5,000円以下の安いランニングシューズは初心者ランナーにおすすめ?安いランニングシューズのメリット・デメリットを理解し着用しよう!

5000円以下のランニングシューズの画像(サムネ)ランニングアイテム系

5000円以下のランニングは初心者にはおすすめ”しづらい”

こんにちは。おつまむです。気軽に体を動かす事ができる「ランニング」。

ランニングは他のスポーツと比べて始めるコストが低く、気分転換やダイエットに大きな効果があります。



そんな気軽に始める事ができるランニングですが、ランニングをする際に重要なアイテムといえば「ランニングシューズ」です。

ランニングシューズには多くの種類があり、価格帯も安いものから高い物まで幅が広く選び方に迷ってしまう人が多いくるのではないのでしょうか。

最初だから…と5000円以下の安いランニングシューズ選ばれる人もいる様ですが、私としては、安いランニングシューズはあまりおすすめはできないのです。

メーカーのHPにもは5000円以下のランニングシューズは初心者向けとおすすめされていますが、メリットとデメリットを比較したらやはり個人的にはあまりおすすめできなといえます。

そこでここでは、安いランニングシューズのメリット・デメリットを比較しながら、なぜ安いランニングシューズはおすすめではないのか?等、初心者ランナー向けに安いランニングシューズについて書いていきます。



安いランニングシューズのメリットは?

ここでは安いランニングシューズは初心者ランナーにおすすめなのか?等について、安いランニングシューズのメリットとデメリットを比較しながら、安いランニングシューズについてご説明していきます。

まず安いランニングシューズはどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

①価格が安く導入がしやすい

②癖のない走りを習得できる

③屈曲性に非常に優れており蹴り出しがしやすい

まず価格の安さは大きな魅力ではないのでしょうか。有名なメーカーにおいても5000円以下のランニングシューズを発売しておりますが、これより上の価格帯になると一気に価格が跳ね上がる事もあります。

始めたばかりだから…と安く済ませたいという人の気持ちも分かります。

三日坊主になってしまうかも…と思う人にとっては、5000円以下のランニングシューズは魅力的といえます。

また、5000円以下のランニングシューズにおいては、基本的な機能しかついておらず、自分本来の走りでランニングができます。

高額なランニングシューズには、クッション機能やガイド機能、蹴り出し促進機能など便利な機能がついていますが、それらの機能は自分にとっての効率的な走りを妨げになる事もあるのです。

さらに素の機能しかついていないので、屈曲性が非常によい事も上げられます。

屈曲性が高い事は、アーチの保護や安定性の確保ができる等、初心者ランナーにとって有効な効果を得る事ができるのです。


安いランニングシューズのデメリットは?

5000円以下の安いランニングシューズのメリットをご紹介しましたが、次はデメリットについてご紹介します。

①素の機能しかついていないので怪我のケアができない

②アウトソールの機能が低く、滑りやすく安定感に欠ける

③クッション性が素材だけの機能なので5キロ以上のランニングの場合はリスクしかない

5000円以下の安いランニングシューズの大きなデメリットは、やはり素の機能しかついていないという事ではないのでしょうか。

素の機能とは「軽量化」「EVA素材のクッション性のみ」「屈曲性」の3つです。

多くの機能がついていると自分本来の走りの妨げになる事がありますが、逆に怪我のケアができません。

どうしてもクッション性などの機能がつくと、本来の走りの妨げになる事がありますが、初心者ランナーの走り始めは、膝痛や足裏の痛みが伴います。

これらのケアは5000円以下の安いランニングシューズでは難しいといえます。

またアウトソールの機能が低いので、ガイド機能がついていなく、走りがぶれてきた時に安定した走りができなく、怪我の原因に繋がる事もあります。

さらにクッション機能がEVA素材の柔らかさ”のみ”なので、クッション機能が低下しますので、5キロ以上のランニングはリスクしかありません。

またレベルが上がってくると物ったりなさが出てきますので、結局数か月で違うランニングシューズを買ってしまうなんて事にもなりコスパが悪くなるなんて事もあります。



メリットとデメリットを比較!

5000円以下の安いランニングシューズのメリットとデメリットをご紹介しました。

それでは次はこのメリットとデメリットを比較していきます。

まず「素の機能」しかついていないという点。自分本来の走りが出来るメリットはありますが、怪我のケアが出来ないのであればランニングを長く楽しむ事ができません。

ランニングを「楽しい」や「気分をリフレッシュ」となるまでは、若干の時間がかかります。

やはり長く続けるためにクッション機能やガイド機能などの機能はほしいところですね。

またアウトソールの機能が非常に少ないので、安定感のなさや滑りやすさは、雨上がり等の場面においては非常に危険です。

価格が安く導入しやすいのは非常に有難いのですが、結局ケガをして続かなければただの無駄遣いです。

この様にメリットとデメリットを比較していくと、私としては5000円以下のランニングシューズは、初心者ランナーにはおすすめできないのです。


メリットとデメリットを理解して着用すれば初心者ランナーでも!

メリットとデメリットを比較した上で、私としては5000円以下の安いランニングシューズはおすすめできませんが、メリットとデメリットを理解した上であれば、初心者ランナーにもおすすめできます。

5000円以下の安いランニングシューズは「素の基本性能」しか備わっていないので、ランニングにウォーキングを織り交ぜる、強度の低いトレーニングであれば十分使う事ができます。

またクッション性が足りないなら、インソールで補う事ができます。

安いランニングシューズは「素の機能」しかついていないので、自分の不安要素を軽減するインソールの恩恵を多く受ける事可能です。

世の中には多くのインソールがあり、自分のランニング環境に合わせた選び方ができます。

またインソールは交換式になっています、インソールを入れる為に大きめのランニングシューズを購入するのはおすすめできません。

さらに雨上がりの時は走らないや、セカンドシューズとして持って行く等、メリットとデメリットを理解して使えば、十分に初心者ランナーにも使いこなす事が可能です。



メンズとレディースでおすすめの度合いは変わる!

5000円以下の安いランニングシューズにおいては、メンズとレディースによってもおすすめ度合いは変わります。

筋力や骨格がしっかりしている男性は、ある程度ケガのケアをしなくても良いので、初心者ランナーでも体がしっかりしているのであれば、5000円以下のランニングシューズでも問題ありません。

ですが、すぐに物足りなさがくるので、結局すぐに使わなくなる人が多いです。結局最初からそれなりの価格のランニングシューズを買った方が安上がりになる事も。

女性に関しては、安いランニングシューズはおすすめできません。

男性に比べて体つきの違いもありますが、女性はヒールなど不安定な靴を履く機会が多いので、足が不健康になっている事があるので、怪我のリスクが非常に高いのです。

またレディースのランニングシューズは、価格が高くなると、メンズ用とレディース用で機能性が差別化されており、怪我のリスクがグッと下がるので、初めからそれなりの価格のランニングシューズを買う方が良いのです。

男性の方はともかく、女性の方はある程度の機能がついているランニングシューズをおすすめします。


では安いランニングシューズはどの層におすすめなのか?

初心者ランナーにおすすめされている安いランニングシューズですが、初心者ランナーにおすすめではないとしたらどの層におすすめなのでしょうか?

一番おすすめなのは「強度が低いランニングをする初心者層」です。やはり無理なくウォーキングを織り交ぜて行う超ライト層にはおすすめです。

特に売れている層は「学生層」です。これは上履きとして履く小学校から中学生の層に当たります。

それなりに運動もできて、底が白い等の校則に則った靴となると、5000円以下のランニングは大きな人気を誇ります。

また、軽く自分本来の走りが出来る事から、ランニングに慣れてきた中級者層のタイムトライアルトレーニングでも活用ができます。

結局はメリットとデメリットを理解した上でどの様な運用をするかが重要なポイントです。

メーカーが謳っている様に初心者層にもおすすめではあります。嘘ではありません。

しかしながら、メリットとデメリットを比較した時に、長くランニングを続けていくとするならばやはり初心者層にはおすすめしづらいのです。




安いランニングシューズのおすすめブランドを3つご紹介!

初心者ランナーに5000円以下のランニングシューズはおすすめできませんが、導入のしやすさは大きな魅力です。最後に、安生ランニングシューズのおすすめブランドを3つご紹介します。

1:アシックス

アシックスの5000円以下ののランニングシューズは「JOLT 3」です。エクストラワイドで足先にゆとりがあります。

またアシックス独自のランニングデザインで高いフィット感を実現。アウトソールに効果的な屈曲溝を採用しているので、走りやすさも実現しています。

2:ミズノ

ミズノの5000円以下のランニングシューズは「マキシマイザー」です。高い耐久性と効果的な屈曲溝や取り換え可能なインソール等、素の機能をしっかりもっています。

メーカーHPにはそこまで強い主張はしていませんが、フィット性やクッション性など、総合的にみて5000円以下のランニングシューズの中ではマキシマイザーが特に機能が高く学生にも人気です。

3:ナイキ

メーカーHPを見るとナイキのランニングシューズの中には5000円以下の安いランニングシューズが無い様に見えますが、小売店ではナイキの6000円代のランニングシューズは5000円以下で売られている事があります。

HP内をみると、それにあたるのは「レボリューション 5」です。

ナイキの安いランニングシューズは高いクッション性とニット素材を採用しているので、高いフィット性も実現しています。

かっこよくおすすめですが、幅が狭く縦に大きいのでサイズ感が合わない場合が。



サイズ感さえ分かれば通販で購入する事をおすすめしたい!

安いランニングシューズのブランドを3つご紹介しましたが、もしサイズ感が分かるのであればネットで購入する事をおすすめします。

安いランニングシューズは殆んどが定番化されていて、ネットでもそこまで安くないかと思いがちですが、学生需要としても大人気なので、生産数が多い為か年間通して安く売られている事があります。

また通常の小売店だと売れないサイズを切っている事があるのですが、ネットショップは幅広いサイズを展開すておりますし、在庫を自分で確認する事ができます。

もしサイズ感さえ分かるのであれば、圧倒的にネットで購入するのがおすすめです。



タイトルとURLをコピーしました