最近のアディダスの動きどう思う?最近のアディダスについて思う事。

こんにちは。おつまむです。私はクロームのアプリを使ってちょくちょく調べものをするのですが、、、、、

この様に様々なおすすめの記事がグーグル様から提供される。それでちょくちょくアディダスのネット記事がおすすめに出てくるのだ。

ブログを書く際にメーカーサイトで商品を調べたりするから、検索履歴から恐らくグーグル側から提案されているのだとは思うのだが…

しかしながら、おすすめされるアディダスの記事をみると「アディダス大丈夫?」と思うニュースがちらほら。

という事で今回は、ちょくちょく出てくるアディダスの記事を引用し、思う事をだらだらと書いていこうと思う。



アディダス、ドイツのコロナ経済対策として制定された救済措置を利用しようとして非難を浴びる

アディダスは世界的に有名な超有名なドイツのスポーツブランドです。そんなアディダスが、コロナ禍において、ドイツの経済対策の救済処置を利用しようとして非難を浴びました。以下引用

アディダス(ADDIDAS)はドイツが新型コロナウイルス危機に対応するための経済対策として制定した救済措置を利用して、4月分の賃料の支払いを延期しようとしたことが広く非難されている件について謝罪文を発表した。(https://www.wwdjapan.com/articles/1067664

当初アディダスは、「閉鎖を強いられている店舗の家賃を一時止める。払わない訳ではないし、大家とも連絡を取っている。」という事を言っておりましたが、アディダスの2019年12月期には10億9100万ユーロ、日本円にし約1276億4700万円もの純利益を出していた事から、ドイツの政治家からも非難を浴びる事になったのです。

この記事にもある様に、アディダスは謝罪文を発表し救済処置を受ける事を撤廃しているのだが、「将来的には救済措置に頼るかも…」と匂わせているのもなんとも言えない感じだ。

いつ終息がくるのか分からないコロナ禍ですので、事業存続の為に救済処置は必要な時には必要だとは思いますが、手を挙げるのが早すぎましたね。

そして「使うとは言っていない」という匂わせせっぷりも中々。アディダス程の企業になれば、本当にやばくなっていよいよ…、というところで使うならそこまで批判は受けなかったのではないのか?と思のですがねぇ。


アディダスの代表的なスニーカー「スタンスミス」がすべてリサイクル素材を採用したモデルへ

世界一売れたスニーカーとして、ギネスにものったアディダスのスニーカー「スタンスミス」。スタンスミス全ての商品をリサイクル素材に切り替える事を発表。新作は12月14日から発売されている。以下引用。

「アディダス オリジナルス(adidas Originals)」が、サステナビリティの観点から「スタンスミス(STAN SMITH)」のすべての商品をリサイクル素材に切り替えると発表した。新作は12月14日の今日から販売を開始。アッパーにレザーを使用した旧モデルは、在庫がなくなり次第販売終了となる。
新モデルは、シルエットはそのままにアッパーにはプレミアムPUコーティングを施したリサイクルポリエステル素材「PRIMEGREEN」を採用。(https://www.fashionsnap.com/article/2020-12-14/adidas-stansmith-sustainable/)

スタンスミスは、ガラスの様なレザーとどんなコーデにも合うスタイリッシュさを持ったスニーカーです。

そんなスタンスミスが、アッパーのレザーを採用したモデルが無くなるとの事です。レザーのスタンスミスじゃないと嫌だ!という人もいるかもしれませんが、環境問題に対しての提案は素晴らしいのではないのでしょうか。まぁ、私はスタンスミス=レザーアッパーなので、何とも言えない感情ではあります。

また最近思うのですが、アディダスはスタンスミス作りすぎじゃないですか?こんなに多くの種類のスタンスミスを作っているのであれば、いくら環境に特化した素材でも作っても…とは思います。

定番をしっかり出して、本当にいくつかスポットの商品を出してほしいと思うところです。

日本では、ABCマートとアディダスの直営店が中心となって販売しているので、スタンスミスがどんなに多くの種類が出てもブランド価値が落ちていない様に感じるかもしれませんが…

ちょっとスタンスミスの存在薄くなりつつあるんちゃう?


アディダスがリーボックの売却を検討

アディダスの傘下である「リーボック」の売却を検討しているらしい。以下引用

ドイツのスポーツ用品メーカー、アディダスは傘下のブランド「リーボック」を売却すべきかどうか、戦略的な見直しを始めた。同社の新たな5カ年計画の一環だという。
14日の発表資料によると、アディダスは新戦略を明らかにする来年3月10日に何らかの決定を発表する。(https://news.yahoo.co.jp/articles/18bdb37ac0ec9fc6a894a29b54451b1c7664c46c

アディダスは2006年にリーボックを取得し、ブランドの収益を回復させました。リーボック売却は前々から話があったのですが、現実になりそうですね。

主力ブランドに注力するらしいですが、かなり勿体ないですね。リーボックといえばフィットネス系のスポーツが強いイメージがあり、アディダスと主力商品の範囲が被っている様にも感じます。

ですが、歴史の力が強いスニーカー「ポンプフューリー」や、非常に面白いアイディアが詰まった「ウォーキングシューズ」を手放すのは非常に勿体ないと私は感じます。

2018年には黒字化2019年も売り上げを伸ばしていただけに勿体ないですね。

中国・韓国の企業に買収されそう…。できればこのままアディダスが引き取ってくれる事を願う。

そもそもアディダスってそういう企業だったわ

今回はアディダスの最近の動きどうなの?って話でしたが、元々アディダスってこんな企業でしたね。

良くも悪くも利益を貪欲に求め続けるメーカー。今回のコロナ禍でその姿勢が色濃くでてしまった。そして、みんな家にいるからネットのニュースを見る機会が増えたのも、アディダスのそういった面が見えてしまったのではないのでしょうか。



例えばリーボックのウォーキングシューズイージートーンを売る為に過大広告を打ったり、ブランド価値を落とす事なくスニーカーを多く売る為に、特定のスニーカーを特定の小売店にしか卸さなかったり…(最近は緩和されている)

とにかく利益に対して貪欲。また利益の為ならフットワークが軽いのもアディダスというメーカーの特徴でもあります。

元々、若干の闇を感じる動きをするメーカーなのですが、ドイツの救済処置をいち早く利用しようとしたのは流石にwww


違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★レディースの普段履きに「ランニングシューズ」がおしゃれでおすすめ! [元靴屋のひとりごと]

★あれ?リーボック”イージートーン”どこ行った?イージートーンが生き残れなかった3つの理由 [元靴屋のひとりごと]

★子供の正しい靴の選び方は?履き始めの「ファーストシューズ」から中学生までの「ジュニア」まで選び方のポイント等を一方的に接客![元靴屋のひとりごと]

★靴はネットで買うべき!ネットで購入する際の注意点を理解し失敗しない選び方を! [元靴屋のひとりごと]

★[靴屋の裏話]地域で限られた店舗しか扱えない靴達。 [元靴屋のひとりごと]

アディダスの世界一のスニーカー「スタンスミス」[2020年版元靴屋のひとりごと1000文字前後]

スニーカー界の王とも言えるスニーカー「アディダス・スタンスミス」。スタンスミスは世界一売れたスニーカーとしてギネスの記録にもなっています。

これだけ多くの人から長年愛されている理由は、やはり圧倒的な「清潔感」であります。どの様なコーデにも合う様に洗礼されたこちらのスニーカーは、まさにスニーカーの完成形ともいえます。

清潔感溢れるスタイルは勿論、光沢あるレザー・高級感溢れるレザーを採用し、ワンポイントで入るセンスあるカラーで一気に足元の雰囲気が変わるのは、スタンスミスならではないのかと感じます。

2020年も栄光の時代を築いたテニスコートの覇者「スタンスミス」を基にしたアディダスのオリジナルススニーカーに注目です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【公式】アディダス adidas スタンスミス / STAN SMITH レディ…
価格:15400円(税込、送料無料) (2020/6/3時点)

アディダス・スタンスミス詳細

メーカー希望価格:9,790円(税込)~15,400円(税込)多数展開
カラー展開:ホワイト/グリーン・ホワイト/ネイビー・ホワイト/レッド等スポット品多数
サイズ:22.0-30.5cm
アッパー素材:天然革
詳しくはこちら→https://shop.adidas.jp/item/?q=%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%B9&searchbox=1&order=5

おすすめコーデや魅力

アディダスの定番中の定番「スタンスミス」は、2020年も多くの魅力的なモデルを展開しています。アディダスオリジナルス系は、ブランド価値低下防止の為、アディダスのショップかABCマートでの購入が基本線でです。

昔みたいに手軽に購入する事はできないが、それでも高い人気を未だに誇っているスニーカー「スタンスミス」。

一番安いスタンスミスで¥9,790(メーカーサイト参照)。清潔感溢れるワンポイントのカラーと光沢あるカラーが魅力的な一足です。

高いスタンスミスで15,400円。高級感溢れ履き心地が良さそうなレザーを採用した一足です。ソールにキナリ加工がされており、きれいめなコーデにも優しくはまる一足といえます。

サイズ感は小さめですが、コンバースオールスター等サイズ感が小さめと呼ばれるスニーカーと近いサイズ感。革が柔らかいので、多少小さめのサイズを選んでしまっても、縦幅さえ問題無ければ足に馴染みます。

カラーはどれもおすすめですが、やはり白をベースにしたグリーンが圧倒的に清潔感があり多くの人におすすめです。

また、価格が高い方のスタンスミスは、上質なレザーで履き心地も良く、ソールのキナリ加工もされている事で、履けば履くほど自分にピッタリ合うスニーカーです。しかし防水・汚れ対策をしないと、革がすぐにダメになるので注意が必要です。


2020年のアディダススーパースターは「赤」を嗜む。 [元靴屋のひとりごと]

こんにちは。おつまむです。今回はABCマートの初売りで買ってきたスーパースターについて、購入した経緯等をだらだらと語ろうと思います。

帯広にABCマートが出来た事で、アディダスオリジナルス品番が身近になった今日この頃、初売りではオリジナルス品番が安く出てくるだろう的な気持ちでABCマートに入店。

案の定オリジナルス品番が安くなっており、スーパースターを発見。まず目に入ったのは、金ベロを採用した「黒」だ。

在庫を探していると、勝手に店員が寄ってくる。「買う」と決めている時は本当に都合が良い。それ以外では話かけてくるな!とたまにキレそうになる。

店員さんも仕事だから仕方がないが、イヤホンをつけてゆっくり眺めている時まで話しかけてくるのはよしてほしい。いや、単に私が怪しく見えただけなのかもしれないが。

まぁそんな愚痴は置いといて。黒の方はサイズが25.0cmがなく24.5cmはあるとの事。実際サイズ的には24.5cmなのだが。

正直アディダスの代表的な3品番「スーパースター」「スタンスミス」「カントリー」はサイズ感が小さい。元靴屋に勤めていた人が言ってはいけないセリフだが、長く仕事で履く訳では無いし、運動する訳ではないので多少大きくても構わないと思っている。

本来は実寸からプラス1センチから1.5センチの靴を履くのがベストだが、私の実寸は23.0センチで、25.0cmにするとプラス2センチになる。またアディダスの名作3品番は大きく履いても違和感なく履けてしまうのも、ついつい大きめサイズを選んでしまう理由の一つだ。

またスーパースターとスタンスミスにおいては、丸いフォルムなので、24.5cmを履いた時の景色がどうしてもしょぼく感じる。

ただ黒の方はない。ウーム。どうしようかと迷った時、赤の方なら25.0cmがあるという事だ。

赤か…。私は物心ついた時から自分のイメージカラーは「青」だと思い込んで生きてきた。赤を履くという事は、チェルシーのファンを辞めてリバプールのファンになる様な物だと勝手に思って生きてきた。

青→赤へ。2020年「赤」嗜む重い想いとは?

ちょっと伝わりづらいが、とにかく赤に若干の抵抗があった。しかし、今まで赤のカラーのスニーカーを購入した事は数回あるし、何よりこのスーパースターの質感・形との赤の3本線のマッチ感、さらにカカトのロゴの刻印のカッコ良さ…正直赤めっちゃかっこいい。

そして履いてみる。いつもと違う景色がそこにはあった。という事で、赤を進められて、履いて即決断。「今年は赤を嗜むのも悪くないな」と。

という事で、私がいつかリサイクルショップで購入したスーパースターと比べてみる。ちなみにこのスーパースターは2008年モデルだ。

リサイクルショップで購入したのはスーパースター2というモデルで、アッパーの材質はナイロンである。

今回初売りで購入したのは勿論天然革。ちなみに両方共ABCマートで売られていたモデルだ。やっぱつえーわ。まずフォルムから。

フォルムは全体的に丸くなっている感じがします。次はシュータン。シュータンはシンプルな三つ葉マークになっているが、個人的にはスーパースター2の方が私は好みです。

そして、赤の購入を後押しした「カカト」の刻印。この刻印はやっぱり赤が一番映えます。さりげなくも三つ葉マークを主張している。


さらに、丸いフォルムに純白ベースに落ち着いた赤のカラーが、スーパースターのスタイルをよりかっこよく見せている。気がするw

まぁそんな私の感想は置いておき、履いてみますか。まず青から。

親の顔よりみた実家感。やはりホワイト×青の安定感は最強ですね。次は赤を。

いつもと違う景色だが、だが!さりげなくかっこいいな!あまり「赤」を主張してなくて、スーパースターのフォルム全体の雰囲気とマッチしている。

そしてさりげなくかっこいいカカトの三つ葉マーク、アッパーにこれまたさりげなく刻印されている「SUPERSTAR」の刻印。

赤が目立ちがちなスニーカーなのに、さりげなくかっこいいのがこのスニーカーの魅力。これは2020年!スーパースターは赤を嗜むしかないでしょう!!

アディダスの「赤」をみていると「カントリー」が恋しくなりますね。

今回スーパースターの赤を購入したクッソどうでも良い理由をご紹介したのだが、この赤を購入した理由には名作「カントリー」カムバック!という熱いメッセージも込められている。

カントリーはスーパースターとスタンスミスと並ぶオリジナルスの名作だ。一応「カントリーOG」があるらしいが、これはなんか違う。

もっとこう…フォルム感とか質感とか…とにかく上手く言えないけど違う気がするのです!それに「赤」が展開されていない!

私的にはカントリーのスタイルは「赤」だと思っているのです。そして今回スーパースターの赤を見て、カントリーを思い出しました。やはり一番カントリーとのスタイルと赤は合うとも感じました。

結論。カントリーの赤がより一層恋しくなりました。アディダスよ!もう一度カントリーを復活させてくれ!

今回スーパースターの赤を購入したのは、そういったカントリーへの想いもあったのかもしれません。帰ってこいカントリー。

今度は金が無くなってもリサイクルショップに売る事はしないから…。その節はすみませんでした。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★[掘り出し物]スニーカーadidas「SS2・028773」ムフフ…リサイクルショップで安くゲット!

★知らないうちに発売されてた「コンバース・ネクスター」とは?色々調べてみた![元靴屋のひとりごと]

★コンバース・オールスターの魅力を徹底的に紹介!サイズ感は?選び方は?[元靴屋のひとりごと]

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)