ジャイアンツ小林誠司を応援していて良かったなと再確認。(2020年1月27日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。(不定期になりました)

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

小林ロスの中で見つけた小林誠司の素晴らしいニュースをみた感想!

こんにちは。おつまむです。最近プロ野球ニュースが少なく、でてくるニュースといえばサイン盗みのニュースばかり。

野球界にとっては非常に重要な話題ではありますが、こういったニュースで私見を述べれないのが、野球素人の痛い所…

サイン盗みといのはやっているかやっていないのかなんて微妙なラインで、プロは「やっている前提」でプレーしている訳だから、サインがややこしくなる。

特にキャッチャーは各投手のサインを覚えるだけではなく、チームから出されるサインも覚えなければいけない。

さらに試合に出れば、その時の試合状況によって投手のリードも変わる。そこに打撃まで求められると…と思うと本当に大変なポジションだ。

ゆえにやりがいがあるポジションだと思うし、ある程度の責任を負わないといけない。世間ではその責任の重さが、某有名評論家により日に日に増しており、だれもキャッチャーをやりたがらない訳ですがww

魅力あるポジションでありながら、中々人気が低迷しているこのポジション。そりゃあ最近印象に残る選手が少ないはずです。しかし!その中でも今私を熱くさせる男がいます。

そう小林誠司捕手です!前回小林誠司捕手の記事が少なく「小林ロス」を感じていた私。夕刊フジの、煽ってくる小林誠司の記事にすらかぶりつく私。

そしてまた小林誠司捕手のブログに関する記事を書いているという事は…そう!小林誠司捕手の気になる記事を見つけたからですw

全体的にプロ野球の記事が少ない時期ですから、小林誠司捕手の記事を見つけたらまとめて感想を述べようと思っていたのですが、小林捕手についてのとても良いニュースを発見したのでついついブログを更新してしまった。記事は前半後半に別れる。↓
【巨人】スガコバ“解散”で見えたもの 小林誠司、30歳の変化〈1〉
【巨人】スガコバ“解散”で見えたもの 小林誠司、30歳の変化〈2〉

スガコバ解散でみえてきた事や、先日ご紹介した小林捕手に芽生え始めた「責任」やメディア嫌いの小林捕手の自主トレの様子等をこの記事では紹介している。

まずオフの自主トレで大きな変化がみられたのが「責任感」だ。今年は自主トレを断り続けた後輩、育成3年目の広畑塁を受け入れた。

「後輩とこうやって一緒に自主トレをして、まあそういう立場になっていかないといけないなと」と答えている様に、今年は「責任感」というのを小林捕手から感じますし、かなり意識しているなとも思います。

もともと他の選手からも人気で、人懐っこい雰囲気をもつのが小林捕手の良い所です。見ていてもそんな雰囲気を感じますし、小林捕手と組んだ投手からは「誠司さんのお陰」という声も多く聞こえる。

そして「責任感」という強い意思を感じる最近の記事だが、それは小林捕手が「一億円プレイヤー」になったからではない。勿論ファンの私としてはそんな事は分かっていますし、まぁ仮にそうだとしても、個人的に小林捕手に求める「責任感」を感じてくれるなら安いもんだ。

ただ記事内では「1億円プレーヤーになると、こうやって人は変わるのか―。」なんて書き方をしているのですから、若干イラッとはきた。

しかし!この記事を最後まで読むと、やはり小林捕手を応援してきて良かったなと感じる。また小林捕手の2020年シーズンも、もっともっと応援したくなる…そんな記事でもあります。

さて2020年シーズン、小林捕手は31歳を迎え「責任感」をかなり強く意識している様にもみえる今日この頃。2019年シーズンで小林捕手を大きく変えたものがあるとこの記事では伝えています。

それは届かなかった「正捕手の座」です。2019年シーズンは試合数100試合を切ってしまいましたし、小林捕手も「優勝したが個人としては…」という事を述べている。

私も2019年シーズンは見ていて辛い事もありましたが、嬉しい事も沢山ありました。そしてやはり一番辛かったのは「スガコバ」解体。

菅野投手が投げれば必ず小林捕手が受ける。そんな当たり前の光景が今年は当たり前ではなくなった。(それでも菅野投手が22試合先発中、小林は15試合受けた)

同級生で、ジャイアンツのエース。菅野投手は誰が受けても勝てるピッチャーです。でもファンとしてはスガコバの安定感や息ピッタリのバッテリーを見ていたいのです。

勿論「菅野専用機」にも決してなって欲しくないですし、この記事のインタビューにおいても小林捕手は「色々なピッチャーや若いピッチャーもいっぱい受けて、一緒に成長していきたい」とも語っています。

スガコバ解体で気持ちの変化があったのだなと読んでいて感じますし、さらに今年は「責任感」を口にしています。まぁ同時に菅野投手への愛もこの記事ではビシビシ伝わりますがww

そしてこの記事の後半では、小林捕手と同学年の丸選手の影響や、小林捕手自身の体や心の部分について多く語られている。

小林捕手といえば「強靭な肉体の持ち主」という印象が強いぐらい怪我に強い。ただ本人は「痛いところはいっぱいあるよ。」といっており「出来るのに痛い痛い言っているのが一番カッコ悪い」とも言っている。

本人の中でとても危機感を持っているなと感じると同時に、あまり無理しないで欲しいなとも思う事も。まぁマッサージ機も買った様ですし、大丈夫でしょうww

重圧の中で着実に進化してきた男「小林誠司」は2020年も期待大!

そしてこの記事では「心」の部分についても語っている。重圧がすごいジャイアンツの捕手であり、偉大な「阿部慎之助」の後ともあり注目される小林捕手。

やはり自分の事がネットニュースになり、ついついコメント欄の酷評に心が折れそうな事があるとの事。

しかしその中でも心が折れる事なく受け入れてやって行く姿勢や「絶対負けないと思ってやってるし。」のコメント。もうこのコメントだけでも、今まで小林捕手を応援してきて良かったなと思える。

どんなに周りから酷評されようと、受け入れてゆっくりではあるが成長してきた男。マイコラスにフレーミングについて公開処刑に合った事もありました。

WBCで千賀のフォークを取れなくて酷評された事もありました。しかし今はどうでしょうか。フレーミング技術が12球団一だったというデータや、監督に世界レベルと言われる守備力。

決して早い成長とは言えませんが、確実に失敗を糧に成長をしていると感じています。

「まだまだできると思ってやってる。もっとやれる。もっとやらなあかん」。この言葉だけで2020年は十分期待できますし、小林誠司という男はもっともっとやれると私は思っています。

良い意味でも悪い意味でも「やらかしてくれる」魅力たっぷりな小林捕手。この記事をみて2020年シーズンのプロ野球が一層楽しみになりました!

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

ツイッター→★gaharagi3(おつまむブログ)
★日本が誇る夕刊3紙は小林1億円をどのように伝えたのか?オフも熱いぜ!フ●・ゲン●イ・東ス●!(2019年12月11日#小林誠司)

★FA失敗…どすこいメジャーへ…どんでんと化した原辰徳監督(2019年11月21日#小林誠司)

小林ロスな今日この頃…小林捕手の記事が出ると喜ぶ32歳、男性。(2020年1月24日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。(不定期になりました)

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

小林…小林やんけ!!

こんにちは。おつまむです。プロ野球がオフシーズンになり、移籍等の活動も落ち着きはっきり言ってプロ野球ロスの今日この頃。

プロ野球ロス…小林ロス…という事はそう!読売ジャイアンツが誇る名捕手、小林誠司選手の動向が気になりますよね。

しかしこの時期は見ての通り、シーズン中やオフシーズン直後、あんなにスポーツニュースを賑わしていた小林捕手の記事が全然ありません。

とはいっても、大人気の小林捕手。プロ野球ロスが深まる今日この頃でも!たまぁに小林捕手の記事を見かける事があります。

という事で、今回はヤフーニュースを見ていて「小林!小林やんけ!」と喜んだこの時期の貴重な小林ニュースをご紹介いたします!

まずは小林捕手の自主トレをご紹介したこちらの記事から→【巨人】小林誠司“史上最強のボディー”自主トレに記者が潜入 鬼トレ挑戦で悲鳴…

メディア嫌いの小林捕手ですのでね、こういった自主トレの様子は一ファンとしては非常にありがたいです。

これだけ注目されて、メディアにもよくわからんファンにもあれだけ言われたらメディア嫌いにもなりますわ。

そんなメディア嫌いの小林捕手を取材したのは、スポーツ報知の巨人担当の小林圭太記者(26)です。うん?小林?小林やんけ!そっちも小林やんけ!!

小林という苗字がつく人に悪い人はいないというのが私の持論で、またまたこの記者と小林誠司捕手は仲が良さそうなので期待感ありますね。誠司さんとか呼んじゃっていますww

かなり良いコンディションという小林捕手。記事の内容は社会人時代過ごした大阪・貝塚市の日本生命の施設で行っている鬼の自主トレを、記者の小林さんも体験したとの事。

記者の小林さんも体力がある方だと言うが、体幹を使ったりトレーニングや、一見地味に見える反復トレーニングに四苦八苦。

見た目以上にきついトレーニングを自分に課しているの理由には「怪我で出られなくなったら終わり」という強い決意があるからだ。

こういった地味でありながら細かい筋肉を鍛えるトレーニングは、大きな怪我に繋がる小さな怪我を減らしていく。またその効果は実際にでており、プロ6年間の中で、怪我による抹消は、デッドボールによる左肩骨折の一度だけだ。

年齢や昨年のポストシーズンの使われ方を見ると厳しいシーズンになりそうだが、今年も怪我無く頑張ってほしい。

次は球界きってのイケメン小林捕手ならではの記事→【巨人】モデルも顔負け!? 小林が雑誌「Safari」の『アスリートドレッサー』を受賞

ジャイアンツの小林捕手が2020年1月19日に行われた「第8回 Safari Athlete Dresser Award」に出席しアスリートドレッサーを受賞したという事だ。

引用「世界大会や国内リーグで日本中を盛り上げたアスリートたちの活躍をたたえると同時に、ライフスタイル、ファッション面でも影響のあるプロアスリートを選出。野球界からは小林が選ばれた。」

顔がイケメンでスタイルが良い小林捕手、さらにシーズン中いつも新聞を賑わしている小林捕手。そりゃあ選ばれますよねぇ(*´ω`*)

ちなみにファッションも本職同様「守り重視」との事。今の監督が打つ方も求めてますからねぇ。自虐的なコメントしといて、実はイケイケなんでしょう?


次はリーダーとしての自覚が芽生えてきたのでは?というこちらの記事→【巨人】小林誠司、サカマル序盤不在のキャンプ「先頭に立って引っ張っていく」

アスリートドレッサー賞の授賞式のインタビューから。先ほど述べた年齢の事や阿部選手の引退等から、自分自身先頭にたってやっていこうと自覚や、その事によって責任が生まれてくるという事を小林捕手は語っています。

また、正捕手争いについても「負けるつもりはない」と宣戦布告。記事内にも書いているが、チームを引っ張るという事は結果も共わないといけない。今年も勿論応援しているぞ!!

最後は安定感抜群のこちらの夕刊紙から→巨人・小林が五輪落選の危機 侍での信頼と評価は高いが…ベンチ入り人数減で「リストラ候補」に

久しぶりに出てきた小林に、夕刊フジが襲い掛かる!!あぁ懐かしいですね、この感じ。小林ロスの今時期はこんな記事ですら嬉しくなる自分が悲しい…

さて内容につきましては、五輪オリンピックではベンチ入りメンバーが減る事で、捕手は2人体勢に体勢になるのでは?その時のリストラ候補になるのは小林捕手、だという事だ。

ふむ…正解!普通に考えてもそうでしょうね。私は小林捕手の大ファンですので、かなり贔屓しています。守備や肩は本当に世界のKOBAYASHIだと思いますし、近年もリード良いなと感じます。

また投手への気遣いも素晴らしい。しかし!打撃がwwもっとやれると思うけどねぇ。でも野球は点取りゲームですし。プレミア12で活躍した会沢會澤捕手や、西武の森捕手と比べると小林捕手は選らばれる確率が低い事は分かります。

そうこの夕刊フジの記事は私的にはそこそこ的を得ているとは思いますが、別に書かなくても良くない?という内容。にわかな私でも少し考えればわかる内容。

久しぶりにアクセスが稼げる小林捕手がメディアに出てきたから、ちょっと題名煽らせばみんな見るだろという記事。

見事に釣られましたww

もうすぐ野球界が賑わう時期になりますね☆

とはいっても、もうすぐ野球界が賑わう時期です。この様な夕刊フジの記事でも嬉しくなるこの頃ですが、キャンプからオープン戦、そして3月20日に開幕…!!

もう2か月切っているのですよ!! いやはや楽しみで仕方ないですよ!小林捕手はこのまま怪我無くいってほしいですねぇ。

夕刊フジが煽っていたオリンピックは、選出されたらそりゃあ嬉しいですけど、個人的には別に選ばれなくても…という感じですかね。

そもそもオリンピックどうこうよりも、ライバル捕手に勝てるかどうか。私が気になるのはそこです。

オリンピックには各チームの正捕手が出た方が、ファンも納得でしょう?今年の始まりは正捕手という位置づけではないですが、今年のシーズン中小林捕手は、正捕手となってくれると私は勝手に信じておりますw

もっと小林捕手の情報プリーズ!と思いながらユーチューブで練習風景を見る日々。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

ツイッター→★gaharagi3(おつまむブログ)
★私が好きな「〇〇コバ」ランキングぅ~!!ベスト5!(2019年10月16日#小林誠司)

★[2019年版]ファンを楽しませてくれた小林誠司のニュースを振り返る。(2019年12月20日#小林誠司)

[2019年版]ファンを楽しませてくれた小林誠司のニュースを振り返る。(2019年12月20日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。(不定期になりました)

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

どんな時も小林誠司がいました

こんにちはおつまむです。プロ野球もオフシーズンすっかりオフシーズン。FA補強ではジャイアンツ…ではなく、楽天とロッテが盛り上がっている今日この頃。

オフシーズンでも、ジャイアンツの名捕手小林誠司様は何かと話題にでてきます。特に何かやったわけではないのにww

ちょっと前に1億で契約更改しましたが、その1億円契約更改も単年契約と言っているに、東スポと夕刊フジだとなぜか複数年契約と報道される始末。

最近では川口和久さんが、小林捕手について語っていたり前監督の堀内さんが苦言を呈したり等々、とにかくどんな時も小林選手はプロ野球ニュースの中心にいます。

裏を返せば、小林誠司のニュースを出せばみんなみてくれるという事であり、とにかく小林選手のファンが沢山いるという事にもなります。

良くも悪くも期待を裏切らない男ですし、なんならいいところでゲッツー打ってもなんか許せてしまうのが小林誠司という男の魅力です。

また隠し切れない勤勉さ、真面目な人柄は多くのファンを虜にし、その甘いマスクも相まって多くの女性ファンを虜にしてきました。

そういえば川口和久さんのコラムで、小林誠司結婚しろという文脈がありましたが、結婚したらジャイアンツの球団側が大変だろうなぁ。

結婚で思い出しましたが、某野球ユーチューバーが小林誠司結婚みたいな事をユーチューブで言ってましたね。本当にいつでも何をしてなくても話題になる男です。

そこで今回は2019年ももう終わるという事で、2019年に話題になった小林選手のニュースを少し振り返ろうかなと思います。

[新年早々に斎藤佑樹とのトレードの話が持ち上がる]
2018年オフに炭谷捕手を補強したジャイアンツ。その中で、監督は大城捕手を正捕手にしたい思惑があるようだと報道。つまり小林誠司の居場所が…その中で浮上した小林誠司と斎藤佑樹のトレード疑惑。
また炭谷捕手を補強した事で、ただでさえファンが監督に不信感を持っていたのに、この報道がされた時は色々とファンの中でも盛り上がりました。
まぁ、結局は何も無かったんですけど。普通に考えて…釣り合ってないような?

[新年早々愛車のポルシェをぶつける]
信号待ちの際にしっかりブレーキを踏んでいなかった為軽くぶつけてしまった様です。これを、ジャイアンツの度重なる不祥事を絡めて報道。
さらにここぞとばかりに小林を追い込む記事。ぶつけてしまった小林が一番悪いのだが、マスコミや小林を叩いておけばいいみたいな専門家(笑)がいれば、精神的に疲れて事故も起こしちゃうわ。

[交流戦から炭谷捕手優先案]
開幕後、春の風物詩「SEKAINO KOBAYASHI」の活躍もあり高い打率を誇り正捕手といってもよい活躍を見せる小林誠司。
ただ5月に入り打率は急降下。毎年の出来事なので、特にファンは驚きもしないが、そんな折交流戦では「捕手炭谷」が優先されるのでは?と報道された。

[菅野の専用捕手は炭谷選手?]
交流戦に入った半ば、交流戦では小林捕手と炭谷捕手は、お互い半分ずつ先発マスクを被りました。その中でエース菅野が腰痛で離脱しており、6/9のロッテ戦で復帰しました。
その時バッテリーを組んだのは、スガコバで有名な小林誠司ではなく炭谷捕手。
また交流戦、炭谷捕手が先発マスクを被った試合は全勝。小林捕手はいきなり大きな山場を迎える。

[リード面において銀ちゃんの方が1枚半上回っている発言]
スガコバ解消の中で、原監督が発したこの一言。菅野クラスになると、誰と組んでも抑えられるから、単純に菅野投手の体調が悪いだけじゃ?と思ったファンも多いが、そこそこに結果も残している炭谷捕手。ただ、交流戦菅野投手はソフトバンク戦でバカスカ打たれたました。そこは炭谷捕手を責めないのですね。

[懲罰交代?今村投手続投で捕手交代]
逆風にあいながらも、それなりに先発マスクを被る小林捕手。小林捕手と組んだ投手からは「誠司さんのおかげ」という声もちらほら見え、それなに首脳陣からも信頼感を得てきたのでは?と思った矢先、炭谷捕手が怪我で離脱する。
小林の時代きたやんけ!と思ったのもつかの間、2019年8月3日の試合でスタメンマスクを被った小林捕手は、4回に炭谷捕手と入れ替わりで1軍に合流した岸田捕手と交代したのだ。先発の今村投手はそのまま続投だった為に、この交代には多くのファンが「懲罰交代」や「一番小林を評価していないのは首脳陣」等々沢山の不満が噴出した。

[クライマックスシリーズで見せた”スラキャ”にファン大興奮]
シーズン終盤、小林捕手が殆んどの勝ち星に絡み、リーグ優勝が懸かる場面では9回に同点打を放つなどの活躍をみせ、リーグ優勝に大きく貢献。
その勢いはクライマックスシリーズでも健在しており、10/11に行われた阪神とのクライマックスシリーズでは、6-6で迎えた8回無死1・2塁の場面で、阪神マルテが放った一塁ベンチ付近の飛球をスライディングキャッチするファインプレー。
この様子がツイッターで公開されると、一晩で8万再生を超えファンからは多くの絶賛する声が寄せられた。

[小林捕手、フレーミング技術がすごかった]
一億の大台に乗せた小林捕手ですが、その評価の内訳の中に「フレーミング技術」が12球団の捕手の中でトップだった事が明かされた。
フレーミングとは、ストライクかどうか際どい球を捕手が捕球する際、主審に「ストライク」とコールさせる事が出来るかどうかのキャッチングの技術である。
マイコラスに「コバヤシィ!」とキレられた時はどうなるかなぁと思ったけど、勤勉な性格があってこその賜物。やはり小林捕手のファンは辞められねぇ。

小林選手お疲れ様でした。来年も多くのファンが期待していますよ

少し探しただけでも多くの小林記事がありました。本当にいつでもニュースの話題にいる人だなと実感しましたし、2019年の良く分からん言われよう等を目の当たりにすると、良く心が折れずにやっているなと…。

とりあえず凄いの一言です。ただ小林捕手もそこまで若く無いですし、クライマックスや日本シリーズでの捕手の起用を見ていると、原監督は大城選手を推している感が強いです。

山口投手もメジャーでブルージェイズと合意との事ですし。2020年も益々大変なシーズンになると思いますが、これからも私は小林捕手を応援しますよ!!

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

ツイッター→★gaharagi3(おつまむブログ)
日本が誇る夕刊3紙は小林1億円をどのように伝えたのか?オフも熱いぜ!フ●・ゲン●イ・東ス●!(2019年12月11日#小林誠司)

FA失敗…どすこいメジャーへ…どんでんと化した原辰徳監督(2019年11月21日#小林誠司)