吉井和哉様のかっこいい歌詞でブログ記事を更新してみた (2019年12月10日カル〇スブログ2)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

お題は恋愛で。

こんにちは。おつまむです。ザ・イエローモンキーというレジェンドなロックバンドをご存知だろうか?ザ・イエローモンキー略してイエモン。

イエモンの曲に取りつかれたら最後逃れる事はできません。イエモン中毒になってしまう一つの理由に、ボーカルの吉井和哉様のつくる歌詞がかっこよすぎるというのも、中毒性を引き起こす要因の一つだ。

そこで今回は吉井和哉様のかっこいい歌詞の力を借りて、ブログ記事をかいてみようと思い立ったわけです。

本当にイエモンファンの皆様、大変申し訳ございません。今回のお題は「恋愛」についてです。ちなみ私の過去の恋愛とは!無関係なので悪しからず。

↓ここからフィクション↓
私は来年32歳になる独身男性なのだが全く恋愛をしたことがない訳ではありません。彼女は10年以上いませんが。

私が付き合った事ある女性は過去に一人だ。その女性との出会いは中学3年生の春。私は中学2年生の冬に盲腸になり、そのまま春休みに突入。

苦しかった入院生活(約1週間)と春休みを終えた私の心境は「悲しみの雨がやみ、希望の空の下で」という心境だった。

私の中学では3年生になるとクラス替えがある。そしてその隣の席に座った女の子が、唯一私が付き合った女の子だ。その女の子は、学年でも一番かっこいい男と付き合っていた。

しかしどこか表情が悲しい。まだ肌寒い試される大地北海道。中学は指定のジャージを着るのだが、ジャージの上からパーカー等を羽織るのは許されていた。

私はユニクロのフリースを着ていたのだが、となりの席の女の子は元カレからもらったパーカーをきていた。その姿は「孤独の服で着飾った」という表現が良く似合う。

そんな孤独な服で着飾った女の子を”かおり“としおこう。孤独な服で着飾ったかおりちゃんの手を、親友の”ゆみ”ちゃんが強くつかんで、いつも一緒に歩いていた。

その時から私は女の子同士でいちゃつくのを見るのがとても大好きで、お?レズか?と期待してたのだ。

私と、かおりちゃんの親友“ゆみ”ちゃんとはそれなりに親交があり、かおりちゃんと席が隣という事で3人でかおりちゃんの話を聞いていていた。

「わかるよ君のその気持ちは」とか「その男ひどい男だよね」とか粋がって喋ってみる。恋愛経験なんぞしたこともないのに。

ただ、そのうなずいた顔があまりにも可愛くて…帰って一人で致してしまった。想像の中では自由だ。

「目を閉じて始めようこの夜は誰のものでもない」妄想は自由だ。目の奥では誰のものでもない、自分だけの時間。

そして新しい何かが俺の中で目覚める。そう、これは愛だと。賢者タイムの時はいつもそう思うのだ。

ただ、へたれの私には何もできない。そんな悶々とした時間が過ぎ去っていく中で、私の煮え切らない態度をみたゆみちゃんが、私とかおりちゃんの仲を取り持ってくれたのだ。

そして付き合い始めて一か月。初めてキスをした。かおりちゃんはどうやら元カレの事が忘れる事が出来ずにいたが、私と喋っているうちにようやく両想いになってくれたのだ。

恋する乙女の唇は恥じらいのチョコレートと言うが、私の初キスはストロベリーの味がしました。

私はこんなにかわいい子と付き合えるなんてなんて最高な人生だと、幸せを感じていました。

桜舞い散る春も、ひまわり耐える夏も、コスモスが恋する秋も、フリージアが眠る冬も、私は毎日かおりちゃんの事を感じていたのだ。

そして数年の交際期間が立ち、20歳の冬。私はふられた。理由は私の愛が重すぎたのだ。いや?愛していたのか?愛されていたか?

交際していくうちに、2人で致す事は自然の成り行き。この致す行為が「これは愛だと」いつもその時は思っていた。

そして実際にフラれた時に思った事が「致す相手がいない」だ。なんとも最低な男だとつくづく思う。

だけどまともに付き合った事があるのは、過去にかおりちゃん一人である。恥ずかしいけどそれが全てなのだ。愛とは一体何なのか?ますます分からなくなる。結局“愛とは自分のため”なのではいのか?と思ってしまう私。

そしてもうすぐ32を迎えようとする私は、今宵も一人寂しく眠りにつく。色々と妄想しながら。

全部私とは関係ない作り話です。

はい、全部フィクションです。そして、色々な方々申し訳ございません。ちなみに引用した曲は「太陽が燃えている」「SPARK」「Love Sauce」「LOVE LOVE SHOW」「アバンギャルドで行こうよ」です。

どれも素晴らしい曲ばかりです。そしてどれもうっとりする歌詞ばかり。やはりイエモンは最強のロックバンドです!!

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★吉井和哉様のソロアルバム「VOLT」が素晴らしすぎる件(2019年10月15日カル〇スブログ)

★吉井和哉の歌詞が美しい…おすすめの歌詞まとめ!(ソロ)1(2019年5月8日カル〇スブログ2)

★やっぱり吉井和哉の歌詞は美しい…私の好きなソロ吉井和哉の歌詞!2(2019年6月22日カル〇スブログ)

★吉井和哉様が作る「ブリッジ」が美しい(2019年3月7日カル〇スブログ)

★イエモン解散前のラストシングル「プライマル」が名曲すぎてイキかけた件(2019年11月23日カル〇スブログ)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)

さぎりちゃあぁぁぁあぁあああああんんん!![リアル妹にさぎりちゃんのフィギュアをおねだりしようと思う] (2019年12月10日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

12月10日は和泉紗霧ちゃん生誕祭!!

こんにちは。おつまむです。前回ごちうさチノちゃんが誕生日でした。そして本日12月10日は、エロマンガ先生のヒロインである、和泉紗霧ちゃんの誕生日である。

和泉紗霧は、エロマンガ先生というライトノベルを原作にした作品のヒロインである。私はアニメを数回視聴した、「にわか」やろうだ。

ただ、エロマンガ先生の中で好きなキャラは?と問われれば間違いなく「和泉紗霧」をあげる。

さぎりちゃんは銀髪の美少女の中学1年生だ。え?中一?やばいやばい…。さぎりちゃんのペンネームは「エロマンガ先生」となっております。タイトル回収。とんでもない素晴らしいタイトルとペンネームDA☆

主人公・和泉正宗とは義理の兄弟である。主人公の和泉正宗は高校生兼ライトノベル作家。ちなみにさぎりちゃんは、和泉マサムネ先生のイラストレーターであり、動画配信中のカメラに写ったご飯の食器から、正宗が正体に気付いた。

さて、さぎりちゃんは原作4巻で13歳を迎えた訳だが、私がマサムネ先生だったら間違いなく色々やばい事になっているだろう。

ロリではないが!(重要)超絶美少女の引きこもりで、義理のお兄ちゃんに好意的、そして銀髪…設定が最強すぎる。

「とある事」がきっかけで、中学に通えていなく引きこもりになっているのだが、そのとある事が重すぎて…なんだこの作品?と若干思ってしまった。

話を戻します。さぎりちゃんは、溢れる性欲を抑えきれずに、美少女の水着姿やパンツ姿を要求する事がある(犠牲者多数やったぜ)すばらしい人材だ。良い、もっとやれ!

と思ったら、にせビッチの神野めぐみのパンツ脱がしてたなぁ。女の子が女の子に性的なちょっかいをかける。素晴らしすぎる世界。

そしてこの銀髪美少女の体格は小柄で貧乳。全く期待通りじゃねぇか。やはり私が主人公だったらやばい事になりますね。

ちなみに私には義理ではなく、血のつながった妹がいます。身長は私より10cmも大きいです。そして良い所に就職し、この前ボーナス100万もらったという事で、寿司を奢ってもらいました。

やっぱり妹って最高だわー。さてさて、さぎりちゃんの誕生日を祝いたい所ではありますが、さぎりちゃんのフィギュアを持っていないという事でな。

今日は、今購入を検討している、さぎりちゃんのフィギュアをご紹介しようと思います。お金はないのですが、うちの妹はお金をもっているのでねwww

リアル妹に買ってもらおうか検討している和泉紗霧フィギュア①:KOTOBUKIYA和泉紗霧 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア(フィギュア 再販 2月予約)

検索したら速攻でてくるこのフィギュア。安定の☆5。絶妙な角度と表情、そして妹のエロさを最大限に表現した生足。「スカートの短さは胸の自信の無さからだろうか」という名言もあるが、この生々しい足とヒップラインは、私の真ん中にすごく刺さります。

リアル妹に買ってもらおうか検討している和泉紗霧フィギュア②:和泉紗霧 ~妹と開かずの間 Frontispiece ver~ 1/6スケールフィギュア(オルカトイズ2020年7月予約)

こちらのフィギュアは、画像で見た感じでは、全体的にかなりリアルな作り。そして細かい小道具等、細部にも強いこだわりを感じる。なにより私が気に入ったのは、さぎりちゃんのふくらはぎだ。
特に右足のふくらはぎが、柔らかそうで今すぐスリスリしてしまいたい。しかし価格は安定の2万越え。うちの妹は絶対に首をたてに振る事はないだろう(トホホ)

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★うわあぁぁあん!チノちゃあぁぁぁああん!! (2019年12月4日カル〇スブログ)

★[球詠]これぞきららのエース!武田詠深ちゃんのかわいい発言!ぐう畜な発言も合わせて15選!

★次にくるマンガ大賞2019!大賞は?個人的おすすめ作品も!(2019年8月22日)

★ぼっち・ざ・ろっくの面白いシーン10選!素材と化したぼっちちゃんww

★かわいいホラー漫画「見える子ちゃん」が急激に私のツボを押してきた[1巻買うしかない!]

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)

夕刊フ〇・東ス〇。日刊ゲ〇ダイの野球ニュースはなぜみてしまうのか?(2019年12月6日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

共通して出てくる球団関係者は果たして存在するのか…?

こんにちは。おつまむです。野球は今絶賛オフシーズンで、契約更改があったり注目の若手が報じられたりと、このオフシーズンならではの楽しみがあります。

そんな中、オフシーズンでも調子の良いのが「夕刊フ〇・東ス〇。日刊ゲ〇ダイ」だ。

シーズン中でも調子の良い3社ではあるが、オフシーズンになると、より勢いが増しているのではないのか?とすら思ってしまう。

野球好きでヤフーニュース好きな人であればこの3社は非常に有名だ。そしてこの3社には共通して「とある人物」がでてくる。

そう!それこそが「球団関係者」なのだ。この球団関係者はとてもとてもお喋りで、今野球ファンが欲しい情報をペラペラと喋ってくれる。

ジャイアンツの場合は、監督や上層部がいらん事までペラペラしゃべりますけど。

ものすごくお喋りなので、記者が妄想の球団関係者を作り出しているのではないのか?とすら思えてくる。

まぁどの新聞社も一流の会社なので!その様な妄想の球団関係者を作るなんて事はしないとは思いますが!

いつだってこの3社は旬な話題を、球団関係者を通じ提供してくれる。そんな素晴らしい3社の記事をここでご紹介したい。

これは、最近ヤフーニュースを見ていて、私がタイトルにホイホイ引っ掛かった記事でもあります。

夕刊〇ジより…★楽天動乱!嶋“放出”の真相 三木谷会長の逆鱗に触れた4年前… 板挟みの平石監督も解任

楽天の顔とも言える選手、嶋選手が楽天からヤクルトに移籍した真相をご紹介してくれている。

記事内のとある球団関係者は「「三木谷会長から疎んじられていたことが最大の要因です」と声を潜める。」と申し上げています。もう少し潜めて!!

まぁ三木谷さんが現場介入しているのは有名な事ですし、あながち間違いではなさそうですが…

さらに続けて球団関係者はこんな事も…「「今回の嶋の契約は2年。石井GMが『指導者として戻ってきてほしい』と話すように、契約が終われば楽天に戻るという密約の上のこと。球団内では公然の秘密です。」

公然の秘密バラしちゃった…。もしこの記事が本当なら、嶋選手はおそらく戻ってこないと思いますよね…この記事によれば現場介入する三木谷さんと合わず…的な感じですし。

お次は東〇ポから…「★デニー氏の巨人流出に中日の本音は…

中日を退団した友利結氏が、巨人の編成本部海外スカウト担当として契約を結んだ事について、中日の関係者が語ってくれたようです。

中日関係者の中には「今後は外国人ルートの開拓を一からやり直さないといけない。巨人においしいところを全部持っていかれてしまったようなもの」という人や、逆に「特定の人だけがそのルートにしか入れないわけじゃないし、あの人じゃないとダメとか言うけど、全然そんなことない」という強気の意見もある様です。

ちなみにこの強気な球団関係者は「現地で見て、それでこの人いいなと思えば、情報屋にこいつはどうなんだと、ちゃんとやれば誰でもできる。見る目の問題はあるけど(以下略)獲ってくるだけだったら誰が渉外担当やったって一緒だと思う」とも申し上げています。

えっ…その長年養ってきた「見る目」をジャイアンツは評価したのでは…?

最後は日刊ゲンダイから!…「★巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観“渋チン”のオフ

まぁ題名の通りです。とにかくこの3社は、ジャイアンツをディスりたいというのも共通しています。

バレンティンを取りにいったらいったで「金満球団」「育成放棄」とか煽るのに、取りに行かなかったら「金がない」とか言って煽ってきます。

今回はジャイアンツはバレンティンを取りにいきませんでした。そして満を持して出てくる「さる球団関係者」…「(美馬選手や鈴木選手には)マネーゲームはしなかったようで(以下略)巨人は条件面でかなり後れを取っていた。」との事。

この様にバレンティンを取りにいかなかったジャイアンツへの怒りからか、FAでの獲得に失敗した美馬選手を引き合いに出す始末。そして最後は日本シリーズで4連敗を喫し、バレンティンの加入が決定的なソフトバンクを引き合いに出し煽り気味に終了。

この3社は、ジャイアンツファンより、ジャイアンツがFA選手を獲得する事に成功してほしいと思っているのではないか?そうすれば、もっともっとジャイアンツを叩く事ができる。

そして記事のアクセス数もアップ!と、とある関係者が申し上げていました。

たまにマジなやつもあるから焦る。

球団関係者がいるかどうかは分かりませんが、「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長解任ニュースや昨年の丸獲得の時も、確かこの3社のどれかががいち早く報じていたはず。

今調べたら巨人春川国際部長解任はゲンダイでした、丸は分からなったw

今後もこの3社の野球ニュースと、よく喋る球団関係者にも注目だ!!

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★私が好きな「〇〇コバ」ランキングぅ~!!ベスト5!(2019年10月16日#小林誠司)

★来年、小林捕手FA取得ですね!単年?複数年?契約更改にも注目! (2019年11月11日#小林誠司)

★FA失敗…どすこいメジャーへ…どんでんと化した原辰徳監督(2019年11月21日#小林誠司)

★うわあぁぁあん!チノちゃあぁぁぁああん!! (2019年12月4日カル〇スブログ)

★ぱくたそで作る!人気野球漫画「球詠」~あの魔球をもう一度~[アニメ化おめでとう!]

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)