ナイキの”ACG”のシューズどうしてこうなった?現状のナイキACGに思う事。 [元靴屋のひとりごと]

こんにちは。おつまむです。今回は、ナイキのアウトドアライン「ACG」のシューズについて思う事をご紹介します。

現在私はACGのシューズを所持していませんが、過去に一足だけ購入した事があります。それは、ナイキACGの中の名作「エアエスケープ」です。

私が思うエアエスケープを始めとしたACGの靴の魅力は、機能性・カラーリング共にアウトドアなスタイルを持ちながらも、スニーカーらしさも同時に持ち合わせているという点です。

しかしながら、最近はナイキのACGのシューズを見かける事は非常に少なくなってしまいました。

今回は、そんな現状のACGについて思う事をここでご紹介していこうと思います。



ナイキACGのシューズは歴史も魅力的

スニーカー等の靴の魅力の一つに「歴史」というのが含まれます。過去のナイキACGのシューズラインには多くのモデルがあり、どれも素晴らしい歴史を持つ靴ばかりです。

現状、ACGのシューズラインは非常に少ないのですが、私がACGのシューズを好きになったきっかけであるエスケープは1991年に発売されています。



当時、同時期に発売されたエアモワブとエスケープは、これまでのアウトドアシューズのコンセプトとは異なった画期的なデザインで、様々なアウトドアシーンにフィットしました。

実はACGのラインが発売される前にもナイキはアウトドアシューズを手がけており、「アプローチ」「マグマ」「ラバドーム」等のアウトドアシューズを80年代に発売していたのですが、競合との差別化を強調できずにいたのです。

そこかからACGラインが89年に登場し、当時発売されたのが「ワイルドウッド」というアウトドアシューズでした。

このACGの靴は初めから高い人気を得ていたのではなく、世の中に広まったのは実は1991年からなのです。

順風満帆にいかずに苦労した末に出来たのが、当時画期的であった「エアエスケープ」と「エアモアブ」なのです。苦労した末に画期的な靴を生み出すというのが、今も昔もナイキらしくて魅力的ですよね。

91年の画期的なACGの靴をきっかけに市場を拡大

91年にACGラインより発売された「エアエスケープ」「エアモワブ」は、様々なアウトドアフィールドにおいて活躍できるデザインを採用しているだけではなく、様々なアウトドア活動にも対応できる機能を持った画期的なシューズで、様々なアウトドア活動を提案しました。

80年代から長いトンネルを抜け、ついにナイキのアウトドアシューズが人気になるきっかけを与えたモデルは、旧態依然だったアウトドア業界に一石を投じたのです。

そもそもアウトドアアイテムはノースフェイスを中心に、カジュアルに着こなす文化がありました。

そういった時代背景の後押しもあり、様々なアウトドアコーデに対応できるナイキACGは、アウトドアファッションを好む人からも高い評価を得たのです。


最近ACGのシューズ…見た??

長い間日の目を見る事がなかったナイキのアウトドアライン。ACGラインでも長らく苦戦し、ナイキらしい画期的なモデルで人気を得た素晴らしいACGの靴ですが、ここ最近靴屋などの小売店で見る事は無くなったと言えるのではないのでしょうか。

91年に高い評価を得て、市場を拡大していったので、ACGの靴の歴史はそこまで長くはないのですが、どうしてこうなってしまったのか。

私が思う理由は、単純に周りのブランドに機能面・デザイン面共に負けてしまったという事だと思います。

靴屋時代のナイキACGの印象は、「特価商材」というイメージがあります。一度は入荷するがそのままメーカーへ返品され、特価商材として再入荷するモデルが殆んどでした。



ディスプレイすると、スニーカーらしさをもった雰囲気がかっこよくひと際目立つのですが、アウトドアブランドの方が機能が高く、ある程度のデザイン性を持っていたので、アウトドアブランドの靴を選ぶ人が多かったのです。

また各アウトドアブランドの競争が激しくなり、デザイン性も多種多様な商品を発売していた経緯もあり、デザイン面においても最終的に人気だったのはアウトドアブランドの方でした。

特に「コロンビア」「メレル」「キーン」はデザイン性・機能性・コスパが非常に良く、様々なアウトドアファッションへの提案をしてきたのです。

それでもナイキACGの靴が好き。だが現行のモデルには抵抗がある。

コロンビア・メレル等のライトなアウトドアシューズも好きですが、やはりナイキのACGも好きなのです。

理由は、やはり魅力ある歴史から生まれた素晴らしいスタイル、それにスニーカーらしさも身に纏ったアウトドアシューズは、ナイキACGの大きな魅力といえます。

一応、現在もナイキACGの靴は発売されているのですが…(2020年12月現在)

引用:ナイキ ACG エア ナス GORE-TEX
機能性はアウトドアラインですが、スタイルがスニーカーに寄り過ぎてしまっていますよね…

また、ナイキのACGの素晴らしい歴史を感じるデザイン性ではありません。やはりフットエスケープやマグマ等、ACGの歴史あるスタイルをどうしても求めてしまうのです。

これからナイキACGの復刻が始まるのでは?と密かに期待

画期的なモデルと機能で、アウトドア業界に一石を投じたナイキの「ACG」。現在ACGの靴は数が少なく、アパレルを中心に商品を発売しています。

現行のACGの靴には抵抗がありますが、これがACGアイテムの進化という事であれば、ある意味納得ができる部分もあります。

ですが、私は今後ナイキのACGのシリーズが復刻されるのではないのかと思います。



最後の方のエスケープ等のACGは本当に安売りばかりで、ブランドの価値をかなり落としたのではないのかと感じます。

ですが無くなってしまうと、欲しがるのが人間。素晴らしい歴史をもった過去のACGのモデルは、スニーカー文化の加速と共に、今現在かなりブランド価値を高めているのではないのかと思います。

是非復刻してほしいですね。せめて私が売ってしまったナイキエアエスケープはもう一度欲しい…ちなみにこれ↓

参考した雑誌はこちら。あと画像と。




おすすめ商品やスポンサーサイト等

[ご年配の方や足に不安がある方はアサヒシューズがおすすめ。敬老の日等のプレゼントにも是非]


[靴下屋・タビオの公式サイト。おしゃれな靴下や機能性が高い靴下、履き心地が良い靴下をお探しなら、靴下屋・タビオが断然おすすめ]


[黄色いステッチが特徴的なブーツブランド”ドクターマーチン”の公式サイトです。他とは違うかっこいいブーツをお求めならドクターマーチンが特におすすめ]




[その他おすすめ記事]
★AllStar”ではない”Converse!!コンバースのスニーカーはオールスターだけじゃない![元靴屋のひとりごと]

★ローテクスニーカーとは?おすすめモデルやこだわりを紹介! [元靴屋のひとりごと]

★コンバースの最高級スニーカー「ワンスター」サイズ感やその他の種類の違い等をご紹介![元靴屋のひとりごと]

ついったー→★元靴屋店員で元リサイクルショップ店員で、今スーパーの肉屋の人(おつまむブログ)

ナイキの「ランニング系」スニーカーのすすめ。ナイキのランニング系スニーカーの歴史を紐解く…! [元靴屋のひとりごと]

こんにちは。おつまむです。私は過去に靴屋で働いてい事があり、靴がそれなりに好きです。

にわか程度の知識なのですが、その中でも好きなのがスニーカー。スニーカーには主に「ストリート系」「コート系」「ランニング系」の3種類があります。

私はどれもまんべんなく好きなのですが…ランニング系と言えば多くの人が思い浮かぶのが「ニューバランス」です。

クラシックランニングスタイルといえば「ニューバランス」なのですが、私はランニング系スニーカーといえばナイキのワッフルシューズを思い浮かべます。

今回は、そんなナイキのランニング系スニーカーについて、その素晴らしい歴史を振り返りつつ、ナイキのランニング系スニーカーを超絶におすすめしていこうと思います。


ナイキのランニング系スニーカーの魅力は歴史にあり!

スニーカーのブームをとり越して、文化となりつつあるスニーカーというアイテム。スニーカーを選ぶ際「流行り」や「周りが履いているおしゃれなブランド」等の理由がありますが、もう一歩スニーカーに興味があるのであれば「歴史」にも是非注目して頂きたい。

スニーカーというのは、元々スポーツシューズを基にしたタウンシューズである事が多い履きやすい靴です。

そこに、スニーカー独特のおしゃれな雰囲気があるのは、靴をより性能を良くしようというメーカーの企業努力であるいわゆる「機能美」によるところが大きいのです。

その中でもナイキのランニングスニーカーの歴史は非常に美しく、私はニューバランスのランニング系スニーカーよりも、ナイキのランニングスニーカー(特にワッフル底)が好きなのです。

そしてこのナイキのワッフル底のランニングシューズは、ナイキの歴史の中で大きな飛躍を遂げるきっかけとなったのです。

ナイキの歴史と飛躍のきっかけになったワッフル底

元々ナイキというブランドはオレゴン大学陸上部のコーチ「ビル・バウワーマン」とかつての陸上部員だった「フィリップ・ナイト」がお金を出し合い、オニツカタイガーのシューズを輸入する為にスタートした会社でした。

この時の会社名は「ブルーリボンスポーツ」です。会社は順調に推移し、さらなる飛躍を目指す為に自社のブランドをスタートさせる事を決意したバウワーマンは、ギリシャ神話の「勝利の女神ニケ」を英語読みした「ナイキ」を設立しました。

ナイキブランドは、オニツカタイガーのスタイルを基にした「コルテッツ」等のランニングシューズを筆頭にブランドの価値を高めていきました。

しかしながら、当時から世界的に有名なブランド「アディダス」や「プーマ」に比べると、ナイキのスポーツブランド歴史は短く、ブランド価値は低かったのです。



他のブランドと大きな差別化が必要と考えたナイキは、ランナーに「ワッフル底」のランニングシューズを提案しました。

このワッフル底は非常に画期的な機能で、どこのランニングシーンにおいても最適なクッションを得る事を可能にしたのです。

このワッフル底を採用したランニングシューズがナイキという色を強く打ち出し、ブランドを強固のものとしました。

現在もナイキは画期的でかっこいいランニングシューズを多く発売しています。そのナイキらしさある「画期的」な機能の始まりがワッフル底といっても過言ではありません。

その後、現代でもナイキのテクノロジーの一つである「ナイキエア」が搭載された事で、ナイキのブランド価値はさらに上昇。ナイキはスポーツテクノロジーの最先端を行くブランドとして認知されたのです。

これは現代においても同様です。いつの時代もナイキのシューズのテクノロジーは画期的で最先端を走っているのです。

ナイキの歴史あるランニングシューズをご紹介!

素晴らしい歴史を持ち、現在でも画期的で最先端なスポーツアイテムを作り続けるナイキ。そのきっかけとも言える素晴らしい歴史をもったナイキのランニングシューズを次はご紹介します。

[CORTEZ]
コルテッツはオニツカタイガーの輸入代理店の時から手掛けていたランニングシューズです。オニツカの技術と、ビルバウワーマンのアイディアが融合した人気モデルで、現在もちょくちょく復刻しています。

[OREGON WAFFLE]
ナイキの画期的な機能「ワッフル底」が初めて搭載されたランニングシューズ。73年に発売されています。このランニングシューズの特徴でもある「イエロー×グリーン」のコンビネーション は、オレゴン大学のスクールカラー。

[WAFFLE TRAINER]
74年に発売された、幅広いトレーニングに対応できるワッフル底を装備した一足。機能性だけではなく、カラーのコンビネーションが良く、高い人気を誇った。

[LD-1000]
ロング・スロー・ディスタンス(LSD)トレーニングをする人向けに提案されたワッフル底を装備したモデル。当時はナイロンのメッシュアッパーを採用し、安定性向上の為、サイドにソールが大きく張り出していた。

[LDV]
LD-1000のワイドソールが不評だった為、改良されたのがこちらのモデル。ワイドに設置されていたソールは抑え気味に設置。イエロー/グリーンの配色が美しい事もあって高い人気を集めた

[TAIL WIND]
ナイキの歴史に刻まれるシューズの一つ。画期的なワッフル底に、今でもナイキのテクノロジーである「エア」が搭載された記念すべき第一号モデル。79年にに正式発売されています。

[AIR LEISURE BARN]
ナイキの歴史を刻んだモデルの一つ「テイルウインドウ」のアッパーを天然革に変更したモデルです。アフタースポーツ等のオフシーン向けに作られた一足。

[DAY BREAK]
テイルウインドウと同時期に発売されたモデルです。テイルウインドウはエアを搭載していましたが、デイブレイクはミッドソール全体のクッション素材「EVA」をふんだんに使用したモデル。ヒールカップ等も搭載した、当時のハイテクランニングシューズですが、若干影が薄い一足でもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NIKE ナイキ デイブレイク CK2351-001 DAY BREAK スニー…
価格:11000円(税込、送料別) (2020/12/17時点)

[CHALLENGER]
こちらも79年に発売されたモデルです。シューレスを合わせやすい様に、ホールをジグザグに配置し高いフィット感を実現。勿論ワッフル底を採用しています。デザイン性が非常に良く、高い人気を獲得し定番化され、たまに復刻も果たしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NIKE CHALLENGER OG(ナイキ チャレンジャー OG)LIGHT …
価格:9900円(税込、送料別) (2020/12/17時点)

[MARIAH]
80年の発売されたモデルです。ナイキエアを搭載し、レーシング向けに作られたランニングシューズで、多くの選手がこのランニングシューズを履いて好成績を残し、ナイキのブランド価値をより高く押し上げました。


現行で発売されているおすすめのナイキランニングスニーカーはこれ!(2020年12月現在)

素晴らしい歴史あるナイキのランニングシューズ。最後は、この歴史ある素晴らしいランニングシューズを基にした復刻モデルをご紹介します。

[ナイキ チャレンジャー OG]
こちらのモデルは、柔らかいスエードに、オリジナルデザインを忠実に再現した配色を採用したモデルです。モダンな素材で履きやすく、クラシックな雰囲気もありつつも現代的な雰囲気も併せ持った、素晴らしい一足といえます。


[ナイキ エア テイルウィンド 79]
テイルウインドウのレース用アイコンシューズの復刻です。ナイキを一気に飛躍させた伝説的なモデルを、ほぼ忠実に再現。勿論ナイキエアユニットもしっかり採用されています。


[ナイキ デイブレイク]
デイブレイクは若干影が薄いモデルですが、実は非常に根強いファンを抱えているシューズでもあるのです。当時と同じワッフルソールを採用し、当時のスタイルを忠実に再現。ヴィンテージスタイルがより映える一足といえるのはないのでしょうか。

素晴らしい歴史と、画期的なアイテムを作り続けるブランドナイキ。その礎ともなったクラシカルなランニングシューズ達は、非常に高い魅力しかありません。

ナイキのスニーカーは在庫数が少なく、すぐ売り切れる事が非常に多いです。もしナイキの素晴らしい歴史をもったランニング系スニーカーを見つけたら、即買いする事をおすすめします。
参考にした本→






[違う記事もすすめていくぅ~]
★[靴屋の裏話]地域で限られた店舗しか扱えない靴達。 [元靴屋のひとりごと]

★???「コンバース・オールスターを履くと足が痛いのです…」元靴屋店員ワイ「うーん…諦めましょう!」 [元靴屋のひとりごと]

★ローテクスニーカーとは?おすすめモデルやこだわりを紹介! [元靴屋のひとりごと]

靴はネットで買うべき!ネットで購入する際の注意点を理解し失敗しない選び方を! [元靴屋のひとりごと]★

ついったー→★元靴屋店員で元リサイクルショップ店員で、今スーパーの肉屋の人(おつまむブログ)

カジュアルでありながらも清潔感あり!「ナイキ・エアフォース1」[2020年版元靴屋のひとりごと1000文字前後]

ナイキのスニーカーの定番の一つ「エアフォース1」。エアフォース1は厚底なソールとカジュアルなビジュアルがかっこいい、定番のストリート系タウンシューズです。

ナイキエアフォース1は世界で初めて「エア」を搭載したナイキのバスケットボールシューズです。

1982年に発売されたエアフォース1は、革新的な機能「ナイキエア」搭載や安定感の高さから一気に人気を集めたバスケットシューズといえます。

バスケットシューズとしてだけではなく、ストリート系の人達からも愛されるスニーカーとなり、ストリートのタウンスニーカーとして不動の地位を獲得しております。

現在も様々なエアフォース1が展開されており、カジュアルシーンにもってこいのかっこいいモデルや女性におすすめのモデル等、2020年も多くのエアフォース1が展開されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スニーカー ナイキ NIKE エアフォース1 07 ブラック/ブラック 3151…
価格:11000円(税込、送料別) (2020/6/3時点)

ナイキ・エアフォース1の詳細

メーカー希望価格:¥11,00(税込)- ¥12,100(税込)
カラー展開:ホワイト・ブラック他スポット品多数
サイズ:24.5-30.0cm
アッパー素材:天然革
詳しくはこちら→https://www.nike.com/jp/t/%E3%80%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E5%A4%96%E3%80%91%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%AD-%E3%82%A8%E3%82%A2-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%B9-1-07-%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA-knTPE3rZ/315122-111

おすすめコーデや魅力

ナイキのストリート感強いスニーカーの中でも、洗礼されたスタイルを持つ伝説のスニーカーです。

やんちゃな一面をのぞかせつつ、清潔感もあるシルエットのこちらのスニーカーは、ハリのある魅力的で高級感あるレザーや全面に打ち出したロゴ等、ナイキの伝統的でおしゃれなスタイルをしっかり強化しています。

おすすめカラーは、やんちゃながらも清潔感溢れる定番の「オールホワイト」がおすすめですが、2020年6月3日現在メーカーも小売店も在庫欠品中。今後の生産に期待だ。

伝統的なスタイルを受け継ぎ洗礼されたスニーカーという事で、どの様なコーデにも合わせる事が可能です。意外にもきれいめコーデとの相性が良いのも人気のポイント。

サイズ感は小さめですし、見た目もそこまで大きくないのでメンズは大きめのサイズを選ぶ事をおすすめすします。また厚底スニーカーが最近徐々に人気を集めているので、女性の方は今後もチェックしてほしい一足だ。

【レビューを書いてソックスプレゼント!】NIKE AIR FORCE 1 ’07(315122-111)WHITE/WHITE【ナイキ エアフォース 1 ’07】AIRFORCE1ホワイト