吉井和哉様のソロアルバム「VOLT」が素晴らしすぎる件(2019年10月15日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

 

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

 

おつまむ 
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(こっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

 

カル〇ス 
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

 

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

単純にVOLT(ヴォルト)には自分が好きな曲しかない

こんにちは。おつまむです。今日は、私が青春時代から大好きな「ザ・イエローモンキー」のボーカル「吉井和哉」のソロ時代のアルバムについて少し語ろうと思います。

ザ・イエローモンキー時代の「吉井和哉」あってのソロ時代であるという事は重々承知しているのですが、ソロ時代には「イエモン」にない良さがふんだんにつまっています。
当たり前ではありますが、イエモンが復活した現在、また解散なんて絶対にしてほしくないと思っています。

しかし!吉井和哉様のソロ時代はイエモンとは違う吉井和哉の輝き?迷い?的な歌詞やメロディが凄く良い…
そして、数あるソロ時代に発売されたアルバムの中で特に好きなアルバムが「VOLT」というアルバムだ。

このヴォルトは、吉井和哉がソロ時代になってから5枚目のアルバムで、アルバムの名前の由来は「曲を書くスピードがボルト並だよ!」とスタッフに言い返していたり、5枚目の「V」でちょうど良かった等様々な「ヴォルト」の偶然があったとされる。(ウィキ参照→https://ja.wikipedia.org/wiki/VOLT)

さてさて、どうしてこの「ヴォルト」というアルバムが吉井和哉のアルバムの中で特に好きなのかというと…このアルバムの曲「すべて」が私のお気に入りであるからだ。
イエモンを含む吉井和哉様のアルバムは勿論、その他のアーティストのアルバムでも嫌いじゃないけど、好きじゃない曲というのはどうしてもでてくる。
しかしこの「ヴォルト」はすべてが最高。

まず1曲目の「ブルマニア」。まさにこれ以上にないオープニングにふさわしい曲![「流れるままに」に最後は絶対そうしよう]これをさらっとかっこよく言えちゃうのが吉井さん。
そして2曲目の「フロリダ」では[鳴っちゃたんだよ鳴っちゃったんだよ初めてなんだよ アメリカで本当のロックが鳴っちゃったんだよ]という歌詞とシンプルなメロディは、今後の曲に大きな期待感

からの「ウォーキングマン」と「ノーパン」だ。二曲とも薄暗い感じのとても不気味な曲。
ウォーキングマンは吉井さんが初めて「ブルースギター」に挑戦した曲。「ノーパン」は明らかにに下ネタだろwwと思ったが「パンツをはいていない赤ん坊」と「音楽用語の音を左右に振るつまみのパン」の事を指しており、常に真ん中で居たい的な意味というのをテレビか何かで語っていた。(雑誌かも)

そこから「ノーパン」が普通から好きに変化したのだが、一番心境の変化が大きかったのは「ウォーキングマン」だ。
ウォーキングマンは一度ライブのDVDで聞いてみて欲しい。とにかく切なくてかっこいい!ここまで曲の見方が変わる曲は他にはないのではないのか?

かっこいいといえば、ヴォルトの中で特にかっこいい曲が「ヘブンリー」だ。曲調がほぼ一定でありながら、とにかくかっこいいと思わせるメロディと、かっこいい歌詞。
かっこいい歌詞だが、学がない私には理解が難しかった…

ヴォルトを知っている人であれば特に印象的な曲であろう曲がそう「魔法使いジェニー」だ。とにかく印象深いメロディと吉井節が効いている様な効いていない様なぶっ壊れた歌詞。そして「ジェニー」は「銭」という意味、「TMP」は「高いマネープリーズ」という意味というのがすべて嘘で、本当はすごいスケベな意味という一連の流れ…
あぁ、これは夜明けのスキャットで育った(意味深)吉井さんですわww

からの「SNOW」への落差wあんなにあんなんだったのに「今度はもっと急いで君を探すからね」だとーーーー!ハァ?!最高かよ!!
そのあとの「ONE DAY」も「迷わずにおじけずに 新しい駅を目指して」って…いつもこの曲で元気になっています!本当にありがとうございます。

からの「ルビー」。このルビーという曲は本当に癖になるメロディと歌詞が頭を駆け巡る。さらにこの曲はイエモン時代のアルバム「8」の「メロメ」とつながっており、のちの吉井和哉の名曲「HEARTS」へ引き継がれる…とウィキに書いてあった。
ここまで一癖も二癖もある曲だとは…まさに「ルビーの罠」にはまりましたわ。

そして最後は「またチャンダラ」この曲がまたフィニッシュって感じの曲で…うまく締めたなと。あとこの曲はコーディネーターと通っていたタイフードレストラン「チャンダラ」が由来となっている。

初回限定版のDVDもサービスしすぎ!

という事で、今回は吉井和哉様のソロ時代のアルバムの中でも特に好きな「VOLT」について語りました。
ヴォルトの中でも特に好きな曲は?と言われれば「ONE DAY」かなーって思いますが、インパクトのでかさで言えば「ウォーキングマン」なのでウォーキングマンで。嘘。全部好き。

そして初回限定盤に付属されているDVD!!このDVDサービスしすギィ!!
さらにさらに!このDVD毎日見過ぎてもう見れなくなったんですけど。アッカンベー!!!

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

やっぱり吉井和哉の歌詞は美しい…私の好きなソロ吉井和哉の歌詞!2(2019年6月22日カル〇スブログ)

弱い自己主張は捨てられて、強い個性だと殺される←吉井さん天才過ぎるでしょ。(2019年7月26日カル〇スブログ)

ツイッター→gaharagi3(おつまむブログ)

[漫画]「ライドンキング(1)(シリウスコミックス)」は期待どおりの商品でしたか?→私「最高です。語彙力を失いました。」(2019年10月9日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(またひっそりと始めました)、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

もう来てる漫画「ライドンキング」が最高すぎて語彙力を失う。

こんにちは。おつまむです。最近お気に入りの漫画がありまして…。前から気にはなっていたのですが、次にくるマンガ大賞のコメントをみて買ってしまいました…。「ライドンキング」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ライドンキング(1) (シリウスKC) [ 馬場 康誌 ]
価格:704円(税込、送料無料) (2019/10/9時点)

ライドンキングは、次にくるマンガ大賞にノミネートされ、コミック部門9位という事でしたが、特別賞を受賞していました。これだけ面白いのにそれより上は一体どれだけ面白いのか…
ライドンキングより上の漫画(コミック部門)は、8位のぼっち・ざ・ろっくしか知りませんがw
それでこのライドンキングという漫画なのですが、次にくるマンガ大賞のランキング発表が始まる前から期待を寄せるコメントが多くて。

ぶっちゃけその時ライドンキングは殆んど知らなかったのですが、評判が良い事は小耳に挟んでいました。またコメントでは、1位に推す人も多かったと思います。
ですが特別賞(U-NEXT賞)を貰ったにしろランキングは9位。

評判良い割にあまり伸びなかったなぁって感じでしたが、コメントから仕方ないかぁ見たいなコメがあったり、司会者の方も主人公を「あのお方」みたいな呼び方をしていたので、もしかしたらこの作品なにかしらに問題があるのかと気になっていました。

という事で買ってみた。夜中にkindleで。
いきなり感想を述べると、まず夜中に電子書籍で買うべきではなかった。なぜなら評判通りの面白さで、私が想像していたよりもずっとずっと面白かった!

それで2巻まで発売されいるのだが3巻が気になり過ぎて、1巻と2巻を何回も読み返しているうちに、いつの間にか朝を迎えていた。
そう、これは感想という名の忠告です。ライドンキングは絶対に夜中に読んではいけないのだ!

ではでは、これだけおもしろいライドンキングという漫画、どういった内容なのか?
まずこの漫画は「異世界もの」になります。異世界ものと聞いて、拒否反応を起こす人もいるかもしれません。いやいや!待って待って!ニコニコ静画とかで若干話が公開されているので見て欲しい。異世界ものに飽きた人も、新鮮な気持ちで読めます。

ではこのライドンキングという漫画どのような漫画なのか、アマゾンの紹介文を抜粋してご紹介します。(https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07M8TFDV4?ie=UTF8)↓

おつまむ
おつまむ

武術・格闘技の達人であり、強い男を尊ぶプルジア国民から絶大な支持を受けている男、プルジア共和国終身大統領アレクサンドル・プルチノフ。ある日、愛虎アスランにまたがり政務に向かう途中、テロリストの襲撃を受ける。テロリストは難なく返り討ちにした大統領だったが、この襲撃で起きたあることをきっかけに気を失ってしまう。目覚めた大統領の目の前に広がる光景、それは人間とモンスターが共生する異世界だった!

という事でね、もうあらすじで察しですね。そう主人公はおそらくあのお国の大統領をモチーフにしていますww
このライドンキングの主人公である大統領アレクサンドル・プルチノフですが、まぁとにかく何でも乗りたくて仕方ない人で。騎乗スキルEXですわ。

それでいて、どこかぬけている所が面白くて、そして強い。てか異世界でなくても強い(確信)。そして有能であり優しい。
とにかく面白いとしか言いようがないです。完全に語彙力を失いました…

アマゾンにレビューしてみました。

アマゾンからレビューして下さいという事でね。しました。題名「最高」レビュー「元々ない語彙力を失いました」勿論★は5でーす!!
ちなみに、ライドンキング1巻の評価は★4.7、2巻は★4.8。評価強すぎるだろ…
3巻は2019年10月9日発売!!

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

次にくるマンガ大賞2019!大賞は?個人的おすすめ作品も!(2019年8月22日)

人気の野球漫画!球詠1巻のおすすめシーン19選!(ネタバレ注意)

最近の転生系は「悪役令嬢」!ニコニコ漫画でも沢山あります!面白い!(2019年7月1日カル〇スブログ)

弱い自己主張は捨てられて、強い個性だと殺される←吉井さん天才過ぎるでしょ。(2019年7月26日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

吉井さんが作る歌詞には魅力しかない。

こんにちは。おつまむです。THE YELLOW MONKEYことイエモンファンの私ですが、すみません。最近のイエモンの曲は殆んど聞いていません。
初手、謝罪。そんな私がイエモンファンを名乗って良いのかと自分自身疑問に思う今日この頃ですが、吉井さんがつくるイエモンの歌詞って魅力しかないですよね。

解散前の吉井さんとソロ時代の「吉井和哉」時代とでは歌詞の感じが全然違うのです。両方共吉井和哉なのですが、イエモン時代の歌詞はかっこいい感じですが、皮肉っているなと。初期のyoshiilovinson時代もそんな感じがありました。

それで、吉井和哉時代は、そんなかっこよさをもっとかっこよくした感じで、無骨さはそこまでないかなと。ですが、「OneDay」や「Winner」等、すごく励まされる歌詞が多く、大人なかっこよさがあるなと個人的には思います。

どちらの吉井和哉も好きなのですが、一番衝撃を受けたのが、イエモン時代の「ムーンライトドライブ」という歌詞の一部分。「弱い自己主張は捨てられて、強い個性だと殺される」
この歌詞を思いつくのは天才のそれでしかないでしょww「捨てる」と「殺す」を「弱い」と「強い」に上手く絡めているから凄いかっこよくかつ耳触り良く聞こえますよね。

https://www.uta-net.com/movie/38036/
さらに歌詞の意味がなんとなく理解でき、ついつい共感してしまう。
周りと違う主張をした時に、周りからは「個性」として簡単に片づけられてしまう。それが「弱い」自己主張でも「強い」個性だと封じられてしまう。(と私は勝手に解釈しています)

今はその個性が強すぎて、本当にムーンライトドライブの歌詞の様にモラルすらも超えて炎上する世の中ですが、吉井さんの歌詞の中で特にしびれる歌詞の一つです。
あと有名どころで言えば「聖なるサンシャイン」の「人が海に戻ろうと流すのが涙なら」は海が「さんずい」に「戻る」を合わせれば涙という、漢字遊びというか言葉遊びが上手いのも吉井さんの歌詞の特徴ともいえます。

この様な吉井節が詰まっているのが「淡い心だって言ってたよ」という曲。
とにかくこの歌はスローテンポというのもある為か、吉井節がお腹いっぱいになるぐらい詰め込んだ曲だと私は思っています。
この曲の代表的な歌詞といえば「どうして大切という字は大きく切ないのかな」です。正直大切ってなんだろうと本当に考えさせられる歌詞。冷静に聞いたら普通な疑問なんですけど、よくこの歌詞を思いつくなと思うから、より自分自身「大切」という意味を考えてしまいますね。

あと、この歌詞は自分に問いかけているのか、聴いている人に問いかけているのか、どちらともとれる歌詞の書き方ってのもかっこいいですよね。
この歌詞は、吉井さんの真骨頂でもある、曲が盛り上がる前の「ブリッジ」の場面で使われているから、非常に目立つ部分ですが、個人的には「自分だけ器用に生きていこうとしたとするよ 全ての人がたとえば失敗だらけの人生でね」という歌詞も、当時聞いた時は、ハッと思いましたね。

みんな自分自身が主人公なわけで、みんな器用に生きようとしているのだと。でもそれは、周りの人すべてが失敗だらけの人生を前提にしている訳で。自分自身の人生の生き方を考えさせるなぁっと思ったのですが、そのあとの「そんな事よりこっちへディナータイムは君がいい」で大草原不可避。

さて、そんなかっこいい吉井さんですが、ソロの吉井和哉時代には「遠回りしても良かったと言える大人になりたい」や「この願いが叶うといいな ずっと自分を信じているんだ」等々ストレートにかっこいい歌詞を書いています。
イエモン時代のひねった考えさせる歌詞は、ちょっとした小説を読んでいる様でかなり好きです。
ですが、個人的には吉井和哉時代の分かりやすい、聞いた後すぐ納得できる「漫画」のような曲の方が個人的には好きですね。

でも曲のインパクトはイエモンですね

吉井さんが作る曲の歌詞は、色々な事を考え、時には勇気を与える歌詞も多くあります。個人的にはソロ時代の「吉井和哉」の曲が、すごいかっこよくて落ち込んだ時によく励まされました。
ですが、歌詞のインパクトは「ザイエローモンキー」だと個人的に思います。活動再開してから、砂の塔以来全然聞いてないので、とりあえずゲオに行ってきます。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

吉井和哉様が作る「ブリッジ」が美しい(2019年3月7日カル〇スブログ)
吉井和哉の歌詞が美しい…おすすめの歌詞まとめ!(ソロ)1(2019年5月8日カル〇スブログ2)