私が好きな「〇〇コバ」ランキングぅ~!!ベスト5!(2019年10月16日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。(不定期になりました)

 

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

 

おつまむ 
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

 

カル〇ス 
カル〇ス

許してね。

 

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

〇〇コバとは?

こんにちは。おつまむです。いよいよ日本シリーズが10/19に開幕ですね!相手はソフトバンク!!うん!
さて、ソフトバンク相手という事でかなりの激戦が予想されそうですが、日本シリーズは是非小林誠司を正捕手にしてほしいと思う今日この頃。

やはり、炭谷捕手とソフトバンクの西武時代から相性はあまりよろしくないので。
さて隙あらば小林誠司をかましたところで、流石にポストシーズン中は小林ネタはまぁないですよねぇーと思ってた今日この頃。
最近荒れ気味の「#ジャイアンツ」または「#小林誠司」でツイッターを検索していたら、前から気にはなっていたが〇〇コバというのが最近やたら多くなってね?と思った。

〇〇コバとは小林とのペリングの呼び名みたいなもので、一番有名なのが菅野×小林の「スガコバ」ですよね。
女性に人気が高い小林捕手ですが、すらっとした小林の爽やかイケメンに、がたいが良い菅野投手は非常にバランスが良く(意味深)とにかくこの二人はファンの間では唯一無二の存在になっています。

「スガコバ」が愛される理由にはもっと様々な歴史があります。その辺は置いといて。
またこの小林という男が人気過ぎるせいか、「スガコバ」だけにはとどまらず、小林誠司と組んだ様々な選手にも○○コバと愛称が付けられる事がしばしばあるのです。

そこで今回は個人的に好きな○○コバを、独断と偏見でランキング付けしたいと思います。ランキングはベスト5です。
あとツイッターを大いに活用しているのですが、とある熱狂的すぎる小林ファンが一人で言っている○○コバは含みません。予め了承下さい。

○○コバランキング5位:タクコバ(大城×小林)
はい、いきなり投手じゃなーいww受け×受けとは…
ちなみに大城卓三(おおしろたくみ)のタクをとって「タク×コバ」です。たくぞうかと思っていました。
なぜ、このペアリングを選んだかというと「タクコバ」という響きはそこまで良くはないのですが、この二人菅野と小林の関係を疑う以上に中が良い…良すぎるww

一方的に小林捕手が大城捕手にちょっかいを掛けているようにも見えるのですが、、、これはイケメン同士だから許されるのか。
私が女の子同士がいちゃついているのをみて、尊みを感じるのと一緒なのか。

○○コバランキング4位:デラコバ(デラロサ×小林)
途中加入ながらすばらしい活躍をした「デラロサ」投手ですが、どういうピッチャーかというと、とにかく球が速い。ポンポン160キロ近く出します。それ以上に凄いのが「スライダー」。ビュンビュン曲がります。そしてそこそこコントロールが良い。

ただ結構無愛想なのですが、なぜか小林の前ではものすごく笑顔ですww小林捕手って妙に人に好かれるというか、人懐っこいのかもしれません。
そして、リーグ優勝を決めた時も日本シリーズを決めた時も最後は「デラ×コバ」。
小林がピョンピョン跳ねて、デラロサに抱きつくシーンはいつもほほえまぁ!!

○○コバランキング3位:ドスコバ(山口×コバ)
ドスとは…1人を刺すための、短刀・匕首(あいくち)など、小型の刀。2人を恐れさせるような、すごみ。「どすの利いた声」(参照→★https://kotobank.jp/word/%E3%81%A9%E3%81%99-583626)

という冗談はおいといて、今年菅野投手が不調の中エース並の活躍をしてくれた山口俊投手。山口投手は父親が力士という事もあり「どすこい」の相性でも呼ばれている。愛称の「どす」の方をとって「ドスコバ」なんか響きも良いし、相性も良いしで…日本シリーズもお願いします!

○○コバランキング2位:クッコバ(クック×小林)
すみません、このランキング作ったのこれをやりたかっただけです。でも1位は絶対外せないですよね…という事で2位に選ばれたのはそう!クック投手と小林捕手の「クッコバ」でしたww完全に響きだけですww女騎士ww

とはいってもこのクック投手、シーズン当初は守護神として来日。そこそこに結果を残すが怪我で離脱。クッコバの時の謎のソフトハグ好きでした。

その後クックという名前なのにクイックが出来なく、シーズン中盤あたりで今更感ありありの、クックがクイックの練習をするという騒動が。

しかしクイックはできなくとも、持っている球種はそこそこ素晴らしい!
のだが!どれも決め球に欠け、長距離バッターは簡単に抑えるのに、粘るバッターには永遠粘れるという事案発生。

そこからジャイアンツの先発事情が一気にかわり、クックが先発要員に。持ち球的にも向いてそうでしたし、実際の先発としての登板は、ショートスターターとして考えればそこそこ悪くなかった。

また、菅野投手を崇める某コーチも「悪くなかった」等次の登板を匂わすような発言も度々度していた。しかし匂わせてからの即軍落ち。くっころ!(二軍です)。その後は第二の野上投手と同じ扱いに。
きっとクックは心の中でこう思っただろう。くっ…ころ←言わせねーよ!(言っている)

○○コバランキング1位:スガコバ(菅野×小林)
という事でランキング1位は菅野×小林のスガコバコンビでした。とにかくこの二人の相性は素晴らしく、バッテリーとしてもですが、ガッツポーズするタイミングとかハグにいくタイミングとか一寸の狂いもない。本当に相性がいいのでしょうね。

プライベートでも結構仲が良くて。ただ小林捕手は天然なところもあり、プライベートでの菅野投手のご飯の誘いを小林捕手が普通にスルーしたり、小林捕手に不満な部分もある様です。

しかし、菅野投手から小林捕手へのコメントの多さや、お互い名前で呼び合っている等本当にお互い信頼関係が強いのですね。え?夫婦?

また、クライマックスシリーズにノーノーやったりしちゃうバッテリーなので、やはり「スガコバ」というのはかなり特別なものがあります。

まだまだある○○コバ!

実はまだ○○コバというのはあって、立えば中川投手との「コタコバ」や石川慎吾野手の「イシコバ」等。
とにかく小林選手人懐っこいのでしょうね。その為グラウンドでは「第二の監督」である捕手失格みたいな事言われる事がありますが、別に良いじゃないですか。それが小林誠司という男なのですから。
きっと小林捕手は、型にはめたがる専門家をなど気にせず、フランスパン食ってますよ。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

ツイッター→★gaharagi3(おつまむブログ)

恵の雨とはならなかった横浜DeNA。そして本当に投げれるの?菅野さん?(2019年10月7日#小林誠司)

日本一へ向けて…の前の休息。その中でも何かと話題の小林捕手。(2019年10月2日#小林誠司)

日本一へ向けて…の前の休息。その中でも何かと話題の小林捕手。(2019年10月2日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

ありがとう慎之助!阿部選手がキャッチャーのポジションにつくとやはりしっくりくる。

こんにちは。おつまむです。さて、勝ってる捕手「小林誠司」の活躍もあり!なんとリーグ優勝を決めたジャイアンツ。しかし、悲しいニュースが飛び込んできました。
そう!阿部選手引退…今更感が強いですがwまぁ、悲しいですよね。長年ジャイアンツファンに愛され続けられてきた捕手ですから…。

さて、今週はリーグ優勝も決め9/25~のジャイアンツの試合が27日のDeNA戦と28日のヤクルト戦のみとなりました。
このブログ記事の趣旨は、個人的に大ファンの「小林誠司」の一週間について語るどうしようもないブログ記事でして…2試合ともまぁ小林捕手は絡んでいるのですが、今週はなんといっても「阿部慎之助」でしょう。
長年の応援してきた選手ですし、やはり悲しいですが…。引退会見も阿部選手らしくて…。

その中で、小林捕手には阿部選手から教わった事を活かし正捕手の座を射止めてほしいなと勝手に応援しています。
そんなジャイアンツ歴代最強捕手とも言われている阿部選手ですが、引退会見の中で最後誰の球を受けてみたみたい?という問いにマシソン投手があげられました。
理由は、マシソンの剛速球のファールチップを受けて、首に激痛走り…と語っていたのが阿部選手らしいなと思いました。


そしてそして!9/27のDeNA戦でなんと阿部選手がマスクを被る事に4番で!そして先発ピッチャーはマシソン投手!
この試合では、小林捕手や炭谷捕手に申し訳ないのですが、阿部選手がキャッチャーのポジションについた時の「これこれ!」という感じはすさまじかったですね。これが長い間ジャイアンツのキャッチャーを守り続けた男の姿だと。


そして、マシソンのファールチップを受けた時はかなりひやひやしましたが!(それは再現しないで)最後は澤村投手とのあの名シーンの再現!するかと思いきや握手をしてキャッチャー大城捕手に代わりました。

さてこの試合、阿部選手のホームランと坂本選手の40号ホームランが飛び出し、さらには炭谷捕手のグランドスラムも飛び出しました。
炭谷選手ってちょくちょく良い所でホームラン出ますよねwこれは小林捕手もうかうかしてられません。


っとフラグを立てつつ翌日28日の最終戦。対ヤクルト戦、ジャイアンツのピッチャーは今年エース級の活躍をしてきた山口投手です。キャッチャーは小林捕手。
なんとか一年間この二人のバッテリーを見る事ができて感激ですね。
山口投手は7回1失点と好投。さすがドスコバ。ドスコバって言う表現毎回思うけど、怖い。

しかし、延長10回に鍵谷-小林バッテリーが打たれ敗戦、最終戦勝利で飾る事は出来ませんでした。
そして小林捕手の打席は4-0。
第一打席三振、第二打席ピッチャーライナー、第三打席1アウト3塁で空振り三振、第四打席無死二塁で空振り三振。どうやらスクイズとバント失敗している様です。(すみません。速報でしかみていませんw)


うむ。まぁ小林捕手のいつものやつが出てしまいました…そう!小林捕手は大事な時にやらかすのです!良い事も悪い事も!意外にも小林捕手バントそこそこ決めているのに、大事な場面でやっちゃう。←やってない
だけど、とんでもない大舞台に立つと、逆の意味でやらかす。

こんなスター性の塊みたいな選手いないでしょww
そしてマジック点灯してから小林捕手が先発の時しかなぜかマジックを消化できないという事もありました。勿論チームの勝ち頭とバッテリーを組んでいるっていう意見もあるけど、ここまで際立って小林捕手先発の時にマジックを減らすって事ある??

本当にここまでワクワクさせる選手他にはいませんわwジャイアンツファンで良かったです。
とはいっても、先発試合数たしか68試合でしたっけ?3捕手併用の中で最多の先発数とはいえ、ちょっとこの先発マスクの数は物足りないですねぇ…だからプレミア12には選ばれないと思っていました…。


ですが、日本代表の正捕手候補の森捕手がプレミア12を辞退した事を受け、小林捕手がプレミア12の日本代表に選ばれてしまいました…。

ファンとしては嬉しいですが!ですが!やはり小林誠司という男。ファンも多いが、大事な所でやらかす事も多く、良く思っていない人達も…。
選ばれたら、どーせ文句言う人達いっぱいいるのでしょう?ハイ沢山いましたww→https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190929-00000385-sph-base&s=lost_points&o=desc&t=t&p=3

実は私自身こういった批判コメですら楽しんでしまう事があります。
ヤフーとかのコメントは、私の様な野球ファンでのコメントであり、私自身内心では「こういったコメントを覆すのが小林なんだよなぁ~」っと毎回楽んでいるのです。

ですが、最近は小林批判をする「プロ」の方々が結構いますよね?プロから小林のリードがどうたらって言われたら…。
流石に野球のプロの人達に小林捕手の事を言われたら落ち込みますよ。

どうせプレミア12で小林捕手が先発したらなんか言うんでしょ?小〇保さんあたりがwwあなたは、小林捕手を皮肉ってはいけないと思いますよ。いつかの試合でボロクソ言ってたみたいですが。
そして勝ったら勝ったで、投手が良かったってかww

はぁ。おそらくバックアップ的な感じで呼ばれたみたいですし、今後森選手が復活したら森選手と入れ替わりだと思いますし、このまま何もなくひっそりと終わって欲しいですね。あと、ジャイアンツには、セリーグとパリーグを知り尽くした炭谷捕手もいますが…?
ただしこのプレミア12、小林捕手の謎のスター性からしたら何か起きそうですけど…。

小林誠司の活躍はこれからだ!

今回、阿部選手の引退等小林捕手はあまり注目されない一週間かな?と思っていましたが、流石のカリスマ性。
良い意味でも悪い意味でも話題性はたっぷりですね。

さて今後ジャイアンツは日本一へ向けての戦いが始まります。
おそらく小林捕手の話題はポストシーズンが始まるまでないと思いますので、こちらのブログ「#小林誠司」は不定期の更新になります。
沢山の方々に読んで頂きました。本当にありがとうございます!ちょくちょくさぼっていましたが、やはりどんな時も小林捕手は輝いていたので、話の話題が尽きませんでしたw

今後も小林ファンですし、ジャイアンツのファンでもあります。もし、ツイッター等で私の記事を見つける事がありましたら読んで頂けたら幸いです。
それでは今日はこの辺で終わりたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました!!
ツイッター→gaharagi3(おつまむブログ)

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

ジャイアンツリーグ優勝!MVPは勿論坂本キャプテン!しかし世界を知る男たちを忘れてはいけない…[世界のKOBAYASHI](2019年9月25日#小林誠司)

小林「菅野がおかしい…」菅野「行けます」???「よし行ってこい!」←その結果…(2019年9月18日#小林誠司)

やはり最後に笑うのは小林!小林ファンとして強いて苦言を言うなら…打撃ぐらい。(2019年9月11日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ 
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス 
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

マジック再点灯!残暑厳しい中小林もいい仕事もしています。

こんにちは。おつまむです。6連敗を喫していたジャイアンツですが、見事に連敗を止め、マジック再点灯。
また昨日の最終回、デラロサの160キロストレート後からのホームラン、からの解説佐々木大魔神の「バッテリー意味分からない」発言がありましたが、勝ちは勝ち!マジック再点灯9!
とまぁ、未だに小林捕手のリードに苦言が多い今日この頃、試合も終盤、今まで多くマスクは被ってきた捕手は誰ですか?そう!小林誠司なのです!

ちょくちょくリードが叩かれる男、小林誠司なのですがリードに関しては結果論だと個人的には思いますので。そのリードや守備等を含め捕手として一番評価されているのはそう!小林誠司ですよ!
しかしまだ、試合が残っているのでとりあえず目の前にあるリーグ優勝に小林捕手は貢献していただければと思います。
毎度毎度小林捕手を持ちげてしまう私ですが、時にはいちファンとして今回は少し苦言を言いたいなと思います。
と、その前に小林捕手の活躍を中心に9/3~9/10までの一週間を振り返ってみましょう!

まずは、9/4の対中日戦。ジャイアンツは帰ってきたエース菅野!バッテリーは…小林ではなく炭谷捕手…
炭谷捕手が嫌いとかではなく、私の様な小林ファンは、菅野と小林のバッテリーに強いこだわりをもっているのです。それが、前までは菅野と炭谷投手が組む事が多く、最近になってまたスガコバのコンビが見れるようになりました。
それがまた炭谷捕手に変えてきたという事はもしかしたら菅野調子悪いのでは?思っていました。
以前菅野投手の調子が悪くなった時、原監督曰くリードが上の炭谷にバッテリーを変えましたからね。まぁ見事に予想的中。2回4失点で降板。「普通じゃない」という事でそのまま登録を抹消。そして8-4で負けました。
小林捕手はその後9回にマスクを被っています。


9/5は今年大ブレークした桜井投手です。受けるキャッチャーは小林捕手!やったぜ!このバッテリー好きなんですよねぇ~。
桜井小林バッテリーは7回まで0行進を続け、7回裏に小林の代打で出たゲレーロがホームランを打ち、桜井の代打で出た田中が二塁打、その後丸の技ありの犠牲フライで2点を先制!しかし、その後8回表に3点を奪われ逆転を許しそのままゲームセット…。
まぁ、桜井と小林の代打で得点できたのですが、小林がもう少し打てたら…小林にもう少し信頼があれば…


実際この試合の解説者の山本昌さんは、フットワークが良かったと小林を評価していましたし、「同じピッチャーとしては代えて欲しくなかったですね。続投していれば、完封する確率は高かったと思いますよ」ともいっています。(山本昌氏、巨人の先発・桜井を「代えて欲しくなかった」)

また、小林捕手のリードを結構評価している里崎さんもこの日のバッテリーを絶賛。「直球とカーブ、カットボール、チェンジアップ。4つの球種をまんべんなく投げきった」「小林のリードと桜井の抜群の投球は「1+1」を3にも4にも5にもさせるコンビネーションを生んだ。それだけに、中継ぎ陣が踏ん張れなかったことが悔やまれる。」(巨人桜井4球種投げ分け好投、制球も抜群/里崎智也


そして9/6は対ヤクルト戦、ジャイアンツの先発は期待の左腕高橋投手。受けるキャッチャーは小林捕手でした。ルーキーなので炭谷捕手かなと思いましたが、小林!
ついに小林の時代きたか?と勝手に思っていました。初回、バレンティンにすごい2ランを打たれましたが、その後は0行進。6回2失点としながら負け投手に。やはり高橋投手は球数が多くなってしまいますよねぇ。
その後8回に3点を追加され、ジ・エンド。小林捕手は7回に代打を告げられ交代しています。


9/7のヤクルト2戦目の先発は山口投手、捕手は小林捕手!そこはまだ健在で良かった…。山口投手は6回途中4失点で13勝目を挙げ、試合は10-6で勝利。ようやく連敗ストップ…。怪我明けから山口投手はいまいちピリッとしませんが、まぁ…勝てばよかろうなのだぁ!6連敗中は本当にアレでしたが、勝つのがいかに大変か思い知りましたね…。ちなみに小林捕手は7回に代打を送られ途中交代しています。


その後試合中止と休みを挟み9/10の対横浜戦。横浜は左腕のエース今永投手。そして今永投手は中8日と万全の体勢。
一方こちらは、投手不足から中継ぎから先発に回ったクック投手。球種的には先発向きですけどね。ただ3回ぐらいから怪しくなり、4回には極端にやばくなりましたよねw逆にあそこまで悪かったからスパッと投手交代できたのかもしれませんね。
まぁ今日は勝てる未来が全くなかったので、半ば諦めながら試合をみていたのですが、、、中継ぎが踏ん張り、0を重ね岡本選手の2打席連続ホームランもあり4-2で勝利!


なにが嬉しいって、最後まで小林捕手を見れた事ですね。最後デラロサがホームラン打たれて、解説者の佐々木さんに色々言われてましたが難しいですよね。結果的にホームラン打たれてしまいましたが、勝ちましたし反省するとこは反省してでいいと思います。

さて、天王山である対横浜戦の初戦をとれたのはかなり大きいのではないのでしょうか?また、小林が4試合連続スタメンマスクというのも小林ファンとしては嬉しい限りです。
ただ、やはり小林ファンとしては昨日の試合の様に9回までみたい!!
守備も素晴らしいですし、最近たまにリードは叩かれますが、結果的に抑えている、ただやはり打撃が…4月の世界のKOBAYASHIは?


良い所でゲッツーを打ってしまう(9/6のヤクルト戦の様に)小林も、正直個人的には嫌いではない!むしろそういう所も含めて良い!
そして小林アンチからいっぱい叩かれながらも、結局そういう声を黙らせて最後に勝つ小林が好きなのです!
まぁ印象残る場面でゲッツー打っていたら代打も出ますよね…。

残り試合でせめて打率250に…(切実)

という事で、最近チャンスを掴みまくってモノにしている小林捕手に、いちファンとして少し苦言を言ってみました。
しかし、今シーズン始まった時は炭谷捕手の加入がありボスの「250打てなきゃ」発言やらなんやらありましたが…炭谷捕手が怪我で戦列を離れたとはいえ、結局一番信頼を得たキャッチャーは小林捕手でしたね。
とりあえず、打率250切っているのでね!まぁ、2軍に落とす事は無いとは思いますが、250打てないと一軍にいれないみたいな事をシーズン序盤監督が言っていたので、残り試合全部先発して、いっぱい打って打率を是非爆上げして頂きたいですね。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

また叩かれる小林…しかし毎回「結果的に」勝利を勝ち取る小林…これだから小林ファンは辞められないw(2019年9月4日#小林誠司)

DeNA戦カード負け越し…炭谷捕手復帰間近?もっと小林捕手を使ってくれてもええんやで?(2019年8月28日#小林誠司)