日本が誇る夕刊3紙は小林1億円をどのように伝えたのか?オフも熱いぜ!フ●・ゲン●イ・東ス●!(2019年12月11日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。(不定期になりました)

 

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

 

おつまむ 
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

 

カル〇ス 
カル〇ス

許してね。

 

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

えっ?小林複数年ってマ?

こんにちは。おつまむです。最近ジャイアンツの全選手の契約更改が終了し、私が大ファンである小林捕手が1億円の大台に乗りました。

小林捕手もまさかの表情というか、満面の笑みで会見をしており、その笑顔は多くの女性ファンをまたも虜にしてしまいました。

小林捕手が一億の大台に乗った事で、100試合切っているの貰い過ぎィ!という人もちらほら見えますが、今まで怪我なくやってきて盗塁阻止率.419の4年連続トップ、高い守備力等々「今年帳尻を合ってきた」というのが私の個人的な感想です。

また、来年FA取得という事で、Bクラスまで引き上げたというのも少なからずあると思います。

さらに、小林誠司を流出すると間違いなく「グッズ」での売り上げ面はかなり下がると思います。

単純な人気だけですと、キャプテンの坂本選手が人気だと思いますが、小林捕手には熱心なファンが非常に多く、熱くなりすぎてツイッター上で良く分からない感じになっている人もいます。

ビジネス面にもおいて、小林誠司を流出させるとジャイアンツ側は大変な事にもなります。その分も考えると、私個人としては少ない気がしますw

とまぁ、私の個人的な感想がおいておきまして、今回はヤフーニュース界のレジェンド3紙、夕刊フ●・日刊ゲンダ●・東ス●はどの様にジャイアンツの人気選手「小林誠司」の1億円契約更改を伝えたのかをご紹介します。

このレジェンド3紙は「球団関係者」から熱心に取材をし、野球ファンの我々に時には笑いを、時には本当の情報を書いて驚かせてくれる素晴らしい夕刊紙3社です。

まずは日刊ゲンダイから…「巨人・小林が年俸1億円突破 スタメン減でも大幅4000万円増の意味

この小林ファンを煽ってくる感じが、もうワクワクしかありません。さて中身を見ていきましょう。

小林捕手は来年FAを獲得するという事で、他球団が小林の動向を気にかけているとの事。この記事によると、ジャイアンツより他球団の方が小林への評価は高く、年俸1億にしたから「出ていくなよ」というジャイアンツの意思表示でもあるという事らしい。

さらに(引用)「このオフは国内FA戦線で美馬、鈴木に逃げられ、連敗を喫している。さらに小林まで流出してしまったら、巨人の面目は丸潰れである。」

あくまで日刊ゲンダイの記者の考えた感想ではあるが、球団側は本当に思ってそうだから困る。さすがゲンダイ。分かっている。ただ、題名的に「小林がBクラスの選手」になった事も触れてほしかったかなぁという感じ。あと、内容が普通だった。

次は夕刊フジ…「独占スクープ! 巨人・小林誠司“1億円更改”の真相 実は3年契約のFA流出阻止策、原監督のメジャー流編成の一手か

ファッ?小林複数年なの?本人は単年って言ってたけど。どうやら夕刊フジは「秋季宮崎キャンプ中に全権監督が発した言葉に」をヒントに複数年を結んだのではないのか?と予想しているのだ。

また「シーズン終了後、フロントに残留交渉を急がせ3年契約を打診した。」と断言している。まぁこの記事は正直「推測」の域であり信頼性がとてもないのですが、「球団関係者」が出てきていないから、逆に私の中では信頼性が高いです。

ただ、本人が単年と言っていますのでね。国内FA権が射程に入ったが本人は「取れる保証もない」と言っているあたり、取ってから何らかのオプションで複数年になるのかな?

最近になって坂本選手が複数年契約を結んでいた事が明かされた事から、かなり疑っている感はありますよね。

最後は東スポ…巨人・小林 実は複数年契約だった

またぁ?!多分坂本選手の「実は複数年契約だった事件」からこの2つの夕刊紙はかなり疑い深くなっているのかな?

東スポが12/10・17:08、夕刊フジが12/10・16:56という事でね、東スポさん…負けです。

こちらも原監督の発言を取り上げ、複数年契約を監督が球団に進言したと伝えている。2社が同様の事を言っているからそうなのかなぁ?でも東スポと夕刊フジだしなぁ。

しかし今回ゲンダイ・フジ共に「球団関係者」がでてきていない。それだけで信頼性が高くなってしまうのは私だけだろうか?

ただこの記事、コメントにもあるようにちょっと分からない部分がある。(引用)「原監督が複数年契約も提案した背景にあるのは小林のFA流出阻止だけではない。プロテクト枠の少なさへの対応策でもある。あくまで原監督の理想は人的補償撤廃だが、一朝一夕には変わらないのが現状。ならば複数年契約という“プロテクト”を施すことで守ろうということだろう。」

うん? Aクラス及びBクラスのFA選手を獲得する際に発生する「人的保証」は、複数年契約を結んでいると、プロテクト対象外になるの?

ルール的にそんなのはないですし、文脈のニュアンスもなんか違う気がする。

「小林と複数年契約を結ぶ事で、人的補償が発生した際、小林をプロテクトから外しても、そこまでお金をかけて獲得する球団はない(契約は次の球団に受け継がれる為)」という事を言いたいのか?

それか「小林は複数年契約し、FAでの流出を避けなければいけない程の選手。もし人的補償が発生した場合は、そら(小林を)そう(プロテクトするのは当たり前だよなぁ)よ」という原監督の球団への訴えなのか?

はたまた「小林はジャイアンツと複数年契約を結んでいるぐらい重要な選手。だからプロテクト外でも他球団は取るなよ」と他球団への牽制になるという事を言いたいのか。

なんかまぶたがピクピクしてきたので私は考えるのをやめた…。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

ツイッター→★gaharagi3(おつまむブログ)
小林年俸1億やったぜ。どうなる来年?そして私が個人的に小林に期待する事と。(2019年12月9日#小林誠司)

FA失敗…どすこいメジャーへ…どんでんと化した原辰徳監督(2019年11月21日#小林誠司)

小林年俸1億やったぜ。どうなる来年?そして私が個人的に小林に期待する事と。(2019年12月9日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。(不定期になりました)

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

単年契約!小林がBクラスに!

こんにちは。おつまむです。本日朗報が届きました。ジャイアンツが誇る捕手、小林誠司がなんと1億の大台に到達致しました!!

小林ファンの私ですが、今年一番の素晴らしいニュースではないのかと勝手に思っております。

前年の小林の契約はひどかった。それなりに頑張ったのに数百万円の年俸アップで終了。

冷遇とか言われてはいましたが、それなりに試合にでてましたしね。からの監督交代。

原監督に代わってからの、小林への厳しい姿勢や、炭谷捕手の補強等々の苦難。ただ、私は小林誠司という男はこれぐらいの困難、簡単に乗り越えてくれると思っていました。

結果的に、周りから冷遇冷遇と言われながらも、先発捕手として試合に多く出たのは小林誠司でした。

ただ、小林誠司という男はもっともっと大きくこの困難を乗り越えてくれると思ったので、それだけが少し残念な点かな?と思います。

さて、そんな小林捕手ですが今年1億円プレイヤーの仲間入りを果たしました。しかも契約更改「大トリ」でww

小林誠司を大トリにもってくるあたり、球団も分かっているなwとにかくどんどん契約更改されていく中「小林の出番はまだか」と毎日ヤフーニュースをみていましたよww

小林本人は「僕がまさかそこまでいけると思っていませんでしたので嬉しいです」と、とんでもないさやかな笑顔で会見。

各FA戦士の年俸より低いのは、流石に思う所はありますが!とにかく1億プレイヤーの仲間入りです。

今回の1億円での契約更改には、ファンから「小林捕手を冷遇している」と言われている「原監督」からの、メディアを使った援護射撃があった事も忘れてはいけません。

監督の真意としては、おそらく将来的に大城を捕手として使いたいのだろうなという感じですが、まだまだ小林捕手を必要な戦力としているのだと感じます。

また、小林捕手が来年国内FAを獲得するという事も見込み、CランクからBランクにしたのも理由の一つでしょう。

これで来年小林捕手がFA宣言をして、他球団に行った時人的補償が発生しますから。まぁそれを抜きにしても、1億はもらって当然だと思います。(某FA捕手は推定1億5千万で契約更改したので)

そして今回1億円で契約更改した小林誠司ですが、契約は「複数年」ではなさそうですね。どうやら「単年」契約の様です。

これでますます来年、小林誠司がFAをするのかしないのか分からなくなりました。何も考えていない的な事を考えていたので、来年3捕手の競争の中で考えていくのかなと。

まぁ、決まっていても言わないですよねぇww

一ファンとしては、ようやく評価され1億プレイヤーになった嬉しさもありますが、複数年を結ばなかった事で、もしかしたらジャイアンツ出ていくの?という不安もあります。

今まで様々な壁があり、あれ?扱いひどくない?というシーンもいくつかあり、FAでジャイアンツを出ていっても仕方ないのかな?とも思う時もありましたが、やはり私は昔からジャイアンツファンなので、ジャイアンツの小林がみたいのです。

複数年を持ち掛けられ断ったのか、それか元々単年の契約だったのかは分かりません。ただそれとは関係なく来年はもっとしっかりと成績を残し、某FA捕手の年俸を軽く超えて欲しいなと思っています。

大事な時に、良い意味でも悪い意味でもやらしてしまう小林捕手。「悪い意味」そこが一部ファンや監督等から良く見られていない点だと思います。しかし私は別にそれで良いと思います。それが小林誠司という男ですから。

三振の場面でも良い場面でゲッツー打ったり、リーグ優勝が決まる大事な場面で打ったりするのが小林誠司という男なのです。そんな小林捕手が好きなのです。

そしてそんな小林誠司ファンの私が来年求めるのは、全てにおいての圧倒的な成績です。

守備は監督もうならせる程の凄さを持っています。また今年炭谷捕手の加入で、リード面においてもかなり成長しているのではないのか?と感じます。

そして来年は、正捕手のつもりで1年を通した投手のリードをしてほしいと思いますし、打撃も春先なんか見ているともっともっと打てると思うのですよ。

地味に「ここぞ」という時の小林の打撃には、良い意味でも悪い意味でも期待していますしねw

2割5分いや…2割8分ぐらいいけるじゃないか?と、私個人としてはひっそり期待しています。

キャプテンからも期待される小林誠司。

現キャプテンからも、この様な期待を掛けられています→★巨人・小林 坂本が名指し、次期主将の自覚 復興の地で「チーム引っ張る」

引用「主将の坂本から次期主将候補として「もっと考えて、チームのことまで大きく考えてほしい」と名前を挙げられた背番号22。」

内部からこういった声が上がるのは、チームからの期待の表れでしょう。まずは来年大活躍して複数年ゲットしてくれ!

そうしたら、ジャイアンツのキャプテンで、ジャイアンツ一筋ですなぁ!コバヤシィ!!

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

ツイッター→★gaharagi3(おつまむブログ)
来年、小林捕手FA取得ですね!単年?複数年?契約更改にも注目! (2019年11月11日#小林誠司)

FA失敗…どすこいメジャーへ…どんでんと化した原辰徳監督(2019年11月21日#小林誠司)

FA失敗…どすこいメジャーへ…どんでんと化した原辰徳監督(2019年11月21日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。(不定期になりました)

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

小林捕手もやっとオフシーズン。という事で最近のジャイアンツ事情についてだらっと。

こんにちは。おつまむです。不定期に更新している小林誠司を褒めちぎるこちらのブログ「#小林誠司」ですが、ようやく…ようやく小林捕手にもオフがやって参りました。

炭谷捕手の加入、大城捕手の突き上げなど、色々と大変なシーズンではあったかと思います。FA選手の加入がありまして、前年に比べ出場機会はめっきり減ってしまいましたが、目に見えて成長していく姿を見ていると、炭谷捕手獲得して良かったのかなと感じます。

それで、参加していたプレミア12ですが日本は見事優勝。小林捕手もきっと素晴らしい経験ができたのかなと思います。ただ、プレミア12での小林捕手の使われ方を見ていると…阪神梅野捕手でも別に良かったんじゃね?と思ったファンも多いはず。

色々思う所ありますが!(決勝の會澤-どすこいバッテリーとか)まぁとにかくプレミア12優勝おめでとうございます!

さて、小林捕手がプレミア12に言っている間に、我らがボス原監督は色々とメディアを騒がしていました。セリーグDH発言やFAでの人的問題など。

賛否ある意見が飛び交いましたが(主に否)まぁDHについては案外賛同する人も多く、人的に関してはお金持ちの球団が優位にならない為とはいえ、一選手が頑張って得たFAなのに人的保証がつくというのは確かに思う事はあります。

そしてなんやかんや言いながらも、今年のジャイアンツもFA宣言をした選手ロッテの鈴木選手と、楽天の美馬選手の獲得に動きました。若干の物足りなさはありますが、二塁を固定できないジャイアンツは鈴木選手に動くのは当たり前だと思いますし、終盤先発ローテ3人のジャイアンツが、イニングを食える美馬投手に動くのは当たり前だと思います。

しかし結果は…惨★敗
ジャイアンツがFAで負ける時代がくるのですね…まぁ、いまやジャイアンツよりお金がある球団なんて沢山ありますしね!人的保証で若手を捕られる苦しみを味わうが良いwwと思いましたが、鈴木選手はロッテ→楽天、美馬選手は楽天→ロッテ、うんうんうんうんうん。ただの人的保証を絡めたトレードじゃねぇか(#^ω^)

そしてプレミア12終了後の、どすこいのポスティングでのメジャー挑戦表明。あぁ原監督ポスティングを容認するような発言をし、メディアを騒がしていましたね。この事だったのですね。はい、ドスコバ解体。容認発言↓(★巨人・原監督も”容認ととれる発言”山口ポスティングへ DeNA時代からメジャー志向

(引用)「例えば、すごく頑張って頑張って、ジャイアンツで一生懸命やったと。で、本当に私の夢はこう(メジャー)なんだと(希望したら)、じゃあ(認める)と。これは結果として、ないとは言えない」

そら、そうよ並の語彙力。完全にどんでんと化しているやないかい。ちなみに、どすこいの契約事項にポスティングを容認する契約が盛り込まれていたらしい。原どんでん監督は、堤GMをきっと恨んでいるのだろうなぁ。

来年小林を取り巻く状況は厳しい。ジャイアンツからFA移籍という時代も…?

さて、色々とメディアを賑わせている原監督ですが、ポスティングを容認する発言を、熱い猛虎魂を込めて語っていましたね。今回ポスティングにて山口投手のメジャー挑戦という事で、ドスコバは解体。

美馬投手を獲得できなかったという事で、若手の枠が一枚増えました。そう。若手のピッチャー=炭谷捕手という流れは、今年のジャイアンツ戦を見ていれば誰もが分かる事です。

そして原監督の大城捕手への期待は、オフでのメディアの発言だけではなく、クライマックスシリーズ・日本シリーズでの起用の仕方でも十分すぎるほどのジャイアンツ愛を感じました。

そして、そして!今回ジャイアンツは山口投手に対してポスティングを容認。メジャー思考である菅野投手も来年メジャーへの挑戦をしそうな勢いです。そうなると、みんな大好きスガコバも解体。

からの原監督の小林べた褒め発言に若干の違和感。今私が小林捕手に思う事は、複数年の契約を結んでほしくないという事です。私は10年以上前からのジャイアンツファンで、ジャイアンツの小林誠司が好きなのですが、来年の起用のされ方によっては、FAで他の球団に行ってみるのも良いのでないか?と思います。

勿論その時も私は小林捕手を応援し続けます。出来ればジャイアンツの小林誠司を見たいが、年齢も若くないですし監督の起用方法を見る限り来年は、今年よりも厳しいシーズンになる事は間違いありません。

またFAでジャイアンツが惨敗する時代ですから、ジャイアンツからFAで移籍する人がこれからどんどん現れても良いのでは?個人的に1993年の駒田選手より話題性があると思います!いや、駒田さんの方がインパクト強いかも。(巨人生え抜きの選手として国内球団にFA移籍したのは、2018年までで、駒田一人である[ウィキより])

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

ツイッター→★gaharagi3(おつまむブログ)
来年、小林捕手FA取得ですね!単年?複数年?契約更改にも注目! (2019年11月11日#小林誠司)

色々と盛り上がるジャイアンツ、その頃小林誠司は…(2019年10月31日#小林誠司)