[4回売場講座]店づくりで最初に考えないといけない「導線」問題(2019年11月13日)

こんにちは。おつまむです。こちらのブログ記事はこちらの記事(★[老害元副店長]売場の陳列方法はこうやれ!!(あまり信用しないで下さい)を参考にしシリーズ化したものです。
こちらの記事も参考程度にご覧いただけたら至極幸いです。

店をどの様なコンセプトにするか?それによって「導線」は変わる

第4回になりました売場講座。前回は「導線」と「動線」についてご説明いたしました。
そして今回はその「導線」について考えてみようという事です。

その前に前回のおさらいを。「導線」と「動線」の違いはどこにあるのでしょうか?前回の(★[第3回売場講座] 売場作りに重要な「導線」と「動線」とは?(2019年10月28日))を改めて読んで頂いた方が良いのですが。簡単に申し上げれば「導線」は店側が導く線であり、「動線」はお客様が通る線という事です。

それでは、実際に店づくりをする際は「導線」と「動線」とちらから考えれば良いのでしょうか?
よく小売業で働くと「お客様の気持ちになりなさい」と指導してくれるすばらしい上司様達がいます。

間違ってはいませんが、実際にお客様の考えなんて十人十色。個人的に買い物をする人の持ちになっる、というのも重要ではあります。しかし殆んどの詳細は、実際に店を動かさないと分かりません。

実際に店を動かした結果、どの様な商品が売れているか?在庫状況はどうか?実際に接客をしてみてどの様な商品に手ごたえがあるのか?等を知った上で初めて本格的な「動線」が作れるのです。

「お客様の気持ちになりなさい」というお言葉を否定するつもりはそこまでございませんが、正しくは「自分の固定概念を7割ぐらい捨て、現場の声を7割聞きなさい」というのが正解だと思います。あと3割は個人的な買い物のしやすさと感。

という事で、まず店づくりで重要なのはお客様目線の「動線」を考えるのではなく、店側の戦略とする「導線」を考えます。
まずは「導線」において重要な4つのキーワードをご紹介します。

導線を作る上で重要なキーワードは「季節感」「関連性」「左」「重さ」です。まずはこのキーワードを一つ一つご紹介します。

季節感…導線を作る上で特に重要なワードです。殆んどの小売店において「季節感」ある商品というのは存在します。その季節感ある商品をお客様が一番目にする場所(主に入り口前やカテゴリの始まり)に配置する事で、来店するお客様に動きのある売場を見せる事ができます。いつも始まりの商品が同じ売場より、季節感があって、動きがある売場の方がお店として魅力を感じますよね?
関連性…季節感ある商品でお客様を惹きつけた所で、次に配置された商品が、何の関連が無ければお客様はストレスを抱えます。理想は、売場の中で「マジカルバナナ」をするイメージです。(古くて分からないか)とにかく一番初めの商品といったら次はこの商品、その次の商品といったらこの商品と、どんどん売場を関連づけさせる事が重要です。「マグネット売場」や「磁石売場」なんて言い方もします。
左…関連性ある売場をつくるのに重要なのが「左」です。通称クラピカ理論といい(ハンターハンターのクラピカというキャラが上手く説明しているからこの名前がついた)人間の心理上、左から物を見る傾向があるのです。ですので関連付けたい重要アイテムを「左」に配置したり、お客様を右に誘導し、お客様を常に左回りに誘導したりと… とにかく導線を作る際は「左」を意識しないといけません。
重さ…最後は重さです。重さの意味は「物理的に重い物」や「価格が高い物」や「色が暗い物」等々、とにかく見たらビックリするアイテムの事を指します。例えば運動会シーズンでジャージを売る際に、何万円もするジャージをいきなり入店してすぐに配置すると、お客様はビックリしてしまいますし、店の単価のイメージが上がってしまいます。逆に軽すぎるPBのジャージを置いても、店の評価を下げてしまいます。この場合は中価格帯辺りのジャージを置くのがベストといえます。

導線を作る上で重要なキーワードを4つご紹介しました。では実際導線を考えた時、一番重要なポイント「何から配置すれば良いのか」をご説明します。

この導線の始まりは、導線づくりの中で特に重要な点です。一番セオリーなのは「季節物」から始める事ですよね。季節物から始める事で、店全体に動きが生まれますし、お客様が再来店した時「生きた売場」を見せる事ができるので、お客様に期待感を与えられます。

そこから店を右側に誘導する事で、お客様を「左回り」にしお客様のストレスを軽減、右に誘導する事を踏まえ商品を「季節品」→「季節物商品で関連する中価格帯の物」→「小物類」→「価格が高く目的買いの物」と配置するのが私の中のセオリーだと思います。

ただ、これはあくまで私個人で考える「セオリー」であり、戦略によって配置は変わってきます。
また小売店によっては「季節感」ではなく「重さ」を重視する小売店もあります。

「季節感」を重視するあまり入り口前が重くなり、お客様にストレスを与えるなんて事もあります。一番分かりやすいのは、スポーツ店のキャンプシーズン、入り口前に演出される「テント」

テントは非常に季節感がでるアイテムでありますが、キャンプシーズンのアイテムの中では価格も高いですし、持ったら重いですし、とにかく何かと重々しい雰囲気があるアイテムです。

その為スポーツ店によっては入り口前を「テント」ではなく、アウトドアブランドの衣料にしているお店もあります。「季節感」と言われれば弱く、店の動きは弱くなりますが、お客様へのストレスは少なくなりますよね。

この様に「導線」作りというのは、売場製作者が「店の戦略」に準じ「根拠をもって」説明出来れば、基本的に自由なのです。しかしいくら自由とはいえ、先ほど述べたキーワードを一つでも疎かにした場合は、それは「根拠をもった売場」とはかけ離れます。

この「導線作り」というのは、店が考えた戦略を売場で表現しないといけない重要な作業です。その為、導線作りの正解というのは「店の戦略を、根拠を持ってお客様に提案できているかどうか」だと思います。

導線については過去のブログ記事でも説明したりしているので、是非そちらも読んで頂けたら幸いです。また今後、導線について具体例を出しながら、もう少し深堀りして行こうかなとも考えています。

次の売場講座は、お客様が通る線「動線」についてご説明して行こうと思います。それではまた!

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★[第1回売場講座]ネットで片づけられる現代に売場演出は必要なのか?(2019年10月11日)

★[第2回売場講座] 分かりやすい売場だけを徹底しておけば良い小売店は?(2019年10月18日)

★[第3回売場講座] 売場作りに重要な「導線」と「動線」とは?(2019年10月28日)

★帯広のリサイクルショップ「ハードオフ」に行く。(2019年7月21日カル〇スブログ)

★セカンドストリートが好きな理由3選~セカンドお前がNO1だ~(2019年5月31日カル〇スブログ)

使用したフリー画像→★ぱくたそ

[第3回売場講座] 売場作りに重要な「導線」と「動線」とは?(2019年10月28日)

こんにちは。おつまむです。こちらのブログ記事はこちらの記事(★[老害元副店長]売場の陳列方法はこうやれ!!(あまり信用しないで下さい)を参考にしシリーズ化したものです。
こちらの記事にもある様に参考程度にご覧いただけたら至極幸いです。

「導線」と「動線」は同じ?

第3回目となりました売場講座。どうも、老害元副店長の私です!
前回(★[第2回売場講座] 分かりやすい売場だけを徹底しておけば良い小売店は?(2019年10月18日))は分かりやすい売場だけを作っておけば良い小売店についてお話ししました。

ネット通販が盛り上がっている今日この頃、小売店の売場は大きな動きも無く、高齢化社会を意識した為か、分かりやすさを重視する売場ばかり増えてきました。
時代の流れですので仕方ない部分はありますが、みていてもつまらないですし、明らかに提案力は落ちています。

また分かりやすさで言えば、ネット通販の方が分かりやすく、ピンポイントで欲しい物を検索できますし、なんと家まで届けてくれる。さらにさらに安い!
ただそういったネット通販にそこまで影響されないのが、スーパーや一部の服飾店です。

こういったネット通販に売り上げが左右されないお店は、どの店を見ても分かりやすい売場を追求しています。
スーパーも什器や商品すべてにおいて綺麗に整理されていますし、ユニクロやABCマートは、どのお店にいってもほぼ同じ売場です。

こういった分かりやすい売場を追求した小売店というのは「導線」がしっかりしているお店といえます。
それ以外の小売店はもっと動きがある演出をし、お客様に商品の提案をしていく小売店が本来は多いのですが、最近ではかなり少なくなりました。
本来こういった小売店は「動線」が強いお店といえます。

さて「導線」と「動線」という単語なのですが、ネットで調べたら小売店において「導線」と「動線」は同じ意味だそうです。えっ?私は「導線」と「動線」別に教えられたのですけど…。

とまぁ周りと同じ事を書いても仕方ないので、私が学んだ「導線」と「動線」で売場についてのお話をしていきます。

まず「導線」についてです。導線というのは売場を作る上でのお客様が通ると想定した道です。
買い物の際にお客様はどの様な道を通るのか、過去に検証したデータや理論等を駆使し売場を決め提案をしていきます。まさにお客様を「導く」「線」です。

そして「動線」というのはお客様が「動く線」の事を指します。
例えばクラピカ理論で有名な「人は本能的に物を左から選択してしまう事」や「人間はピラミッド型が美しく見える」等人間には無意識で行動してしまう心理があります。

そういった買い物客の心理を「動線」といいます。
また、その時の環境の変化等によりお客様の売場の「見方」や「動き方」は変わります。
この様な変化も「動線」の一部といえます。

「導線」は店側目線でつくる売場の道筋であり、「動線」はお客様が通る道筋の事を指します。
では「動線」で説明したクラピカ理論等、人間の心理をついた売場は「導線」なのか「動線」なのか?と聞かれるとどちらとも取れます。

クラピカ理論を使い、次の売場へどんどん促したいのであれば「導線」ですし、お客様に気持ち良く買い物をしてほしいと、クラピカ理論を用いて商品を演出すれのであれば「動線」です。

先ほども申し上げましたが目線の違いです。ですが「導線」と「動線」どちらもしっかりしていないと、良い売場とはいえません。
先ほどスーパー等は「導線」がしっかりしているという事を述べました。なぜなら、スーパーは入店してからレジへ向かうまですべて戦略的に物を配置しているからです。

その為ついつい大型スーパーでは買い物をしてしまうなんて事もあります。
また分かりやすい売場で有名な「ユニクロ」もメンズ・レディス・ジュニアとしっかり分かれていて、ファミリーで売場を回ってもストレス無く回れます。

さらにユニクロの凄い所は、売場のスパンも一定ですし、フェイス内の中身もカラーコントロール・サイズコントロール等非常に見やすく分かりやすい。
つまり「動線」の管理もしっかりしているのです。大きな動きがある動線はなく、提案力には欠けますが、分かりやすい売場の小売店はユニクロが一番でしょう。

今回は「導線」と「動線」についてご紹介しました。導線=店側の戦略、動線=お客様の動く線です。
今回は「導線」と「動線」でご紹介しましたが、「動線(お客様の動く線)」があっての「導線(店の戦略)」です。

なぜ今回「導線」と「動線」でご紹介したかというと、売場を作り始める際は「動線」ではなく「導線」を考え「まずは」売場を作るべきだと思うからです。

「動線」というのはお客様目線での話です。人間の心理をついた演出といった、最低限の動線は必要ですが、まずは「導線」を作り店を動かさないと「動線」は見えてきません。
ですので「導線」と「動線」という位置づけでご紹介しました。

次はその「導線」についてもう少し深くご紹介していきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★[第1回売場講座]ネットで片づけられる現代に売場演出は必要なのか?(2019年10月11日)

★[第2回売場講座] 分かりやすい売場だけを徹底しておけば良い小売店は?(2019年10月18日)

★帯広のスポーツ店「ゼビオ」と「アルペン」を考察。(2019年6月30日カル〇スブログ)

★今の小売店に積極的な接客は必要?接客されたくない人の対策もご紹介!(2019年5月12日カル〇スブログ)

★帯広のABCマートについて個人的に思う事(2019年5月8日カル〇スブログ)

使用したフリー画像→★ぱくたそ

10/18リニューアルオープン!帯広のイオンの畜産売場は? (2019年10月21日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ 
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス 
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

地域の食材を豊富に品ぞろえ!リニューアルオープンしたイオンに思う事

こんにちは。おつまむです。10/18にリニューアルオープンした帯広のイオンに行ってきたので、その感想を今回述べようと思います。

10/18帯広のイオンがリニューアルオープンしました。変わったのは食品売り場です。その他二階の売場等は暇そうでした。(その他は後日、今回はプレオープン)

私が帯広のイオンに来店したのは夕方の5時でした。お客さんは思っていたより少ない印書がありましたが、オープン直後はレジがパンクする程忙しかったとの事です。

とはいっても、平日の5時にしてはかなりのお客様が来店しているように見えました。
今回帯広のイオンは「地域の食材」を意識したらしく、十勝産の食材が多く取り扱われていました。

棚の案内にも「地元の食材」的な案内があり、地域密着型をアピールしている事が伺えます。
売場に関しては、そこまで変更はなく総菜コーナーあたりの通路が広くなったのかなぁといいう印象です。
今年十勝最大規模でリニューアルオープンした「スーパーダイイチ白樺通り店」に比べれば、売場のインパクトは少ないといえます。

ここでダイイチ白樺店とイオンと比較してみます。品揃えの幅でいうとダイイチ白樺もかなりありますが、幅だけで言えばイオンの方が少し多い気がします。
ダイイチでお正月でしか見られないお肉やお肉の加工品が多くありました。

私はお肉屋さんしか分からないので、お肉屋さんの売場を見た感想でしかお話出来ませんが、水産の売り場をみても幅広いのはイオンの様な気がします。
しかしこの「幅」という面以外ではダイイチ白樺店がすべて上回っています。

帯広のイオンの畜産ですが、地域に特化したお肉が沢山ありました。
その中で特に推していたお肉が「豊西牛」と「ふらの和牛」です。ふらの和牛は、どこのスーパーでもお正月ぐらいにしか見れないA4クラスの和牛です。

富良野が地域食材として推されているのは若干の疑問が残りますが、やはり豊西牛の力の入れ方はイオンがナンバーワンです。
他に豊西牛を取り扱っているスーパーといえば、スーパーダイイチですが、ダイイチでは切り落としがメインです。

一方帯広のイオンでは、切り落としは勿論、サーロインステーキ・リブロース等のロース系やモモのステーキ用、肩ロースの切り落とし、モモステーキ用等々様々な種類がありました。

そしてその横にはふらの和牛。ロースステーキもありましたが、基本的にはモモ中心の販売。豊西の横にあるせいかサシが凄い…。
そこからはいつも通りの品揃え。一応、芽室産の未来牛があった気がします。

そしてオープン初日という事で国内産バラウス138/g、こま切れ88/gと鉄板の豚肉はかなり安い。
その他とんかつ用等も安い価格でしたが、目玉はやはり桜姫のムネ50/g、モモ75/g、さらにニュージーランドのラム95/gとシャウエッセン295円に度肝を抜かれる。

加工品の方も十勝池田町の「ちほく高原ベーコン」が沢山あり地域密着をアピールしている感は強かったです。
それらを踏まえた上でイオン帯広の畜産コーナーの感想。

「商品ロス多くなりそう」というのが個人的な感想です。まず豊西牛について。
豊西牛自体を否定はしませんが、そこまで売れているブランドであるかどうか?となるとかなり微妙なラインです。

ホルスタインという事で肉質は普通の牛とは少し違った味です。レストラン等では人気の豊西ブランドですが、スーパーで売れるかどうかはかなり微妙なライン。
価格もイオンで売られていた、398円/g(こま切れ)・698円/g(ロース系)はかなり適正な価格だと思うし、牛肉の中でも安い部類ではあります。

しかし、輸入牛の代表格である「アンガスビーフ」は約半額で購入可能です。安全面でどうなの?て思う人もいますが、味的にはアンガスとそこまで大差はないと思います。

そして、加工品の「ちほく高原ベーコン」ですが、売れない訳ではないのですが、そこまで売れる商品でもありません。
そして「中札内ブランド」がないのもかなり厳しいといえます。(もしかしたらあったのかも)

いくら幅が広くても、ロスになる様な在庫を沢山もつのはどうなの?というのが個人的な感想です。
勿論、今後やってみて戦略を変化させてくると思いますが、リニューアルオープンのインパクトは、畜産に限って言えば「大成功」とは言えないのかな?と思います。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★[北海道十勝肉部・部員一人]琉球。ロイヤルポーク・肩ロースが美味しすぎる件(2019/10/17)[不定期更新]

★[第1回売場講座]ネットで片づけられる現代に売場演出は必要なのか?(2019年10月11日)

★帯広のABCマートについて個人的に思う事(2019年5月8日カル〇スブログ)

★十勝最大規模?スーパーダイイチ白樺店改装オープン!(2019年4月12日カル〇スブログ)

★帯広のスーパーといえばダイイチ!ダイイチといえばお肉!(2019年6月9日カル〇スブログ2)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)