懲罰交代?そりゃ巨人の捕手で一番試合にでている選手ですから!そういう時もある。(2019年8月6日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。

 

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

 

おつまむ 
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

 

カル〇ス 
カル〇ス

許してね。

 

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

途中交代でこんなに話題になるのは小林誠司ぐらい!最後は小林という男が勝利すると思っていますよ。

こんにちは。おつまむです。毎週水曜日に更新している、#小林誠司なのですが、本日は訳あって一日早い火曜日に投稿しております。理由はいつも休みの水曜日に仕事が入った為に、しばらく休みが無くなってしまったからです。

さてさて、8/1~の小林誠司ですが、まぁ色々な事があった一週間ですねw前の年より炭谷捕手のお陰で!出場機会が減っているのに、何かと話題が尽きない男です。
だからでしょうかね。どんな時も話題になるから、小林誠司という男に惹かれてしまう。今話題の小林捕手の話題の前に、チーム事情から。

チーム事情に関しては、ジャイアンツファンであれば知っての通り、かなり厳しい状況です。対広島1勝2敗、対横浜3タテをくらう。そして2位の横浜とは0.5ゲーム差…交流戦明けのあの勢いは何処に…。そんな中、実質巨人のエース級の役割を果たしていた、どすこいこと、山口投手が早めの夏休みという事で。(原監督曰く)

少し肘の方にアクシデントがあったみたいで。しかしこの前の記事でキャッチボールを始めたというニュースをみたので、早期復帰になるのかなと思います。そして、正捕手争いをしていた炭谷捕手が8/1に指を骨折し登録を抹消され、代わりに岸田捕手が1軍登録を果たしています。

さて、チームは結果が厳しく、主力にけが人も出てしまいましたが、小林捕手は元気ですw本当に彼は怪我も少ないですし、素晴らしいですね。この巡り巡ってきたチャンスを物にしてくれれば良いのですが…中々そうもいきません。

まずは、8/2の対横浜戦。今年ピリッとしない菅野投手がマウンドに上がりました。キャッチャーは勿論小林誠司!5回まで緊迫した投手戦で、相手の平良投手も素晴らしいピッチングを展開していました。正直菅野復活したと思いました。5回までのピッチングは正にエース!

そして、宮本コーチがこうコメントするのです。「エースが帰ってきた」と。テレビの中のこの談話を聞いていて、「これフラグじゃね?」と思っていたら、案の定6回に崩れ3点を失い逆転されます。今年の菅野は、なんかギアがもう一段回上がりませんよね…。やはり怪我の影響なのでしょうかね?

そして迎えた8/3の対横浜戦。この日は投手今村投手という事で、キャッチャーは勿論小林誠司捕手!なのですが、3回に今村投手が3ランを打たれたところで、小林捕手は交代、炭谷捕手に変わって昇格した岸田行倫捕手がマスクを被りました。そして、今村投手はそのまま続投。

この采配は「小林のリードは不安よな…原動きます」みたいな感じに見え、小林がすべて悪いから懲罰交代させられた、という感じに周りからは見えてしまいます。
その試合は、岸田捕手に代わった瞬間に中井選手にホームランを打たれたり、岸田捕手のパスボールが結果的に決勝点になり敗れました。

そして、次の日8/4は小林捕手とのバッテリーで結果を残している桜井投手。しかし、この日バッテリーを組んだのは、岸田捕手でした。これには岸田捕手が悪くないの分かっているのですが、激怒するファンも!いやぁ、小林ファンがこんなにも沢山いるなんて…。それにしても監督叩かれてましたねぇw

さてさて、この懲罰の様にも見える8/3の試合、そしてその流れからの8/4の岸田捕手のスタメン。とにかく小林誠司の記事が多い!冷蔵庫殴った横浜のパットンより話題になってますぜ!

また、この交代に関して監督は「流れを変えたかった」と説明しています。ですが今村投手はそのままで、小林捕手のみ交代って、どうしても懲罰の交代に見えても仕方ないですよね。それでは、小林捕手は一体なにがダメなのでしょうか。

小林捕手の肩の強さは誰もがしっています。そして守備。守備面に関して、原監督は小林の守備は世界一と褒めちぎっています。打撃に関しては、打席数が少ないながら263と案外悪くない。むしろ最近はフォアボールを選んでいるなと思っています。そしたら、残るは一つですよね。

そう、リードです。とにかく小林捕手はリード面で色々な人に叩かれます。私は野球経験者ではないので、リード面に関しては分かりませんが、例えばどんなに良いリードができるキャッチャーでも、そこにピッチャーが思うように投げられず打たれたら意味ないですよね。
また打者が上手く打ち返す事もあります。だからリードに関しては色々な意見を聞いて、その中で「そういう考えもあるのか」ぐらいでしかみていません。

ですが、打たれる確率を下げるのがリードだと思います。菅野が崩れた8/2の6回、解説の人が「ストレートが少なくなった」「外中心のリードになったと」おしゃっていました。データを見ているとやはりストレートは少なく外よりのリード。どうしても小林がマスクの時打たれる時って、同じような傾向があるイメージが凄いのです…。

あくまで個人的なイメージです。ただ、菅野の言葉を借りれば「投手は首を振る事もできる」のです。なので点を取られた時に小林にばかり責任をかぶせるのはどうなのかなと思います。
今回原監督は、小林が悪いわけではないとおっしゃっているので、懲罰以外のなにかしらの意図が合っての交代だったのでしょう。

個人的に暗黒を見せられた堀内前監督はあまり好きではないのですが「打たれるのはピッチャーの責任」という題名で「小林はインコースの膝もとを要求したのに、ボールは外よりから真ん中に入ってきた。あれじゃ打たれますよ。」と見解を述べており、打たれたのはあくまでピッチャーの責任と述べています。今監督やったら、良い監督になれそうですわ。まぁ、あの時はミセリとかね。色々可哀そうな部分もありましたけど…。

話が若干逸れましたが、いち野球ファンの私が監督の采配をどうこう言えませんし、野球未経験者なので、リードどうのとかは言えません。個人的に思う事はたまに言いますけど。それに、小林誠司が一番「捕手」として試合に出ていますから。沢山捕手として試合に出ていますから、チームの戦略の中で、こういった交代もあると思います。なんせ、一番「捕手」で出場しているのは小林誠司ですからね!!

巨人4連敗 痛恨の捕逸で決勝点献上 小林交代が皮肉な結果に…DeNAと1・5差
引用→「岸田は四回から小林に代わってプロ初出場。正捕手の炭谷が骨折で離脱する苦しいチーム事情で、痛いミスが出てしまった。」

この様に正捕手がいないからね。仕方ないね。→小林誠司(打率263・打席147・試合62・打席133)炭谷銀次郎(打率252・打席123・試合47・打数111)2019年8/6に現在。
正捕手より試合に出続ける男、小林誠司!炭谷は離脱してから1~2試合の差はありますが、流石にもう少し調べてから記事を書かないと…。

小林!いや、小林捕手様。早くチャンスをモノにしてくれ!

という事で、毎週水曜日に更新している小林誠司選手のブログ記事ですが、訳あって今日は火曜日8/6に更新しました。とにかく今の所炭谷捕手よりも小林捕手が試合数も出ていますし、言うほど冷遇はされていないのかな?と思います。ただ、8/3の交代に関しては、モヤモヤするのはありますよね。

野球のプロがやっている訳ですから、何かしらの意図が合っての交代だと言い聞かせているのですが…
しかし!あの交代の仕方はまるで小林のリードで打たれた様な懲罰交代にやっぱり見える。流れを変える為に交代したと言っていますが、そんじゃ最近炭谷捕手で燃え上がった試合ありましたよね?交代しました?炭谷捕手や岸田捕手が悪いと言っている訳ではありません。

という感じで、どうしても粗探しをしてしまうので、この辺で止めておきます。とにかく私は、巨人で輝いている小林捕手を見たいのです!それに、外から来た年俸約倍の捕手より試合に出ているのですよ?こういう競争に負けない生え抜きが好きだから巨人ファンやってるんだよなぁ。
参考にした記事→打たれるのはピッチャーの責任 | 堀内恒夫オフィシャルブログ

巨人 捕手・小林を途中交代、4回から岸田がマスク

巨人原監督「小林が悪い訳じゃない」捕手交代も痛恨のバッテリーミスで4連敗

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

原監督1000勝!菅野×小林バッテリーも復活!!(2019年7月31日#小林誠司)

原監督1000勝!菅野×小林バッテリーも復活!!(2019年7月31日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ 
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス 
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

原監督1000勝!小林捕手もスタメン増えて…まだ微妙…

こんにちは。おつまむです。毎週水曜日という事で、7/24から7/30までの小林誠司捕手と巨人の一週間を振り返って行こうと思います。と、その前に、2019年7月30日の対広島戦で、原監督が1000勝を達成しました!おめでとうございます。

さて、そんな記念すべき7月30日の試合に先発はそう!今や巨人のエースともいえる、どすこいこと、山口俊選手です。色々とまぁ合った二人ですが、とりあえずその辺の事はまぁ…うっ…頭が…

さて、この原監督の1000勝ですが、1808試合目で到達。13人目の1000勝達成、同一球団では5人目の快挙という事です。原監督はまぁ…色々ありまして…。
原政権時代の時は、何回もファンを辞めようと思った事がありました。毎年の様に紳士球団とは思えない不祥事もおきますし。

ですが、ファンを辞めずにここまで応援し続けているのは、やはり巨人の生え抜き選手が、私からみたら、すごく輝いて見えるからです。また、そう見えるのは原監督が欲張ってFA選手を獲得する割に、若手もしっかり起用するからです。そして勝ち抜いてきたその若手が、すごい輝いて見えるのです。

とまぁ、なんだかんだで原政権は楽しい…。その中でも!私が大好きな選手が!そう!小林誠司という男!何度も申し上げますが、小林誠司という男はとにかく魅力的なのです。
その理由は、過去に述べているのですが、とにかく彼は何をしても面白いですし、最終的に競争に勝っているのです。

そして、私がベストバッテリーだと思っている「スガ×コバ」コンビが約二か月ぶりに復活したのです!
今年はエース菅野がピリッとせず、菅野投手も「怪我をなしながらシーズンを~」と言っており、万全な状態ではありません。そこで、最近菅野投手は小林捕手より「リードが1枚半上」の炭谷捕手とバッテリーを組んでいました。

その為か、小林捕手は色々と落ち込んだことがありました。しかーし!なんと7月26日、対阪神戦で名コンビが復活!
菅野投手の結果は6回2失点。初手近本に死球を与えた時は、ダメかも…と思ったけども。さすが菅野投手。なんとかまとめたという感じはありますね。
ただ、試合は7回に田口投手が打たれ4-2で敗戦。次の日田口投手また打たれて負けているので、ちょっと疲れちゃったかな?

さて、阪神に2敗した事をさらっと申し上げましたが、広島に3連敗を食らってから、巨人はひじょーに調子を落としています。逆に広島は巨人戦以来9連勝。嫌な予感もここまで当たると怖いですねww

巨人ですが、広島3連敗後のヤクルト戦の1戦目は、どすこいが好投するも継投がハマらず終盤に同点。なんとか9回に逆転勝ちですが、非常に不安な感じ。そんな予感が当たってしまい対ヤクルトはそこから2連敗、序盤に先発投手が燃えてしまったから、試合どうのという感じではないですね。

若手に炭谷捕手使っているのですが、たまには小林捕手も使ってほしいけどなぁ~。そして、7月26日の阪神3連戦の頭では、菅野小林コンビが復活。惜しくも2-4で敗戦。そして翌日は今村投手。勿論スタメンマスクは小林捕手。結果は延長に田口投手がまた打たれ2-3で敗戦。小林捕手は途中で下がりましたが、また小林捕手のスタメンマスクの勝率が下がりましたね(吐血)

4連敗した中で、スタメンマスクは炭谷捕手・小林捕手共に2回ずつ被っているのですが、印象的には小林捕手の良いと思います!(小林狂)勿論、炭谷捕手は若手を中心に組んでいるという事もあり、炎上の危険もはらんでいます。ですが、内容は小林捕手の方が良いですよね!(暴論)

と思っていた7月28日の阪神戦。炭谷捕手が満塁ホームランを含む2本塁打の活躍、さらに桜井投手を7回3失点に導く好リード。打席でも結果残されたら…ねぇ?小林誠司勝ち目ないだろ!
でも小林捕手って打っていないイメージありますよね?しかし炭谷捕手より実は打率良いのですよww打席での小林捕手はあまり良いイメージないから仕方ありませんが。

そして昨日の対広島戦。頭は山口投手です。とりあえず、山口投手と小林捕手のバッテリーはまだ安泰ですね。良かった。この日もこのバッテリーは安定感抜群でした。しかし、8回にピンチが。ヤクルト戦で似たような場面があり、その時は投手を変え同点に追いつかれました。今回は信頼されそのまま続投。結果は…↓

野球ド素人で、リードの事は分かりませんが、ストレートをホームランされ、スライダーも簡単に合わせられ、一番信用できるフォークを松山選手に投げたら逆にいってあらビックリ!痛打されたって感じですかね?
それにしても序盤からフォーク多投していたし、疲れてしまっていたのかもしれませんね。結果的に鈴木選手のデッドボールの時に交代した方が良かったのかもしれませんね。

偏見なのですが、小林捕手って、同じ球種を多投するイメージが有りまして。それで、山口投手が苦手にしている西川選手にストレートを多投していたので、その辺のリードはかなり興味がありますね。
唯一ストレートで打ち取れていたから?意識して前の打席と配球を思い切って変えたから?色々と他の人の意見も見ながらまた勉強していこうかなと思います。

あと山口投手はいきなり崩れるから、交代のタイミングが分からないですよね。
ただその後の中川投手の火消しは流石でしたね。この試合のMVPは間違いなく中川投手。それと、中川投手と小林捕手の相性微妙かなとずっと思っていましたが…良い感じやん?

野球速報のアプリで小林捕手のリードを楽しもう!

野球ド素人で、リードの事も解説者の言っている事をただただ、パクってネタにしている私なのですが野球速報のアプリで、リードを見るの面白いですね!
こういうリードの意図があったのかなー?とか、少ない知識で考えながら野球を楽しめますし、テレビ中継が無い時に、結構ラグが少なく詳しく見れるのも素晴らしい!
今後もこのアプリで、巨人の試合を楽しめそうです。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

対広島嫌な予感的中…その中でも輝いた(と思う)小林誠司!(2019年7月24日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

対広島にまさかの3連敗。また広島を勢いづかせてしまった巨人。

こんにちは。おつまむです。今日は水曜日という事でね…そう!我らが誇る名捕手、小林誠司についてお話させていただこうと思います。
さて前回の小林記事で、小林誠司という男は存在感が増してきており、限られた役割の中で仕事果たしてきている。また山口投手の活躍もありかなり存在感を増してきているのではないのか?というお話をさせて頂きました。
ですが、不安もあると。それは大型連勝中に広島との対戦がなく、3連戦が控えている事、一方広島は大型の連敗をしていて、巨人戦によっては浮上のきっかけをつかむのではないのか?と 私は思っていたのです。

理由は、とにかく巨人自体が広島アレルギーである事と、前半戦調子が悪かった広島を目覚めさせてしまったのは巨人であるからです。あと、広島打線と小林のリードの相性が悪い意味で良いって事と。

そして迎えた対広島3連戦。これは私が思った以上の事が起きました。あっ、勿論悪い意味ですよwまさかの3連敗。流石にこの勢いの中で3連敗するとは思わなかった。
野球って良くも悪くも流れのスポーツです。この対極の流れのチームの対戦がまさか…と。

対広島に苦手意識を持っているというのは分かっていたので、1勝2敗は覚悟していたですが、流石に3連敗は受け入れ態勢が…。
そして、3連戦すべて終盤で勝ちきれない戦いをしたのが巨人。この3連敗はやっかいな相手を呼び覚ましてしまったと私は察しました。
今巨人は独走状態ですが、ハッキリいって不安。特に「広島」に1勝もできなかったというのが、なんだか不気味ですよね。

ですが、その対広島戦にて私は「小林誠司」という男は輝いていたのではないのかと思います。まぁ、1戦目は炭谷捕手だったので正確には2戦ですけどね。
では、この対広島3連敗について少し振り返りましょうか。まず1戦目は巨人のエース菅野。受けるキャッチャーは炭谷。まったく、いつになったら小林捕手にもどしてくれるのやら!

菅野は7回途中4失点。ウーン、やっぱりピリッとしないですねぇ。しかもこの試合はかなり巨人優勢で進めていたのにも関わらず、負けましたからね。負けは3失点を喫したマシソン。マシソンってなんか広島と相性悪いイメージしかないですね…。そもそも病み上がりですし。
結果的に、この優勢でゲームを進めている中でのこの負けはかなり痛いなと。この勝利で、広島は流れを呼び戻しましたね。

そして翌日7/20の先発は今村投手です。バッテリーは勿論小林捕手!一度炭谷捕手とも組んだことはありますが、やはり今村投手は小林ですね。
そして勝ち投手は…今村投手!あっ、広島のね。
結果的に巨人の今村投手は7回2失点で一応広島には追い上げられはしたものの逆転は許さず。やはり今村投手は6回以降ですね。
とはいっても7回2失点は先発としては普通に合格ライン。これからも小林捕手と相談しながらどんどん成長していってほしいですね。

そして今村投手・小林捕手共に8回に代打を送られ、その裏に田口が打たれ逆転。そのままゲームセット。
ここで、もし小林捕手がもう少し打てたなら…と思うのは、小林狂の私だけかもしれませんが、こういった緊迫した試合の終盤では、やはり守備力が高い小林誠司が適任だと思うのですよ。でもまぁ、野球は点取りゲームですし、仕方ない。ただ、しれっとデラロサが失点しているのが気になるなと思ってました。(ヤクルト戦へのフラグ)

対広島戦最後は7/21ですね。この日先発は桜井投手だったので、今日は炭谷捕手かぁっと思っていたらまさかの小林誠司!前桜井投手と組んだことはあるのですが、その際は今村投手が炭谷捕手と組んでいました。
なので、前日に今村投手と組んだ小林誠司は今日は出番はあっても終盤かなと思っていたところにまさかの!

これは、小林捕手かなりチャンスまわってきたのではないのか!!そして、小林捕手も期待に応える様に、リードでも守備でも見せてくれました!小林キャノンも見れたし満足、満足!てか小林の前によく盗塁しようと思ったなww
結果的に、緊迫した1-1のスコアの中、小林捕手は8回に代打を出され交代。そのまま延長で鈴木誠也にサヨナラヒットを打たれ終戦。そして負けはマシソン…。

エラーも絡んでるからなんともですが、やっぱり広島との相性が悪い。あと打てないから仕方ないのだが、終盤に小林捕手を変えるのはやはり不安でしかない。逆に終盤小林捕手を守備固め的に使うのは賛成ではあるけど。でも、あまり中川投手と相性良いイメージもないですし…ウーン。
ですがこの日の強気のリード…。やっぱり小林最高だわ。最近はピッチャーともすごい会話しているし。

スタメンマスク勝率が下がっています。そこも小林らしくて好きww

さて、さて今回は対広島戦3連敗という事ですが、その中でも輝いていたのは、小林捕手だと私は思います。
お気づきの人も多いと思うのですが、小林捕手はすべて交代した後にチームが負けています。つまり小林誠司のスタメンマスク勝率が下がっているのですww
逆に終盤守備固めで起用される事もありよくでてくる小林誠司ですが、その時はいくら勝利に貢献しても炭谷捕手や大城捕手のスタメンマスクの勝率が上がるだけでwwなんか、本当に過小評価される男ですよね。

ですが、それが小林誠司らしくて良いのですよ。評価しているファンも多いですし、とりあえず終盤になればなるほど小林捕手の力が必要なんですから、パパッと打てるようになって正捕手になって下さいよ。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

存在感がより濃くなってきた小林誠司と最近少し不安な点と。(2019年7月17日カル〇スブログ)
なんだかんだ言って巨人が首位!どすこいと小林のコンビも最高!若手は炭谷に任せて…あれ?(2019年7月10日カル〇スブログ)
巨人のエース菅野と小林誠司という男と。(2019年7月3日カル〇スブログ)