失礼ですが、ASBeeがここまで良い靴屋だとは思っていませんでした…(2019年7月9日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ 
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス 
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

アスビーを調べてみたら納得。そりゃすげぇわ

こんにちは。おつまむです。最近ABCマートが帯広にも進出し、大型靴屋のチヨダとバチバチ言わせていますが、ふとこの前とある靴屋に立ち寄った時私はとても衝撃を受けたのです。
その靴屋の名前はそう「アスビー」です。訳合って帯広の長崎屋に先日行ったのですが、とにかく衝撃を受けました。

長崎屋の喜久屋書店でしかきららMAXを見かけなくなり、必ず月1で長崎屋に行き、アスビーにも来店していました。その時にプロケッズの靴を見つけて興奮したのを覚えています。

では、なぜ今更帯広のアスビーに衝撃を受けたのかというと、帯広のABCマートを見た後のアスビーの圧倒的な売場の存在感 、シュープラザや靴流通センターのチヨダ系列の商品展開を見た後のアスビーの圧倒的なカリスマ性ある商品展開を目の当たりしてしまったからです。
チヨダかABCマートどちらか一つだけだと、アスビーの凄さを実感できなかったと思うのですが、今この2店舗とも「もっとこうしたらいいのになぁ」と思っている事が、アスビーには備わっているのです。

帯広のアスビーは長崎屋の店内にあります。親会社は「ジーフット」で、どうやらこの会社はイオンの子会社らしいです。モロライバル会社に入ってますやん。
昔「ニューステップ」という、靴屋の中で特にセンスを感じた靴屋があったのですが、今は殆んどがこのアスビーに変わっているそうです。そこで私納得しました。この靴屋がなんでこんなにセンスがあるのかと。

ABCマートと比べた時売場の広さはアスビーの方が広いかな?って感じです。ただ、アスビーの商品陳列は様々な陳列方法を駆使して作られています。基本を抑えつつ、崩すとこは崩す。だけど、全体の陳列が基本に忠実なので、その崩れた部分はおしゃれにみえるのです。
ビジネスシューズ等ベーシックなカラーが多いカテゴリについては、すべて基本通り。見やすくかっこよく売場が陳列されています。
一方ABCマートは基本陳列のみでの展開です。見やすい事は見やすいですが、やはり売り場のインパクトはありませんよね。また華やかさを出したいレディースコーナーは崩した陳列ですが、なにせ在庫が足りない。逆にアスビーは在庫もぎっちり積んで隙間なく、華やかに陳列されています。

次は商品構成について。アディダスのオリジナルスラインは、ABCマートがほぼ独占しています。ですので、どのスニーカーで商品を売るかですが、最近チヨダさんはDCとかデザインが良いアドミラル・ゴライアス等を育て切れていなく品番も少なくなっている印象があります。
また色々な品番に手を伸ばし過ぎて、ブランドの奥行が少ないといのもあります。
しかし、帯広地区のABCマートが今までなかったので、セダークレスト等の自社ブランドが育っているので店自体に問題はないと思いますし、安い靴を沢山売る靴屋なのでそこまで商品構成に関しては深く考えていないのかなと。
一方アスビーは、先月紹介したスニーカー「プロケッズ」の品番を厚くしたりと、中々面白い靴のブランドをいれてきています。
また、アディダス品番は最低限に、DCやナイキSB・ニューバランスを厚くしています。

ただ、コンバースはプロケッズを売る手前少なくはなっていますが、それでも帯広のABCマートぐらいはあります。
何よりびっくりしたのが、最近「マッドフット」のスニーカーが2000円だったという事です。マッドフット自体そこまで高いスニーカーでもないですし、ブランドとの評価も分かれる所ですが、私は個人的にそこそこ熱いブランドではないのかと思っています。

商品構成・売場の展開等を総合的にみたら帯広の靴屋の中では間違いなくナンバー1だと勝手に思っていますw

おしゃれな靴屋「アスビー」に行こう!

今回は、帯広の靴屋でとてつもない衝撃を受けたアスビーについてご紹介しました。商品の展開で魅力あるのはABCマートですし、売り場が凄いなと思うのは、売場が広く様々な陳列をしているチヨダです。
しかし、総合点で言えばアスビーが一番です。ではなぜアスビーは帯広でそこまで流行らないのか。
私はインパクトのなさだと思います。特に長崎屋のアスビーのフロアって、長崎屋がやっている靴屋もありますし、ご年配向けの靴屋があります。その中にこんなおしゃれで熱い靴がある靴屋があるとは思いません。見つけてもどうしても周りの印象に流されてしまい、狙っている層に響かないという事があるのです。あと実は音更に実店舗を構えてますww
てかイオンの子会社なら、イオン内に入れてやれよww
→アスビー帯広(北海道帯広市西4条南12丁目3番地長崎屋帯広店3F)

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

アディダスオリジナルスはスタンスミスだけではない!おすすめオリジナルス3選!(2019年7月2日カル〇スブログ)
PRO-Keds(プロケッズ)のスニーカーを久しぶりにみた(2019年3月13日カル〇スブログ)②

帯広にABCマートできて良かったわぁ(手のひらグルン)(2019年6月17日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ 
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス 
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

今までの批判的なコメント、申し訳ございません

こんにちは。おつまむです。最近は飲み会&飲み会で、在宅のお仕事とか色々サボってユーチューブとニコニコ動画ばかり見ている私です。
さてさて、今日なのですが、4月26日にオープンした帯広のABCマートについての追加情報という事で。

オープンしてから、靴の品番に奥行がないとか、価格の幅が狭いとか散々行ってきましたが…いやぁ~やっぱりABCマートって最高だなと!という事でここまで無礼を謝ります。申し訳ございません。

でも、やはり店自体の規模は小さいのでそこまで極端に店の商品の奥行が増えたとか、価格の幅が増えたとかというのはありません。極端ではないのですが、コンバースのスニーカーにジャックパーセルが増えたり、メンズシューズのビジネスの低価格帯を増やしたりというのはあるので、小さい店の中でかなり最善を尽くしているのかなと思います。

ただ、やはり無駄なスパンがあるのも事実で、メンズ・レディースシューズが特にその様に感じます。
メンズ・レディース共に、どちらも綺麗に魅せるためにあえて少ない品番で、ジュニアやスニーカー等のシューズと差を付けているのかもしれません。

ですが、店全体で見るとバランスが悪く見えるため、メンズ・レディース又はそれ以外のシューズの陳列方法を変えないと、バランス的にどうかなと。
しかし、売り場のバランスの悪さを帳消しにするほど、ABCマートには魅力的な品番が沢山あります。

ABCマートといえば「バンズ」「ホーキンス」のイメージがあります。そして最近は「ダナー」も殆んど独占状態、「アディダスオリジナルス」もアディダスのオンラインショップやアディダスショップを除けばほぼ独占状態。もっともっと細部までみれば本当に魅力的でセンスあふれる品番が沢山あります。

特に売れているなと感じているは、アディダスオリジナルスのABCマートモデルとコンバースのABCマートモデル。いわゆる、人気ブランドのSMU商材(小売店コラボ商品)が非常に素晴らしい。また、SMUのセンスも非常に良いので、「ABCマート」という価値がどんどん上がっていく。

なんとなく、「~店限定モデル」ってあまり魅力を感じないのですが、ムラサキスポーツとABCマートは別。自信をもって「これABCマート限定」なんだと言えますよね。

さて、話を元に戻しますと、探せば探すほどABCマートの靴というのは魅力ある品番だらけです。しかし!故に!期待してしまう。なので、あの規模の小ささ・品番の少なさ(あの規模ではそこそこ多いのですが)には若干のがっかり感があったのです。

ですが!ですが!この前フラッと立ち寄った時に見つけてしまったのです。コレ↓

そうだね。サッカニーだね。この辺では中々お目見えにならない商品です。特価商品のスニーカーで、レディースサイズなのですが、25.0cmがあったので即購入。(サイズ感が小さめだったので普段より大きめ)

お金ないから、リサイクルショップで安く売られているスニーカーを買い漁っているのですが、そういった歯止めを狂わせる靴がABCマートにはあるのです。
またこちらのチラシも見て頂きたい。

なんとかお客様を逃さない対策なのですがこういった対策が出来るのが流石ですね。まぁABCマートはオンラインショップもっているのでね。

それで、靴の修理もできるのは知りませんでした。単純にサービスや提案力は、周りと比べてABCマートが何枚も上と言えますね。あとチラシの紙が高級品。

お願いだから話かけないで…

という事で、今日は4月26日にオープンしたABCマートについて、手首がねじ切れるくれるぐらい、手のひらを返してみました。
ただ、オープン当初は、オープンしたばかりだから話かけてくるのは仕方ないのかな…とは思ったのですが、まだ結構話かけてくるンゴねぇ。

話かけてくるのは、まぁ店のそういうマニュアルだから仕方無いかと思うのですが、もうちょいスタッフの知識が欲しいかなと。私も元靴屋の店員にも関わらず、そこまで深い知識はないのですが、う~ん。という感じで。
ですが、女性の店員さんみなさん可愛いですしね。正直話しかけられてもまぁ悪い気はしないよねww

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

帯広のABCマートについて個人的に思う事(2019年5月8日カル〇スブログ)

帯広にオープンした「ダイイチ白樺店」と「ABCマート」について思う事(2019年5月1日カル〇スブログ)

帯広のABCマート!!本気をだしてもええんやで?(2019年5月14日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ 
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス 
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

ABCマートには魅力的な靴がいっぱい!

こんにちは。おつまむです。帯広にABCマートができて、あと10日程で一か月が経とうとする今日この頃。帯広のABCマートがあまり本気を出していないようなので!再来店はしていません。
というのは嘘でABCマートに行くと店員さんが話しかけてくるので。話かけてきたらなんとなくスニーカーを買わないといけない雰囲気になるじゃないですか?帯広のABCマートの接客のスタンスは、靴を手に取ってから話しかけてくるスタンスっぽいので。なので、「靴を買う」という目的をもって行きたいと思います。
さて、本日ですが、帯広のABCマートは少し残念な感じですが、本当のABCマートの凄さを、元靴屋の店員の立場からお話しようと思います。帯広のABCマートに少し落胆してしまった人。いると思います。しかし、帯広は売場面積が狭いだけであって、他のABCマートはすごいのですよ?

ABCマートの凄さは独占しているブランドが魅力的なとこにあります。
ABCマートは有名な靴のブランドを独占しています。ここでちょっとしたブランドについての業界用語のお話を。

自社ブランドをプライベートブランド「PB」商品、どの代理店で売っているブランドをナショナルブランド「NB」商品といいます。また、小売店とNB商品のコラボ商品、いわゆるその小売店でしか買えないNB商品を「SMU」商品といいます。

ABCマートで独占している有名なブランドといえば。「バンズ」「ホーキンス」「ダナー」があげられます。
この3つのブランドはABCマートの「PB」商品という位置づけです。ただ、この3ブランドは、ABCマートが1から作り上げたブランドではないので、「NB」と「PB」の間の、ナショナルプライベートブランド「NPB」の扱いになるのでは?と思われますが…。
ですがすべてABCマートが企画して作っているのでPB扱いになっています。これが、海外で企画され、日本で売れるのがABCマートだけだったら、完全にNPB商品になるのですが、ややこしいですね。
ホーキンスは今調べても良く分からないのですが、バンズとダナーは海外のモデルと日本のモデルは全く違うのでご注意を。まぁ、この3ブランドをとってもかなり魅力的ですよね。
さらに、アディダスオリジナルスも、かなりABCマートが独占しています。特に、スタンスミスとスーパースターはABCオリジナルモデル(SMU)も発売しており、価格が安く手に取りやすいです。

また、コンバースワンスターにおいてもABCマートのSMU商品があります。ワンスターといえばジャパンメイドのワンスターを思い浮かべますが、ひと昔前は海外製の価格が安いワンスターがあったのです。それが、今はABCマートのSMUのラインナップになっています。

また、独占商品以外にも、ジュニアのアシックス「スクスク」を積極的に扱っていたり、レッドウィングの取り扱いも本当はあるのです。アシックスのオニツカの取り扱いはかなり微妙なところですが。

ここで一つ疑問に思う事を解説。なぜ、帯広のABCマートには「スクスク」や「レッドウィング」の取り扱いがないのでしょうか?また、ABCマートに限らずオニツカタイガーの靴は十勝であまり見る事がなぜできないのでしょうか?
実は、「スクスク」「レッドウィング」「オニツカタイガー」を販売するのにはちょっとした縛りがありまして。簡潔に言うと、この3品番およびブランドは基本的に地域に1店舗しか販売できないという縛りがあるのです。おかしな話でしょ?基本的になので、札幌辺りでは多くの靴屋さんがこの3品番を取り扱っています。

メーカー側からしたら、ブランドの価値を下げたくないという考えなのです。「その地域で一番信頼のおける靴屋にしか置かないよ」という事。そして、帯広にはこの3品番を取り扱っている店があるのです。つまりその靴屋があるが故に、他の靴屋はレッドウィングやスクスクを販売できないのです。
でも、別の某靴屋ではレッドウィングを置いています。まぁ、それはちょっとしたカラクリがありまして…。でもねぇ、スクスクとかオニツカ置いている靴屋…私大っ嫌いなのですよ。なので、ABCマートの力とチヨダさんの力でなんとか潰してくれないかなぁ、と思う今日この頃。ちょっと帯広のABCマートの力じゃ難しいかな。すいません。話が逸れました。

がんばれ!帯広のABCマート!

という事で、帯広のABCマートはちょっとアレだけど、ABCマートはこんなにすごいのだよ!という事を伝えた様なそうでないような。本当にオニツカとスクスクとレッドウィングの縛りやめてくれと思います。
帯広のABCマート自体、規模が小さいのですが、やっぱりオリジナルスとバンズは魅力的…。最近オリジナルス安売りし過ぎている感もあるのが気になりますが…。まぁ、規模は小さくても魅力的な靴が多い事には間違いありません。あと、あんまり接客にこないで…。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

4月26日オープン!元靴屋の店員が帯広のABCマートに行ってきました!(2019年4月26日カル〇スブログ②)
ヤフオクで買った「アディダス・キール」を今日履いた (2019年3月6日カル〇スブログ)