シングルバーナー(アウトドアコンロ)人気3選!ソロキャンプで活躍できるお手軽なモデルは?!

シングルバーナーの画像アウトドア用品

こんにちは。おつまむです。最近でもないのですが、念願のソロキャンプに行ってきました。初ソロキャンプの感想ですが、すっごい寒かった…。

初のソロキャンプに行って実感した事はあります。それは料理をするのであれば、シングルバーナー(アウトドアコンロ)が必要だという事です。



私は小さい焚き火台をもっているので荷物になるだけだからと思い買わなかったのですが、私の焚き火技術の無さも相まって持って行った全然ウィンナーが焼けないのです。そこで思ってしまったのです。

という事で今回は、ソロキャンプに使えるお手軽な人気のシングルバーナーを3つ調べて、ついでにご紹介しようと思います。

初心者の方はシングルバーナーがあると無いとでは全く楽しみが変わりますので、是非チェックしてみて下さい。

キャンプに行って実感。ソロキャンプではシングルバーナーは必須だと。

ソト焚き火台

私はかなり小さめの焚き火台を購入し、ソロキャンプに持って行きました。

小さい串だったら簡単な調理が出来るという事と荷物を最小限にできるという事からバーナーはいらないと息巻いてキャンプ場へ。

炭の香りを楽しみながらウインナーでも…と思ったのですが、焚き火の技術が乏しい私は一行に料理は出来ないわ、調理で着火剤など全て使いきる等、ご飯だけではなく焚き火すら楽しむ事が出来ませんでした。

焚き火台が小さすぎるのも炎を保てなかった理由の一つかもしれません。

そもそも、そういったトラブルを防ぐ為に、私の様な焚き火初心者は間違いなく焚き火台とコンロは分けた方が良いと思います。

また、焚き火と本格的に調理ができる焚き火台を買うよりは、今のシングルバーナーはコンパクトなモデルが多いので、小さめの焚き火台とシングルバーナーを買った方が、荷物がコンパクトになる事もあります。

やはり快適にソロキャンプをするならシングルバーナーは必需品…

という事で次からコスパと使いやすさに優れたソロキャンプで活躍できるシングルバーナーを3つ調べてみたのでご紹介します。



コスパ使いやすさに優れたソロキャンプにおすすめのシングルバーナー3選!

ソロキャンプでおすすめのシングルバーナー①…岩谷産業/ジュニアコンパクトバーナーCB-JCB


価格:4,845円(税込)(2021年7月現在アマゾンにて)
使用サイズ:幅155×奥行155×高さ127mm
収納サイズ:幅82×奥行68×高さ109mm
商品重量:約274g(カセットガスは別売り)
使用ガス:イワタニカセットガス、イワタニカセットガスジュニア、イワタニカセットガスパワーゴールド
商品メモ
・コスパが良いカセットコンロを発売している「岩谷」のアウトドア用のコンパクトバーナー

・約4分で1Lの水を沸騰させる高い火力が魅力的なアウトドアコンロ

・コンパクトに折りたたみができ、軽量なので持ち運びもしやすい

・防風五徳構造なので風に強く、自動点火構造採用なので使い方も分かりやすいアイテム

人気の焚き火台②…キャプテンスタッグ/コンロM-7900


価格:4,397円(税込)(2021年7月現在アマゾンにて)
使用サイズ:幅125×奥行125×高さ82mm
収納サイズ:幅117×奥行105×高さ65mm
商品重量:約300g(カセットガスは別売り)
使用ガス:キャプテンスタッグガスカートリッジ(OD缶)
商品メモ
・コスパが良いキャプテンスタッグの小型ガスバーナーコンロ

・弱火等の火力調整や自動発火装置等の基本性能をしっかりと兼ね揃えたシンプルに使いやすいモデル

・コンパクト性もあるので持ち運びのしやすさも魅力の一つ

人気の焚き火台③…ソト(SOTO) アミカスSOD-320


価格:5,280円(税込)(2021年7月現在楽天にて)
使用サイズ:幅76X奥行100X高さ86mm(使用時・本体のみ)
収納サイズ:幅40X奥行43X高さ75mm
商品重量:約81g(カセットガスは別売り)
使用ガス:SOD-725T・SOD-710T(OD缶)
商品メモ
・持ち運び性、火力、万能性等トータルでバランスが良いアイテム

・セッティングしやすい4本のゴトクと風に強い燃焼設計で火力もしっかり安定

・初心者の方は勿論、ベテランの人にもおすすめのシングルバーナー



ガスカートリッジは同じブランドから発売されている物を!

今回初ソロキャンプに行って、アウトドアコンロが必要だと実感したので、ここではソロキャンプにおすすめの人気のアウトドアコンロを調べました。

信頼できるブランドの中から3つご紹介しましたが、ノーブラドでも評価が高く安いモデルが多くビックリしました。

私自身、焚き火台がSOTOなので、SOTOで揃えたいかなと思ったのですが、ノーブランドのシングルバーナーも中々よさげです。色々考えてみようと思います。

ここではCB缶とOD缶二つのカセットガスをご紹介しましたが、アウトドアで使うなら「OD缶」がおすすめです。

OD缶はアウトドアを目的として作られているので、野外で安定した火力を発揮できますし、持ち運びもこちらの方がコンパクトです。

一方で手軽なのはCB缶です。普段でも使うならCB缶がおすすめです。

またCB缶は100均等でも購入できますが、メーカー側は万が一の事を考え、社外のCB缶を使う事は推奨していません。勿論OD缶に関しても同様です。

シングルバーナーを使う際は、社外の物ではなく、同じメーカーのガスカートリッジを使用しましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました