吉井和哉様の「シュレッダー」が最強だと思った話。 (2020年1月20日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

ソロ時代もついていこうと決めた名曲「シュレッダー」

こんにちは。おつまむです。今回は吉井和哉様のソロに本格的にハマった曲「シュレッダー」についてお話します。

このシュレッダーという曲は、吉井和哉名義の曲では3枚目、ソロ活動から数えれば8枚目のシングルになります。

私がイエモンを知った時はもうすでに解散間近でして…そこからしばらくイエモンの過去のアルバムを聴いたりして、吉井さんのソロ曲をしっかり聴くようになったのは2007年ぐらいでした。

本格的に聴くきっかけになったのは、私にイエモンの良さを教えてくれた友達とたまたま連絡を取り合っていて、ソロも是非本格的に聴くべきだという感じで進められたのがきっかけだ。

ソロ時代は全く聴いていないという感じではなかったが、イエモン時代の妖艶さや怪しさみたいな「中毒性」というのですかね?そういったのがあまりなかったので、少し敬遠気味ではあった。

「まぁ熱心に進めてくるからアルバムでも借りてきて聴いてみるか」というのが吉井和哉に大ハマりきっかけです。

また友達の勧め方が「この曲いいよ」という勧め方ではなく、「吉井さんのこの歌詞がかっこいいと思わない?」という感じで勧めてくるのだ。

そしてその時勧められたのが当時最強だと感じた曲「シュレッダー」のブリッジ部分。[神様にあったらこんな風に言うんだ「どんな目にあっても生きていたいです」]

題名だけだとあまりそそさられないけど「このかっこいい歌詞を堪能してほしい」なんて言われたら…そりゃあ聞くしかないよねww

このシュレッダーという曲は、切ないメロディでありながら壮大な雰囲気がある曲で、イエモンらしさは少ないが、ソロで培ってきた「吉井和哉」のかっこよさと、今後への期待感溢れる曲だと確信した。

このシュレッダーという曲は、ジャケット写真からのメッセージからも感じられるように、人間の背中にはシュレッダーがあるという、発想から作られた曲です。

吉井さんがイエモン時代に「女性らしく」作った曲が数多くある事は有名な話ですが、このシュレッダーは吉井さん自身が発言しているように、女性のつもりで歌った曲であります。

イエモン時代の「女性らしく」とはかけ離れていますが、ソロ時代の「吉井和哉」が出ているすばらしい歌詞だと私は思います。

吉井さん曰く「失恋した女性に歌って欲しい曲」だそうで「悲しい出来事は背中のシュレッダーにかけて、次に向かおう」という意味が込められているとの事。

さてなぜ当時吉井和哉様の「シュレッダー」が最強だなと思ったのかですが、やはりブリッジのインパクト大の歌詞[神様にあったらこんな風に言うんだ「どんな目にあっても生きていたいです」]

やはりここ。友達に勧められた時のインパクトさ、イエモン時代ではあまり聴く事のない歌詞かな?とその時個人的に感じたが、どこか吉井和哉らしさがあるかっこよさ。

壮大な雰囲気ある曲調なのに、このブリッジの時は落ち着きある感じで、さらにこのかっこよすぎる歌詞。あぁ…吉井さん自身も次に向かおうとしているのかなと勝手に妄想してみたり。

また、このシュレッダーという曲、聴けば聴くほど味わい深くなる曲でして、自分の「歴史」が積み重なれば積み重なるほど刺さる曲でもあります。ちなみにライブ映像とかで聴くともっともっと刺さります。

さらに「あぁそばにいて そばにいて あぁそばにいて そばにいて」等繰り返しや韻を多く踏んだりする吉井さんの曲って、悲痛な叫びを表現している事が多く(神様を題材にしたCALL ME等)それが歳を重ねる毎に心地よくなっていく。

イエモン時代とはかけ離れるが、「吉井和哉」として最強の一曲だと私は感じました。イエモンと吉井和哉は別物だと私は思います。

しかし、両方共に言える事は「中毒性」が高いという事です。とくにこの最強の吉井和哉の「シュレッダー」は高い中毒性がある最強な曲なので聴いてほしい。

いや[神様にあったらこんな風に言うんだ「どんな目にあっても生きていたいです」]という吉井和哉らしいかっこいい歌詞を是非堪能してほしい。PVでは口から万国旗もだしているし。

参考サイト→吉井和哉、失恋した女性に歌って欲しい曲

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★吉井和哉様が作る「ブリッジ」が美しい(2019年3月7日カル〇スブログ)

★吉井和哉の歌詞が美しい…おすすめの歌詞まとめ!(ソロ)1(2019年5月8日カル〇スブログ2)

★やっぱり吉井和哉の歌詞は美しい…私の好きなソロ吉井和哉の歌詞!2(2019年6月22日カル〇スブログ)

★吉井和哉様のソロアルバム「VOLT」が素晴らしすぎる件(2019年10月15日カル〇スブログ)

★追憶のマーメイドという、ただの名曲。 (2020年1月3日カル〇スブログ2)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)

[イエモン]吉井さんはなんでこんなにかっこいい歌詞を思いつくのか。 (2020年1月14日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

イエモンのかっこいいフレーズをご紹介したかった。

こんにちは。おつまむです。私がこよなく愛するロックバンド「THE YELLOW MONKEY」略してイエモン。

私がイエモンを知った時はプライマルが発売された時で、すぐに解散。その後新聞配達をして、お金を貯めてイエモンのアルバムをブックオフで買っていたのが懐かしい今日この頃。

ただ、吉井和哉様がソロ活動をその後始めたので、実はソロ活動時期の方がファン歴が長く、イエモンの曲は結構知らない事もあります。

そんで最近の曲も結構おろそかになっているのですが、ユーチューブで今昔のイエモンの曲が公開されていて…

改めて聞くと素晴らしいですね…。もうその一言です。それで、イエモンの曲ってかっこいい曲が沢山あるのですが、そのかっこいい曲の歌詞には決まって「よく思いつくなぁ」ってフレーズがありますよね。

今回はイエモンのかっこいい曲の!かっこいいフレーズを!少しまとめてみました。にわか丸出しの曲のチョイスですが…許してくだせぇ!!

イエモンのかっこいい曲!かっこいいフレーズ(歌詞)1:SPARK[永遠なんて一秒で決まる]

一言:イントロからすでにかっこよさ全開のこの曲。こんなフレーズ、声を殺して奪い合いながら言われたら、女性はビショビショですわ。

イエモンのかっこいい曲!かっこいいフレーズ(歌詞)2:Suck of Life「目が覚めて鑑を見れば口紅でI love you」

一言:とてもきれいとは言えない歌詞にかっこいい曲調。キレイとはいえない歌詞の中のこのかっこいいフレーズ。すぐに頭の中で想像できますね。ゆうべはお楽しみでしたね(*´σ-`)

イエモンのかっこいい曲!かっこいいフレーズ(歌詞)3:熱帯夜「欲望と理性のメリーゴーラウンド」

一言:妖艶な感じの吉井さんが歌うからこの曲はかっこいい。そして誰もが味わった事のある様な感覚を、かっこよく表現し且つ曲が盛り上がる前の「ブリッジ」に入れるというね…

イエモンのかっこいい曲!かっこいいフレーズ(歌詞)4:太陽が燃えている「悲しみの雨がやみ希望の空の下で」

一言:冒頭のかっこ良いイントロに、この最初のフレーズ。そりゃレコード会社もこんな感じの曲欲しがりますわwwとにかくこの曲はかっこいい歌詞しかないので最の高ですね。

イエモンのかっこいい曲!かっこいいフレーズ(歌詞)5:サイキック No.9「クソったれの頭を一瞬で吹っ飛ばす」

一言:吉井さんの不安が一気に爆発したのか?というぐらいの、ある意味かっこいい曲。このフレーズ後からのサビが!!ライブではもっとかっこよく聞こえるんだよなぁ。

イエモンのかっこいい曲!かっこいいフレーズ(歌詞)6:SHOCK HEARTS「僕ら光に集まった虫みたいね(中略)晴らそう晴らそうぜ!!」

一言:やはりラストのサビにいくまえのこのブリッジのフレーズ。「晴らそう」なのに、サビの最後は「餓えた餓えた気持ちの中で発射したい」わかりみがすごい。

イエモンのかっこいい曲!かっこいいフレーズ(歌詞)7:バラ色の日々「そう、満たされ流され汚され捨てられ騙され心まで奪われ~」

一言:イエモンのかっこいい曲といえばバラ色を思い浮かべる人も多いと思います。特にこのラストのこみ上げてくる歌詞!!あーゆーびりーばー!!!

イエモンのかっこいい曲!かっこいいフレーズ(歌詞)8:花吹雪「花吹雪 この心 病い重い想い」

一言:シンプルにかっこいい曲。吉井さんが作る王道のかっこいい曲かなと勝手に思うし、特にこのフレーズが頭に残りますねぇ。

イエモンのかっこいい曲!かっこいいフレーズ(歌詞)9:Four Seasons「まず僕は壊す」

一言:始まりのイントロからは考えにくいこの衝撃的な歌詞。何かをしたいと思う時に素直に刺さるこの歌詞。でも「馬鹿のままでいい、馬鹿のままがいい。」最高かよ。

イエモンのかっこいい曲!かっこいいフレーズ(歌詞)10:悲しきASIAN BOY「夢よ飛び散れ花となれ」

一言:最初のイエッサーが、かっこよさを予感させるこの曲。そしてこの絶望的なフレーズがとてもかっこよく聴こえる、聴こえてしまう…これだから吉井さんの作る曲に取りつかれてしまうのだ。

まだまだイエモンのかっこいい曲…あります!

今回は有名でかこいい曲を10個ご紹介しました。しかしイエモンにはもっともっとかっこい曲が沢山あります。

吉井さんの歌詞って「何かに例える」様な歌詞が多かったり、言葉遊びをしたり、何気ない歌詞に、すごい深い意味を持たせていたり等、とにかく独特です。そういう独特な言い回しをかっこよく曲に落とし込む。

そしてそして!一度聞くと頭から離れない中毒性ある曲。そろそろ最近の曲も聴きますか。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★イエモンの曲がYouTubeでめっちゃ聴けるやん!プォーン(*´д`)ポーン(*゜∀゜) (2020年1月6日カル〇スブログ)

★イエモン解散前のラストシングル「プライマル」が名曲すぎてイキかけた件(2019年11月23日カル〇スブログ)

★追憶のマーメイドという、ただの名曲。 (2020年1月3日カル〇スブログ2)

★吉井和哉様が作る「ブリッジ」が美しい(2019年3月7日カル〇スブログ)

★吉井和哉の歌詞が美しい…おすすめの歌詞まとめ!(ソロ)1(2019年5月8日カル〇スブログ2)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)

追憶のマーメイドという、ただの名曲。 (2020年1月3日カル〇スブログ2)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

カッコ良さ、妖艶さ、美しさをすべて兼ね揃えたイエモンの名曲中の名曲

こんにちは。おつまむです。今私はTHE YELLOW MONKEYの「追憶のマーメイド」というただの名曲を聴いています。

一度聴いたら癖になるイントロ、独特で妖艶な歌詞、どこか懐かしさがある歌謡曲の様な全体の曲の雰囲気。

そう!ただの名曲です。イエモンの曲は全て名曲ですが!これほどまでに妖艶さやカッコ良さ、言葉のチョイスがかみ合った曲は追憶のマーメイドが一番でしょう。

ユーチューブのチャンネルで曲が公開されているので、気になる人や追憶を久しぶりに聴きたいと思った人は是非見て欲しい。

まずこのMVをみて頂ければわかると思うが、終始吉井さんのカッコ良さが際立つ。

そして、このノリノリのダンス。素敵です。でもすいません。カラオケで見た時笑ってしまいました。でもロビンだから許されるこの謎ダンス。やっぱりかっこいいわ。

期待感あるイントロと吉井さんのノリノリのダンスからの「空が太陽を抱き」からの「まどろむ君は僕に」しつこいほどディープなキスをせがむのですよ!この天才的なワードチョイス。もう虜ですわ。

あと「ああ 僕はまだ若さを裏切る事できずに」からの「泳いでく誘惑の海に」のサビに入る前のブリッジの歌詞が妖艶かつかっこいい。盛り上がりのブリッジが美しすぎます。

サビの雰囲気とかっこいい言葉のチョイスは勿論「追憶のマーメイド Forever」のフォーエバァーが耳に残るほどにえろい!吉井さんだから妖艶であって、私が真似するとクッソ笑われるやつ。

そしてまた美しいブリッジに。「夕闇せまり最後の夜が明けたら泳いでく静寂の海に」吉井さんの作る曲の中では、少しブリッジが弱いかな?と個人的に思いますが、それでもかっこいい。

からのサビ。ここからのサビはカッコ良さと妖艶さと美しさのラッシュ。もう終わるかなと感じる「海より深くて苦しいこの恋よ」からの「二人は記憶に永遠のカギをかけ」

もうちょいほしい…ほしい…からの「二人は記憶に永遠のカギをかけ」の盛り上がりは鳥肌モノですわ。

「とー→わー↑のー↑」がね、本当にいつ聴いても素晴らしい。そして最後はお気に入りの、フォーエバァー…あぁ、ああー。

そもそもこの曲、どこを抜き取っても素晴らしいし、歌詞無しでも「マーメイド感」あるし、そんなすばらしい曲に、吉井さんの妖艶でかっこいい歌詞。なんだ、やっぱり名曲じゃねーか。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★吉井和哉様が作る「ブリッジ」が美しい(2019年3月7日カル〇スブログ)

★吉井和哉の歌詞が美しい…おすすめの歌詞まとめ!(ソロ)1(2019年5月8日カル〇スブログ2)

★弱い自己主張は捨てられて、強い個性だと殺される←吉井さん天才過ぎるでしょ。(2019年7月26日カル〇スブログ)

★イエモン解散前のラストシングル「プライマル」が名曲すぎてイキかけた件(2019年11月23日カル〇スブログ)

★吉井和哉様のソロアルバム「VOLT」が素晴らしすぎる件(2019年10月15日カル〇スブログ)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)