十勝エコロジーパークで初めてのソロキャンプ。色々と反省。 (2019年6月27日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

初のソロキャン。焚き火失敗・ウインナー焼けない等反省ばかりです。

こんにちは。おつまむです。昨日ソロキャンプの様子について動画を出しましたが、まぁ初ソロキャンプまとめという記事を今日は書こうと思った次第です。こちらが昨日ニコニコ動画に上げた動画です。↓

さてさて、色々と反省する点も多々ありますが、貧乏な私が、ソロキャンプに行けたのは、コスパが良いキャンプ用品を取り揃える事が出来たという事に尽きます。細かく計算はしていないのですが、キャンプにかかった費用を簡単に計算すると大体二万円ぐらいでおさまりました。

過去に色々とここでの記事でも調査して参りましたが、その調査した事も含め、色々な小売店を周り、コスパが良いキャンプ用品を取り揃えられたのかと思います。

まず一番お金がかかるであろうと思われた、テントなのですが、有名なリサイクルショップ「セカンドストリート」でポップアップテントを三千円で購入しました。耐久面や機能面に関しては非常に難がありますが、設営のし易さや価格を考えれば、初めてのテントにはピッタリかと判断。
一応新品ですが、リサイクルショップの店頭に出るという事は、少し安く売られる事になるので、かなり良い買い物ができたのかなと。

キャプテンスタッグのミニテーブルは安い時期に購入する事が出来ず2000円。ランタンはアマゾンで購入し大体3000円(GENTOS)、焚火台が1000円(SOTO)、イスはコールマンで柄がオシャレなやつ。なぜかホーマックがその時一番安くて2300円、テントに敷いたマットはホーマックで800円、キャプテンスタッグの寝袋1000円という感じですね。

とまぁ、色々とブログで調査した甲斐がありました。結局テントはDODのテントすら難しいという判断でww

それで今回行ったキャンプ場は、北海道十勝音更町と池田町の境目にある「十勝エコロジーパーク」です。こちらはでっかい公園みたいな感じで、過去にここでのブログで調べたのですが、入場するだけで1000円ぐらいかかるのかと思っていました。
ですが、公園に入場するだけであれば無料で、キャンプ場に入場するのに1000円、利用するのに1000円かかるという意味だったのです。

とまぁ、そのような事はおいときまして、設営完了した感じが下の画像。質素極まりないぞという事で。ちなみに私が来た時にはほぼ貸し切り状態でした。あとからレベルの高いライダーのお姉さん来たけど。


とりあえず、せっかく来たので散歩でもしていきます。これがエコパの地図。見た感じ、木。

では、キャンプサイト付近をぶらりおつまむ散歩です。周りは木、そして川!そしてほぼ貸し切り状態のキャンプサイト!流石に平日という事と、気温16度という事でまだキャンプをする人はいない様ですね。良かった良かった。




この画像とか、ぱっと見山奥でしょwwでもちゃんとキャンプサイトなのです!


変わり映えしない風景が続いていたので場所チェンジ。入場してすぐのメインの公園に。割と子供連れが多く、その他には外人の観光客の方も。




とりあえず、トンネルみたいな所があったのではいってみます。そこを抜けるとなんと…



大きい山がありました。登りましょう。てかやたら見渡せる場所あるのよ。

散歩も最後は場所を変えて、川?湖みたいな所にきました。白鳥がいたでござる。


そんでお腹も減ってきたので焚き火をしつつウインナーを焼く。今回は伊藤ハムの特選あらびきグルメ。なんとJAS級ですよ!焚火台が小さいので炭を割って入れてます。




空もすっかり暗くなってきてぇ…まだウインナーは焼けません。嘘です。巾着型の袋が二つついていて、片方の巾着の5個ウインナーがはいってます。4個しかないのは、4/5を落としてしまい、30秒ルールで救出できたのが3つだった為です。



とりあえず、夜も深くなってきたので、晩酌しながらさっさと寝たいと思います。そして、初のソロキャンプの日は…青色のやつ!


すみません。きまぐれクックさんが好きすぎて。あと、お酒好きじゃないのでレッドブル。寒くて中々寝れませんでしたが、無事朝を迎え飛行機雲も拝めました。


色々と反省。とりあえずアウトドアコンロを買おうかと。

という事で、初のソロキャンプですが、焚き火が上手くできない、飯も全然食えないという事で散々でした。あと寒いし。
まぁ沢山の自然の景色を拝めたのは素晴らしい事だったのですが、いつも拝んでますしねww普段よりかなり良い自然を拝めて良かったです。
次は今回の反省を活かしもっともっと準備してからキャンプに臨みます。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

ワンタッチテント3選!手軽にキャンプ!(2019年5月26日カル〇スブログ)
人気3選!やっぱりランタンはLEDだよな(すっとぼけ)(2019年4月26日カル〇スブログ)
ソロキャン。焚き火台3選(ノーブランド)(2019年3月28日カル〇スブログ)

マイナーブランド焚き火台3選!ファイアスタンドで!(2019年6月21日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

純粋に焚き火を楽しむ!

こんにちは。おつまむです。最近ソロキャンプに行ってきた私です。また機会を伺い行こうと思います。
それで、ソロキャンプにいったのは良いのですが、全然焚き火が出来なかった…。ですし、調理もできずで本当にキャンプの醍醐味を半分ぐらいは損してしまったのではないのかと若干の後悔…しかし、人間こうやって学んでいくのやなって…。焚き火についてはどんどんアイディアを出して今後試行錯誤していこうと思います。

それで、炭で肉を焼いたりするのも良いのですが、現在技術もないですし、はたして今持っているこの焚き火台で肉が焼けるのかと考えた時、自然の中で物を食べれない事の方が重要な問題という事に気付き、とりあえずアウトドアコンロを買う事にしました。

それで、焚き火台に関しては今のままでも良いのですが、焚き火のみに専念させるのであれば、もっと違う良い物があると。
そう。ファイアスタンドと呼ばれる焚き火台です。
多くのマイナーなブランドから発売されている焚き火台で、形はコンパクトなキャンプイスみたいな感じ。

特殊な耐熱シートなので、イメージ的にはキャンプイスの上で焚き火をするって感じですね。
ちゃんとした焚き火台を選んだ方がそりゃあかっこいいですし、使い勝手も良いです。また耐久面においても。安物買いの銭失いという言葉もあります。しかーし!現状お金がない訳でwマイナーで安いアウトドア用品じゃないと、私のソロキャンプは成立しないのですw
という事で、今日はファイアスタンドとも呼ばれる焚き火台を調べ3つにまとめました。やっぱり良い感じで安いですねぇ。

人気のファイアスタンド(焚き火台)①…CARBABY・焚火台 ファイアスタンド

サイズ(約)/W42xD42xH32cm/脚部:ステンレス鋼/メッシュシート:特殊耐熱鋼FCHW2/【重量】約1000g/荷重5kg/価格1899円(2019-0621)
価格が特に安いと感じたファイヤスタンド。ステンレス素材で耐久性もありますし、組み立てもメッシュシートに脚に引っ掛ける感じなので簡単に組み立てできそう。

人気のファイアスタンド(焚き火台)②…Kalili・焚火台 ファイアスタンド
【サイズ】 使用サイズ:約415×415×300(高さ)mm/収納サイズ:約φ60×650mm/【材質】:メッシュシート:特殊耐熱鋼/スタンド:ステンレス鋼/【重量】約900g/価格2480円(2019/06/21)

こちらの焚き火台も先ほどの焚き火台と殆んど性能は変わらないのかと。同じステンですし、灰や炎が落ちにくい特殊なメッシュシート使用。組み立ても、付属の脚にピンを引っ掛けるので似たような感じ。ただ、少し値段が高いという事で、作りはこっちの方がしっかりしています。いくら安いからとはいえ、火を扱うので耐久性も大事。ユーザーの評価もこっちの方が高く高評価。あと、別売りのクッカースタンドを使えば料理も楽しめる。ただクッカースタンドはまぁまぁ高いw

人気のファイアスタンド(焚き火台)③…rmete・折りたたみ焚火台 3分割型

【サイズ】使用サイズ:約41.5×41.5×34cm/収納サイズ:約10×10×24cm/【材質】ステンレス鋼/【重量】わすか690g/【付属品】/価格2000円(2019/06/21)
最後はこちらの焚き火台です。こちらの焚き火台はメッシュシート採用型の中では特に人気の焚き火台です。こちらは、脚も組み立て式なので、超コンパクト!そして重量も僅か690gと超軽量で、正にソロキャンプの為の一品!実際に使用したユーザーからは、意外に耐久性があるとの評価もあります。やはり、持ち運びしやすいというのが、素晴らしいポイントかと。

低予算でキャンプを楽しむ!

という事で、今回はソロキャンプに行った時思った事から、ファイヤスタンドと呼ばれる焚き火台について調べてみました。
焚き火台を調べていた時から、このメッシュシートを使ったファイアスタンドは知っていたのですが、需要あるのか?と思っていました。
しかし!ありましたね。ここにwwまぁ、とりあえずしばらくは今の焚き火台でなんとかしようと思いますし、もう少し焚き火を学んでから購入しようかなと思います。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

アウトドアコンロ(シングルバーナー)も調べとくか!人気3選!(2019年6月16日カル〇スブログ)
ソロキャン。焚き火台3選(ノーブランド)(2019年3月28日カル〇スブログ)

アウトドアコンロ(シングルバーナー)も調べとくか!人気3選!(2019年6月16日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

キャンプに行って実感。コンロ必要だわww

こんにちは。おつまむです。最近念願のソロキャンプに行ってきました。初ソロキャンプの感想ですが、すっごい寒かった…。

さて、初のソロキャンプに行って実感したのですが、料理をするのであれば、アウトドアコンロが必要だという事です。
私は小さい焚き火台をもっているのですが、私の焚き火技術の無さも相まって全然ウィンナーが焼けないのです。
炭のいい香りを楽しみながら…と思っていたのですが、全然。そもそも焚き火台も小さく、私の焚き火技術の低さから継続して燃えないのです。そこで思いました。これ、アウトドアコンロ買って調理した方が早いと。

じっくり直火で待つのも良いですし、炭の香りを楽しむのも良いと思います。しかし、技術の無い私は一行に料理は出来ないわ、調理で着火剤とか炭を使い終わるわで、暖もとれず。
しまいには、キャンプの醍醐味である、焚き火を楽しむ事なく、寒いので寝袋にすぐINしちゃいました。
向かい側で、ソロキャンプをしているお姉さんの焚き火台は、勢いよく燃えていたのに…。

焚き火については今後色々調べながら練習していこうと思います。うちの親曰く、焚き火台が小さすぎるとの事でしたが、そんなことはない。

それで、今回はあったら便利なアウトドアコンロを調べてみました。勿論人気で安くて使いやすそうなやつね!
焚き火台あるからいらないと思うかもしれませんが、焚き火と調理する火は分けた方が良いなと、個人的には思います。今回もアマゾンを大いに参考に調べました。

人気の焚き火台①…岩谷産業/ジュニアコンパクトバーナーCB-JCB

 

使用サイズ:幅155×奥行155×高さ127mm/収納サイズ:幅82×奥行68×高さ109mm/商品重量:約274g(カセットガスは別売り)
カセットコンロとかでよくみかける「岩谷」のコンパクトバーナー。本体価格3999円(2019年6/16現在)ですが、1Lの水を沸騰させるのに約4分と高火力なのが魅力的なアウトドアコンロ。コンパクトに折りたたみでき、軽量なので持ち運びもし易い。また防風五徳構造なので、風に強いのも嬉しく、自動点火構造採用なので、使い方も分かりやすい一品といえる。

人気の焚き火台②…キャプテンスタッグ/コンロM-7900

 

サイズ:125x125x82(h)mm最大火力:2700Kcalガス消費量:225g/h重量:約300gガスカートリッジ(燃料)は別売。収納サイズ:117x105x65(h)mm
お次は、ご存知キャプテンスタッグから。価格も2905円(2019年6/16日現在)と安く、シンプルで使いやすいアウトドアコンロ。勿論、弱火等の火力調整もできる!自動発火装置つきなので、使いやすいのも人気のポイント。バーナーと言ったらこの形ですよね。すべてにおいてオーソドックス。それでありながらこの価格はかなり魅力的です。

人気の焚き火台③…ソト(SOTO) レギュレーターストーブST-310

 

外形寸法:幅170X奥行150X高さ110(使用時・本体のみ)・110(収納時)mm/ 重量:350g(本体のみ) 原産国:日本 発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)(ST-760使用時) 使用時間:約1.5時間(ST-760 1本使用時) 使用容器:SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700) 点火方式:圧電点火方式
最後は、SOTOのアウトドアコンロ。焚き火台がSOTOなので合わせて見るのもありかなと。あと形がなんかかっこいいしwwこちらのアウトドアコンロの特徴は、かっこいい形だけではなく、安定した火力を出し続けられる事です。外の気温に左右されないので、どの様な時期でも安定して、長時間の高出力を実現。価格は、2019年6/16現在5610円(ボンベ別売り)。

SOTOで揃えたいけど…

今回初ソロキャンプに行って、アウトドアコンロが必要だと実感したので、人気のアウトドアコンロを調べました。一人なのでシングルバーナーのみです。
焚き火台がSOTOなので、揃えたい所ですが…例のごとくお金がないのでキャンプテンスタッグかなぁと。割と、評価も悪くないですしね。
形もオーソドックスなので、キャンプ感もあるかなと。という事で、今回は人気にアウトドアコンロを3つ調べました。次はアウトドアコンロをゲットして、上手いキャンプ飯食うんだ!

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

DODでキャンプを楽しく!ユニークなDODキャンプアイテム3つ!(2019年5月21日カル〇スブログ)
人気3選!やっぱりランタンはLEDだよな(すっとぼけ)(2019年4月26日カル〇スブログ)