[オールスター最強傑作]CONVERSE/ALL・STAR・J・VTG59・HIが2020年3月13日に発売![ジャパンメイド]

[オールスター最強傑作]CONVERSE/ALL・STAR・J・VTG59・HIが2020年3月13日に発売![ジャパンメイド] コンバース

コンバースジャパンより素晴らしいニュースが飛び込んできた。2014年FW(秋冬)より開始されているコンバースの「Time Lineシリーズ」より「ALL STAR J VTG 59 HI」が2020年3月13日に発売されるという発表があった。

100年以上ある歴史があるコンバース・オールスターだからこそできる「Time Lineシリーズ」は、「歴史を塗りかえる新たなマスターピース」として展開されている人気のシリーズです。

今回は2020年3月13日に発売される「ALL STAR J VTG 59 HI」をご紹介しようと思う。まだ発売されていないので詳しい詳細は不明だが、コンバースジャパンから発売されている情報を基に、魅力をご紹介致します。

[注意]
・こちらでご紹介する靴は全てメーカー希望価格を表示しています。ショップにより価格は変動します。
・在庫はショップにより変動します。在庫が無い場合があるので予めご了承下さい。
・サイズ感等はレビューや、私の靴屋時代の経験をもとにご紹介しています。サイズ感は人によって異なります。あくまでに参考程度にご覧ください。購入に関しては個人の責任でお願いします。自信が無いようであれば、ショップ等で一度試し履きをする事をおすすめします。

ALL STAR J VTG 59 HIとは?魅力は?

今回、コンバースの人気シリーズ「Time Lineシリーズ」から発売される「ALL STAR J VTG 59 HI」とはどの様なスニーカーなのかをご紹介していきます。

こちらは「コンバースオールスター」で「J VTG」の部分は「ジャパン ビンテージ」の意味であります。つまり長い歴史をもつオールスターのスニーカーを、ジャパンメイドで復刻させているという事です。

「Time Lineシリーズ」は「歴史を塗りかえる新たなマスターピース」をテーマに掲げています。つまり歴史あるコンバースのモデルをベースに、ジャパンメイドの技術でよりかっこよく、より高い技術で復刻させているモデルなので、このシリーズに「失敗」という言葉はあり得ません。

故に、素材がキャンバス仕立でありながら、価格が税込み19,800円とかなり高額な価格設定になっています。

早速「ALL STAR J VTG 59 HI」の魅力について触れていきます。まずは全体的なシルエット。そもそも日本のコンバースオールスター自体が、しっかりと美しいシリーズで歴史を刻んでいるので、相変わらず美しいシルエットです。

今回はホワイトカラー一色での展開、全体の美しいシルエットは復刻されていてもしっかり健在だ。「オールスター・ジャパン・ヴィンテージ59・hi」という事で、今回は1959年のモデルを復刻しています。

ちなみに2017SS(春夏)では1950年のオールスターを、ジャパンメイドで復刻している。

さて今回の「ALL STAR J VTG 59 HI」ですがアッパーキャンバスは、紡績から製織までJAPAN MADEにこだわる帆布「富士金梅」を採用。またインソールのコンバースロゴは日本の国旗をイメージしている。(メーカーhpより引用)

そして注目ポイントはやはり「アンクルパッチ」だ。ハイカットでの発売という事は、もれなくアンクルパッチがついてくる。

2017年の復刻シリーズのアンクルパッチはシンプルかつ、ヴィンテージ感溢れるモデルだが、2019年のアンクルパッチは白をベースに、ヴィンテージ感を残しつつも、高級感溢れる仕上がりになっている

また、☆の上部に、ChuckとTaylorが左右に分割して入るデザインを採用し、下部には「ALL STAR」の文字が刻まれている。

憧れである「チャックテイラー」といつまでも変わらない「オールスター」のアンクルパッチの共存は、オールスター好きであれば胸にこみ上げるものがある。

さらにヒールパッチ(ラベル)にも注目だ。コンバースオールスターらしいネイビーをベースに3つの星が対角線上に並ぶ「三ツ星」、そしてやはりオールスターファンなら嬉しいヒールの「チャックテイラー」の文字。

最近では、チャックテイラーがヒールパッチ(ラベル)についているモデルが沢山発売されているが、やはりジャパンメイドで復刻した、このヴィンテージモデルだからこそ、より良く見えてしまうのです。

2020年ジャパンメイドオールスターもご紹介!

「ALL STAR J VTG 59 HI」は2020年3月13日に発売されます。またジャパンメイドのオールスターはこの「Time Lineシリーズ」だけではありません。

という事で、2020年のジャパンメイドのオールスターをご紹介いたします。高い技術と高品質な素材で作られる人気のオールスターは至極の一足です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CONVERSE CANVAS ALL STAR J HI(コンバース キャンバ…
価格:13200円(税込、送料別) (2020/2/21時点)

楽天で購入

 

「ALL STAR J VTG 59 HI」は19,800円に対し、通常のオールスタージャパンモデルは13,200円と少し安くなります。

キャンバススニーカーとしてみると高い気もするが、完成されたスタイルとジャパンメイドの技術を味わえる素晴らしい一足と考えれば、納得の価格だ。

2020年の「CANVAS ALL STAR J HI」は従来のカラーアレンジモデルです。カラーは独特で目を惹くかっこいいオレンジカラー。

ヒールパッチの「チャックテイラー」も良いが「メイドインジャパン」も、オールスター好きならたまらない一足でありステータスでもあります。

クラシカルな生成りのソールとシューレースを採用する事で、履けば履くほど渋みを増すこちらのスニーカーは、脱いだ時のインソールの赤字プリントも映える、隙がない一足といえます。

CONVERSE ALL STAR J VTG 59 HIは3月13日に発売!

今回は、コンバースの「Time Lineシリーズ」から発売される「CONVERSE ALL STAR J VTG 59 HI」をご紹介しました。ジャパンメイドは憧れ…ではありますが、私自身金銭的な理由で購入できるかはかなり微妙です。

ただ、余裕があれば即買いするモデルです。やはり大きな魅力はアンクルパッチのかっこよさです。元々オールスターはのアンクルパッチが好きで、ハイカットを好んで履いているので、この高級感・ヴィンテージ感、そして「限定」という言葉には魅力しかありません。

さらにジャパンモデルでヒールパッチに「チャックテイラー」の文字。欲しい理由は沢山ありますし、何よりあらゆる意味で「履いてみたい」と思わせる一足であります。

そういえば今年の2月は29日まででしたね。今年は一日多く考える時間があるので、3月13日までにじっくりと考えたい所です。

公式サイト→https://converse.co.jp/timeline/2020ss/

タイトルとURLをコピーしました