[ただのマンガれびゅー]俺は全てを[パリイ]する~逆勘違いの世界最強は冒険者になりたい~が面白すぎて、頭パリイされた

こんにちは。おつまむです。暇さえあればニコニコ漫画を見ている私なのですが、そんな中とても面白い漫画に出会ったのでご紹介を。若干ネタバレあるかもしれません。

それが、「俺は全てを[パリイ]する~逆勘違いの世界最強は冒険者になりたい~」です。原作は小説家になろう発信で、年間一位を獲得した注目作品を漫画化したものです。

原作者は、鍋敷様・カワグチ様、漫画はKRSG様です。漫画の単行本は2021年1月15日現在発売されていないが、原作のライトノベルは発売されている。

原作者様ツイッター↓
https://twitter.com/nabe4k
ニコニコ↓

引用:俺は全てを【パリイ】する ~逆勘違いの世界最強は冒険者になりたい~ (ニコニコアース)

俺は全てを[パリイ]する~逆勘違いの世界最強は冒険者になりたい~はどういった内容のマンガ?

冒険者に憧れた少年「ノール」は基礎となる6系統の職業(クラス)全てのスキルを習得できなかった。

最低ランクのクラスでさえ一つ以上のスキルが必要とされるのだが、少年には才能がなかったのだ。

でも才能がないなら誰よりも努力すればいいと、長年に渡り最底辺スキルを磨き続け、そして異次元の領域まで達する事になったのだ。

それでもノールは「冒険者にはまだ遠い」と思っているのであった…


個人的感想。「頭パリイされているな」

最底辺のスキルを異次元のレベルまで鍛え上げても尚「まだ冒険者にはまだ遠い」と思っている事から察するに、主人公のノールは稀に良くある「鈍感系主人公」なのだ。

数多くの漫画を見てきたが、この作品の主人公は特に鈍感だ。

幾つかの最底辺のスキルを異次元のレベルに鍛え上げたのだが、その中の一つが題名にもある「パリイ」だ。

ちなみにパリイで思い出すのは、ロマサガ3のカムシーン(笑)こと、ハリードさんだ。

ハリードさんとは全く真逆の性格だが、ハリードさんも別次元で頭がパリイされているので、やはりパリイ使いはアレなのかもしれない。

話を戻すとこの主人公、戦闘以外でもパリイを使いたい放題なのだ。まずは、第一話でのパリイの鍛錬のシーンで、剣を振るうことなく迫真の表情でパリイした時はクソ笑った。

もうこの時点で、これはギャグ漫画なんだなと悟ったのだ。

また鈍感系主人公によくある、いきなり強敵を倒したが自覚していないシーンがこの漫画には1話からある。

普通は偉い人が「あの敵は本当は強くて」みたいなくだりがあって、俺つえーみたいな流れになるのだが、結局最後まで強敵を倒したという自覚もなく、これから色々あるであろう王道の展開をパリイ。



特に笑ったのが、強敵を倒した際に明らかにレベチな剣を謝礼で貰って、それをドブさらいとしてスコップの代わりに使われた時は、流石に草に草を生やす勢いで大笑いし、過呼吸に陥った。

内容は勿論だが、作画も素晴らしい。ギャグ漫画として認識してみていたら、戦闘シーンを見るとバトル漫画かな?と錯覚してしまう。のだが、結局主人公がその辺もしっかりパリイしてくれるので、やっぱりギャグ漫画だなって目が覚めるのだ。

俺は全てを[パリイ]する~逆勘違いの世界最強は冒険者になりたい~の評価は?

現在ニコニコ漫画では3話まで公開され、1話はコメントカンスト済。また安定したPVも稼いでおり、高い人気がある事が伺えます。

最後に、ニコニコのコメントから評価をご紹介して終わりにしようと思います。

1話10P「パリイは重要なスキルではないのか」
確かに…ロマサガ3ではまずトルネード(笑)さんに真っ先に閃いてもらう重要スキルだと思うのですが…

1話11P「ただの日雇いやんけ!」
なんのスキルもないと、派遣で仕事を…うっ…頭が…



1話15P「パリィってそうじゃねーだろww」「なんだスキルあるじゃんww」
剣を振るうことなくパリイした時は本当にやばかった。本当に違うスキルじゃねーかw

1話20P「常識をパリイする」2話4P「現実をパリイ」「教養はパリイされました」2話9P「謝礼もパリイ」
ぜーーーーんぶパリイ!!

という事で、また一つ面白い漫画が増えました。鈍感系主人公は稀に良く見るのですが、ここまで鈍感を貫くというかパリイされると面白いです。

おそらくギャグ漫画だとは思うのですが、戦闘シーンも素晴らしく作画も最高です。いやぁ、一巻が出るのが楽しみですね。それか原作買っちゃうかな。

(内部リンクはブログの基本ですね)スポンサーサイト等

★”声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている”という尊すぎて最後まで読めないマンガ(漫画れびゅー・少しネタバレあるかも)

★ぬぅうん!かぐらまいまい!が面白すぎてついつい単行本1巻を買ってしまった。

★[ 𝑚𝑦 𝑛𝑒𝑤 𝑔𝑒𝑎𝑟…]ぼっち・ざ・ろっく2巻をもう君はみたか? (2020年3月5日カル〇スブログ)

ついったー→★元靴屋店員で元リサイクルショップ店員で、今スーパーの肉屋の人(おつまむブログ)

”声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている”という尊すぎて最後まで読めないマンガ(漫画れびゅー・少しネタバレあるかも)

ども。おつまむです。ハ●キルーペのCMの様に「尊すぎてよめなーい!!(憤慨)」というマンガを見た事はあるでしょうか?

私はあります。そう、それがここで紹介する「声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている」というマンガです。


こちらの”声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている”は、秋田書店の週刊少年チャンピオンのレーベルから発売されている少年漫画で、現在は2巻まで発売されています。

今回はこちらの「声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている」はどの辺が尊いのかをご紹介していきます。



”声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている”はどんなマンガ?

「声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている」はシリーズ累計ツイッター170万イイネを記録した、累計8600万PVを記録している、クソ尊いマンガです。

失声症で声が出せない少女「真白音」と、心が読めるぶっきぼらのうな少女「心崎菊乃」が織りなす尊い物語。作者は矢村いち様です。↓作者様ツイッター


現在は2巻まで発売されております。私が出会ったのはTwitterで回ってきたのを見て、あまりにも優しく、尊い世界観に引き込まれ、思わず作者様をフォロー。


あまりにも尊く優しい世界すぎて、私を含めた読者からは「真白ちゃんも心崎さんも優しすぎて、優しさのシャワーを浴びているかのよう」や「心が浄化されて心の汗が出たわ」や「優しすぎる女の子が二人…はい世界平和」等、絶賛の声があがっています。



浄化されて読めなかったシーン①

では、次から尊すぎて読めなくてハズキルーペのCMの時の様に憤怒したシーンをご紹介します。
真白「本当に心が読めるとしたら本当に優しいな。大好き!」

声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている 1[コミックシーモア]

冒頭から尊すぎて読めなーい!!失声症で声が出せずに、スケッチブックで会話をする真白。

最初はクラスの人が話しかけてくれたが段々と周りが離れていき、真白ちゃんからネガティブな声が心崎さんに聴こえてくる。そこから心崎さんが真白ちゃんに話しかけて、なんやかんやで「大好き」いあtだきましたぁ!



浄化されて読めなかったシーン②

どんどん孤立していった真白ちゃん。長い昼休みは教室にいるのが辛くて、校内を無駄に歩き回っていました。

でも心崎さんと一緒に入れる様になった今の昼休みは
「今は好きだな」。

「今は好きだな」の心の声が筒抜けの心崎さんをみて、にやにやするまでが1セット。やっぱり涙がでてきちゃって読めねーわ。

浄化されて読めなかったシーン③

心崎さん「音」真白さん「それは私の名前では?!?!」

ここまでの名前を呼ぶイベントのプロセスが、最高すぎてね。もうさっさと呼べよと思いながらも、優しい過ぎる二人のお気持ち等がありましてだな。まぁとにかく最高という感じで。



この話は是非読んで欲しい。そして、昼間のワイドショーを見て欲しい。見るのも耐え難い昼のワイドショーですら落ち着いた気持ちで見る事ができる。それぐらいこの話は最of高。



2巻を読む為に1巻読んで2回泣いてしまうほどすばらしいマンガ

今回は尊すぎて読めないと巷で大人気のマンガ ”声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている”が素晴らしいという内容でした。

こちらのマンガは、2020年11月11日現在(ポッキーの日だぁ!)2巻まで発売されております。



勿論2巻も購入済みです。それで2巻を読む前に、1巻をみて内容を鮮明に思い出すかぁと思って1巻を読み直したのですが、1巻でまた大号泣。

そして2巻はもっと大号泣。タイトルは”声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている”になっていますが、これ声が出せない少女(真白ちゃん)だけではなく、心が読める「心崎さん」も真白ちゃんが優しすぎると思っているのですよね。


まぁ心崎さんは「思っている」ではなく、心が読めるので「確信」なのですが。ちなみにこちらのマンガ、WEBマンガ総選挙2020年で第5位だそうです。素晴らしすぎます!



というか、これより尊いマンガがあと4つもあるのか…身が持たんわ。ちなみに二巻では、真白ちゃんがめちゃくちゃ可愛かったり、コンビニのお姉さんとクラスメイトで水着回だったり、見どころしかりません。

尊すぎて読めないかもしれませんが、内容だけではなく作画も読みやすいので是非尊さを感じてみて下さい。

[違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)]
★ぬぅうん!かぐらまいまい!が面白すぎてついつい単行本1巻を買ってしまった。

★目まぐるしい攻守逆転劇![最近雇ったメイドが怪しい]が色々最高!

★今一番かわいい野球漫画!「球詠」の魅力的な太もももシーン7選!

★ついに1巻発売!「エンとゆかり」はやっぱりおもしろい!![まったりマンガれびゅー]

ついったー→★元靴屋店員で元リサイクルショップ店員で、今スーパーの肉屋の人(おつまむブログ)


ついに1巻発売!「エンとゆかり」はやっぱりおもしろい!![まったりマンガれびゅー]

こんにちは。おつまむです。私が連載当初から注目しているマンガ「エンとゆかり」の1巻が発売されました!!まぁ発売されたの9月25日なのですが。

最近はクッソ忙しすぎて、きららMAXを3か月ぐらい放置している状態。そろそろ読まないと…と思いつつも、次のきららMAXが発売されそうな勢い…

なので1巻も発売日より2日程遅れて(クッソ田舎なので)購入して、そのまま放置していたのですが…今日少し余裕があったので読みました!!



エンとゆかりはきららMAXで連載されているファンタジー?ギャグ?百合?まぁそんな感じの漫画です。作者はしろううらやま様です。
しろううらやま様のツイッター→


きらららしい百合要素もありますが、ファンタジー漫画でシリアスな戦闘シーンもありつつ、しれっとあるギャグ要素やかわいい要素が随所にいれてくれる…欲しい所に手が届く…そんな、まごの手の様な漫画です。

あらすじはこんな感じ(アマゾンのあらすじを参考にしました)↓
冒険者で働く少女「ゆかり」は、魔物に丸呑みされそうなところを、ロッソのパーティで記憶喪失の剣士「エン」に助けられる。
ゆかりはその時のときめきが忘れられず自らも冒険者を目指す事に。二人の少女を中心に繰り広げられる冒険が幕を開ける!!

エンとゆかりは程よい百合感があり面白い!

さて早速1巻を読んだのですが、、、きららMAXで毎月読んでいるのですが、また一気に読み返すと色々と新たな魅力に気付きますね。

まずは、エンちゃんのかわいさとゆかりちゃんのヒロイン感。この二人の関係に、サイコパスな姉を持つ赤座あかりさんも「このスゴさ、ガチだよぉ!!」と絶賛。

ゆかりちゃんのヒロイン感もさながら、たまにハンター×ハンターのビスケ化(BBA)するのも見どころだ。序盤に。

また、個人的にはゆかりちゃんのお友達である「チリ」と「アメ」も魅力的な良いキャラでかわいい!!



個人的にはアメちゃんが天然っぽくもあり、実は一番しっかりしていて、魔法の才能もあり魅力的だ。あれ?主人公アメちゃんだっけ?



戦闘の視線誘導がすごい!

ツイッターでも話題になっていたのですが、エンとゆかりの戦闘シーンの視線誘導が凄いのです!

連載当初から注目してみていた漫画ですが、戦闘になってから一気に見応えがでてきました。1巻では「鍵の魔物」との戦闘があるのですが、この戦闘の見せ方がすごい!

ページは右から左にめくるので、文字は右から左に見る傾向にあるのですが、そもそも人間は左から物を見る傾向があり、エンとゆかりはこの「左」の使い方が非常に上手いのです。



私は過去に小売店で働いていた事があり、こういった導線のコントロールを少しかじった事があるのですが、その中でも特に「左」というのは重要なポイントです。

この左というポイントを上手く利用しています。しろううらやまさんは、小売店でディスプレイをさせたら、すごい売り上げを作る事が出来るのでは…?



私が特に気にいっているのが1巻86ページ。1コマ目に鍵の魔物がエンちゃんに襲い掛かり、2コマ目に左に鍵の魔物、右にエンちゃんの配置。

この2コマだけで、1鍵の魔物・2鍵の魔物の背後・3エンちゃんと、3コマ分の情報量得る事ができる。

そして3コマ目で反転し、描写と視線に動きを持たせ、4コマ目でエンちゃんが鍵の魔物に飛ばされ、次の1コマ目の左にエンちゃんが着地。



戦闘シーンにおいて4コマ漫画はデメリットになりがちですが、このデメリットをメリットに変えている素晴らしい導線の引き方。すばらしいですね。私もこれぐらい天才的だったら、過去に勤めていた会社で出世できていたかもしれませんね…

またツイッターで話題になっていた部分はもう少し違うところ。コマ割りの大きさを変えて動きを見せたり、コマをあえて飛ばしてみせる視線誘導など、よく気付くなぁと感心させられる事ばかり。

この視線誘導の技術があれば、私は今頃しっかりと定職についており、安定した生活を送っていたのではないのか?いや、性格は変わらんから、結果は変わらないか。

単純に話が面白い!

視線誘導やキャラの可愛さは勿論ですが、めちゃくちゃ話が面白いのです!

ファンタジー系ですがギャグ要素もあり、また1巻を読み返していたら、色々な伏線があったり(魔王の事とか)、こういう伏線があったのかと読み返して気付く事がありました。



一つの物語があっても、またすぐに面白さが押し寄せてくるのは、しっかりとした伏線があったからなのですね。

また、4コマ漫画なので、しっかりと4コマ目で落ちているのが素晴らしい。この話の起承転結の「結」の部分が、ギャグ的にもシリアス的にもしっかりとまとめられているのです。

連載当初に「次に来るかも」と言っていましたが、すまん。あれは嘘だ。もうきてるぅ!!



ゲスト連載の時の話も実は…?

久しぶりに、一目見て素晴らしいと感じた「エンとゆかり」。連載当初から注目されていた漫画の第一巻の発売は涙が出るほど嬉しいですね。

センターカラーもちょくちょく飾ってるし、まだ続くよね…?



さてこの「エンとゆかり」なのですが、きららMAXは連載前に「ゲスト連載」という感じで一度連載され、本連載の流れになります。

そのゲスト連載からそのまま本連載への流れになる漫画もありますが、エンとゆかりのゲスト連載時の話は別物。

ゲスト連載時はゆったりとした「異世界系」。実はこちらの方がきらららしくて、ゲスト連載の「エンとゆかり」も大きな評価を得ています。



ゲスト連載時と話は異なるのですが、エンとゆかり1巻を読み返していてチリちゃんが「王都が解禁した、かつて異世界から持ち込まれた技術」という一文がある様に、もしかしてゲスト連載の時の伏線かなにか…?

そう思わせるほど素晴らしい物語の作り方素晴らしい「エンとゆかり」。1巻は絶賛発売中です!!





[違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)]
★まんがタイムきららMAX新連載「エンとゆかり」が面白い!次くる!と思う…

★ぬぅうん!かぐらまいまい!が面白すぎてついつい単行本1巻を買ってしまった。

★目まぐるしい攻守逆転劇![最近雇ったメイドが怪しい]が色々最高!

★まんがタイムきららMAX2020年4月号れびゅー(今更)やはりエンとゆかりええわぁ…



★[球詠]これぞきららのエース!武田詠深ちゃんのかわいい発言!ぐう畜な発言も合わせて15選!

ついったー→★元靴屋店員で元リサイクルショップ店員で、今スーパーの肉屋の人(おつまむブログ)