[北海道十勝肉部・部員一人]元肉屋の店員が「いきなりステーキ」に思う事[不定期更新]

こんにちは。おつまむです。様々な職業をつまんだ私ですが、スーパーの畜産部でも働いていた事もあります。
大体一年ぐらい肉屋さんで働いたのですが、パートとして働いていたので業務は、ひき肉加工・豚肉の成型・詰め物・一口カツ等の簡単な切りもの・品だしでした。

つまりそこまで肉の知識はありませんが、そこそこ知識があります。
またそれなりに肉のこだわりもあります。そこで、一人で北海道十勝肉部というのを勝手に作り、北海道十勝の肉情報を発信していこうと思います!

帯広で特に有名な肉屋「五日市」があったり、中札内産の鶏肉や、帯広の豊西牛等々実は十勝は肉の宝庫なのです。
また周辺スーパーでは北海道産・十勝産に限らず、様々なお肉を取り扱っています。

ここでは北海道産や十勝産に縛られず沢山のお肉をご紹介して良ければなと思います。非常にくだらないブログですので、暇つぶしがてら読んで下さいww
まずは肉の部位をご説明!!↓

百聞は一見に如かず。とりあえず潰れる前にいきなりステーキに行ってみた。

いきなりですが、ヤフーニュースを見ていたらとても面白い記事を見つけたました。→いきなり!ステーキ「お客様のご来店が減少しております」 社長直筆の「お願い」全店掲出へ

ざっくりこちらの内容を伝えると、客足が遠のき売り上げが良くない。だから社長が直々にお客さんへ店に来るようにお願いしたという内容だ。

そもそも!自分が勤めている会社の社長がこんな事をやったら引きますよね。普通に。そして、お客さんの目も冷ややか…この「社長からのお願い」は話題性があったにしろ、逆の効果を生んでしまったといえます。

ガイヤの夜明にでも出て、起死回生を狙ってみては?

さてさて、帯広にも「いきなりステーキ」が最近出店してきたのだが、私は友達に誘われようが必ず断っていた。

理由は至極簡単で値段が高いと感じたからだ。リブロースの一番安い「ミドルリブ」で、100グラム660円、サーロインで100グラム750円、まぁ代表的な2つはこれだ。

ちなみにリブロースには「リブロース」「トップリブ」「ミドルリブ」とあるのだが…私はどれも同じだと思いますし、極論言えば、サーロインですらリブロースと大差ないと思っていますww

特にアンガスは。それで、一番安いリブロースで100グラム660円。他のステーキを提供しているお店は、大体グラム1000円ぐらいなので、周りと比べると高くはないと思います。

ただし、他のお店と、いきなりステーキの性質はかなり変わります。他のお店は席がゆったりと設けられており、ステーキ以外にも様々なメニューのバリエーションがあります。

ステーキ以外の物も存分に食べる事が出来ますし、スープバー・ドリンクバー、なんならカレーを提供しているお店だってあります。

それに対し、いきなりステーキは、こじんまりとしていて、一人または少人数で手軽にステーキを楽しむお店といえます。

では値段は手軽なのか?リブロースの100グラム660円は高いかどうかというと、かなり微妙。スーパーでアンガスのリブロースを扱っているお店を私は見たことがないのでなんとも言えませんが。

近い部位で「肩ロース」。チャックアイと呼ばれていますが、肉に定評があるスーパーダイイチで確認した所100グラム238円。また「ロース」と謳ってこの前売っていたのが、100グラム298円。

スーパーの「ロース」の幅は広いので、おそらくこの100グラム660円で使われているお部位とかなり近いと思われます。

100グラム単位ですと、価格は単純に倍。ただ、店を構えて人を雇って動いている以上ある程度高くなるのは当たり前です。

ですが、どうしても高く感じてしまう…。そもそも私が肉で一番好きな部位は「肩ロース」なので、倍以上だすのであれば、スーパーで購入して、日本食研のタレをかければ良いのだ。

要はタレが日本食研以上で、サービスが良いかどうかで、その価格差が正しいのかが決まる。とまぁ来店した事もないのに否定するのもアレなので、今回いきなりステーキに、いきなり足を運んでみた。

えっ?やってる?やってるやってる。時刻は17:00。まぁ、今日は道がつるつるなので仕方ないか。

一応店員さんの話を聞く。店内は細かく区切られており、少人数での来店を見越した作りである。

定量カットはそのまま注文でき、好みの量にするには別の所に行き注文するようだ。私は面倒なので200グラムの定量カットにした。

トッピング等の話も聞いたが、聞いているうちに面倒になったのでデフォルトで。セットメニューもあるらしい。

私はライス&スモールサラダセットにした。そして待つこと数分。もう来るからエプロンをつけて下さい的な事を言われる。

そしてやってきたのはこちらだ。ちなみに焼き方はレア。ステーキソースは良く振ってからおかけくださいとの事。


とりあえず塩コショウ?だけで肉を頂く…。脂身はやはり肩ロースよりジューシー!の様な気がする。

問題は赤身部分だ。赤身のお肉が流行ったからステーキを提供する店が増えた訳で。結局の所は赤身だ。

赤身は…普通。いつも食べているアンガスビーフ。タレを掛けてみる…。ちょっと薄い?かな。ただ悪くない。

日本食研のタレとどちらが良いと聞かれれば、どちらも同じぐらいおいしい。ただ今色々な意味でやばい「ステーキ宮」の宮のタレの方が個人的には好きだ。

宮のタレは鉄板にのせて焦がすと旨さが倍増するタレなのだ。話を戻る。次はサービス面について。

お客さんを早く回さなければいけないお店の割には、商品提供までの時間が掛かっている気がするし、システムも脳みそすっからかんの私には、少し難しい…というか面倒。

商品提供に関しては普通に早いのですが!吉野家とかすき屋が早すぎるのだろう。そしてお会計は1837円。

これを高いか安いかと言われればその人によるが、私は仕事帰りに気軽による事はできないだろう。

そしてアンガスビーフの、肩ロースの価格を確認しに行ったスーパーダイイチでは、私が大好きな「ナニワ牛」のロースが100グラム980円から、30%オフだったのだ。計算すると100グラム686円。

ナニワはアンガスと和牛を組み合わせて牛肉で、和牛の甘さとアンガスの赤身の良さを引き継いでいる。一人で適当に焼いて食べても間違いなくこちらの方が上手いだろう。

また、友達とご飯を食べる時はガストやステーキ宮、ビクトリアへ。一人で食って帰るかとなると、間違いなく1000円以内でおさまる吉野家へ。果たして、いきなりステーキへの需要はどこにあるのか?

いきなりステーキへ、実際に食べに行った個人的な感想でした。

打開策はあるのか?

いきなりステーキの客足が遠のいている大きな理由に「値上げ」が関係しているようです。はぇ~

前はリブで100グラム500円ぐらいだったのかな?まぁそれぐらいだったら…まぁまぁ。

そもそも「赤身」のブームに乗っかって輸入牛を使い始めたんだと思いますけど、輸入牛は今後高くなっていくと噂されていますからねぇ。今後も厳しい状況は続きそうです。

逆に和牛を使って高い牛肉を売り出してみる?いやいやいや…ありえない。今までいきなりステーキに求めてきたもの(価格の手軽さ)がなくなったから客足が遠のいている訳で。それだったら日本産の交雑種等のモモの部位を使い、同様の価格で打ち出した方が良い。

どうせステーキしかないんだから、そこそこ人気のサガリとか種類を増やしてみればいいのでは?(適当)

内部リンクはブログの基本ですね(にっこり)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)

★[北海道十勝肉部・部員一人]琉球。ロイヤルポーク・肩ロースが美味しすぎる件(2019/10/17)[不定期更新]

★帯広のスーパーといえばダイイチ!ダイイチといえばお肉!(2019年6月9日カル〇スブログ2)

★シャウエッセンに負けない上手いウインナーを3つ紹介したい(2019年3月21日カル〇スブログ②)

吉井和哉様のかっこいい歌詞でブログ記事を更新してみた (2019年12月10日カル〇スブログ2)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

お題は恋愛で。

こんにちは。おつまむです。ザ・イエローモンキーというレジェンドなロックバンドをご存知だろうか?ザ・イエローモンキー略してイエモン。

イエモンの曲に取りつかれたら最後逃れる事はできません。イエモン中毒になってしまう一つの理由に、ボーカルの吉井和哉様のつくる歌詞がかっこよすぎるというのも、中毒性を引き起こす要因の一つだ。

そこで今回は吉井和哉様のかっこいい歌詞の力を借りて、ブログ記事をかいてみようと思い立ったわけです。

本当にイエモンファンの皆様、大変申し訳ございません。今回のお題は「恋愛」についてです。ちなみ私の過去の恋愛とは!無関係なので悪しからず。

↓ここからフィクション↓
私は来年32歳になる独身男性なのだが全く恋愛をしたことがない訳ではありません。彼女は10年以上いませんが。

私が付き合った事ある女性は過去に一人だ。その女性との出会いは中学3年生の春。私は中学2年生の冬に盲腸になり、そのまま春休みに突入。

苦しかった入院生活(約1週間)と春休みを終えた私の心境は「悲しみの雨がやみ、希望の空の下で」という心境だった。

私の中学では3年生になるとクラス替えがある。そしてその隣の席に座った女の子が、唯一私が付き合った女の子だ。その女の子は、学年でも一番かっこいい男と付き合っていた。

しかしどこか表情が悲しい。まだ肌寒い試される大地北海道。中学は指定のジャージを着るのだが、ジャージの上からパーカー等を羽織るのは許されていた。

私はユニクロのフリースを着ていたのだが、となりの席の女の子は元カレからもらったパーカーをきていた。その姿は「孤独の服で着飾った」という表現が良く似合う。

そんな孤独な服で着飾った女の子を”かおり“としおこう。孤独な服で着飾ったかおりちゃんの手を、親友の”ゆみ”ちゃんが強くつかんで、いつも一緒に歩いていた。

その時から私は女の子同士でいちゃつくのを見るのがとても大好きで、お?レズか?と期待してたのだ。

私と、かおりちゃんの親友“ゆみ”ちゃんとはそれなりに親交があり、かおりちゃんと席が隣という事で3人でかおりちゃんの話を聞いていていた。

「わかるよ君のその気持ちは」とか「その男ひどい男だよね」とか粋がって喋ってみる。恋愛経験なんぞしたこともないのに。

ただ、そのうなずいた顔があまりにも可愛くて…帰って一人で致してしまった。想像の中では自由だ。

「目を閉じて始めようこの夜は誰のものでもない」妄想は自由だ。目の奥では誰のものでもない、自分だけの時間。

そして新しい何かが俺の中で目覚める。そう、これは愛だと。賢者タイムの時はいつもそう思うのだ。

ただ、へたれの私には何もできない。そんな悶々とした時間が過ぎ去っていく中で、私の煮え切らない態度をみたゆみちゃんが、私とかおりちゃんの仲を取り持ってくれたのだ。

そして付き合い始めて一か月。初めてキスをした。かおりちゃんはどうやら元カレの事が忘れる事が出来ずにいたが、私と喋っているうちにようやく両想いになってくれたのだ。

恋する乙女の唇は恥じらいのチョコレートと言うが、私の初キスはストロベリーの味がしました。

私はこんなにかわいい子と付き合えるなんてなんて最高な人生だと、幸せを感じていました。

桜舞い散る春も、ひまわり耐える夏も、コスモスが恋する秋も、フリージアが眠る冬も、私は毎日かおりちゃんの事を感じていたのだ。

そして数年の交際期間が立ち、20歳の冬。私はふられた。理由は私の愛が重すぎたのだ。いや?愛していたのか?愛されていたか?

交際していくうちに、2人で致す事は自然の成り行き。この致す行為が「これは愛だと」いつもその時は思っていた。

そして実際にフラれた時に思った事が「致す相手がいない」だ。なんとも最低な男だとつくづく思う。

だけどまともに付き合った事があるのは、過去にかおりちゃん一人である。恥ずかしいけどそれが全てなのだ。愛とは一体何なのか?ますます分からなくなる。結局“愛とは自分のため”なのではいのか?と思ってしまう私。

そしてもうすぐ32を迎えようとする私は、今宵も一人寂しく眠りにつく。色々と妄想しながら。

全部私とは関係ない作り話です。

はい、全部フィクションです。そして、色々な方々申し訳ございません。ちなみに引用した曲は「太陽が燃えている」「SPARK」「Love Sauce」「LOVE LOVE SHOW」「アバンギャルドで行こうよ」です。

どれも素晴らしい曲ばかりです。そしてどれもうっとりする歌詞ばかり。やはりイエモンは最強のロックバンドです!!

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★吉井和哉様のソロアルバム「VOLT」が素晴らしすぎる件(2019年10月15日カル〇スブログ)

★吉井和哉の歌詞が美しい…おすすめの歌詞まとめ!(ソロ)1(2019年5月8日カル〇スブログ2)

★やっぱり吉井和哉の歌詞は美しい…私の好きなソロ吉井和哉の歌詞!2(2019年6月22日カル〇スブログ)

★吉井和哉様が作る「ブリッジ」が美しい(2019年3月7日カル〇スブログ)

★イエモン解散前のラストシングル「プライマル」が名曲すぎてイキかけた件(2019年11月23日カル〇スブログ)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)

イエモン解散前のラストシングル「プライマル」が名曲すぎてイキかけた件(2019年11月23日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

 

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

 

おつまむ 
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

 

カル〇ス 
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

 

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

プライマルは吉井和哉節が詰まった最高の曲

こんにちは。おつまむです。私の青春時代を彩った「THE YELLOW MONKEY」イエモン。私がイエモンを知ったのは、プライマルであります。

はい。知った時には解散していましたwwプライマルは2001年1月31日に発売されたシングルで、活動休止後にリリースされたシングルです。

曲調はなんか、こう…ポップな感じで、イエモンらしくない爽やかな曲です。2004年7月7日に正式に解散をし、2016年に再集結したツアーまで、演奏されなかった曲です。

私がイエモンを知ったのは中学生の時で、その時友達が「吉井さんはプライマルが嫌いらしいよ」という話を聞いた。

まぁその当時、曲調もなんか違う感じだし適当に作った曲なのかなと思っていたのですが。

ただ、最近私の中で吉井和哉ブームが再来し、ソロ等を含めて昔の曲を非常に多く聴いているいるのですが(最近の曲はまだ聴いてません)プライマルこそが、吉井和哉節がよくでている曲なのではないのか?と最近思い始めてきました。

という事で、今日はイエモンの名曲の一つである「プライマル」について私が個人的に思う事をたれ流していこうと思う。

さてこの「プライマル」という曲、バンドの活動休止の時に発表された曲の為なのか「卒業」とか「VERYGOODだいぶイケそうだ」等前向きながら、解散らしさ満点の歌詞がでてくる。

また「暖かな優しさほど罪と知った名言」「思い出は重荷になると言う」等の、安定のブリッジの美しさも健在している。

このプライマルという曲は万人の人に受け入れられ「えっ?イエモン知らなかったあいつがカラオケで歌っている」なんて事もちょくちょく見受けられた。

なんか私の周りのイエモン好きな人って(私含む)アウトローを気取っている感じな人が多くて、いきなり陽キャな人に受け入れられると複雑な気持ちになるのです。

だからプライマルは好きじゃなかった。しかしよくよく歌詞を見ていくと、吉井節が節々にある事に最近気付いたのである。

これは本当に私の勝手な解釈ですので、生暖かい冷たい眼で見て頂ければ至極幸いです。

まず、1番の歌詞。あがり目とさがり目の~から入る歌詞。愛とか煮え切らない不思議な感情を吉井さんらしく表現していると思うのですが「では内緒あなたよりも好きな人が他にいるから」ですべて持ってかれるww

からのサビ。「VERYGOODだいぶイケそうだ」の「イケ」が、かたかなという事に若干のいやらしさを覚える。多分考えすぎだと思うのですが!思うのですが!天国旅行の「つくしんぼ」とか!なんか吉井さんってエロイじゃないですか!

からの「振り切ったら飛べそうじゃん」なにがw「今度は何を食べようか?」何をww「卒業おめでとうブラブラブラ」何をブラブラしているのでしょうかねぇ?

というのは私の考えすぎかもしれません。私の心が汚れているだけかもしれません。あぁ、昔は純粋な気持ちでプライマルを聞いていたと思ったのに…

だって2番の冒頭の歌詞素晴らしいじゃないですか…「ありがとう絆と先々の長い願い」なんか語呂も良いですしね。

「花柄の気分もまた一日のうちたった6秒」←?!これ男があれした時に感じるあの時間じゃないのかww

そうなると、美しい吉井さんのブリッジの歌詞の一つ「暖かな優しさほど罪と知った」というのは、致した時に女性に満足感を与えられず、女性に変に励まされ、さらに賢者タイムという事もあり、余計落ち込むあの心理ではないのか?

そして2番からは「キツかったら脱ぎゃいいじゃん」とか「今度な何を着てみようか?」とか、若干こなれ感出してきとる…

ただ、これはあくまで私の感想である。様々な吉井さんの曲を聴いているうちに、私が吉井和哉という男をそういう目でしかれていないのかもしれない。これ以上はやめておこう。

最後にプライマルのジャケット紹介という名の、アフィリ広告をのせておく。私の答えは、このジャケット写真にあります。

【中古】 プライマル /THE YELLOW MONKEY 【中古】afb

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★吉井和哉様のソロアルバム「VOLT」が素晴らしすぎる件(2019年10月15日カル〇スブログ)

★吉井和哉の歌詞が美しい…おすすめの歌詞まとめ!(ソロ)1(2019年5月8日カル〇スブログ2)

★やっぱり吉井和哉の歌詞は美しい…私の好きなソロ吉井和哉の歌詞!2(2019年6月22日カル〇スブログ)

★吉井和哉様が作る「ブリッジ」が美しい(2019年3月7日カル〇スブログ)

★弱い自己主張は捨てられて、強い個性だと殺される←吉井さん天才過ぎるでしょ。(2019年7月26日カル〇スブログ)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)