[マクロスΔ]ワルキューレのカナメさんのボランチ感が強すぎて亡霊になりかけた件

こんにちは。おつまむです。マクロスΔの戦術音楽ユニット「ワルキューレ」をご存知だろうか?

「ご存知、ないのですか?!」なんて野暮な事は聞きませんが、このワルキューレというユニット、とにかく凄くて(語彙力皆無)、2016年に放送された本編アニメよりも圧倒的な人気を誇っているといっても過言ではありません。


特にすばらしいのが、圧倒的な歌唱力の調和。その中でも目立っていない様で地味に目立っている活躍をしている「カナメ・バッカニア」さんのボランチ感が凄すぎて、亡霊になりかけました。



ワルキューレとはどんなユニット?

ワルキューレとは、テレビアニメ「マクロスΔ」に登場する、女性声優・歌手6名から成る、5人組の音楽ユニットです。

また中の人達で構成されている実在するグループでもあり、人気がありすぎてまだ活躍をしているユニットです。


メインボーカルの「美雲・ギンヌメール」は声優が「小清水亜美」さんが担当し、歌は「JUNNA」さんが担当。

JUNNAさんのパワフルで情熱的な歌声は、多くの人が魅了され一度聴いたら脳にこびりついて離れない程。ちなみに「いけないボーダーライン」収録時は14歳であった事は有名な話で、マクロスシリーズの歌姫としては最年少。美雲さんは3歳。



そしてもう一人のメインボーカルが「フレイヤ・ヴィオン」さん。中の人は鈴木みのりさんです。JUNNAさんが「動」だとしたら、鈴木みのりさんは「静」といった感じです。

どんな時も安定感抜群に歌い上げるだけではなく、えっ?二次元から出てきた?と思うぐらい、フレイヤの様に元気いっぱいに歌い上げるのも魅力の一つではなかろうか。



特にビックリしたのが、ライブで歌った「ワルキューレがとまらない」の「と・ま・ら・な・い・か・ら」の後からぴょんぴょん跳ねながら安定感抜群に歌い上げた時。ハンターハンターのレイザーがゴンに対して「怪物…」という感情を抱いたのと同様に、私もその様な感情を抱きました。

そして特徴的でキュートな歌声が色々と私の何かに突き刺さる「マキナ・中島」役の「西田望見」さんに、クールで安定感ある歌声、キレのあるダンス、めっちゃ英語上手い、何より私のタイプの「レイナ・プラウラー」役の「東山奈央」さん。



そんな個性派な方々をまとめているのが「カナメ・バッカニア」役の「安野希世乃」さんです。

カナメさんの設定は、アイドルとしてデビューしたが売れずに引退→ワルキューレの創設メンバーになりエースボーカルになる→美雲の加入後、才能を自覚しリーダーとしてユニット支えている。みたいな感じです(ウィキ参照)。



カナメさんは中の人のライブでも、個性派揃いのユニットをしっかりまとめており、サッカーのポジションでいえば、ボランチの様な働きをしています。

ボランチとは(引用)→チームの「運転」を担う「舵取り」なのです!ボランチが自分のチームのサッカーの調子を左右するので、良い方向へ導くのはもちろん、試合の流れもコントロールしなければなりません!(サッカーのボランチのポジションは?ボランチの意味から解説!)

ユニット内の存在感はまさに聖母ですし、曲内においてもユニット全体をまとめ上げつつも、2人のメインボーカルをしっかりサポートしている…そんな感じがあります。

安野さん以上にカナメさんがピッタリな人はいないのではないのでしょうか。日本が誇る最高のボランチといえます。



そんなカナメさんのボランチ感を感じたのが「ワルキューレがとまらない」です。

とにかくこの曲はアップテンポの曲で、メインボーカル二人が力強いのですが、最初のサビからの「あ~教えて~」とか、神々しい女神達のコーラスからの「ねぇいますぐ~致して?」など、安心感が欲しい時に現れる聖母。



また私が大好きな名曲「absolute5」や「僕らの戦場」においても、2人のメインボーカルが輝いているのは、マキナやレイナがしっかり脇を固めているのもあるが、カナメさんのボランチ力も大いに関係しているのではと私は感じます。

この聖母…メインで歌ってもすごいぞ!

ボランチ感あるカナメさんですが、カナメさんがメインで歌っている「AXIA〜ダイスキでダイキライ〜」や「涙目爆発音」も素晴らしすぎるのだ。



確かにメインボーカル二人に比べたらインパクトは少ないのだが、凄まじい安定感と浄化される様な母性。

カナメさんメインだとワシの命が持ちませんね。それでも私は叫びたい。「歌ってくれ!カナメさん!」と。(亡霊になっとるやんけ)


違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★まんがタイムきららMAX新連載「エンとゆかり」が面白い!次くる!と思う…

★育成ゲー系漫画「スライムライフ」の面白さがビルドアップしている件(2019年7月16日カル〇スブログ)

★ワルキューレライブ2017のワルキューレがとまらないで興奮してしまった件。(2019年11月27日カル〇スブログ)

★[球詠]これぞきららのエース!武田詠深ちゃんのかわいい発言!ぐう畜な発言も合わせて15選!

”声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている”という尊すぎて最後まで読めないマンガ(漫画れびゅー・少しネタバレあるかも)

ども。おつまむです。ハ●キルーペのCMの様に「尊すぎてよめなーい!!(憤慨)」というマンガを見た事はあるでしょうか?

私はあります。そう、それがここで紹介する「声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている」というマンガです。


こちらの”声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている”は、秋田書店の週刊少年チャンピオンのレーベルから発売されている少年漫画で、現在は2巻まで発売されています。

今回はこちらの「声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている」はどの辺が尊いのかをご紹介していきます。



”声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている”はどんなマンガ?

「声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている」はシリーズ累計ツイッター170万イイネを記録した、累計8600万PVを記録している、クソ尊いマンガです。

失声症で声が出せない少女「真白音」と、心が読めるぶっきぼらのうな少女「心崎菊乃」が織りなす尊い物語。作者は矢村いち様です。↓作者様ツイッター


現在は2巻まで発売されております。私が出会ったのはTwitterで回ってきたのを見て、あまりにも優しく、尊い世界観に引き込まれ、思わず作者様をフォロー。


あまりにも尊く優しい世界すぎて、私を含めた読者からは「真白ちゃんも心崎さんも優しすぎて、優しさのシャワーを浴びているかのよう」や「心が浄化されて心の汗が出たわ」や「優しすぎる女の子が二人…はい世界平和」等、絶賛の声があがっています。



浄化されて読めなかったシーン①

では、次から尊すぎて読めなくてハズキルーペのCMの時の様に憤怒したシーンをご紹介します。
真白「本当に心が読めるとしたら本当に優しいな。大好き!」

声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている 1[コミックシーモア]

冒頭から尊すぎて読めなーい!!失声症で声が出せずに、スケッチブックで会話をする真白。

最初はクラスの人が話しかけてくれたが段々と周りが離れていき、真白ちゃんからネガティブな声が心崎さんに聴こえてくる。そこから心崎さんが真白ちゃんに話しかけて、なんやかんやで「大好き」いあtだきましたぁ!



浄化されて読めなかったシーン②

どんどん孤立していった真白ちゃん。長い昼休みは教室にいるのが辛くて、校内を無駄に歩き回っていました。

でも心崎さんと一緒に入れる様になった今の昼休みは
「今は好きだな」。

「今は好きだな」の心の声が筒抜けの心崎さんをみて、にやにやするまでが1セット。やっぱり涙がでてきちゃって読めねーわ。

浄化されて読めなかったシーン③

心崎さん「音」真白さん「それは私の名前では?!?!」

ここまでの名前を呼ぶイベントのプロセスが、最高すぎてね。もうさっさと呼べよと思いながらも、優しい過ぎる二人のお気持ち等がありましてだな。まぁとにかく最高という感じで。



この話は是非読んで欲しい。そして、昼間のワイドショーを見て欲しい。見るのも耐え難い昼のワイドショーですら落ち着いた気持ちで見る事ができる。それぐらいこの話は最of高。



2巻を読む為に1巻読んで2回泣いてしまうほどすばらしいマンガ

今回は尊すぎて読めないと巷で大人気のマンガ ”声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている”が素晴らしいという内容でした。

こちらのマンガは、2020年11月11日現在(ポッキーの日だぁ!)2巻まで発売されております。



勿論2巻も購入済みです。それで2巻を読む前に、1巻をみて内容を鮮明に思い出すかぁと思って1巻を読み直したのですが、1巻でまた大号泣。

そして2巻はもっと大号泣。タイトルは”声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている”になっていますが、これ声が出せない少女(真白ちゃん)だけではなく、心が読める「心崎さん」も真白ちゃんが優しすぎると思っているのですよね。


まぁ心崎さんは「思っている」ではなく、心が読めるので「確信」なのですが。ちなみにこちらのマンガ、WEBマンガ総選挙2020年で第5位だそうです。素晴らしすぎます!



というか、これより尊いマンガがあと4つもあるのか…身が持たんわ。ちなみに二巻では、真白ちゃんがめちゃくちゃ可愛かったり、コンビニのお姉さんとクラスメイトで水着回だったり、見どころしかりません。

尊すぎて読めないかもしれませんが、内容だけではなく作画も読みやすいので是非尊さを感じてみて下さい。

[違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)]
★ぬぅうん!かぐらまいまい!が面白すぎてついつい単行本1巻を買ってしまった。

★目まぐるしい攻守逆転劇![最近雇ったメイドが怪しい]が色々最高!

★今一番かわいい野球漫画!「球詠」の魅力的な太もももシーン7選!

★ついに1巻発売!「エンとゆかり」はやっぱりおもしろい!![まったりマンガれびゅー]

ついったー→★元靴屋店員で元リサイクルショップ店員で、今スーパーの肉屋の人(おつまむブログ)


ついに1巻発売!「エンとゆかり」はやっぱりおもしろい!![まったりマンガれびゅー]

こんにちは。おつまむです。私が連載当初から注目しているマンガ「エンとゆかり」の1巻が発売されました!!まぁ発売されたの9月25日なのですが。

最近はクッソ忙しすぎて、きららMAXを3か月ぐらい放置している状態。そろそろ読まないと…と思いつつも、次のきららMAXが発売されそうな勢い…

なので1巻も発売日より2日程遅れて(クッソ田舎なので)購入して、そのまま放置していたのですが…今日少し余裕があったので読みました!!



エンとゆかりはきららMAXで連載されているファンタジー?ギャグ?百合?まぁそんな感じの漫画です。作者はしろううらやま様です。
しろううらやま様のツイッター→


きらららしい百合要素もありますが、ファンタジー漫画でシリアスな戦闘シーンもありつつ、しれっとあるギャグ要素やかわいい要素が随所にいれてくれる…欲しい所に手が届く…そんな、まごの手の様な漫画です。

あらすじはこんな感じ(アマゾンのあらすじを参考にしました)↓
冒険者で働く少女「ゆかり」は、魔物に丸呑みされそうなところを、ロッソのパーティで記憶喪失の剣士「エン」に助けられる。
ゆかりはその時のときめきが忘れられず自らも冒険者を目指す事に。二人の少女を中心に繰り広げられる冒険が幕を開ける!!

エンとゆかりは程よい百合感があり面白い!

さて早速1巻を読んだのですが、、、きららMAXで毎月読んでいるのですが、また一気に読み返すと色々と新たな魅力に気付きますね。

まずは、エンちゃんのかわいさとゆかりちゃんのヒロイン感。この二人の関係に、サイコパスな姉を持つ赤座あかりさんも「このスゴさ、ガチだよぉ!!」と絶賛。

ゆかりちゃんのヒロイン感もさながら、たまにハンター×ハンターのビスケ化(BBA)するのも見どころだ。序盤に。

また、個人的にはゆかりちゃんのお友達である「チリ」と「アメ」も魅力的な良いキャラでかわいい!!



個人的にはアメちゃんが天然っぽくもあり、実は一番しっかりしていて、魔法の才能もあり魅力的だ。あれ?主人公アメちゃんだっけ?



戦闘の視線誘導がすごい!

ツイッターでも話題になっていたのですが、エンとゆかりの戦闘シーンの視線誘導が凄いのです!

連載当初から注目してみていた漫画ですが、戦闘になってから一気に見応えがでてきました。1巻では「鍵の魔物」との戦闘があるのですが、この戦闘の見せ方がすごい!

ページは右から左にめくるので、文字は右から左に見る傾向にあるのですが、そもそも人間は左から物を見る傾向があり、エンとゆかりはこの「左」の使い方が非常に上手いのです。



私は過去に小売店で働いていた事があり、こういった導線のコントロールを少しかじった事があるのですが、その中でも特に「左」というのは重要なポイントです。

この左というポイントを上手く利用しています。しろううらやまさんは、小売店でディスプレイをさせたら、すごい売り上げを作る事が出来るのでは…?



私が特に気にいっているのが1巻86ページ。1コマ目に鍵の魔物がエンちゃんに襲い掛かり、2コマ目に左に鍵の魔物、右にエンちゃんの配置。

この2コマだけで、1鍵の魔物・2鍵の魔物の背後・3エンちゃんと、3コマ分の情報量得る事ができる。

そして3コマ目で反転し、描写と視線に動きを持たせ、4コマ目でエンちゃんが鍵の魔物に飛ばされ、次の1コマ目の左にエンちゃんが着地。



戦闘シーンにおいて4コマ漫画はデメリットになりがちですが、このデメリットをメリットに変えている素晴らしい導線の引き方。すばらしいですね。私もこれぐらい天才的だったら、過去に勤めていた会社で出世できていたかもしれませんね…

またツイッターで話題になっていた部分はもう少し違うところ。コマ割りの大きさを変えて動きを見せたり、コマをあえて飛ばしてみせる視線誘導など、よく気付くなぁと感心させられる事ばかり。

この視線誘導の技術があれば、私は今頃しっかりと定職についており、安定した生活を送っていたのではないのか?いや、性格は変わらんから、結果は変わらないか。

単純に話が面白い!

視線誘導やキャラの可愛さは勿論ですが、めちゃくちゃ話が面白いのです!

ファンタジー系ですがギャグ要素もあり、また1巻を読み返していたら、色々な伏線があったり(魔王の事とか)、こういう伏線があったのかと読み返して気付く事がありました。



一つの物語があっても、またすぐに面白さが押し寄せてくるのは、しっかりとした伏線があったからなのですね。

また、4コマ漫画なので、しっかりと4コマ目で落ちているのが素晴らしい。この話の起承転結の「結」の部分が、ギャグ的にもシリアス的にもしっかりとまとめられているのです。

連載当初に「次に来るかも」と言っていましたが、すまん。あれは嘘だ。もうきてるぅ!!



ゲスト連載の時の話も実は…?

久しぶりに、一目見て素晴らしいと感じた「エンとゆかり」。連載当初から注目されていた漫画の第一巻の発売は涙が出るほど嬉しいですね。

センターカラーもちょくちょく飾ってるし、まだ続くよね…?



さてこの「エンとゆかり」なのですが、きららMAXは連載前に「ゲスト連載」という感じで一度連載され、本連載の流れになります。

そのゲスト連載からそのまま本連載への流れになる漫画もありますが、エンとゆかりのゲスト連載時の話は別物。

ゲスト連載時はゆったりとした「異世界系」。実はこちらの方がきらららしくて、ゲスト連載の「エンとゆかり」も大きな評価を得ています。



ゲスト連載時と話は異なるのですが、エンとゆかり1巻を読み返していてチリちゃんが「王都が解禁した、かつて異世界から持ち込まれた技術」という一文がある様に、もしかしてゲスト連載の時の伏線かなにか…?

そう思わせるほど素晴らしい物語の作り方素晴らしい「エンとゆかり」。1巻は絶賛発売中です!!





[違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)]
★まんがタイムきららMAX新連載「エンとゆかり」が面白い!次くる!と思う…

★ぬぅうん!かぐらまいまい!が面白すぎてついつい単行本1巻を買ってしまった。

★目まぐるしい攻守逆転劇![最近雇ったメイドが怪しい]が色々最高!

★まんがタイムきららMAX2020年4月号れびゅー(今更)やはりエンとゆかりええわぁ…



★[球詠]これぞきららのエース!武田詠深ちゃんのかわいい発言!ぐう畜な発言も合わせて15選!

ついったー→★元靴屋店員で元リサイクルショップ店員で、今スーパーの肉屋の人(おつまむブログ)