ジャイアンツ小林誠司2軍へ降格…夕刊フジに続けと攻める東スポと(ヤフープロ野球ニュース切り抜き)

こんにちは。おつまむです。いやぁ…ジャイアンツ小林誠司捕手が2軍に降格し、岸田捕手が1軍に合流しました…。

小林推しとして、かなりショックな出来事ではありますが、打撃面がほぼ死に体でしたし、何より守備面でらしくないシーンが若干見受けられた事などもあったので、2軍落ちは仕方ないのかなと。



プロの世界ですから仕方ないですがね。さて、今回も良い風味を醸し出している野球ニュースが多くありましたのでご紹介致します!

王者夕刊フジと追随する東スポ

小林捕手2軍降格など、ショッキングなニュースが並びましたが、やはりこの時期の野球ニュースは面白いですね。エンターテインメントとしてみれば最高です。それでは今回のラインナップから。



・逆境一変!「#コロナに負けるな」 巨人以外のセ5球団ファンがロッテ〝後方支援〟(東スポ)
・「エース千賀が逃げた!」 最下位オリックスが首位ソフトバンクに〝上から目線〟なワケ (東スポ)
・阪神・矢野監督“内規違反”会食発覚! 阪急阪神HD角会長が内部調査を厳命、球団は把握も黙認&隠蔽…選手のみ処分でチームから憤り(夕刊フジ)
・阪神・藤川の引退試合11・10で決着 巨人サイドの打診却下(夕刊フジ)
・【巨人】原監督が小林誠司に奮起促す「3番手捕手なら、岸田の方がはるかに使い勝手がある」(スポーツ報知)

という事でね…今回ゲンダイが無いのは、タイトルはそこそこ良かったのですが、内容が今一つしっくりこないかなと感じましたので。



そして小林捕手の二軍降格の記事もしっかりチェックという事でね…監督のこの小林捕手への発言よww反論したいところだが、何もでない。まさにぐうの音もでないとはこの事。やったれ小林ィ!

それでは一つずつ気になる文脈を切り抜いていきます。



逆境一変!「#コロナに負けるな」 巨人以外のセ5球団ファンがロッテ〝後方支援〟(東スポ)

★逆境一変!「#コロナに負けるな」 巨人以外のセ5球団ファンがロッテ〝後方支援〟

引用:選手の感染が判明した6日に「#コロナに負けるな千葉ロッテ」というツイッターのハッシュタグがトレンド1位に躍進したのをきっかけに、チームを案じる投稿が殺到している。中でもここ数日で目立つのが「虎党ですが…」や「カープファンだけど…」というようなセ・リーグのファンによるロッテへの声援だ。

すでにセは巨人の優勝が決定的で今季はパと異なりCSも行われない。この影響もあってか、巨人ファン以外のセ球団ファンが「それならコロナ禍で奮闘するロッテに頑張ってほしい」と温かい声援を送る傾向にある。




読んでいてもなんだこれ?と思ったのだが、コメントも困惑している模様。実際に「虎党ですが」とか「カープファンですが…」という感じで、他球団のファンに絡む人はいますが、それが”巨人ファン以外のセ球団ファンが「それならコロナ禍で奮闘するロッテに頑張ってほしい」”となるのが良く分からない。

一部の激しいアンチの人はそう思うかもしれないが…。そして「巨人以外が」という点がなんともジャイアンツ大嫌いの東スポらしくて笑えてくる。たまに斜め上を行くから、東スポの記事は辞められない。

「エース千賀が逃げた!」 最下位オリックスが首位ソフトバンクに〝上から目線〟なワケ (東スポ)

★「エース千賀が逃げた!」 最下位オリックスが首位ソフトバンクに〝上から目線〟なワケ

引用:スコアラー陣は数字以上の戦いができていると見ており「力的に大きく劣っているわけではない。細かい部分で打者との巡り合わせが悪いとか、紙一重の勝負のあやで負けている。(5度の)1点差負けもあるし、大敗は少ない。チーム打率も上回っている。9月に入っていい形の試合になっているし、むしろ互角ですよ」と分析する。

フロント幹部も「投手力も山本、山岡、田嶋と安定しているし、向こうは石川くらいでしょ。勝負どころでミスが出て、それこそ〝微差は大差〟になっている。実際は十分勝負できている」とひいき目。山本と千賀の5度目のエース対決と見られていた13日のソフトバンク戦(京セラドーム)も、千賀が14日にスライドしたことで「ここ2戦は山本が押していたし、千賀が逃げたとも取れる。今日より明日を勝ちにきているということ」(球団関係者)と強気な姿勢は変わらない。




ソフトバンクファンもオリックスファンも苛立たせそうな見出しに、よく分からん関係者。にもかかわらず、オリックスファンのソフトバンクファンも、コメントはかなり冷静な意見が目立つ。

東スポがジャイアンツ・阪神だけではなく、新境地に挑戦した様だが、反応は微妙だったと、関係者からはもっぱらに総スカンだそうだ。


阪神・矢野監督“内規違反”会食発覚! 阪急阪神HD角会長が内部調査を厳命、球団は把握も黙認&隠蔽…選手のみ処分でチームから憤り(夕刊フジ)

★阪神・矢野監督“内規違反”会食発覚! 阪急阪神HD角会長が内部調査を厳命、球団は把握も黙認&隠蔽…選手のみ処分でチームから憤り

引用:複数のチーム関係者の話を総合すると、矢野監督は夏場のある遠征中の試合後、球団の指定日に外食に繰り出した際、内規で定められた「4人以内」を大幅に上回る人数の選手、関係者らを飲食店に連れ出したという。

メンバーには売り出し中の若手野手、指揮官が評論家時代から野球センスを褒めていた捕手らが含まれていたという。上下関係が厳しいプロ野球の世界。まして監督からの誘いとなれば断れないのは当然として、人数オーバーの問題も誰も指摘できまい。もちろん、指揮官自身は内規違反を認識していた。出かける前に、球団本部のチーム運営責任者に対して、大人数で会食に繰り出す旨を報告していたことも分かっている。




すごいですね。阪神とジャイアンツの「ちゃんと取材」した本気の夕刊フジは。上記の内容が事実かどうかは分かりませんが、内容も見出しの量も桁違い。

そして、見出し通りに内容がかなり厚く説得力がある。たまにジャイアンツと阪神のいざこざに本気を出してくるから、ついつい嘘みたいな見出しでも思わず見ちゃうんだよねえ。

阪神・藤川の引退試合11・10で決着 巨人サイドの打診却下(夕刊フジ)

★阪神・藤川の引退試合11・10で決着 巨人サイドの打診却下

引用:巨人サイドが11月21日に京セラドームで開幕する日本シリーズの調整の一環として試合ができるよう、水面下で「可能な限り日程を後ろにずらせないか」と阪神側に打診していた。

だが実際は逆に、可能な限り早い日程で設定された。甲子園では14試合を残すうえ雨天中止の可能性があるため、NPB関係者は「できるだけ日程は詰めて、120試合を完全消化させるのが基本方針」と説明する。




これが本来の夕刊フジの姿。いやぁ、エンターテイナーですわ。そもそも夕刊フジしかこの件は騒いでないし、本当にこの様な要望があったのか?しかし引退試合にジャイアンツ打線VS球児かぁ…胸が熱くなるなぁ!

【巨人】原監督が小林誠司に奮起促す「3番手捕手なら、岸田の方がはるかに使い勝手がある」(スポーツ報知)

★【巨人】原監督が小林誠司に奮起促す「3番手捕手なら、岸田の方がはるかに使い勝手がある」

引用:巨人の小林誠司捕手(31)が18日、出場選手登録を抹消され、代わって岸田行倫捕手(24)が1軍昇格した。

原監督は「もうひとつ、本来の小林に戻っていなかった。チャンスを渡しても、なかなかいい結果が出なかった。3番手の捕手であるならば、岸田の方がはるかに使い勝手があるというところ」と奮起を促した。




この見出しの、小林捕手ファンへの煽り方よ。見出し嘘は言ってないけど、小林ファンからしたら「はぁ?」って感じになりますよね。

「3番手の捕手であるならば」という文脈から分かる様に、内容は突き放すような感じではない。これは上手く監督のコメントを「切り抜かれた」って感じでしたね。



監督が言っているのもその通りだなとも思うし、それでも一ファンとしてはまた這い上がって来てほしいとも思っている。

それにしてもこの見出しの切り抜き方は、ハンターハンターの蟻編での、プフの「真実のみで誤魔化してみせる」という言葉を思い出した。私だけかもしれませんが。あのシーン、恐ろしくしびれるシーンなんだよなぁ。



最後に。

小林捕手が2軍へ降格しましたが、それを伝えるヤフーニュースの記事の見出しには「もうひとつ戻っていなかったというところ」というコメントを切り抜いているところもあります。

この見出し一つで、コメントが否定的なコンテンツになったり、純粋に小林捕手を応援するコンテンツになる。一クソブラガーとして非常に勉強になります。

なりますが、盛り上がっているのは、ファンを煽った方が盛り上がって金になっちゃうんだよなぁ。おわり。



[その他おすすめ記事]
★夕刊フ〇・東ス〇。日刊ゲ〇ダイの野球ニュースはなぜみてしまうのか?(2019年12月6日カル〇スブログ)

★[ヤフープロ野球ニュース切り抜き]ジャイアンツの正捕手争いは?澤村投手の背番号「106」が起こした奇跡など

★さる関係者」以外の関係者ださんかい!広岡達朗氏「ほらよ」[ヤフー野球ニュース切り抜き]

★夕刊フジが本気出してきたぁwwwみんな大好き小林誠司捕手と共に…(野球ニュース切り抜き)

ついったー→★元靴屋店員で元リサイクルショップ店員で、今スーパーの肉屋の人(おつまむブログ)

夕刊フジが本気出してきたぁwwwみんな大好き小林誠司捕手と共に…(野球ニュース切り抜き)

こんにちは。おつまむです。私は巨人ファンなのですが、巨人ファンなら一度は目にした事はあろう「夕刊フジ」という、素晴らしい新聞社の記事を。

最近は、ジャイアンツが独走状態すぎるのか、コロナの影響なのか、はたまたコロナの影響で不祥事が見つからないのか分からないのだが、夕刊フジ「らしさ」が最近見えていませんでした。



しかーし!!小林捕手の一軍復帰ぐらいから、夕刊フジもどんどん調子を上げ、ここ最近は夕刊フジらしい、超ご機嫌のジャイアンツファンすらイラつかせる記事を投稿しています。

今回の野球ニュース切り抜きは勿論、夕刊フジを中心にご紹介します。最近調子が良かったゲンダイよ…もう霞んできてしまっとるで?夕刊フジの煽りをみて勉強してくれ(嘘です)


やっぱりすげーわ夕刊フジ。

最近上り調子の夕刊フジですが。やっぱりすごいわ。何が凄いって、これだけ独走していて超機嫌が良いのに、タイトルだけで一気に人を苛立たせるこの題名の付け方。

最近ゲンダイがやたら煽るなぁーって思っていたけど、そんなのが可愛く見えちゃう。今回ご紹介する記事のラインナップはこちら↓

・巨人・小林復帰白星で…ベテラン炭谷窮地! 戸郷とのコンビも「解体」危機(東スポ)
・巨人・小林「3番手」の現実… 遠い菅野との同級生コンビ再結成、トレードで他球団で活躍ともいかず(夕刊フジ)
・1強5弱のセで加速する「巨人依存」の体たらく…現場はおろかフロントも独壇場(ゲンダイ)
・巨人-阪神、3戦連続で死球応酬 タイトル争い巡るさや当て要警戒(夕刊フジ)
・GTに遺恨 なめられた阪神、巨人が“無茶ぶり” 藤川球児引退試合を日本シリーズ調整試合に(夕刊フジ)
・DeNA収入減でソト&オースティン流出か…虎視眈々と狙う球団の名前(ゲンダイ)



こうやって並べると凄いとしか言いようがないですね…特に阪神を絡めると、レベチ。東スポとゲンダイが可愛く見える不思議。それでは早速切り抜いていきます。もし気になる様であれば、ヤフコメとセットでみるとより楽しむ事ができますよ。

巨人・小林復帰白星で…ベテラン炭谷窮地! 戸郷とのコンビも「解体」危機(東スポ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e29cfbbad5a89d7981ac845e12b1f8cd6278c16e

今や大城は、原監督も「ウチの中心的なキャッチャーであることは間違いない」と認める主戦捕手に成長。エース菅野をはじめメルセデスや今村、田口の先発時でも4試合連続で先発マスクをかぶり〝テリトリー〟は大幅に拡大した。

 一方で、小林の復帰も加わり、ますます苦しい立場となってきたのが炭谷だ。

 こうなると、炭谷の〝生命線〟は開幕から全12試合でコンビを組んできた2年目右腕・戸郷だが、前回は5回6失点でKOされるなど勢いに陰りも見え始めている。

 加えて打棒もなかなか上向かない。今季は38試合で打率1割8分5厘、1本塁打、6打点の低空飛行…。22日の一軍のナイター前にはロッテとの二軍戦(浦和)に出場した。ベテランにとっては心中穏やかではないだろう。




中々の悪意ある見出しと内容。本当にジャイアンツのキャッチャーってかわいそうだなと感じましたね。ファンもアンチも多い小林捕手だけではなく、まさか炭谷捕手までも…

巨人・小林「3番手」の現実… 遠い菅野との同級生コンビ再結成、トレードで他球団で活躍ともいかず(夕刊フジ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/722dab68c781b5c2c054386728c69a66cc3f7eb1

小林は8月22日に2軍戦で実戦復帰してからも声は掛からず、今月18日にようやく1軍昇格。スタメン出場が巡ってきたのは、7試合目となる25日の中日戦だった。

 同い年のエースが歴史を作った試合もコンビ再結成ならず。リリーフが登板した試合終盤に起用されたのも炭谷で、小林の出番はイニング間の投球練習やキャッチボールの相手だけだった。

 今年中のFA権取得が視野に入っていた小林は、昨オフの契約更改で全権を握る指揮官の強い意向で3年契約のオファーを受諾しているため、トレードされる可能性は低い。




いやぁ、やっぱり夕刊フジは格が違いますね。この小林捕手ファンを刺激するタイトル。それに何が凄いって、タイトルで話の内容が殆んど完結しているという点。あと本人から複数年したって言ってたっけ?たしか夕刊フジと東スポだけがそういう記事を出していて、本人からは一言も複数年とは発していなかったような…?


1強5弱のセで加速する「巨人依存」の体たらく…現場はおろかフロントも独壇場(ゲンダイ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f03113e1c24a795353ea17832ac592fc89c052d3

某球団OBは、「エースの菅野が開幕11連勝を達成、リーグ最少の21失策と、守りの野球をする一方で、打線の方は、打撃30傑に入っている選手は坂本と岡本、丸の3人だけ。経験の浅い若手も多く、決して付け入るスキがないわけではないはずですが、他の5球団は巨人に対して腰が引けている」と、こう指摘する。

「中でも死球数に如実に表れています。巨人の死球数は12個。これは他の5球団の半分以下(最多は阪神の27個)です。」

現場もフロントも巨人の独壇場。セの「巨人1強」が加速しそうな勢いだが、これに大喜びするのは巨人ファンだけ。5球団はせめて残り試合、全力でぶつかるくらいでないと、ペナントへの興味はますます薄れ、ファン離れにつながらないとも限らない。




内容を全部見れば分かるのですが、ゲンダイって本当にジャイアンツ嫌いなんだなぁと。しかし夕刊フジの後だとまだ弱いw死球に関しては、内角責めが少ないって事じゃないのかな?内角を変態的に打つ坂本選手が1番にいるのだから、そうそう内角は投げないと思うのですが(名推理)

巨人-阪神、3戦連続で死球応酬 タイトル争い巡るさや当て要警戒(夕刊フジ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6a6abdd484aa5348eaa599b9eceb6d1e7b00c667

★巨人・岡本和真内野手(24)は4日の阪神戦(甲子園)に「4番・三塁」で先発もノーアーチ。本塁打王争いで1本差に迫る阪神・大山悠輔内野手(25)を突き放せなかった。
本塁打と打点でセ・リーグトップの主砲が死球禍に倒れていたら、初の個人タイトルだけでなく日本一奪回も危うくなるところ。球団関係者は「2日に近本が当てられたことへの仕返しでしょ」と報復死球を疑う。

 阪神・近本光司外野手(25)の左肘付近に死球をぶつけた今村は、スタンドの全方位を埋めた虎党から罵詈雑言を浴びたが、同時に「阪神ベンチからもかなり言われていた」と前出関係者。大山と並ぶ生え抜き野手の有望株をつぶされかけた意趣返しに、岡本が選ばれたというわけだ。




うーん、この。流石の夕刊フジらしいタイトル。煽る煽るwwコメントに「狙って当てられるんだったら抑えてるよ。」っていうコメントあるが、これに尽きるんじゃないかなぁ。しかも「疑う」って言っているのに、断言している様な言い回し。この球団関係者に、もっと真意を聞きたいところですな。

GTに遺恨 なめられた阪神、巨人が“無茶ぶり” 藤川球児引退試合を日本シリーズ調整試合に(夕刊フジ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4c01cfdbb24f3c7e16958469a231eb2372b159e7

巨人が日程未発表の阪神戦(甲子園)を日本シリーズに向けた調整試合とするため、開催日をできる限り遅くするよう、要請していることが分かった。阪神側からは「うちの主催試合なのに、そこまで巨人の都合に合わせる必要があるのか」と反発の声も上がっている。

公式戦開幕が3カ月遅れたのを受け、パ・リーグはクライマックス・シリーズ(CS)を上位2球団のみの対戦に変更。セ・リーグはCS中止を決めたため、実戦感覚をどう維持するかが巨人の懸案だ。そこで、日程が未発表の甲子園でのTG戦に目をつけ、「できる限り後ろの日程にできないか」と阪神側に打診してきたというのだ。




うむ。要請っというよりお願いみたいな感じですよね?阪神主催なんだから断れば良い話では…?というか阪神と巨人以外の4球団関係ないやん…っと言いたくなる時点で、夕刊フジの術中にはまっているのだ。

DeNA収入減でソト&オースティン流出か…虎視眈々と狙う球団の名前(ゲンダイ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6a9f5a416c72fca35398d96b36247ecd153189ec

年初時点で860億円の現金資産を持っているとはいえ、球団は近い将来の独立採算を目指しており、助っ人たちに大金をかけられないともっぱら。流出やむなしで、新助っ人獲得に活路を見いだす可能性もあります

そんな中、ソトとオースティンの去就を注視している球団の存在が判明した。前出の球団OBは、「コロナ禍で新助っ人の調査が難しい中、日本で活躍する助っ人の需要が高まっている。巨人、阪神、ソフトバンク、楽天あたりが水面下で調査していると聞いています」




いやいやいや…ジャイアンツも言うて、金ないよ?阪神も投げ銭してるくらいだし、楽天も楽天モバイルでの投資で大変らしいし。案外、DeNAの方がお金あるんじゃね?とりま、この4球団を出しておけば、何となく記事の信憑性でると思っているだろ?分かる。


最後に。

ゲンダイが霞んじまった…。やっぱり夕刊フジって凄い。




[違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)]
★ゲンダイの記事や東スポの記事が最近笑えない。どうなるのか小林誠司。 (2020年9月9日#小林誠司)

★「さる関係者」以外の関係者ださんかい!広岡達朗氏「ほらよ」[ヤフー野球ニュース切り抜き]

★[ヤフープロ野球ニュース切り抜き]ジャイアンツの正捕手争いは?澤村投手の背番号「106」が起こした奇跡など

★今一番かわいい野球漫画!「球詠」の魅力的な太もももシーン7選!

★夕刊フ〇・東ス〇。日刊ゲ〇ダイの野球ニュースはなぜみてしまうのか?(2019年12月6日カル〇スブログ)

「さる関係者」以外の関係者ださんかい!広岡達朗氏「ほらよ」[ヤフー野球ニュース切り抜き]

こんにちは。おつまむです。プロ野球の観客規制緩和がされ、ますます盛り上がるプロ野球ですが、一部の野球ニュースも盛り上がって参りました。

中々濃いめの野球ニュースがヤフーに掲載され、ヤフコメ欄を見るのも楽しくなる今日この頃。今回も、私を唸らせたヤフー野球ニュース(ジャイアンツ系多め)を切り抜きました。

もうタイトルを見るだけでクリックする事間違い無し!是非ヤフコメ欄と共に観覧し、最低で最高な暇つぶしをしちゃいましょう!


安定のゲンダイプロ野球の盛り上がりと同時に勢いを上げてきた夕刊フジ

まずは、今回ご紹介するヤフー野球ニュースのラインナップはこちら↓
巨人の余剰戦力「ロッテ澤村に続け!」とトレード志願者が殺到中(ゲンダイ)

巨人・パーラは「戦力」「営業」両面で大誤算! ファーム再降格でチーム構想除外(夕刊フジ)

阪神感染3選手らは8人で会食 球団ルール抵触(日刊スポーツ)



オリックス困惑「これ以上、何をすればいいのか…」 波紋呼ぶ〝阪神クラスター〟(東スポ)

藤浪は阪神では限界…「メジャーで再起図る」仰天ウルトラCが急浮上(ゲンダイ)

原監督は巨人史上最多の1067勝を挙げた 他球団からオファーがないのはなぜ?(ゲンダイ)

広岡達朗氏「SBに4連敗した原辰徳を名将とは呼べません」(NEWSポストセブン)



いやぁ、一覧でみると素晴らしいですね。ゲンダイがww今年の野球ニュースはゲンダイが跳びぬけていますわ。

そしてゲンダイを追随する安定の東スポは勿論ですが、最近元気がなかった夕刊フジも元気になってきております。それでは、各記事の素晴らしいポイントをみていきます。

[巨人の余剰戦力「ロッテ澤村に続け!」とトレード志願者が殺到中(ゲンダイ)]

さる球界関係者がこう言う。「澤村に続けと、巨人でトレードを望む選手が増えているそうです。10人が整理されるとなれば、普通は年上から。2年間で一度も登板のない39歳の岩隈は当然その対象だろうが、38歳の亀井、中島、37歳の大竹といったアラフォー勢が、一軍で戦力になっていて、来季も現役続行が濃厚。もっと下の世代が危ないともっぱらですからね」
切られる前に「他球団に出して欲しい」と願い出る選手が“順番待ち”することもありそうだ。

トレード志願者殺到中…???この記事の書き方ではそういう感じではなく、「トレードに出しそうな人を予想して」書いているだけの様だが…
巨人の余剰戦力「ロッテ澤村に続け!」とトレード志願者が殺到中(ゲンダイ)



[巨人・パーラは「戦力」「営業」両面で大誤算! ファーム再降格でチーム構想除外(夕刊フジ)

原辰徳監督(62)は「まだコンディショニングが本来のものに戻っていないということ。もう一度、彼に時間を与えてコンディショニングを戻すということですね」と説明。だが、他球団関係者は額面通りには受け取らない。「表向きはコンディションだが、守備では問題なく動けていた。この5日間が見極めの期間だったということでしょう。何よりも長打の怖さがないのがね。今後はケガ人が出たときか、外野手が軒並み調子を崩すくらいしか、お呼びは掛からないんじゃないか」

夕刊フジ復活ですね。この穿った感じの関係者が久しぶりすぎて思わずにっこり。パーラ選手は日本の野球にフィットしそうですし、何より彼の人柄を多くのファンは知っているから、こんな記事書かれるとファンがガチギレする事は分かると思う。それを狙ってやるのが夕刊フジ。もう夕刊フジしか勝たん!
巨人・パーラは「戦力」「営業」両面で大誤算! ファーム再降格でチーム構想除外(夕刊フジ)



[阪神感染3選手らは8人で会食 球団ルール抵触(日刊スポーツ)]

球団は25日午前に2軍の浜地が新型コロナに感染したと発表し、午後には糸原と陽川、岩貞、馬場の4選手と1軍スタッフ2人の計6人の感染も明らかにした。
11日から20日までは1軍登録されており、球団によると、19日には遠征先の名古屋市内の飲食店個室で、馬場を含むチームメート計4人で会食した。
一方で19日は福留と糸原、陽川、岩貞、江越、木浪、小林、スタッフ1人の8人が同市内の別の飲食店を貸し切って会食。

という事でね…阪神からクラスターが発生したそうです。球団のルールを破り、8人での会食にファンからは絶望の声が上がっています。また藤浪投手の件もありますからね。しまいにはこの日逆転負けを喫した事で、管理の甘さだけではなく、采配の甘さまで指摘される始末。
阪神感染3選手らは8人で会食 球団ルール抵触(日刊スポーツ)



[オリックス困惑「これ以上、何をすればいいのか…」 波紋呼ぶ〝阪神クラスター〟(東スポ)]

阪神の新型コロナウィルス集団感染の事態をオリックスでも重く受け止めている。オリックスでは23日に左沢、24日に竹安と二軍の2選手の陽性反応が確認されたが、今度はお隣の球団で7人の感染者が出たことで、森川球団本部長は「経済活動と両方でやっていくということになっていたのに…。ウチの2選手も感染経路がわからない。行動履歴も球場と自宅、コンビニしか行っていないのに、なんでなんでしょうか」と戸惑うばかりだ。

かかる時はかかりますからね。ルールを徹底した上での事なので、誰も責める人はいません。しかし、オリックスの管理がしっかりし過ぎていて、阪神がなぜか叩かれる構図にw
オリックス困惑「これ以上、何をすればいいのか…」 波紋呼ぶ〝阪神クラスター〟(東スポ)



[藤浪は阪神では限界…「メジャーで再起図る」仰天ウルトラCが急浮上(ゲンダイ)]

「メジャーで再起を図らせるのです」とは、前出の阪神OB。

飛ばすねぇ!ゲンダイ!!メジャーで復活するかどうかは置いといて、もう阪神じゃ手に負えないという事なのかな。コロナ合コンから悪い意味で注目されがちですが、本人の問題なのか、球団の管理の甘さなのか…
藤浪は阪神では限界…「メジャーで再起図る」仰天ウルトラCが急浮上(ゲンダイ)



[原監督は巨人史上最多の1067勝を挙げた 他球団からオファーがないのはなぜ?(ゲンダイ)]

ユニホームを脱いだ後、他球団から誘いがあるのか、そしてそこで結果を出せるのか。それとも豊富な戦力の巨人だから勝てただけなのか。原監督の本当の評価はまだ定まってはいないと思う。

いやぁ…もうゲンダイだけでお腹いっぱいですよ…原監督は「運よくジャイアンツ一筋で監督ができた」と言っていましたから、ジャイアンツ一筋という事で周りが誘わないのでしょう。というか、ジャイアンツの特別顧問になったりしていたから、誘うタイミングがそもそも。

そして最後の一文「原監督の本当の評価はまだ定まってはいないと思う。」WBCで優勝してジャイアンツ歴代監督の勝利数1位なのに、どうすれば定まるのだろうかw
原監督は巨人史上最多の1067勝を挙げた 他球団からオファーがないのはなぜ?(ゲンダイ)



[広岡達朗氏「SBに4連敗した原辰徳を名将とは呼べません」(NEWSポストセブン)]

巨人はレギュラーシーズンの優勝は当たり前で、日本シリーズで勝って初めてその年の仕事をしたと認められます。昨年のシリーズでソフトバンクに4連敗した原を名将とは呼べません。だから今年の日本シリーズは必ず優勝すること。

だそうです。これが、ゲンダイや東スポにちょくちょく出てくる「さるOB」?まぁいいや。広岡さんって誰だっけ?って思って検索したら、いつもジャイアンツを自分の素晴らしい理論で批判するおじいちゃんでしたね。



広岡さんでしたっけ?選手に肉は食うなとか言って選手に厳しい食事制限をさせて、自分は痛風だったの。しかし監督としての実績は十分なのでね。別に口出しするのは良いのはないのでしょうか。原監督と違って、人徳がちょっとささやかなだけで。
広岡達朗氏「SBに4連敗した原辰徳を名将とは呼べません」(NEWSポストセブン)


もうゲンダイと広岡さんでおなかいっぱい。

最近元気がない夕刊フジが復活し、「夕刊フジ」「ゲンダイ」「東スポ」の三すくみになりそうな今日この頃。

正直、まだまだゲンダイの独壇場ですね。これは…。賛否の「否」が多めの記事を書くツボは、全盛期の夕刊フジに比べたらまだまだですが、記事の数が多すぎる。



そして広岡さんのいつものやつ。あぁ、もうめちゃくちゃだよ…。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★[ヤフープロ野球ニュース切り抜き]ジャイアンツの正捕手争いは?澤村投手の背番号「106」が起こした奇跡など

★夕刊フ〇・東ス〇。日刊ゲ〇ダイの野球ニュースはなぜみてしまうのか?(2019年12月6日カル〇スブログ)

★小林捕手復帰!小林人気スギィ!! (2020年9月20日#小林誠司)

★ホームランを打つだけで、チーム・ファン・自分を笑顔にする男。(2020年2月17日#小林誠司)

★[2019年版]ファンを楽しませてくれた小林誠司のニュースを振り返る。(2019年12月20日#小林誠司)



ついったー→★元靴屋店員で元リサイクルショップ店員で、今スーパーの肉屋の人(おつまむブログ)