6/2売場陳列観察日記!リサイクルショップ2件行ってきました!

こんにちは。前回の老害元副店長が教える売場の陳列方法にて売場陳列について熱く語りましたwまぁ、それはさておき、普段は平日休みで大体ゆったりサイクリングに出かける所ですが、6/2はあいにく土曜日。土日は車の交通量が多くあまり自転車に乗りたくないので、私がつまんでいる一つの「売場観察」(趣味と言う程知識なし)をまったりしていきます。移動は愛車のクロスバイク「トレック」ではなく、リサイクルショップでジャンクで購入した、謎マウンテンバイクで行きますよーイクイク↓

ちな、今日の移動手段の謎のmtb。このマウンテン調べても分からなかった…リサイクルショップ時代に買い取って、ひどい状態だったんすよー。タイヤはもちパンク、ギア切り替わらない、ブレーキはタイヤに擦ってるわ…自分で買ってそれなりに直りました。まぁ、前切り替えは一冬越す間にまたおかしくなったんだけど。ただ、タイヤがまだまだ生きていたのと、サスに惹かれた感じで購入。ジャンクの値段で店長にお願いして安かった。その時一緒リサイクルショップで働こうと思いました(辞めたけど) #自転車 #マウンテンバイク #mtb #リサイクルショップ #リサイクルショップ巡り

おつまむさん(@otsumamu)がシェアした投稿 –


まぁ、この謎マウンテンバイク、ショックがそこそこに効いているし、街乗りではそこそこしやすいのです(田舎は道がガタガタなので)
そのあたりの話はここまでで、早速本題です。今回は元リサイクルショップ副店長という事でリサイクルショップの売場を観察しに行ってきます!個人的な意見なので生暖かい目で見て下さいね。

何でもリサイクル~で有名なリサイクルショップへ行きましたよ!

ん?今何でもって?というわけで、まずはじめは何でもリサイクルーに行ってきました。


何でもリサイクルと名乗っているだけあってカテゴリの種類は豊富でした。お酒の取り扱いがあるのは中々珍しいなと。入口からまずレジ・買取カウンターがあり左側にお酒とか着物とかブランド物とかあったから、左側は趣味物なのかなぁと思ったがすぐに生活家電が並んでいたので違うみたいですね。そのあと黒物家電→ホビーや電動工具で最後に家具。向かって左側のカテゴリ構成の感想は「繋がりがないなぁ」って印象。私の個人的考えは「押したい商品=一番前に出す」という安易な考えが嫌いで、一番前の列は価格が比較的高く無く、季節に合わせた商品とうのが個人的な考え。理由は、店は「生き物」なので「変化」が必要と考えているからです。それと、高い商品が店の前にあると、お客様が店に与える印象も変わりますし、ビックリしてしまうからです。ですが、この辺りの地域でお酒を取り扱っているリサイクルショップは見かける事が無いので、良い宣伝になっているなと言う印象も受けました。そういう意味では、こういった配列も一つの答えですね。
白物が前の方にレイアウトされているので、多少の季節感はでてます。壁面には洗濯機・冷蔵庫からの繋がりから最後尾の家具へって感じ。その間に黒物→工具→ホビー→楽器という感じ。工具・ホビー・楽器はそこまで力をいれていない印象。
続いて右側。右側はジャニーズ系のグッズが目に入るレイアウト。その後ろは雑貨や衣料品キッズ用品が並んでいました。雑貨のエンドに模擬刀が並んでいたのは、何かの戦略があるのかな?キッズ類はキッズの服飾としっかり繋がりがありレイアウトの意図がしっかり見えた。服飾系もしっかりスパンをとっており価格が高い傾向にあるメンズ衣料は最後尾に配置されていて、演出もしっかりしていた。メンズの靴はそれなりに良いものがあり、演出も映えている出来です。レディースの靴は目立って良い物は無く、残念な印象。バッグはレディースよりに配置されていて、ポーター等はメンズ側に配置されていた。
次は二階のスポーツ館へ。自転車・釣り・ゴルフがメイン。アウトドア系も少しあったが、目立って良い物はなかった。一般的なスポーツはそこまでスパンをとっていない。入って、自転車で視界を取られ季節感ある売場というのが印象。値段は全体的に高くも無く、安くも無く。でもルアーあんなに高かったけ?

何でもリサイクル~の感想!

一般的な小売店から見たら、「導線」的には理解し辛い箇所が多く見えたが、リサイクルショップという性質上仕方ないのかなという部分もある。買取を増やすためにはやはり商品の配置を前に出し、「うちのリサイクルショップはこれだ!」というのをアピールしなければ買取は来ませんからね。その中でも多少は「導線」を意識しているのかなという印象。スパンの取り方から家具・家電中心の店ですね。価格は、田舎のリサイクルショップという感じの強気の値段でした。「動線」的には棚の位置が揃っている所もあれば、適当な所もあるが、比較的揃っていた。ただ家具の見通しが悪く窮屈な感じはした。このリサイクショップの感想は、良い言い方をしたらメリハリがあるリサイクショップという感じです。

十勝で有名なリサイクルショップ・新店舗に行ってきました!

次にリサイクルショップの新店舗が出来たという事でしっかり見に行ってきました!


ここのリサイクルショップは、巷で有名なリサイクルショップで、店舗毎で店の雰囲気も全然違います。また、置いている物も珍しいものが多く見ていて楽しいリサイクルショップです。このリサイクルショップの印象は「家具・家電」が強く、配送もしてくれます。又親会社が電気屋さんなので、廃棄も頼めばしてくれる面白いお店です。
それでは入店。入ってすぐに楽器が陳列されてました。正直びっくりですw右側に趣味物。左側に生活系と分けようとしたみたいですが、オープンしたばかりか中途半端なレイアウトだなというのが第一印象でした。まず入って右側から。楽器の売場はしっかりつくられていたが、細かい動線は考えられておらず、よりかっこよさを求めた売場という印象。楽器好きな人からみれば非常に魅力的なお店です。それより後ろはホビーやスポーツ系が並んでいたが、商品が少なくスカスカ状態でした。今後買取が多くなると埋まってくるのかなという感じ。その後ろに白物家電、工具、家具という感じ。なんで白物と家具の間に工具挟んだんだろうと思いましたが、きっと何かの戦略なのでしょう。黒物がどこにおいてあるのか忘れましたw左側は服飾系や雑貨、最後の列は右側と左側を合わせた家具という作り。雑貨と家具を繋げたかったのか雑貨が他の店のリサイクルショップと比べて列を下げていた。入ってすぐに、ハード系が配列・雑貨が列を下げている作りから手軽さを感じる事ができないなという感じ。ハードオフを意識しているのかジャンクコーナーがあったが、家具コーナーの見えづらい場所にひっそりとあって、日の目を見る事があるのかなと思ってしまった。

十勝で有名なリサイクルショップ・新店舗の感想!

まぁ、「導線と動線」は考えていないかなというリサイクルショップだなぁって。ただ、奥まで入ると宝さがしをしているようで中々楽しめる店でしたよ。こういう店が一つあってもい良いのかなとは思います。このリサイクルショップも力をいれているカテゴリとそうでないカテゴリのメリハリがしっかりしている店です。カテゴリ分けはあまりされていないので、ちょっと疲れます。今は物が少ないので、無駄な空間が多い様ですが、物が増えてくると楽しみな店です。

リサイクルショップ二店舗の感想!

インスタでも感想を述べた通りに、両店舗共に、初代ポケモンカスミの「攻めて攻めて攻めまくる」お店でした。(分かりづらいな)両店舗とも自店舗で得意な商品を前面に押し、買取は勿論売りも意識しているなという印象です。お互いに押している商品は全く違いますが、両店舗とも「家具・家電」を売り上げの軸にしているイメージでした。両店舗共常識にとらわれない店作りで結構楽しめましたよ!