68万円で北海道を豪華に楽しんでみないか?池田町にも止まるよ!![ザ・ロイヤルエクスプレス] (2020年1月16日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

北海道十勝池田町にも止まるよ!(大事な事なので)

こんにちは。おつまむです。お昼ご飯を食べて、くだくだして、総体でトレーニングをして、帰って来て家で昨日の夕刊を見ていたら気になったニュースがあったのでご紹介したい。

新聞社は、十勝が誇る夕刊「十勝毎日新聞」だ。十勝の情報をいち早く伝えてくれるとてもありがたい新聞である。

十勝毎日新聞、略して「かちまい」。2020年1月15日のかちまいのトップ記事には「68万円の豪華旅」という題名が轟いた。

ではこの記事を簡単に説明していこう。「東急とJR北海道は、道内で運行する高級観光列車”ザ・ロイヤルエクスプレス”を8/14の出発を皮切りの9月まで計5本運行する事を発表した。基本料金は68万円」

簡単に言うと北海道内を豪華に周遊するという事です。基本料金が68万円という事でな、私とは全く無縁の豪華旅だが、どうやらこの豪華周遊に私のふるさと「十勝」が大いに絡んでいるそうな。

まぁ大いに絡んでいるからこそ、十勝毎日新聞の一番良い所にのっているのですが。私はミステリアスな男としていたいので、十勝のどこの出身までは言えないが、十勝出身者として、この豪華周遊の旅が十勝に大いに絡んでいる事に関しては非常に誇りに思います。

ではでは、このザ・ロイヤルエクスプレスの豪華周遊についてご紹介しよう。基本料金は先ほども申し上げた通り一人68万円。

札幌を起点に三泊四日で「十勝」「知床」「富良野」等を周遊します。この観光列車は北海道の観光協会等4社の共同事業であり、出発日は「8/14」「8/21」「8/28」「9/4」「9/15」に予定されている。

定員は一回で30名、一日目は札幌駅を出発し夕方に「十勝池田町」そう!「十勝池田町」に到着するのです!

べ、別に十勝池田町とか全然関係ないんだからね!ちょっと実家のような安心感になるだけで…というかほぼ実家!ていうだけなんだからね!

さてさて!この十勝池田町では、ホーム上でなんと!「池田ステーションワインパーティー」が開かれ、十勝のワインやチーズなどがもてなされるのだ。

北海道池田町といえばやはりワイン!チーズも中々良きだが、池田町の「肉」にも是非注目してほしい。

池田町の和牛は「褐毛和種」で食べ応えあるお肉です。黒毛和種に比べると、とろけるような肉の旨味は感じないが、赤身を非常に美味しく頂けるお肉だ。

特に池田のブランド牛「池田牛」はワインとの相性が良く赤身の上手さは勿論、脂と赤身とのバランスも最高だ。

かちまいにでは池田牛が振舞われるかは載っていないが、もし池田牛が振舞われた場合は「黒毛和種じゃない」と敬遠せずに、ワインと一緒に食してほしい。

さて池田町での話題多めになりましたが、北海道池田町からは専用バスで「十勝川温泉第一ホテル報酬亭」に向かい宿泊する。

ここで気をつけて頂きたいのが、池田町でワインやチーズなどを楽しみ過ぎない事だ。なぜなら、池田町からこのホテルまで30分はかかる。

池田の町を出てからは、ずっと畑でコンビニもない。あまりにも楽しみ過ぎて、バスで酔ってしまい…という事が無いように!という私からの注意喚起だ。

そして2日目の朝は、十勝の中央都市「帯広」の「いただきますカンパニー」で農場ピクニック。実際に農作業を体験し収穫したジャガイモやトウモロコシを味わうそうだ。

じゃがいもの収穫…ハーベスター…うっ頭が…。というのは、毎年芋ほりを手伝っている私の記憶でして、収穫は中々面白いですよ!

二日目以降は釧路や知床、旭川を巡り、札幌に戻るという事だ。高級感溢れる車内、道内の料理人が地元食材を使って振舞われる料理などを、窓から見える広大な景色と共に楽しむ事ができるこの豪華な旅。

2/17から申し込みを開始(一般)し、販売方法は抽選になるという事だ。詳しい詳細はこちらから↓
【公式】THE ROYAL EXPRESS

是非池田町で「実家感」を味わってほしい。

という事で、高級列車の旅「ザ・ロイヤルエクスプレス」が池田町に大いに絡んでいるという事でな、今回ご紹介してみました。

本当に池田町はすばらしい町です。十勝といえば「帯広」ですが、帯広を宣伝しているユーチューバーとかは沢山いるのでね、ここらで北海道十勝池田町もご紹介したかった。

来れば分かる!この実家感!おいでくだせい!池田町に!さぁ!さぁ!さぁああああああ!

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★サイクリングをする。そして鹿に出会う。~北海道池田町を楽しくサイクリング~(2019年7月19日カル〇スブログ)

★十勝池田町のスターMokkunに会いに行った。(2019年4月16日②カル〇スブログ)

★田舎のアニメをつくるアニメ会社に見て欲しい。これが田舎の風景!画像25枚!(2019年5月24日カル〇スブログ)

★サイクリングした次の日にすぐブログ書いちゃう奴。北海道十勝音更町に行ってきたヨ★(2019年11月7日)

★十勝エコロジーパークで初めてのソロキャンプ。色々と反省。 (2019年6月27日カル〇スブログ)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)

サイクリングをする。そして鹿に出会う。~北海道池田町を楽しくサイクリング~(2019年7月19日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

鹿の前になすすべ無し!軽く失禁!

こんにちは。おつまむです。今日は2019年7月17日にサイクリングをした様子を画像を約30枚使いご紹介します。今回サイクリングをする場所は、北海道十勝池田町です。

池田町はドリカムの吉田美和さんとワインが非常に有名な町です。あと後輩のミュージシャンモックンと。ですので…

このように、駅前はワイン押しです。そしてその奥の高台に見えるのが池田町の観光地としても有名な「ワイン城」です。


今回は、このワイン城と池田町に最近できたコンビニ「セイコーマート」に行ってみようと思います。


勿論この愛車、トレックでなぁ!!という事でレッツゴー!!ちなみにそこの奥のよねくらというレストランで、池田牛を食べる事が出来ます。少し肉質は硬いですが、肉の味がしっかりしており美味しいです。そんな事を思っているその刹那、何かが私の目の前を通り過ぎる!

ファッ?!

ファッ?!

ファッ?!

そう…鹿が通り過ぎました。えぇ…(;゚Д゚)いやいや、開幕駅から鹿が飛び出すとか…普通だな!実際こんなに近くで鹿を見たのは初めてでぇ、若干漏らしました…。だってこの躍動感ですよ?


犬の鳴き声で、目が覚め追う事に…あぁ…あんなに遠くに…


まぁ、これ以降見失ったのですけど、どうやら鹿は河川敷の方に逃げていった様です。という事で。ここから予定を変更して池田町の河川敷にでも行きましょうか。

ちなみに、鹿は下水道管理センターあたりから河川敷に向かった模様です。


そんじゃぁ早速河川敷へ。

はい着きました。

鹿が逃げたであろう下水道裏まで移動…(少女移動中)

はい、諦めましょうww見失いました。そして周りは…草。草が生い茂っています。なんか工事していましたが、池田町の河川敷はまぁまぁ広くサッカー場があったり、スケートが有名な町ですのでローラースケート場があったりします(多分)。
鹿探索は打ち上げて、ここから新しくできたコンビニ「セイコーマート」に行きたいと思います。


ここの、池田小学校にある橋、池田大橋を超えて池田町「利別」に向かいます。利別は池田町の中でも特に栄えており、コンビニも数店舗ありマックスバリューもあります。

という事で池田大橋を渡り終えました。ここからの道は非常に混んでおり危険ですので、裏道を通って行きたいと思います。

流石裏道、全然車が通っていません。コープに移動スーパーが大音量で宣伝し走っているぐらいです。


はい、到着。このセイコーマートはエーコープというスーパーがなくなりセイコーマートと、イートイン・野菜直売所が一緒になっています。ここでお昼を買って、どこかで食べます。


本当に平日という事で快適なサイクリングが出来ます。子供を連れた親子すらみませんね…



とはいってもお昼を過ごす目ぼしい公園等が見つからなかったので、河川敷に戻ってきました。なんやかんや一人は寂しいので、両儀式様とご飯を共にする事に。うん!おしいしい!

次は池田町~音更へ!

という事で今回は北海道十勝池田町をサイクリングしました。感想ですが、久しぶりに自転車を漕いだので尻が痛いのと、鹿が怖かったという事です。
次はここ池田町から、裏道を通って、鹿多発地帯の道を通り音更方面に向かおうと思います。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

今年は帯広・音更・幕別・池田町をサイクリングする。(2019年7月12日カル〇スブログ)
田舎のアニメをつくるアニメ会社に見て欲しい。これが田舎の風景!画像25枚!(2019年5月24日カル〇スブログ)

今年は帯広・音更・幕別・池田町をサイクリングする。(2019年7月12日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

ゆっくり十勝をサイクリング?ポタリング?

こんにちは。おつまむです。前の年から始めたアウトドア活動「サイクリング」ですが、例年より早く愛車のトレックを出したのにも関わらず、全くサイクリングしていませんw
ちょっといい訳をさせて頂くと、今年は一つの所で仕事をするわけではなく、3か所ぐらいから仕事をもらいお金を得ているのです。まぁ新しい自分の挑戦ですね。
その事で、一つの会社に良い様に使われないというメリットがある反面、お金の面では見込みが甘くなり厳しい生活になっている状況といえます。

そんで新しい生活を初めてから、お金はかなり減りましたが、自由な時間も増えブログを作ったり動画をつくる時間も増えました。ですので早めに自転車をだして、アウトドア活動を行うぞ!と意気込んだのですが…ついつい家にいる事の快適を覚えてしまい、外に出なくなってしまったのです!

そして、まさかの体重増加www私の性別は男なのですが、身長が全国平均の女子より小さくww歯並びも悪くww髪の毛も薄くwwというのは分かっていて、せめてデブだけは避けようと思っていたのですが…。
このままでは、「チビ」「出っ歯」「ハゲ」「デブ」をコンプしてしまう!と感じたので、ダイエットも兼ねてサイクリング活動を始めようかと思い経ちました。

それでひじょーーーーに長い前置きになってしまいましたが、前年は十勝を色々回ろうとして、撃沈…今年は、十勝の市町村を絞って活動しようと思いました。
その中で「帯広」「音更」「池田」「幕別」はある程度ゆかりがあり、おすすめの観光スポットにも行けるなと思ったので、今年はこの4つの街を中心に活動していきます!
という事で、ここで4つの街のおすすめするポイントを簡単にご説明します。

まずは、十勝帯広市。帯広は十勝の中央都市でばんえい競馬場等様々な観光スポットがあります。私の好きなリサイクルショップも沢山ありますし、おすすめのリサイクルショップとかもそうですが、帯広は南にいくと結構エグイ田舎が広がっています。そういった田舎の風景もご紹介していきたいと思います。

次は音更町。「町」なのに帯広並の人気を誇る面白い町。それが十勝音更町です。前年は音更中心に活動していましたが、帯広にも近いですし、サイクリングロードがあるから安全にサイクリング出来るのが、かなーり嬉しいポイント。勿論音更にも多くの観光スポットがあり、例えばこの前一人でキャンプにいった「十勝エコロジーパーク」等自然が多いスポットが有名です!

次は十勝幕別町。幕別町本町は少しアレですが、多くの自然があり、隠れた穴場が多い場所です。幕別はそこまで詳しくないのですが、隠れたおいしいお店がありそういった飲食店にも行きたいなと思っております。幕別本町はアレですが、帯広に近い札内はそれなりに賑わっているので、もしかしたら札内中心のサイクリングになるかもしれません。

最後は、十勝池田町。池田町は私の後輩もっくんとワインが有名な町です。一番有名なのはドリカムですけどね!私の諸々の諸事情により、今年の活動場所は、この北海道池田町が中心になります。池田町に関してはそこそこ知っているので色々なスポットをサイクリングできると思います…が!かなり山が多く、単純に疲れますし、風景があまり変わらないので活動拠点が途中で変わるかも?

頑張ってダイエットします。

という事で、そろそろサイクリング活動を始めようかなという、私の近況のお話でした。先日、仕事のシフトを見忘れて、明日シフトを確認し来週には早速サイクリングを開始しようかと思います。勿論低予算でww
てかさ、「チビ」「ハゲ」「出っ歯」までコンプしといてさ、おまけに社会で使えないゴミとか…私の人生まぁまぁきつくないか?まぁ、そこから逃げ回っている方が問題なのですけどね。とりあえず…デブは避けなければ…。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

田舎のアニメをつくるアニメ会社に見て欲しい。これが田舎の風景!画像25枚!(2019年5月24日カル〇スブログ)
自然の中で生きてきた30年間を今更振り返る(2019年6月11日カル〇スブログ)