リサイクルショップの商品価格は適正なのか検証!パート1

こんにちは。おつまむです。今回は、リサイクルショップの「価格」についてスポットをあてた記事を作成しました。「自分が安いと思ったらそれで良い!」と思うかもしれませんが、一応中古商品にも適正価格はありまぁす!ですが、この中古商品の「適正価格」というのは、結構あやふやにしている店があるのも事実…一般的な中古相場より高く売れる事だってよくあるのです。許してね。そこで、今回リサイクルショップに並んでいる商品の価格が、中古相場(価格)と差異がないか、検証してみようではないか!という事です。今回は中古の「ダイソンV6Trigger」を検証してみました!ただ、リサイクルショップに行くのがだるい…。だがしかし!最近のリサイクルショップは、ブログやホームページを公開しているところがあるので、わざわざ足を運ばなくても商品価格をみれるのです!インターネッツ最高!というわけで検索検索ぅ♪

リサイクルショップの商品の適正価格ってどんな感じで求めるの?

さて、リサイクルショップに並んでいる商品価格について今回検証していきますが、そもそも中古相場はどのようにだすのか?中古相場の求め方は割と簡単です。私が、リサイクルショップ時代に学んだ方法で、ほぼ間違いないと思います。事実、私が勤めていたリサイクルショップ以外でも価格は似たり寄ったりでした。ですが、リサイクルショップによっては、価格に差が出る物が大きくわけて2つあります。①専門性が高いアイテム②大量に入荷するアイテムです。①の専門性が高いアイテムについてですが、知識の差で参考にする中古相場がかわる為、店により価格差がでます。②の大量に入荷するアイテムも似たように知識差で変わります。大量入荷するアイテムとして代表的な物が「服」です。一日に何十着と買取するわけですから、一つ一つ入念に相場を調べません。服に知識がある人だと、瞬時に「安い」「高い」を瞬時に見分けられるので、安い服は安く、高い服は高く店頭に並びます。逆に知識があまりない担当のリサイクルショップは一部ブランド品(ノースフェイスやコロンビア等のアウトドアブランド等)を除き、価格が一定です。
リサイクルショップによって価格の差がでる場合がありますが、基本的な中古相場の調べ方は変わりません。中古相場の求め方は「過去のオークション価格(より状態が近い物)+その商品の送料」です。プラスαで保証をつける商品には、少し価格が高くなる場合があります。重要なのは「過去のオークション価格(より状態が近い物)」です。「より状態が近い物」という所が重要な部分で、専門性が高ければ高い程状態をしっかり把握できますし、壊れている部分を整備し、良い状態の中古価格で商品を店に出す事も可能です。逆に専門性が無ければ、アイテムの状態を把握できないため「ジャンク」に近い価格で出す場合もあります。
とまぁ、簡潔ではありますがリサイクルショップの商品価格の付け方についてご説明しました。次からいよいよ本題。ネットで商品価格を公開している店を見つけ、中古相場と差があるかを検証していきます。一応どの店の商品かは、特定しませんので、気になる人は調べてみてね(にっこり)

とあるリサイクルショップから「ダイソンV6Trigger」を検証!こちらのショップ価格は一万五千八百+税!

今回ダイソンのハンディクリーナー「V6Trigger」を、某リサイクルショップのサイトで、みつけたので、検証します!こちらのショップ価格は一万五千八百+税なので、約一万七千円です。
ダイソンはデザイン性も良く、人気商品なので多少高くても売れてしまうのですよ。
爆発的に売れ出した物って中古相場の下がり方が異常にはやいものです(ワン〇ーコアとか)私のイメージでは、ダイソンもそのような感じですが、どうなのでしょうか?
さて、この「ダイソンV6Trigger」は吸引力が高く、きれいな空気を排出する事を謳っている商品です。「きれいな空気を排出する」という商品を謳っているだけにに、中古相場的に期待できない様な…。ちなみに、価格ドットコムの最安値は約二万三千円円でした。中古で出す以上、基本的にこの価格を上回る事はありません。(たまぁにありまぁす)

新品や未開封の表記もないですし、くすみもある事から中古で間違いありません。画像でみる限りは、それなりにきれいですね。清掃次第で美品になる事も十分ありますので。ただ細かい状態は分からないので、私の感覚で中古相場を求めていきます。まず、「未使用品」の価格はどれぐらいなのか確認します。

いやぁ、未商品品いっぱいあって、見つかりやすくて助かります。一万六千円から一万七千円の間ですね。一円スタートで一万六千円ぐらいいっているので、「未使用品」の相場はこんな所でしょう。さらにメーカー保証つきの物が多いので、例えば店舗で販売する場合は「店舗保証分の金額」を上乗せしませんので、プラス送料千円ちょいぐらいで、税込み一万九千円いかないぐらいかな?では今回の「中古」の場合はどれくらいでしょうか。まずは、オークション相場を確認します。

価格差がありますね…ネットに「公開さいれている装備」のみなら、一万ぐらいのデータが参考です。一万円ぐらいのものはノズルが足りないと思われます。リサイクルショップの方は、それよりも足りませんwオークションの方は写真の撮り方が少し雑なので、もう少し価格は上がったかもしれませんね。
リサイクルショップの方はノズルが写真にのっていないだけかもしれませんのでなんとも言えません。あとの4つは、初期の装備分しっかりありました。一万二千円~一万六千円の価格差は「状態」と「オプション装備の有無」です。一万五千円~一万六千円のものは、状態がすごいきれいなものと、状態はそこそこ、だけどオプションが充実しているものでした。
では、今回参考にしたリサイクルショップの「V6Trigger」の価格は相場よりやすいのか?高いのか?ですが、画像通りのものがすべてであれば高いです。画像にのっているものがすべてであれば、参考にする本体参考価格は約一万一千円+店舗保証で千円+送料分千五百円で一万三千五百円。まぁ一万四千円が限度ってとこですかね。装備がある場合は、本体参考価格約一万四千円+(以下略)で一万六千五百円。いいところですね。もしかしたら、画像で見るより、実物は状態悪いかもしれないので断言できませんけどね。オプション次第では一万九千円ぐらいでも…最安値二万三千円だからなぁ…ってとこです。※今回は、2018年8月14日に検索したデータです。今後新品価格や中古相場は変化していくと思われます。

最後に…

今回はとあるリサイクルショップの「ダイソンV6Trigger」の価格について検証してみました。参考にしたオークション結果は割と最近の物を参考にしているので、十分参考になるデータだと思います。
いやぁ、それにしてもダイソンのブランド価値はまだまだ健在ですね。驚きました。あと、店舗で保証を付ける分として、千円プラスしましたが、店によっては、その千円をのっけていない場合もありますよ。いやぁ良心的ですね。私はのっけてましたけどw
今回の本題「ダイソンV6Trigger」の価格は、私個人としての考えは「高い」と思います。ハンディクリーナーでバッテリーの問題もあるので。状態が良くても、バッテリーがダメなら使いものにならないですからねぇ。ちなみに殆んどのリサイクルショップの場合、バッテリーは保証の対象外です。それだったら、安いショップで二万五千円で新品買いますよwそれでは店的の売値としてはどうか?と言われればですが、写真通りのものがすべてなら高いですし、初期のオプションがしっかり揃っているなら良いとこだと思います。でも、一万七千円かぁ…だけど売れるんだよなぁ、だってダイソンだもの。