしい。

・吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞7:僕ら光に集まった虫みたいね
THE YELLOW MONKEY・SHOCK HEARTSより。今ショックハーツのこの歌詞の部分を吉井さんから聴くだけで、たまった有耶無耶と胸のモヤモヤを、晴らせる…晴せるわ!!

・吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞8:ビルマニア:悲しい悔しい繰り返したら濃い血が流れだした
吉井和哉・ビルマニアより。10選といいつつ、8個めでソロ曲w個人的にソロ曲の方が、吉井さんが歌うからかっこいい曲多くて。特にこのビルマニアのこの部分。そして最後は流れるままに…

・吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞9:走れこのままじゃ何も変わらない
吉井和哉・WINNERより。吉井和哉ファンであれば、多くの人がこの曲に勇気づけられたのではないのか。いい意味でらしくない歌詞、やさしいメロディ。でもしっかり聴けば吉井節が多く散りばめられている。「走れこのままじゃ何も変わらない」本当に最強にかっこいいぜ吉井さん!

・吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞10:捨ててしまったもの戻ってこないけど なくしてしまったものなら 急に帰ってくることあるんだぜ
YOSHII LOVINSON・トブヨウニから。もっともっとかっこいい歌詞色々とあるんだけど、個人的ナンバーワンの歌詞を最後に。まず、このMVを見て欲しい。めちゃくちゃだからwwこの歌詞は今までの吉井さん「らしさ」はないかもしれんません。しかしこのトブヨウニの「もうやめたい?終わらせたい?でも信じたいからここまで来たんだろ?」この歌詞を聴いて響かないファンはいないでしょう。

吉井さんの歌詞ってすごいよね

という事で、吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞を10個、独断と偏見で紹介しました。ニコ生初出演!という体でご紹介したのだけど、スーパーでの地獄の4日間を味わった時に吉井さんの歌詞が浮かんできて。

爆買いするお客さん、非常事態宣言を無視した様な人だかり。ショックハーツの「僕ら光に集まった虫みたいね」とか真珠色の革命時代の「世界中が快楽と狂気の間を行ったり来たり」とか正にそうだなと思いまして。

という事から、今回のブログ記事が生まれ、ニコ生初出演という事もあったので、そこかからもう勢いですね。まぁ、売れていない娯楽施設とかと比べるとね、売れているので私の会社は景気が良いのですが、「コロナ需要」でってのはどうなのだろうか。と思う今日この頃。あー、おっぱい触りたい。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★[非常事態宣言とはなんだったのか]スーパーの肉屋アルバイト店員が語る地獄の4日間(2020年2月27~3月1日)

★吉井和哉様のソロアルバム「VOLT」が素晴らしすぎる件(2019年10月15日カル〇スブログ)

★吉井和哉様が作る「ブリッジ」が美しい(2019年3月7日カル〇スブログ)

★イエモンの曲がYouTubeでめっちゃ聴けるやん!プォーン(*´д`)ポーン(*゜∀゜) (2020年1月6日カル〇スブログ)

★追憶のマーメイドという、ただの名曲。 (2020年1月3日カル〇スブログ2)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)

吉井和哉様のソロ時代のアルバム「39108」は味わい深い名曲ばかり。 (2020年2月25日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

隠れた名盤「39108」を語る。

こんにちは。おつまむです。私が愛してやまない、ザ・イエローモンキーのボーカル、吉井和哉様がソロ時代に発表した「39108」というアルバムについて、今回は語っていこうと思います。

39108は「YOSHI・LOVINSON」時代を経て、「吉井和哉」名義で2006年に発売されたアルバムです。ソロ時代とイエモン時代では、印象が変わりますが、この39108からは「イエモンの吉井和哉」という感じはかなり薄くなっているのではないのかと、個人的には思います。

だが、随所に吉井さんらしさが溢れており、結局、吉井和哉好きにはたまらないアルバムなのだ。さてこの「39108」というアルバムですが、最初聴いた時はそこまで「良い」という印象はなかったのだが、吉井和哉(ソロ時代)のファンを続けていくうちに好きになっていった、少し不思議なアルバムです。

勿論これは個人的な感想なので、このアルバムの捉え方は人それぞれだと思います。そう…人それぞれのマイウェイ…

吉井和哉様のファンであればあるほど好きになっていく39108。この不思議な魅力がある39108の個人的に好きな曲と歌詞等を5つご紹介していきます。

ちなみにこの「39108」というのは自身のその時の年齢「39」と「サンキュー」の意味を持ち、「108」の部分は自分の誕生日(10月8日)と「煩悩の108」の意味を持つ。

それを合わせて39108。30代最後に、今まで自分を苦しめてきた煩悩にお礼(サンキュー)を言うという意味が込められている。

隠れた名盤「39108」ピックアップ曲①:人それぞれのマイウェイ
「天気がいいから気分を変えにドライブに行くんだ」という歌詞が、ピッタリのイントロかり入り、吉井さんらしい「どうでもいいことが大事なことなんだ」というしびれる歌詞。

もうすでに最高なのだが、この曲は随所に「吉井さんだからこそ」かっこいい歌詞がちりばめられている。また同時に、アルバム「39108」のテーマに沿った曲ではないのかとも感じる。そして吉井さんと言えば曲のブリッジにも注目だ。「ガソリンスタンドに寄った可愛い女のの店員が~」からの件。「本当に俺はオーライか」からの「給油口に入れる時のゴリっていう音キライだ」までの一連の流れ。情緒不安定過ぎて、狂おしいほど好き。

隠れた名盤「39108」ピックアップ曲②:LIVING TIME
イントロからすでにかっこよすぎてしびれるこの曲。「そろそろマシンガンを放つときなんじゃない」「世界は閉ざされたまま?NONONOそれはない」等しびれる歌詞が並ぶ。そして個人的に好きな歌詞は「守るものは一つだけなんじゃない」の部分。マシンガンを放つときなんじゃないは、ニュアンス的にぶっ放すって意味だと思うけど、この歌詞は「一つ」とも「一つだけじゃない」とも感じ取れる。言葉も聴く側も遊んでますわ。

隠れた名盤「39108」ピックアップ曲③:WEEKENDER
吉井和哉のソロ曲で、5本の指に入るほどの名曲(だと勝手に思っている)ですが、やはりこの曲はストレートにかっこいい!!特にブリッジ!「遠回りしても良かったと言える大人になりたい」という歌詞にどれだけ救われたか!これを吉井さんが歌うってのが刺さるのです!

とにかく後半になるにつれてかっこよさが増すこの曲ですが、ライブの映像とかを見るともっともっとこの曲を好きになります。ライブの時のかっこよさと言ったら…!

隠れた名盤「39108」ピックアップ曲④:ALL BY LOVE
名曲WEEKENDER からの、ALL BY LOVE 冒頭「乗りこなせ、この不安定」の強烈な歌詞!吉井さん…時々曲の入り飛ばしてくる時あるけど、この歌詞はイエモン時代の「Four Seasons」の冒頭歌詞「まず僕は壊す」以来の衝撃。吉井さん…衝撃に備えられなかったよ…

隠れた名盤「39108」ピックアップ曲⑤:恋の花
最後は「恋の花」という曲。とにかく、くらーい曲で、吉井さんが好んで作りそうな曲。歌詞が凄い短かく、一文一文が重い!この曲を好きになったきっかけは、宇宙一周旅行のライブDVDからです。

ライブでは、歌詞と曲調等が違う原曲が披露されました。この原曲が中々残酷な歌詞で、病みつきになり、アレンジがかっこいい!!と思い、そして39108の方の恋の花を改めて聴くと、違う良さに気付いて…て感じで好きになりました。

39108の曲はライブで輝く曲ばかり!

吉井さんの魅力って、アルバムの音源も良いけど、その音源をライブで余裕で超えてくるとこだと思います。…ライブ行った事ないけど…

特に!39108の曲はライブで輝く曲ばかりで…だからかファンであればあるほど、39108というアルバムが名盤だ!と感じるのかもしれませんね。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★吉井和哉の歌詞が美しい…おすすめの歌詞まとめ!(ソロ)1(2019年5月8日カル〇スブログ2)

★やっぱり吉井和哉の歌詞は美しい…私の好きなソロ吉井和哉の歌詞!2(2019年6月22日カル〇スブログ)

★吉井和哉様のソロアルバム「VOLT」が素晴らしすぎる件(2019年10月15日カル〇スブログ)

★吉井和哉様が作る「ブリッジ」が美しい(2019年3月7日カル〇スブログ)

★追憶のマーメイドという、ただの名曲。 (2020年1月3日カル〇スブログ2)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)