「さる関係者」以外の関係者ださんかい!広岡達朗氏「ほらよ」[ヤフー野球ニュース切り抜き]

こんにちは。おつまむです。プロ野球の観客規制緩和がされ、ますます盛り上がるプロ野球ですが、一部の野球ニュースも盛り上がって参りました。

中々濃いめの野球ニュースがヤフーに掲載され、ヤフコメ欄を見るのも楽しくなる今日この頃。今回も、私を唸らせたヤフー野球ニュース(ジャイアンツ系多め)を切り抜きました。

もうタイトルを見るだけでクリックする事間違い無し!是非ヤフコメ欄と共に観覧し、最低で最高な暇つぶしをしちゃいましょう!


安定のゲンダイプロ野球の盛り上がりと同時に勢いを上げてきた夕刊フジ

まずは、今回ご紹介するヤフー野球ニュースのラインナップはこちら↓
巨人の余剰戦力「ロッテ澤村に続け!」とトレード志願者が殺到中(ゲンダイ)

巨人・パーラは「戦力」「営業」両面で大誤算! ファーム再降格でチーム構想除外(夕刊フジ)

阪神感染3選手らは8人で会食 球団ルール抵触(日刊スポーツ)



オリックス困惑「これ以上、何をすればいいのか…」 波紋呼ぶ〝阪神クラスター〟(東スポ)

藤浪は阪神では限界…「メジャーで再起図る」仰天ウルトラCが急浮上(ゲンダイ)

原監督は巨人史上最多の1067勝を挙げた 他球団からオファーがないのはなぜ?(ゲンダイ)

広岡達朗氏「SBに4連敗した原辰徳を名将とは呼べません」(NEWSポストセブン)



いやぁ、一覧でみると素晴らしいですね。ゲンダイがww今年の野球ニュースはゲンダイが跳びぬけていますわ。

そしてゲンダイを追随する安定の東スポは勿論ですが、最近元気がなかった夕刊フジも元気になってきております。それでは、各記事の素晴らしいポイントをみていきます。

[巨人の余剰戦力「ロッテ澤村に続け!」とトレード志願者が殺到中(ゲンダイ)]

さる球界関係者がこう言う。「澤村に続けと、巨人でトレードを望む選手が増えているそうです。10人が整理されるとなれば、普通は年上から。2年間で一度も登板のない39歳の岩隈は当然その対象だろうが、38歳の亀井、中島、37歳の大竹といったアラフォー勢が、一軍で戦力になっていて、来季も現役続行が濃厚。もっと下の世代が危ないともっぱらですからね」
切られる前に「他球団に出して欲しい」と願い出る選手が“順番待ち”することもありそうだ。

トレード志願者殺到中…???この記事の書き方ではそういう感じではなく、「トレードに出しそうな人を予想して」書いているだけの様だが…
巨人の余剰戦力「ロッテ澤村に続け!」とトレード志願者が殺到中(ゲンダイ)



[巨人・パーラは「戦力」「営業」両面で大誤算! ファーム再降格でチーム構想除外(夕刊フジ)

原辰徳監督(62)は「まだコンディショニングが本来のものに戻っていないということ。もう一度、彼に時間を与えてコンディショニングを戻すということですね」と説明。だが、他球団関係者は額面通りには受け取らない。「表向きはコンディションだが、守備では問題なく動けていた。この5日間が見極めの期間だったということでしょう。何よりも長打の怖さがないのがね。今後はケガ人が出たときか、外野手が軒並み調子を崩すくらいしか、お呼びは掛からないんじゃないか」

夕刊フジ復活ですね。この穿った感じの関係者が久しぶりすぎて思わずにっこり。パーラ選手は日本の野球にフィットしそうですし、何より彼の人柄を多くのファンは知っているから、こんな記事書かれるとファンがガチギレする事は分かると思う。それを狙ってやるのが夕刊フジ。もう夕刊フジしか勝たん!
巨人・パーラは「戦力」「営業」両面で大誤算! ファーム再降格でチーム構想除外(夕刊フジ)



[阪神感染3選手らは8人で会食 球団ルール抵触(日刊スポーツ)]

球団は25日午前に2軍の浜地が新型コロナに感染したと発表し、午後には糸原と陽川、岩貞、馬場の4選手と1軍スタッフ2人の計6人の感染も明らかにした。
11日から20日までは1軍登録されており、球団によると、19日には遠征先の名古屋市内の飲食店個室で、馬場を含むチームメート計4人で会食した。
一方で19日は福留と糸原、陽川、岩貞、江越、木浪、小林、スタッフ1人の8人が同市内の別の飲食店を貸し切って会食。

という事でね…阪神からクラスターが発生したそうです。球団のルールを破り、8人での会食にファンからは絶望の声が上がっています。また藤浪投手の件もありますからね。しまいにはこの日逆転負けを喫した事で、管理の甘さだけではなく、采配の甘さまで指摘される始末。
阪神感染3選手らは8人で会食 球団ルール抵触(日刊スポーツ)



[オリックス困惑「これ以上、何をすればいいのか…」 波紋呼ぶ〝阪神クラスター〟(東スポ)]

阪神の新型コロナウィルス集団感染の事態をオリックスでも重く受け止めている。オリックスでは23日に左沢、24日に竹安と二軍の2選手の陽性反応が確認されたが、今度はお隣の球団で7人の感染者が出たことで、森川球団本部長は「経済活動と両方でやっていくということになっていたのに…。ウチの2選手も感染経路がわからない。行動履歴も球場と自宅、コンビニしか行っていないのに、なんでなんでしょうか」と戸惑うばかりだ。

かかる時はかかりますからね。ルールを徹底した上での事なので、誰も責める人はいません。しかし、オリックスの管理がしっかりし過ぎていて、阪神がなぜか叩かれる構図にw
オリックス困惑「これ以上、何をすればいいのか…」 波紋呼ぶ〝阪神クラスター〟(東スポ)



[藤浪は阪神では限界…「メジャーで再起図る」仰天ウルトラCが急浮上(ゲンダイ)]

「メジャーで再起を図らせるのです」とは、前出の阪神OB。

飛ばすねぇ!ゲンダイ!!メジャーで復活するかどうかは置いといて、もう阪神じゃ手に負えないという事なのかな。コロナ合コンから悪い意味で注目されがちですが、本人の問題なのか、球団の管理の甘さなのか…
藤浪は阪神では限界…「メジャーで再起図る」仰天ウルトラCが急浮上(ゲンダイ)



[原監督は巨人史上最多の1067勝を挙げた 他球団からオファーがないのはなぜ?(ゲンダイ)]

ユニホームを脱いだ後、他球団から誘いがあるのか、そしてそこで結果を出せるのか。それとも豊富な戦力の巨人だから勝てただけなのか。原監督の本当の評価はまだ定まってはいないと思う。

いやぁ…もうゲンダイだけでお腹いっぱいですよ…原監督は「運よくジャイアンツ一筋で監督ができた」と言っていましたから、ジャイアンツ一筋という事で周りが誘わないのでしょう。というか、ジャイアンツの特別顧問になったりしていたから、誘うタイミングがそもそも。

そして最後の一文「原監督の本当の評価はまだ定まってはいないと思う。」WBCで優勝してジャイアンツ歴代監督の勝利数1位なのに、どうすれば定まるのだろうかw
原監督は巨人史上最多の1067勝を挙げた 他球団からオファーがないのはなぜ?(ゲンダイ)



[広岡達朗氏「SBに4連敗した原辰徳を名将とは呼べません」(NEWSポストセブン)]

巨人はレギュラーシーズンの優勝は当たり前で、日本シリーズで勝って初めてその年の仕事をしたと認められます。昨年のシリーズでソフトバンクに4連敗した原を名将とは呼べません。だから今年の日本シリーズは必ず優勝すること。

だそうです。これが、ゲンダイや東スポにちょくちょく出てくる「さるOB」?まぁいいや。広岡さんって誰だっけ?って思って検索したら、いつもジャイアンツを自分の素晴らしい理論で批判するおじいちゃんでしたね。



広岡さんでしたっけ?選手に肉は食うなとか言って選手に厳しい食事制限をさせて、自分は痛風だったの。しかし監督としての実績は十分なのでね。別に口出しするのは良いのはないのでしょうか。原監督と違って、人徳がちょっとささやかなだけで。
広岡達朗氏「SBに4連敗した原辰徳を名将とは呼べません」(NEWSポストセブン)


もうゲンダイと広岡さんでおなかいっぱい。

最近元気がない夕刊フジが復活し、「夕刊フジ」「ゲンダイ」「東スポ」の三すくみになりそうな今日この頃。

正直、まだまだゲンダイの独壇場ですね。これは…。賛否の「否」が多めの記事を書くツボは、全盛期の夕刊フジに比べたらまだまだですが、記事の数が多すぎる。



そして広岡さんのいつものやつ。あぁ、もうめちゃくちゃだよ…。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★[ヤフープロ野球ニュース切り抜き]ジャイアンツの正捕手争いは?澤村投手の背番号「106」が起こした奇跡など

★夕刊フ〇・東ス〇。日刊ゲ〇ダイの野球ニュースはなぜみてしまうのか?(2019年12月6日カル〇スブログ)

★小林捕手復帰!小林人気スギィ!! (2020年9月20日#小林誠司)

★ホームランを打つだけで、チーム・ファン・自分を笑顔にする男。(2020年2月17日#小林誠司)

★[2019年版]ファンを楽しませてくれた小林誠司のニュースを振り返る。(2019年12月20日#小林誠司)



ついったー→★元靴屋店員で元リサイクルショップ店員で、今スーパーの肉屋の人(おつまむブログ)

[ヤフープロ野球ニュース切り抜き]ジャイアンツの正捕手争いは?澤村投手の背番号「106」が起こした奇跡など

こんにちは。おつまむです。私は長らくジャイアンツファンで、ヤフーニュースでヤフコメを見ながら野球ニュースを見るのが趣味です。

今回は、ヤフーニュースの野球ニュースを見ていて、気になった記事を切り抜いて紹介しようと思います。



気になった野球ニュースを切り抜くといっても、ジャイアンツファンですので、殆んどがジャイアンツ関連のニュースです。予めご了承下さい。



ジャイアンツの正捕手争いと私の好きな小林誠司捕手と。

長年ジャイアンツのファンをしていますが、私が今特に好きな選手は小林誠司捕手です。決して私はホモではありません。それだけは真実を伝えたかった。

現在、小林捕手は怪我で一時的に戦列を離れ、現在は二軍で試合には復帰していますが一軍に呼ばれる気配はありません。

現在一軍で活躍している、大城捕手・炭谷捕手・岸田捕手が安定しているという事で、入る余地がないといったところでしょうか。





また大城捕手が昨年のクライマックスシリーズから多く起用されている事から、大城捕手が2020年は多くマスクを被る事になるのかな?と思っていたので、まぁこうなる事はなんとなく予想しておりました。

大城捕手を起用する事でジャイアンツが勝つのであれば、私はベストな判断だと思うので現状については割と満足です。まぁ小林捕手を一軍で見れないのは淋しいですがね。





それで、巨人の熾烈な正捕手争いについて専門家が鋭く分析している記事がありました。

熾烈な巨人の正捕手争い 専門家が語る起用法と“強打の捕手”の成長曲線

引用:野球評論家の野口寿浩氏は「打者をしっかり見て配球ができている」とリード面での成長を評価。打てる捕手として「将来的に阿部の域までいくかもしれない」と語った。打者が踏み込んできた時は内にいくし、要所では内角を使っていたが、無理していかない場面もあったし、常に内角攻めという訳ではなかった。打者をよく見ているなと思った

いやぁ…「さる某球団関係者」とか「某球団OB」のコメントを出しているスポーツ紙みているかぁ?

私の様な野球素人でも分かりやすい記事ですし、コメントもどれも感心するコメばかりで、コメとセットで非常に良い記事。





それとは打って変わって、タイトルでいかにもPVを稼ぎにきましたという、東スポ安定の記事…なのだが、これまじで現実になりうるぞ…

★澤村獲得のロッテに追加トレード浮上!田村離脱で巨人・小林に熱視線

引用:電撃トレードで巨人から澤村拓一投手(32)を獲得したロッテに「さらなるトレード」がささやかれている。チームは現在、ソフトバンクと激しい首位争いをしている最中だが、ここへきて正捕手の田村龍弘(26)が骨折で長期離脱の可能性も出てきた。今後は再度の緊急補強で捕手を探していくことになるが、そこで注目されているのが巨人時代、澤村の女房役でもあった小林誠司捕手(31)。チーム内では早くも〝小林待望論〟が湧き上がっている。

状況は分かるが、澤村投手がトレードに出された時と小林捕手の現状が違いすぎますからねぇ。澤村投手は見放された感があるけど、小林捕手はまだそんな感じはないですが。

でも、最近は一軍で小林捕手を見れるならそれでもいいかなと。ただ女性に高い人気を誇る選手なだけに球団がトレードに出すかどうか…?



安定のゲンダイと格闘タイプのポケモンと

次はみんな大好きゲンダイ。インパクトに欠ける題名だが…ゲンダイらしさ満点のやつ。

プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

引用:DeNA アレックス・ラミレス(45歳)
ベンチのコーチだって理解していないんだから、コミュニケーション不足もいいところ。かなり頑固でコーチ陣の意見にほとんど耳を貸さなくなっている。(球団OB)
オリックス 中嶋聡代行(51歳)
「フロントは田口コーチより中嶋監督代行を評価している」とオリックスOBがこう続ける。

この記事では、横浜のラミレス監督・日本ハム 栗山英樹監督・西武 辻発彦・オリックス 中嶋聡代行の事に触れている。

ラミレス監督は作戦面では、助けられている場面もあるが、セリーグで一番嫌だなぁって思うのは横浜じゃないのかなぁ。ラミレス監督になってから、そこまで順位は悪くない様にも思うし。

まぁ球団OBの言う事が本当ならば、来年は監督してないんじゃないですか。頑固で言う事を聞かないなら、「優勝」という結果を見せないといけない訳ですし。

オリックスの中嶋聡代行は、記事の内容的にも首筋は寒くないと思うのですが。





最後は「こういうのを待っていた」という記事。ロッテにトレード移籍した澤村投手が借りたユニフォームの番号「106」の因縁…

【ロッテ】沢村拓一が借りた背番号「106」の因縁…ポケモンGOで「サワムラー」だった

引用:沢村はこの日、登録されたばかり。背番号「57」のユニホームが間に合わず、打撃投手の「106」番をつけてプレーした。「沢村」と「106」番には、野球から離れた因縁があった。ポケモンGOで図鑑番号「106」番は「サワムラー」というモンスターだったのだ。タイプは「かくとう」。果たして偶然なのか、意図的なのか…。

意図な訳があるかい!!ヤフーニュースでの野球ニュースはこういうのでなくちゃwwちなみに「ポケモンGO」の図鑑と分かりやすく書いてあるが、ポケモンの全国図鑑でもしっかり106番なので悪しからず。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★ゲンダイの記事や東スポの記事が最近笑えない。どうなるのか小林誠司。 (2020年9月9日#小林誠司)

★ミステリーショッパーから「最低」だと言われましたww辞めたい。

★転売ヤーは、勿論、転売神であるトルネコさんを崇めているよね?

★元靴屋が独断と偏見で決める!靴屋(3社)ランキングぅ~! [元靴屋のひとりごと]




ついったー→★元靴屋店員で元リサイクルショップ店員で、今スーパーの肉屋の人(おつまむブログ)

ゲンダイの記事や東スポの記事が最近笑えない。どうなるのか小林誠司。 (2020年9月9日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。(不定期になりました)

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

人気故に小林捕手を煽る記事多数!東スポ!ゲンダイ!ゆうかん…誰だお前!

こんにちは。おつまむです。私は生まれてきた頃からジャイアンツファンです。

今年はコロナの影響もあり、試合数も少なくなり(それでも120試合ぐらいある)ましたし、観客もあまり入れずにやっていますが…やはり野球は良いですね。

今年に限っては、やってくれるだけで嬉しい限りでして、最近はジャイアンツ以外の試合も見る事も増え、野球の楽しさをより楽しむ事ができているのかなとも感じています。

さて、私の推しのチームである「ジャイアンツ」ですが、絶好調ですね。プロ野球があるというだけで嬉しい限りなのですが、ジャイアンツが絶好調で尚嬉しい!

しかしながら、私の大好きな選手である小林誠司捕手が長期離脱をしていて、一軍の試合で見る事が出来ないのはかなり寂しい限りです。

怪我も治り、二軍の試合でもマスクも被り始めているのですが、一軍から声が掛かる様子がない。

となると、各スポーツ新聞がこぞって出してくるのが…そうだね、小林ディス記事やトレード説記事ですね。

小林捕手には良くも悪くも熱狂的なファンが多く(ここにも一人)毎年毎年、些細な事を大きくしてニュースにする事で、ファンやアンチから高い関心を集めています。

まぁ主に「夕刊フジ」「ゲンダイ」「東スポ」なのですが、いつもはネタとして、ヤフコメとセットで楽しく拝見しているのですが…今回の小林ディス等の記事は申し訳ないが笑えない。



理由は最近巨人のトレードが活発である事や、原監督との確執があるのでは?という前々から抱いていた不安、そして、現在一軍に居る捕手がそれぞれしっかり役割を果たしているからだ。

特に原監督が開幕前から期待をかけている大城捕手。リード面は元々味がるあるリードをすると評判ですが、なんといっても打撃の凄まじさ。

ユーチューブで何回か打撃練習を見た事がありますが…凄い(語彙力皆無)

そして今年は、守備力も良くなっており、首脳陣や巨人ファンも納得せざる得ない。

盗塁阻止率はそこまで良いという訳ではないのですが、今年は阪神の近本選手を除き、走る人が少ないのでそこまで重視されていない説もある。

その説があるなら、小林捕手の一番の売りにしてある「肩」はそこまで現在は必要とされていないという事になるのではないのか。



また、今まで見てみぬふりをしてきたが、原監督との確執について。小林選手に強く当たったりするのは今でも期待の表れだと思っていますし、年俸一億をアシストしたのも原監督だったと思います。

しかし、大城捕手への大きな期待や、ハイタッチ拒否事件など、あれ?確執…ある?と思ってしまう事が多々あるのだ。

そうなると、やはり気になるのが「小林誠司のトレード」だ。

毎年毎年、各スポーツ紙がこぞってトレード説の記事をだしますが、今年は流石に笑ってスルーする事が出来ない。

原監督との確執疑惑に、一軍の捕手3人がしっかり結果を出しているという事、そして最近活発なトレード。

その様な要因から、最近の小林捕手ディス記事が、中々に心に刺さる。例えば、現代のこちらの記事↓

好調G菅野&大城の陰で忘れられ…“古女房”小林誠司に他球団が熱視線

引用→「他球団の編成担当者がこう声を潜める。「もったいないですよね。あの鉄砲肩は球界で一、二を争う。どこも欲しいでしょう。正捕手が定まらない球団は多いですから、トレードの1番人気じゃないですか」

いやぁ、素晴らしい見出しですね。そして謎の他球団の関係者。いつもは「誰やねん!」って思いますが、今回は本当にいるのかも…と思っています。

ヤフコメもいつもの小林擁護コメもありますが「こういう記事を書かれても仕方ない」や「他球団に行った方が…」というコメもそれなりある。私自身、ジャイアンツの小林捕手を見れるのが一番だが…



次は東スポ。安定感ある見出しと、ある意味期待を裏切らない中身。

独走巨人に〝忘れられた〟小林誠司は今… 捕手層厚く自慢の肩も出番なし

小林捕手のファンを逆なでさせる記事を書かせたらやはりナンバー1ですね。いつもは笑ってみていますが、今回は中々に刺さります。

引用→「8月27日のヤクルト戦(神宮)後、指揮官は「小林? そう。まあ今のところ大丈夫。いい調整をしてもらってね。岸田も頑張っているし、まあ(炭谷)銀ちゃんもね、頑張ってる」と〝無関心〟だった。」

ん?無関心と解釈できるのかこれ?もしかして、メディアのこういった取り上げ方も、原監督と小林捕手との間に確執が?と印象付けさせられているのかなぁ。

引用→「チーム関係者は「今年はどうしても捕手が小林である必要がない。例年に比べると、今年のセ・リーグは盗塁が少ない。コンディションや年齢による衰えもあるんだろうけど大島(中日)、山田哲(ヤクルト)らは普通なら走るケースでも走ってこない」と説明する。」

それっぽかったので参考にしました☆というか、近本選手以外は確かに走っている感じはないし、いるかいないのか分からない「チーム関係者」を別につけなくても良い様な気がしますけどね。

最後は勿論…
居場所がない小林誠司、巨人の「豪華すぎる捕手陣」〈週刊朝日〉

夕刊フ…って、週刊朝日やんけ!流石朝日。政治系で楽しませてくれる朝日が、次は誠司系で楽しませてくれるのですね。

引用→「他球団のスコアラーは、こう評する。「先発ローテーションで計算できるのは菅野と戸郷だけ。苦しい台所事情にかかわらず、白星を積み重ねているのは捕手の力が大きい。今年の巨人は同じ投手でも登板ごとにバッテリーを組む捕手を替えるパターンが多い。捕手が違うと、配球がガラッと変わって攻略にてこずる。大城、炭谷、岸田は他球団にいったらレギュラー捕手になれる力を持っている。現代野球は捕手のレギュラーを固定せずに複数で回しているチームが多いが、巨人のこの3人はクオリティーが非常に高い」

お手本の様な他球団の関係者だが!中身の内容が厚いかどうかは別として、内容はそこまで激しく無く共感できる部分もある。最後の一文「1軍で起用され続けるためには首脳陣の信頼を勝ち取らなければいけない。」これに尽きるのではないのか。

ジャイアンツの小林捕手を見たいけどなぁ~

最近のトレードの活発化や一軍での3名の捕手の活躍などにより、毎年恒例の「小林トレード説」が笑えない今日この頃。



澤村投手が、ロッテにトレードに移籍し、三者連続三振を記録しました。久しぶりですね。澤村投手の球すべてが低めにコントロールされているのを見るのは。

太田選手も巨人をでて日ハムでノビノビやっているなと、日ハム対ロッテ戦を見ていたら、次はビヤヌエバ選手が出てきて…みんなノビノビやっているなと。

もしかしたら、小林捕手も違うチームに行ったらノビノビ出来るのかな…なんて思ってしまいました。

勿論ジャイアンツの小林捕手を見るのが一番ですがね。本当に今後どうなるのでしょうかね。どうやら、トレード期間がまだあるので「先発投手を…」という噂も。

もし他球団に求められて行くとしても、私は小林捕手のファンですし、ジャイアンツのファンでもあります。

ですが、毎回何かある度に奇跡みたいな事を起こしてくれるので、今回も何か起こしてくれるのではないのかと思っています。まぁ、良くも悪くもですがねwそう言えば、某野球ユーチューバーが言っていたけど、小林捕手って結婚したの?してないの?

ツイッター→★gaharagi3(おつまむブログ)