小林「菅野がおかしい…」菅野「行けます」???「よし行ってこい!」←その結果…(2019年9月18日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。

 

カル〇ス

 

カル〇ス

仕方ないね

 

おつまむ

 

おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

 

カル〇ス

 

カル〇ス

許してね。

 

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

小林捕手ほぼスタメンマスク!一方菅野投手は…

こんにちは。おつまむです。今週もやって参りました、ただの小林誠司捕手ファンの私が、ニュース等を見ながら小林選手をただただ持ち上げる日…そう!水曜日ですww
今週は9/11~9/16の巨人の試合を振り替えつつ、ジャイアンツの正捕手(勝手に思っているだけなので)小林誠司選手を振り返っていくぅ!

さて!早速!の前に今週の出来事をさらっと。最近はエース菅野を含めた投手陣が軒並み不調で、先発がなんと!!3人wwどうなってるねん。
菅野投手は腰の違和感で登録抹消(最短10日で戻り15日の阪神戦で先発)され、山口投手、桜井投手、ルーキー左腕の高橋投手のみという非常事態。
という事で、今週は一日ブルペン陣だけで回す「ブルペンデー」を一日挟む事が決定していました。
個人的にはメルセデス投手や戸郷投手が5回ぐらいまでそこそこ良いピッチングしてくれそうなので、素直に上げれば?と思ったのですが、きっと呼ばれないという事は、何かしらの原因があるのでしょう。

ブルペンデーを挟みますが、それでも現状先発は3人。今週桜井投手は中4日での登板になりました。また、小林捕手は守備だけではなく、打ってチームにも貢献できたのでしょうか?その辺りも含めて9/11からの試合を、小林捕手を中心に振り返りましょう!!


まず9/11の対横浜ベイスターズ戦から。先発は桜井投手。気迫あふれるピッチャーですね。
先発マスクは小林…ではなく炭谷捕手。やっぱり桜井投手には小林捕手でしょ!と勝手に思っていますが、まぁまぁ…。
試合は先発の桜井投手が4回6安打5失点で敗戦。坂本選手とホームラン争いしているソトに2打席連続でホームランを打たれるおまけつき…


さて翌日同一カード、9/12の先発はルーキー左腕高橋投手です。先発マスクは小林捕手!高橋投手は5回途中3失点という事で、5回投げ切る事ができませんでしたが、序盤から大きくリードを奪いなんとか勝利。
そしてまたソトに打たれる。正直ねぇ、ソトは何処投げても打たれる感じしかありませんでした。唯一インハイがいけるんじゃないか?と解説の人が言っていて、小林もインハイに要求。それが「インロー」に入り飛翔…正直あのインロー打つとは思いませんよ…。ただその後、併殺に仕留めたりしてなんとか抑え込みましたけど。あのゲッツーはしびれましたね!監督もあの場面で敬遠は無いっていってましたし。
ちなみにこの試合で小林捕手はヒット一本打ったのですが…あまりにも久しぶりの様な気がして、懐かしくなりました。


そして翌日2連戦は対広島。9/13は、先発山口投手でした。受けるキャッチャーは勿論小林捕手!やっぱりこのバッテリーは相性抜群ですね。
一時期怪我明けの時は中々勝てずに…という場面がありましたが、山口投手が8回途中1失点という好投で見事に勝利!次の日のプルペンデーに向けナイスなピッチングでした。
こういうフォークを使うピッチャーは、やはり小林捕手の守備。またヒーローインタビューでも「誠司のリードを含め」と言ってくれただけで、思わずに涙腺が緩む…。
またこの日の小林捕手は結構運が良くて?3回に押し出しのデッドボール食らったり、7回にいつも通りの良い所でのゲッツー病を、相手の守備が悪送球してくれたりと…。まぁデッドボールは運が良いとは言い切れませんが、正直相手投手の方が痛かったですね。
またこの日の川相さんの実況も面白くて、小林捕手はキャッチャーなので、もう少し配球を読んだバッティングを~とも指摘していました。からの良い所でのゲッツーコース。ふむ。百里ある。
でもまぁ、結果的に1失点で守り抜いてくれましたから、小林の打撃は多めに…ね?


さて9/14はブルペンデー。先発は澤村投手。先発マスクは炭谷捕手でした。まぁ色々な投手をリードするわけですから!経験豊富な捕手に先発を任せるの至極当然…。
澤村投手は3回を完璧に抑えるも、敗戦。ブルペンデーですからある程度負けは予想していましたが、広島のジョンソン投手と対戦して僅差での負けですからね…。ただブルペン消耗した感がすごかったです。


そして9/15は対阪神戦。先発はエース菅野投手。故障明けなのでまた炭谷捕手なのかなぁと思ったのですが、なんとスガコバ!でしたが、菅野投手4回4失点で降板。どうやら自分から降板を申し上げたようですね…。一回の三者凡退をみたら、某コーチの様に、復活ですね…これは…と思ってしまいがちですが、かなり下半身粘れていなかったようですね。ちょっと仕事で見れなかったのですが、小林が菅野の見ていないところで、ベンチにサインを送っていたようですし。
ちなみこの日の小林捕手は良い所でゲッツーを打ったり、三振してしまったりと、8回に代打を送られています。せめてゲッツーが無ければ…。本当に僅差で小林捕手を最後まで見る事が少ない(涙)


さて翌日9/16の試合は中4日で桜井投手。前回炭谷捕手とのコンビでしたが、今回は小林捕手とのコンビでした!桜井投手は押し出しのデッドボールで勝ち越し点を与えるも6回2失点と粘りましたが、2-1で敗戦。中4日でこれはかなり良い成績ではないのかと。
しかし、この1点実は小林捕手のタイムリーなのですよww久しぶりの打点でびっくりしました。まぁ仕事で見てなかったのですけど!ちなみその後6回の1アウト満塁のチャンスで三振して7回の守備の時に大城に交代してます。打点1つ挙げても、1アウト満塁で犠牲フライも上げられないのであれば交代。これがプロという世界…かどうかは分かりませんが、まぁ僅差ですし。野球は点取りゲーム。こういう僅差で負けていれば、打撃がアレな小林捕手は下げられちゃうのですよ。あぁ、4月の小林が年間続けば…。
試合は2-1で負けました。唯一の見せ場は、滅多にお目見えできない、小林捕手のだ…と9回の代走宮国ぐらいですかね。


さて、打撃はさておき(おいちゃダメだろ)炭谷捕手が戻る前より、先発の機会が増えた小林捕手ですが、この一週間での小林捕手が絡んだ試合で特に印象深いのが9/16の菅野投手とのバッテリーを組んだ試合。結果的に腰治ってませんでしたね。
ダイジェストとかでみても、明らかな手投げ。勿論その後抹消されました。CSまで抹消的な事を言ってましたが、長年の功労者ですから…。もっと休ませても…。
あとその談話がこちら→またまた腰痛で…巨人菅野の3度目抹消は“人災”とOB投手苦言

まぁあまり信用できる出どころではないのですが、この記事は中々衝撃的な内容でしたね。
ざっくり言うと…???「141キロ?カットボールかな?」小林「おかしい」???「菅野…いけるか?」菅野「大丈夫」~4回終了後~菅野「チームに迷惑はかけれません。降板します」???「…」

という事です。ピッチャーをやりくりしたり打線を組んだりするのもプロの方ですから、文句は言いませんが、流石にエースのプライドをもっている菅野投手に、この時期にいけるか?って聞かれたらそりゃ行くって言うでしょ…。
それでも小林捕手が試合中に何か首脳陣にサインを送ったり、一番受けている小林捕手が「おかしい」といっているのですから…。止めるのもコーチの役目じゃないですか…。

特に腰の怪我は解明されていない事が多いですから、完全に完治するのは難しいですし、最短で来た時におかしいと思いましたよ。
でもいつも初回は良い投球するからブルペンじゃ分からないですよね。まぁ、今後首脳陣が「エース復活」とか言っても話半分で聞く事にします。本当に菅野が潰れてしまわない事を祈るばかりです。

リーグ優勝は目前!このまま小林先発でも…!

今週小林捕手は先発マスク4回被りました!ちなみに炭谷捕手は2回!その中で小林捕手がスタメンマスクを被った試合は3勝1敗という事で。まぁこの一週間巨人は3勝3敗ですから、それなりに小林捕手の貢献度は高いのかなと思います。
投手と捕手でバッテリー。結局は投手の出来次第てのもあるのですけど!流れが良いのでこのまま小林捕手先発でいいのではなかろうか?と小林贔屓の私が提案致します。
ツイッターフォーローして下さい!なんでもはしませんが!→gaharagi3(おつまむブログ)

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

やはり最後に笑うのは小林!小林ファンとして強いて苦言を言うなら…打撃ぐらい。(2019年9月11日#小林誠司)

また叩かれる小林…しかし毎回「結果的に」勝利を勝ち取る小林…これだから小林ファンは辞められないw(2019年9月4日#小林誠司)

人気の野球漫画!球詠1巻のおすすめシーン19選!(ネタバレ注意)

大城と小林の捕手争い!プロ野球終盤にきてこの熱い展開!(2019年8月21日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

小林捕手も大城捕手も結果を残している!

こんにちは。おつまむです。プロ野球も気付けば終盤。私が応援する読売ジャイアンツも残り約30試合を残す所となりました。
さて、炭谷捕手が骨折の為離脱してから色々とありましたが、この色々あったお陰で私自身小林誠司という男の素晴らしさを再認識できたなと思いますし、リードもなんだか効果的に内角を使っているのではないのか?と勝手に思っています。

さて、現在は炭谷捕手の代わりに昇格した岸田捕手が登録を抹消されまして、事実上捕手は2人制です。(一応阿部選手が捕手登録)
岸田捕手の内角を攻めるリードや、強肩は素晴らしく光る物があるなと思いますし、一軍では発揮できませんでしたが打撃も良いという事で、また一軍で見たい選手だなと思いました。
さて、炭谷捕手が抜けたジャイアンツですが色々とあったもの、14日の広島に勝利してから5連勝!22日にもマジックが点灯するかも?!という所まで来ています!

久しぶりの優勝かも!と胸を躍らせていますが、まだまだ油断は禁物です。一時期最大10.5ゲーム差を付けて、0.5ゲーム差まで追い上げられたのでね…。
とはいっても最近は、ウィークポイントであった中継ぎもかなり改善されてきており、エース菅野の復活やどすこいこと山口投手の復活もあり、投打がかなりかみ合ってきたのかなと思っています。

その中で、ジャイアンツファンであれば胸が熱くなるのが…そう!私が大好きな捕手小林誠司と期待の若手捕手大城卓三の捕手争いです!
炭谷捕手が骨折で離脱してから、小林捕手が完全に正捕手となるのかなと思いましたが、ここまでの一週間を見ると、ボスは結構良い感じの捕手起用をしています。
という事で、ここ一週間の試合結果を見ていきます。

まずは、対広島戦。菅野と小林のいつものバッテリーですね。菅野が8回1失点の好投で勝利投手に。試合は1-7とジャイアンツの勝利。
またこの試合で広陵高時代にバッテリーを組んだ広島の野村選手から4回表に適時打を放っています。ボス…見ていますか…打てる捕手がここにいるじゃないですか…

という冗談は置いとき、小林捕手1年間通して打つ体力がないのか分からないのですが、疲れてくると打てなくなるのですよね。今は炭谷捕手の加入もあり、良い感じの併用になっているのでそこそこの打率残しているのですよ。
それで、小林誠司という男といえば…そう!菅野投手ですよね!最近調子も良くなってきまして。「怪我を治しながらシーズンを」と菅野投手はおしゃっていたのですが、最近そこそこ好調なのは怪我治ったのかな?と思ったらどうやら「腰痛」の方は前からかなり良くなっているとの事。しかしそれでも調子が上がらないので色々調べた所、菅野投手曰く「「グルテン」を受けつけない体質」らしいです。

「夏からグルテンが含まれる小麦系の食事を抜く「グルテンフリー」を始めました。」という事で調子が上がってきたという事です。てな感じで…エース復活という事で良いでしょうか?

次は阪神3連戦の頭8月16日は桜井投手と小林捕手とのバッテリーです。桜井投手は7回途中1失点の内容で勝利投手に。やっぱり桜井投手と小林捕手の相性良いなと思うのは私だけ?
阪神二戦目は、新人の高橋投手と大城捕手!前回良い感じだった小林捕手ではなく大城捕手!大城選手も好きな選手なので、最高ですね。試合は高橋投手が6回無失点で勝利投手に!
相川はコーチも「打撃に期待して今日は大城の力を借りたい、とチームとしてなりましたが、すごくいいリードをしてくれた。彼も捕手としてのプライドがあるだろうし、いい結果に結びついてくれて良かった。彼の成長を感じます」とコメント。もっと使ってくれてもいいのよ?

阪神戦3戦目はどすこいこと山口投手!菅野投手が不在の中エース級の働きをしていた山口投手ですが、怪我明けの広島戦では散々でした。
今回は7回途中3失点で勝利投手に。少し物足りないかなぁとは思いますがこのまま復調してくれれば幸いですね。

そして20日の中日戦はメルセデス投手。捕手は勿論大城捕手!メルセデスといえばやはり大城捕手ですよね!このバッテリー好きなんですけどね。いつの間にか炭谷捕手になっていて…

何一つ不満はありませんが…最後に一言いいですか?

さて、炭谷捕手が離脱しても好調なジャイアンツですが、個人的な意見として決して炭谷捕手が必要ではないとは思っていません。FAで獲得した時も、昨年の小林捕手の感じなら仕方ないのかなとも思いましたし、実際炭谷捕手が加入した事で小林捕手が一皮むけてくれたのかな?とも思います。

理想は小林捕手と大城捕手が競い合って欲しい所ですがね。炭谷捕手が加入したのもそうですが、原監督の「好き嫌いとしか思えぬ」と言っている専門家がいたのですが、私はそうは思いません。
野球素人の私より専門家の意見の方が信用性が高いと思いますが、好き嫌いで起用しているなら、外から取ってきた1億円プレイヤーの炭谷捕手を積極的に起用するはずです。

しかし、炭谷捕手が離脱するまでジャイアンツ内で一番マスクを被ったのは小林捕手です。原監督の小林の使い方もちょっと厳しく見えますが、その度に監督と小林捕手は会話もしていますし。きっとこれが監督のやり方なのでしょう。それに結果も出ていますしね。

今ジャイアンツには「正捕手」はいないと思っています。でもレベルが高い捕手が3人も揃っていると私は勝手に思っています。正捕手がいた方が良いのかもしれませんが、捕手を併用した方がリードの傾向も読みづらくなって良いのかもしれませんね。
とりあえず、私が最後に言いたい事は…亀井様に1億以上の年俸を差し上げて下さい。
参考にした記事→【巨人】大城の好リードを相川コーチ絶賛「彼も捕手としてのプライドがある」

【巨人】菅野連載、体調改善で「気持ち晴れてきた」尊敬する坂本勇の継続力

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

プロ野球は終盤戦!そして勢いを増す小林…いや!小林誠司様!!(2019年8月15日#小林誠司)

懲罰交代?そりゃ巨人の捕手で一番試合にでている選手ですから!そういう時もある。(2019年8月6日#小林誠司)

対広島嫌な予感的中…その中でも輝いた(と思う)小林誠司!(2019年7月24日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

対広島にまさかの3連敗。また広島を勢いづかせてしまった巨人。

こんにちは。おつまむです。今日は水曜日という事でね…そう!我らが誇る名捕手、小林誠司についてお話させていただこうと思います。
さて前回の小林記事で、小林誠司という男は存在感が増してきており、限られた役割の中で仕事果たしてきている。また山口投手の活躍もありかなり存在感を増してきているのではないのか?というお話をさせて頂きました。
ですが、不安もあると。それは大型連勝中に広島との対戦がなく、3連戦が控えている事、一方広島は大型の連敗をしていて、巨人戦によっては浮上のきっかけをつかむのではないのか?と 私は思っていたのです。

理由は、とにかく巨人自体が広島アレルギーである事と、前半戦調子が悪かった広島を目覚めさせてしまったのは巨人であるからです。あと、広島打線と小林のリードの相性が悪い意味で良いって事と。

そして迎えた対広島3連戦。これは私が思った以上の事が起きました。あっ、勿論悪い意味ですよwまさかの3連敗。流石にこの勢いの中で3連敗するとは思わなかった。
野球って良くも悪くも流れのスポーツです。この対極の流れのチームの対戦がまさか…と。

対広島に苦手意識を持っているというのは分かっていたので、1勝2敗は覚悟していたですが、流石に3連敗は受け入れ態勢が…。
そして、3連戦すべて終盤で勝ちきれない戦いをしたのが巨人。この3連敗はやっかいな相手を呼び覚ましてしまったと私は察しました。
今巨人は独走状態ですが、ハッキリいって不安。特に「広島」に1勝もできなかったというのが、なんだか不気味ですよね。

ですが、その対広島戦にて私は「小林誠司」という男は輝いていたのではないのかと思います。まぁ、1戦目は炭谷捕手だったので正確には2戦ですけどね。
では、この対広島3連敗について少し振り返りましょうか。まず1戦目は巨人のエース菅野。受けるキャッチャーは炭谷。まったく、いつになったら小林捕手にもどしてくれるのやら!

菅野は7回途中4失点。ウーン、やっぱりピリッとしないですねぇ。しかもこの試合はかなり巨人優勢で進めていたのにも関わらず、負けましたからね。負けは3失点を喫したマシソン。マシソンってなんか広島と相性悪いイメージしかないですね…。そもそも病み上がりですし。
結果的に、この優勢でゲームを進めている中でのこの負けはかなり痛いなと。この勝利で、広島は流れを呼び戻しましたね。

そして翌日7/20の先発は今村投手です。バッテリーは勿論小林捕手!一度炭谷捕手とも組んだことはありますが、やはり今村投手は小林ですね。
そして勝ち投手は…今村投手!あっ、広島のね。
結果的に巨人の今村投手は7回2失点で一応広島には追い上げられはしたものの逆転は許さず。やはり今村投手は6回以降ですね。
とはいっても7回2失点は先発としては普通に合格ライン。これからも小林捕手と相談しながらどんどん成長していってほしいですね。

そして今村投手・小林捕手共に8回に代打を送られ、その裏に田口が打たれ逆転。そのままゲームセット。
ここで、もし小林捕手がもう少し打てたなら…と思うのは、小林狂の私だけかもしれませんが、こういった緊迫した試合の終盤では、やはり守備力が高い小林誠司が適任だと思うのですよ。でもまぁ、野球は点取りゲームですし、仕方ない。ただ、しれっとデラロサが失点しているのが気になるなと思ってました。(ヤクルト戦へのフラグ)

対広島戦最後は7/21ですね。この日先発は桜井投手だったので、今日は炭谷捕手かぁっと思っていたらまさかの小林誠司!前桜井投手と組んだことはあるのですが、その際は今村投手が炭谷捕手と組んでいました。
なので、前日に今村投手と組んだ小林誠司は今日は出番はあっても終盤かなと思っていたところにまさかの!

これは、小林捕手かなりチャンスまわってきたのではないのか!!そして、小林捕手も期待に応える様に、リードでも守備でも見せてくれました!小林キャノンも見れたし満足、満足!てか小林の前によく盗塁しようと思ったなww
結果的に、緊迫した1-1のスコアの中、小林捕手は8回に代打を出され交代。そのまま延長で鈴木誠也にサヨナラヒットを打たれ終戦。そして負けはマシソン…。

エラーも絡んでるからなんともですが、やっぱり広島との相性が悪い。あと打てないから仕方ないのだが、終盤に小林捕手を変えるのはやはり不安でしかない。逆に終盤小林捕手を守備固め的に使うのは賛成ではあるけど。でも、あまり中川投手と相性良いイメージもないですし…ウーン。
ですがこの日の強気のリード…。やっぱり小林最高だわ。最近はピッチャーともすごい会話しているし。

スタメンマスク勝率が下がっています。そこも小林らしくて好きww

さて、さて今回は対広島戦3連敗という事ですが、その中でも輝いていたのは、小林捕手だと私は思います。
お気づきの人も多いと思うのですが、小林捕手はすべて交代した後にチームが負けています。つまり小林誠司のスタメンマスク勝率が下がっているのですww
逆に終盤守備固めで起用される事もありよくでてくる小林誠司ですが、その時はいくら勝利に貢献しても炭谷捕手や大城捕手のスタメンマスクの勝率が上がるだけでwwなんか、本当に過小評価される男ですよね。

ですが、それが小林誠司らしくて良いのですよ。評価しているファンも多いですし、とりあえず終盤になればなるほど小林捕手の力が必要なんですから、パパッと打てるようになって正捕手になって下さいよ。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

存在感がより濃くなってきた小林誠司と最近少し不安な点と。(2019年7月17日カル〇スブログ)
なんだかんだ言って巨人が首位!どすこいと小林のコンビも最高!若手は炭谷に任せて…あれ?(2019年7月10日カル〇スブログ)
巨人のエース菅野と小林誠司という男と。(2019年7月3日カル〇スブログ)