スポンサーリンク

アシックスのスニーカーに採用されているストライプの名前知ってる??[元靴屋のひとりごと]

日本が誇るスポーツブランド「アシックス」。1949年に「鬼塚株式会社」として設立し、現在に至るまでアシックスは高性能なスポーツシューズを展開しています。現在、株式会社アシックスは、アシックス、 オニツカタイガー、アシックスタイガーの3ブランドを展開しており、どの靴にも横2本、縦2本が交差するストライプが採用されています。

元靴屋店員がナイキエアマックスをご紹介!色々なエアマックスを10個!

スニーカーブーム・画期的なスニーカー・機能美を追求したスニーカー等、どの様な話題の中心にいるスニーカーと言えば「ナイキ・エアマックス」ではないのでしょうか?歴史ある、今なお熱量が高く時代の最先端を行くエアマックス。ここではエアマックス90と95を中心に様々なエアマックスをご紹介しています。

アディダススニーカーのサイドに採用されているストライプの名前知ってる?[元靴屋店員のひとりごと]

アディダスは、1920年に前身である「ダスラー兄弟商会」が、ニュルンベルク近郊のヘルツォーゲンアウラッハで、靴を製造する会社として設立されました。1948年に、兄ルドルフ・弟アドルフのダスラー兄弟(ルドルフが販売、アドルフが生産を担当)が喧嘩別れした事で、アドルフがアディダスを、ルドルフは後のプーマとなるRUDA社を設立。翌年の1949年にアディダスは靴に三本線のストライプをあしらったスニーカーを発表しました。

ナイキのスニーカーにも採用されている「あの」ロゴの名前分かる??(元靴屋店員のひとりごと)

アメリカのアオニツカタイガー(現アシックス)の正規代理店として誕生した創業したナイキの前身「ブルーリボンスポーツ」。1971年にオニツカとの提携を終了し、社名をブルーリボンスポーツから、「Nike」としました(由来はギリシャ神話の勝利の女神)。同時期に自社でランニングシューズの開発が開始され、その時に採用されたアイコン(ロゴ)が、現在のナイキのトレードロゴでもある「スウッシュ」です。

プーマのスニーカーに採用されているあのマークの名は?[元靴屋店員のひとりごと]

1948年に、アディダスの創業者であるアドルフ・ダスラーの兄「ルドルフ・ダスラー」によって創業されたスポーツブランド「プーマ」。プーマのスニーカーだけではなくスポーツシューズでも見られるサイドに採用されている躍動感あるアイコンは「フォームストライプ」と言います。フォームストライプは1958年に採用され、現在はプーマのスニーカーを象徴するアイコンとなっていますが、本来は靴内を安定させる為に採用されました。
タイトルとURLをコピーしました