帯広のABCマートについて個人的に思う事(2019年5月8日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ 
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス 
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

2019年4月26日オープンしたABCマートについて

こんにちは。おつまむです。以前4月26日に満を持してオープンしたABCマートのついて2記事程、感想を述べたのですが、もう少し言いたい事があったので、今日この記事にまとめてみました。
あまり否定的な意見を申し上げたくないのですが、元靴屋の店員として期待していただけにちょっと、粗い所が気になってしまっているのです。まず、帯広にABCマートができて良かった点を述べたいと思います。

まず良かった点は、帯広で人気のスニーカーブランド「バンズ」と「アディダスオリジナルス」の靴がかなり身近になったという点です。また、ダナーも今ABCマートがほぼ独占しておこなっておりますので、その辺りも良かったのかなと思います。
売場の作りも、導線がかなりしっかりしていて、自然の回りができます。陳列は、連続陳列を基本に、左右対称陳列を交ぜている感じです。

それではここから否定的な意見を。まずメンズシューズから。2階の駐車場側から来店してすぐに目に入るのが、メンズ・レディースのメインのエンド(柱)です。その柱のすぐ後ろにメンズシューズのコーナーがあります。やはり場所が場所なので店の坪数も小さく、さらに壁面も小さいので、メンズコーナーの大人っぽいおしゃれさはありませんでした。また、これはメンズコーナーだけに言えた事ではないのですが、ブランドの幅が少なすぎます。
メンズのビジネスシューズは壁面にディスプレイされていて、基本的に連続陳列です。ビジネスシューズは基本暗い色中心なので、下手に陳列するとビジネスシューズが良く見えません。なので連続陳列が基本なのですが、種類が少なすぎです。ホーキンスともう一つ二つ程度しかブランドはなし。目の前にセール品のホーキンスがあり、おそらくそれで価格の幅を出しているのですが、価格レンジ(中心価格)は大手靴屋とは思えないぐらい高い。果たして在庫が回転するのか?その他にビジネスシューズとアウトドアシューズもあったが、やはりブランドの幅は狭い。メレル・ダナー・ティンバーのアウトドアシューズのラインナップは良いが、おしゃれでコスパが良い、コロンビアとティンバーのイエローブーツがないのはかなり痛い。ABCマートは独占状態の靴も多いので、珍しいブランドのアウトドアシューズをおけばいいのでは?とも思う。

次はレディースシューズ。ホーキンスを中心に学需を完全に捨て、大人の女性向けのシューズを展開している。ちょっと年齢層は上かなというウォーキングに近いシューズが殆んどですね。種類はかなり少ない。在庫数までは分からないが、売り場自体が少ないのに、陳列で売場をごまかしているぐらい数が少ない。ただ、イオン内に展開しているという事と坪数を考えれば、ローファーやビジネスパンプスを捨てたのは、店の戦略的にはありかと。

次は、ジュニア。ジュニアは他の靴屋ではできない、バンズとアディダスオリジナルスが展開。だけど、他の瞬足等の靴はかなり少ない。正直、イオンの靴屋の方が選べる。まぁ、おしゃれなバンズやアディダスを買ったついでに買わせる感じかなぁ。でも、すぐ足が大きくなる子供にそんな高いの買ってられないと思うから、私はイオンの靴屋コーナーにいきますねぇ。

最後はスニーカーコーナー。ショップ内の一番奥にありメイン通路側から始まる。バンズ・アディダスオリジナルスを十勝で購入するとなるとここしかないので、壁面でしっかり展開しています。その他にはナイキ・ニューバランス・コンバースも展開。あの規模では、ここまでの展開が限界かなって感じです。広告品でプーマが少しあったけかな?また今度行った時みてみようと思います。
バンズ・アディダスオリジナルスに関しては言う事なし。お金溜まったら買いに行く。でもそれ以外のブランドは奥行が無い。特にコンバース。十勝のコンバースの需要をなめてはいけない。ワンスターとジャックパーセルがない!どんなに小さな靴屋でも、定番のキャンバスとジャックパーセルは取り揃えるのに!という感じです。

好きな靴屋だけに即撤退しなければ良いが…

という事で、4月26日に帯広にオープンしたABCマートについて思う事を述べました。ちょっと規模も小さいですし、あの導線をしつこいぐらい気にするイオンがなぜあそこにABCマートをいれたのかも疑問ですし…。うーん。
でも、スタンスミス・スーパースター・バンズが手軽に購入できるのは非常に嬉しいですね。あとは、撤退しない事を祈るばかりですが、正直今のままでは厳しいですよねぇ。
ABCマートに期待してイオンにきて、ABCマートに良いのないから、イオンの靴屋が儲かるって事になりそうww特に、レディースとジュニアはww
とりあえず、バンズかスーパースターを一足ほしいなと思っていたので、お金が出来次第もう一度覗きたいと思います。という事で、最近帯広にできたABCマートに私が思う事でした。それでは。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

帯広にオープンした「ダイイチ白樺店」と「ABCマート」について思う事(2019年5月1日カル〇スブログ)
4月26日オープン!元靴屋の店員が帯広のABCマートに行ってきました!(2019年4月26日カル〇スブログ②)

帯広にオープンした「ダイイチ白樺店」と「ABCマート」について思う事(2019年5月1日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

ダイイチは成功・ABCマートは…

こんにちは。おつまむです。ゴールデンウィークの唯一の連休という事で、唯一の友達と昨日の夜から飲みに行き、夕方ぐらいに生還しました。あぁ、明日仕事だぁ。ゴールデンウィークだから仕方ないね。
さて、今日なのですが最近帯広には魅力的なお店が2つオープンしました。ここでのブログ記事でもご紹介しました「スーパーダイイチ白樺店」と「ABCマート帯広」です。


畑違いな所はありますが、両方共に同業種のお店で働いた事ある私が個人的な意見を述べさせていただきました。
では、元店員視点からみてこの2つのお店はどうなのかと。ちょっと私が思う事を述べたいと思います。
まずこの二つのお店を比較し感じた事は明暗がはっきり分かれたかなと。十勝で今一番ノリに乗っているスーパーダイイチですが、白樺店は大成功といえます。そのうちどっかのスーパー潰れるんでない?って思うほどの集客力です。逆に「暗」の方はABCマートです。オープン前から店舗の小ささは感じていたのですが、地域調査があまりにも足りていない感じがします。

ここで、明暗の「明」であるスーパーダイイチ白樺店についての私なりの意見を述べます。スーパーダイイチ白樺ですが、十勝最大規模のスーパーという事で当たり前ですが、めちゃくちゃ広いと思ったのが第一印象です。ダイイチだけに。
そう思わせる理由に、入り口顔である「野菜」と「惣菜」のコーナーの通路にかなり余裕を持たせ、お客さんをあらゆる方向に導かせる事が可能です。売場の「線」はダイイチの基本的な導線の引き方なのですが、中の導線は意外に賛否別れるのかなと思います。私は今までにない導線であり、他のスーパーではまず見る事ができない、自由度が高い導線の引き方だと感心しています。特に、ドリンク系すべてを真ん中に集めそこを中心をした売場の展開は他のスーパーでは中々決断できないのではないのでしょうか?
見やすさを重視した機械的な陳列が多い最近のスーパーですが、来店してあそこまでワクワクするスーパーは他にありません。連日あそこまで賑わっている理由が分かります。スーパーダイイチ白樺店に行けばなにかあると。
さらにその期待に応える品数。ただ、心配な点が2点。グッドーが撤退し、ダイイチが広がったと認識しているのですが、なぜ同系列のジョイフルがあるのwwしかも規模がww絶対やる気ないしょww
あとあれだけ売れて営業時間もそこそこ夜遅くまで…加工者等を含めた店員さん死んだりしなよね…?

さて、次は「暗」にあたるABCマートです。帯広のABCマートはイオン内にあります。場所は、二階の駐車場からはいり、ちっこいエスカレーターを下ればすぐ見えます。
まぁABCマートが出来るとしたら、イオンだろうなぁとは思っていましたが、流石に規模が小さい。あと、イオンってショップ間の導線を凄い気にするのに、帯広のABCマートに関しては、めちゃくちゃ導線を外れている…。正直結構浮いていますね。
帯広にもいよいよ、しっかりとしたアディダスオリジナルスとバンズが来ると期待していた人も多いでしょう。
またチヨダ系列ばかりで…と思っていた人も多いでしょう。私の第一印象は、オープン前の予想通りやっぱりなと言う感じです。
致命的な狭さもそうですが、明らかに地域調査をしていない。正直殿様商売と言われても仕方ないという所。このABCマートに関しては、後日改めて思うところを書こうと思うが、かなりきつい戦いになるのではと思います。
まぁ帯広ではオニツカ・アシックススクスク・レッドウィングはとある事情があり取り扱えないのですが(レッドウィングは扱っている店舗もあるが特殊なやり方をしている)それがないのも差し引いても厳しい。
正直、駅前であぐらかいて商売している某靴屋を潰してくれるかと期待したのだが…。まぁなにかしらの大人の事情があったに違いないと思いたい所です。せめて、イオン内の導線に合わせて店を立ち上げてほしかったなというのが本音。

今後の店舗展開に注目!

という事で最近帯広にできた「スーパーダイイチ白樺店」と「ABCマート帯広店」について、私が思う事を今日題材にしました。
くっきり明暗が分かれたなと思います。ですが、こればかりは営業していかないと分かりません。
もしかしたら、今後「明」と「暗」が逆転するかもしれませんし。ですがこのままいけば、ABCマートはかなりきついです。逆にダイイチ白樺店は乗って行けると思いますが、店員さん大丈夫かなww
とまぁ、今後もこの2つのお店にはちょくちょく寄って何か変わったことがあればここで報告していこうかなと思います。それでは。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

4月26日オープン!元靴屋の店員が帯広のABCマートに行ってきました!(2019年4月26日カル〇スブログ②)
ついに帯広にABCマートが出来ます!(2019年4月20日カル〇スブログ)
十勝最大規模?スーパーダイイチ白樺店改装オープン!(2019年4月12日カル〇スブログ)

4月26日オープン!元靴屋の店員が帯広のABCマートに行ってきました!(2019年4月26日カル〇スブログ②)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

ついに帯広にも待望のABCマートが!(歓喜)

こんにちは。おつまむです。本日帯広に待望の靴屋ABCマートが出来ました。
えっ…遅くない…?って感じですが本当にやっとできました。という事で、靴屋に勤めていた事もある私が!帯広のABCマートに行った感想をここで述べちゃいたいと思います。

最近の記事でも述べましたが、ABCマートの魅力は、独占しているブランドの良さにあります。アディダスオリジナルスも独占までは行きませんがそれに近いものがあり、オリジナルスのABC限定モデルのスニーカーもあります。

ですので、この辺でアディダスオリジナルスを購入するのはかなり難しく(某大型店で怪しいスタンスミスとオリジナルスはありますが)ようやくできたなと思っている人も多いと思います。

また、アディダスオリジナルス以上にABCマートのほぼ独占上にある「バンズ」が身近に手に入るのはかなり嬉しい事なのではないのでしょうか?

とまぁ、前置きはこれぐらいにしといて、本日帯広にオープンしたABCマートに来店した感想を、元靴屋の店員の視点から述べてみます。気になる人は是非足を運んでみて下さい!

帯広のABCマートはイオン内に店舗を構えています。2階の駐車場入り口から入り、短いエスカレーターで下ったメインの売場近くにABCマートはあります。
売場はそこまで広くとっていないなぁとオープン前見に行った時感じたのですが、実際にそこまで広くないなという感じです。

二階の駐車場から行くと正面の柱が2本あり、メインのエンドが二つ並びます。一つはメンズのエンド、もう一つはレディースのエンド。おそらく、メンズとレディースで柱の色を変えていると思われ、一目で、これはメンズこれはレディースと分かります。
大きな顔になるエンドですがスニーカーを推しています。(これは季節によって変わります)メンズはナイキエアと、アディダスオリジナルス。意外にバンズは推していないのですね。

帯広のバンズの需要はそこそこ高いのでもったいない気がします。
レディースはニューバランス・バンズ・リーボック等色々なスニーカーが展示されていました。
売場の並びは、メインのエンドの後ろにメンズ、イオン内メイン通路に行くにつれてレディース→ジュニアの展開です。スニーカーの展開はメイン通路から入る入り口から展開され、レディース・ジュニアの後ろで展開されています。

レディースとジュニアのスパン取りは少なめで、スニーカーとメンズシューズ中心。シューケーア商品はレジ前にありショップの広さに対して少し多いぐらいです。

店全体の陳列は連続陳列に左右対称を混ぜた、比較的見やすくもあり、そこそこおしゃれに見える陳列展開をしています。

では、メンズコーナーから。メンズコーナーはホーキンスを中心とした売場です。通路面にはホーキンスの特価品がありました。(メンズセールはホーキンス中心?)
価格は3500円~。高さはないですが、壁面にビジネスシューズを展開。すべて連続陳列で見やすいのですが、ブランドがホーキンス中心なので選べる幅は非常に少ないです。価格は特価品以外は、5000円以上からで低価格帯は無し。

ウォーキングも同じくホーキンス中心。アウトドア系は、ダナー・ティンバー・メレルを抑えているが、得意のダナーを推しきれていない感じと、ティンバーの定番ブーツがないのが気になる所です。売場面積が少ないのでこんな所なのかなと。コロンビア・ノースでは無くメレルを選ぶ辺りは流石だなと。

次はレディース。レディースはホーキンスを中心にしたウォーキング系のカジュアルが多めです。レディースの売れ筋って、そこそこやすく履きやすい、そしておしゃれという靴が良く売れます。レディースコーナーにはその辺りを抑えた靴が多いのですが、ローファーとかブーツは無かったと思います。(追記:後々ハルタのローファーが入荷していました)なんせ入りづらくてあんまりみてないのです。

ジュニアコーナーは売れ筋の俊足がそこそこあり、アシックスのレーザービームが少し。メイン側に、ジュニアの特化品も展開されている。正直、この辺りはイオン内のジュニアコーナーで買った方が種類もサイズもあるかなという印象。ですが、ジュニアのバンズ・アディダスオリジナルスがあるのは中々の魅力といえます。
見たところアシックスのスクスクが無かった気がした…。(地域の諸事情によります)

次はスニーカー。売場で一番スニーカー売場が広い。メインの通路から特価品・バンズから始まる。売場の作りはほぼ連続陳列と左右対称陳列。メインのブランドはバンズを始め、コンバース・ニューバランス・アディダス・ナイキ。
特価品を除けば低価格帯はなく、中価格から。あと、ブランドの奥行が少ないのは残念だなと。特にコンバースはワンスターの展開がなく、シェブロンスターも定番品のみ。まぁ、スパンが少ないので仕方ないのですが。

帯広のABCマートまとめ!

本当はもっと思うところがあるのですが、文字数がヤバイ事になりそうなのでやめておきます。
売場は小さく、ブランドもかなり絞っていますし、価格帯は高めかなと。ブランドの奥行もないのも痛い点で、正直イオン内に商品と被っているものもあり。

ただ、バンズ・アディダスオリジナルスやホーキンス等ここでしか買えない靴があるのも事実です。
また、ディスプレイは整っているのですが、在庫は非常に分かりにくいです。おそらく店員さんが、接客して取りに行くスタイルだと思われます。

昔のABCマート程接客には来ませんが、靴をある程度の時間を持っていると声をかけてきます。なので、店員さんに話しかけられたくない人はちょっと嫌かもしれませんね。
ですので、明確に何を買うか事前にしっかり決め来店するのがおすすめです。
ついに帯広にもABCマートが出来ました。ちょっと暫らくは金欠なのでお金ができたらバンズを買いに行こうと思います。あと、夕方に行ったのですが結構混んでいたので、もう少し空いてからいこうかなと。人混み…怖いです…。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)