モーションセンサーで検証!ランニングシューズによってランニングは変化するのか?[アシックス/カシオ]

モーションセンサーとランニングシューズの画像スポーツ

「モーションセンサー」を使って色々なランニングシューズの効果を検証してみた。

こんにちは。おつまむです。アシックス/カシオの共同開発で作られた、ランニングフォームを可視化するアイテム「モーションセンサー」

モーションセンサーを購入し、実際に使てみたレビューをしましたが([CASIO×ASICS]モーションセンサーで快適にランニング!モーションセンサーでできることや使ってみた感想を紹介!

今回は、そのモーションセンサーを使い、やって見たかった事を検証しようと思います。

そのやって見たかった事とは、ランニングシューズによってランニングのフォームはどれぐらい影響されるのかを検証しようじゃないかという事です。



私は、様々なランニングシューズを購入し、レビューをしているのですが、その感覚は本当に合っているのかと常々感じていました。

そして今回、この素晴らしいアイテム「モーションセンサー」を購入した事で、今まで気になっていた事を検証する事が出来る様になったのです。

という事で、今まで購入してきた様々なランニングシューズを履き、全て同じ条件でランニングをし、検証してきました。

今回はその結果の報告をしていきます。



モーションセンサーではどこまでランニングを解析できる?

本題に行く前に、今回検証に使ったモーションセンサーでできるランニングフォームの「可視化」について簡単にご説明します。

詳しくはこちら→[CASIO×ASICS]モーションセンサーで快適にランニング!モーションセンサーでできることや使ってみた感想を紹介!

モーションセンサーとは、ランニングフォームを計測・可視化する事ができるアイテムで、GPSが内蔵されている為、走行距離や速度・移動軌跡も取得する事ができます。

モーションセンサーでランニングの解析(可視化)できるのは主に3つの機能です

①レーダチャート

②フォームのアニメ化

③ランニング中の様々なデータの数値化



[レーダチャートで可視化が特に重要]

モーションセンサーでフォームを解析する際に特に重要なのが、レーダーチャートです。

モーションセンサーの点数画像

ランニング中に数値化されたデータを基に、長所・短所をチャートで示してくれます。

チャートは6つの項目があり…

①骨盤を軸とした全身の運動:身体の各部位をバランスよく使えているかどうかのスコア。

②動きの力強さ:ストライドを伸ばして力強く走れているかどうかのスコア。

③スムーズな重心移動:効率よく身体を前に進めているかどうかのスコア。

④左右対称性:左右で均整のとれた走りが出来ているかを表すスコア。

⑤安定した姿勢:筋や関節の負担を抑えられている為に骨盤の落ち込みを小さくできているかどうかのスコア。

⑥負担の少ない接地:接地の衝撃による負荷を抑えられているかどうかを示すスコア。

の6つがあり、今回はこの項目の得点を基に、ランニングシューズが、ランニングに影響を及ぼすのかを検証していきます。


[検証するランニングシューズは6つ]

ここで検証するランニングシューズは、当ブログでレビューをした6つのランニングシューズです。

①プーマ・ハイブリッド

②サッカニー・キンバル

③サッカニー・ISO

④ナイキ・ウインフロー7

⑤アシックス・GEL-EXCITE 6

⑥リーボック・ジグテック

[ランニング条件]

ランニングの条件は、通常のドリル後の6.8キロランニングです。

体調の良し悪しはその日で変わりますが、ランニング条件は0-1キロはジョグ、2から6.8キロまでは、心拍を測りながら「強度80%」のペースでのランニング条件で統一します。

[注意]

では早速本題にと言いたい所ですが、注意点をいくつか。

こちらのモーションセンサーなのですが、実際に使ってみて合っているなと思う部分があるのですが、たまにGPS?にバグがでて正確に計測されていない事がチラホラ。

また、その日の体調でもフォームが変わる事もあります。

さらに誤解してほしくないのは「点数が低いからダメなシューズ」ではありません。私との相性が大きな要因になっておりますのでご理解下さい。

つまり何が言いたいかと言うと、全員に当てはまる正確なデータではございませんので、参考程度にご覧くださいという事です。

では次からモーションセンサーで計測した、各種ランニングシューズの結果ををご紹介していきます。

計測結果は点数で表示されますので、ランキング式にご紹介していきます。



モーションセンサーで計測!6位のランニングシューズの点数は58点!

6位:サッカニー・キンバル[58点]

サッカニーキンバルの画像

私が持っているランニングシューズの中で、特に気に入っている一足。

軽さ・クッション性のバランスが良くスピードが出る厚底モデルで、スピード系のトレーニングに愛用しています。

レビューはこちら→サッカニーランニングシューズ「KINVARA 9」を購入!サイズ感や履き心地について解説![元靴屋のひとりごと]

評価:愛用している一足で、履き心地も私好みだなと思っていたのですが、点数の低さにがっかり…

サッカニーキンバルのモーションセンサーの点数画像

ちなみにコメントは、左右のブレを無くす事でランニングフォームをレベルアップしていきましょう。との事でした。

チャートをみていくと、安定性が非常に低く、得意の左右対称性に物足りなさもあります。

また、私の走り方の傾向から「スムーズな重心移動」と「負担の少ない接地」の点数はあまり気にはしていないのですが、低すぎます。

恐らく、他のランニングシューズに比べ、私の弱点である上半身の弱さがでて、左右のブレが顕著にでたのではないのでしょうか。

逆にストライドが伸び動きの力強さが高くなっていますし、若干ですが骨盤を上手く使えております。

結論:サッカニーキンバルは、力強い自分の走りを引き出してくれる一足ですが、一方で安定感に欠ける面がある。

ですので、上半身や股関節回りがしっかりと安定していない今だと、走りにブレが出てしまい、より安定感に欠ける走りになる事が分かりました。


モーションセンサーで計測!5位のランニングシューズの点数は59点!

5位:ナイキ・ウインフロー7[59点]

ナイキウインフローの画像

クッション性・推進性が高い、ナイキの厚底ランニングシューズです。

今までに味わった事がない履き心地で、非常に履きやすいと感じた一足なのですが、膝等への影響が強く私には合わなかった一足…

評価:先ほどのキンバル同様に、安定性が低く、左右対称性はキンバルよりも悪くなってしまいました。

ナイキウインフローのモーションセンサーの点数画像

ナイキウインフローでは、着地から蹴り出しまでのスムーズな動きの無さが指摘されました。

どうしても私の走りは、着地の際にがっつり力を溜めるので、そういった指摘がされるのは承知していますし、点数が低くなるのは承知しています。

承知はしていますが、やはりクッションが柔らかすぎるのか、合わないのか、重心の移動の点数がより悪くなっております。

さらに走れば走るほど重心の移動が悪くなっていく傾向が見られたので、クッション性との相性が本当に悪いのだなと実感しました。

ナイキウインフローのモーションセンサーの点数画像

その一方で、動きの力強さとストライドも伸びているのも事実です。

通常であれば、柔らかすぎるクッションは、ランニングの動きを一つ多くするので、動きの力強さは低くなる傾向にあります。

ですが、こちらのモデルは、しっかりと吸収しつつも跳ね返す力も備わっている事が分かります。

結論:クッション性と反発性を両立させたまさに夢に様な一足といえます。多くの人から支持されている理由も頷ける結果だと感じました。

さらに、安定性もそこまで悪くなく、最後まで高いサポート機能が働いているのが分かりました。

しかしながら、私のランニングフォームだとどうしても沈み込み過ぎてしまうので、上半身や骨盤周りを鍛えて体を安定させたとしても、相性が良くなる事はないと思います。

せっかく素晴らしい一足なのに…残念です。


モーションセンサーで計測!4位のランニングシューズの点数は63点!

4位:リーボック・ジグテック[63点]

リーボックジグテックの画像

時代を先取りしすぎた元祖厚底シューズ「リーボック・ジグテック」。

ジグザグな形状のソールをアウトソールに搭載する事で、高い推進力と安定性を実現した一足です。

推進力系のクッション機能を搭載したモデルの中では非常にクッション性が高い一方で、前方向の動きに特化し過ぎているので、斜め上への動きに物足りなさがある一足です。

レビューはこちら→時代を先どったリーボック・ZIG TECH「ZIG PULSE」が復刻していた!買って履き心地レビュー!その中で気付いた3つのメリットと3つのデメリット!

評価:推進力系のクッションを搭載しているモデルは、安定感が高くなる傾向にあるのですが、安定した姿勢のスコアが低くでました。

リーボックジグテックのモーションセンサーの点数画像

また、負担の少ない接地のスコアが低く、前方方向への動きに特化しすぎた影響がでているのではないのかと考えられます。

一方で、衝撃を素直に前方向へ変換させる機能をもっているので、スムーズな重心移動と動きの力強さを実現しています。

結論:動きの力強さとスムーズな重心移動を可能にしているので、素直な足さばきができる一方で、体にかかる負担も高い一足です。

衝撃を分散する系のクッションですが、安定した姿勢のスコアは思ったより低く、足が前へ前へと行き過ぎているのかもしれません。

現在は、ドリルや基礎連で運用していますが、私自身の体に安定感がついたら案外使える一足になり得るかも?


モーションセンサーで計測!3位のランニングシューズの点数は64点!

3位:サッカニー・オムニISO[64点]

サッカニーオムニISOの画像

サッカニーの安定感あるランニングシューズです。

高いクッション性とエナジーリターンをもつクッション素材「エバラン」をと、高いフィット感を実現した「ISO」機能を搭載しています。

程よいクッション性と反発性を持ち、優れたフィット性能を持ち合わせている、私がトレーニングで最も使用しているモデルです。

レビューはこちら→[初心者におすすめ]サッカニーランニングシューズ「オムニ アイエスオー」購入!履き心地などレビュー! [元靴屋のひとりごと]

評価:クッション性が高く、沈み込むような動きになるので、スムーズな重視移動の点数が低いが、安定した姿勢の点数が高くなりました。

サッカニーオムニISOのモーションセンサーの点数画像

高いフィット性とバランスの良いクッションシステムがもたらした結果だと感じます。

動きの力強さも案外悪くなく、ストライドも広くなっていました。


ナイキウインフロー7よりもクッション性・やエナジーリターンは劣りますが、それ以上に安定性が高い一足ではないのだろうか。

結論:全体的に安定感があり安心して履く事ができるモデルだと再認識しました。

ただスムーズな重心移動の点数が低く、LSDトレーニング等強度が低いトレーニングの時に使うのがベストではないのでしょうか。

連動性も悪くないので、冬の間怪我無くやれたのはこちらのシューズのお陰でもあったのかなと思います。


モーションセンサーで計測!2位のランニングシューズの点数は65点!

2位:アシックス・GEL-EXCITE 6[65点]

アシックス・GEL-EXCITE 6の画像

アシックス・GEL-EXCITE 6は、低価格ながら高いクッション機能「ゲル」を搭載したコスパ抜群のモデルです。

ミッドソール全面には 「AMPLIFOAM」が設置されており、非常に柔らかい接地を実現。

高いフィット感を持つメッシュアッパーやガイド機能など、メーカー側が説明しきれていない嬉しい機能も多く搭載しています。

レビューはこちら→アシックスの「ゲル」と「AMPLIFOAM」を採用したランニングシューズGEL-EXCITE 6レビュー [元靴屋のひとりごと]

評価:アシックスのクッション素材「ゲル」の弱点は沈み込み過ぎてしまうという点。

ですが、スムーズな重心移動の点数が非常に高く、動きの力強さの点数も高い。

アシックス・GEL-EXCITE 6のモーションセンサーの点数画像

また当初期待していた「安定した姿勢」と「負担の少ない接地」の点数の点数は期待値以上の点数になった。

だがしかし、骨盤を軸とした全身の運動の部分が他のランニングシューズより劣ります。

やはり沈み込み過ぎるクッション素材「ゲル」が、ランニングフォームの連動性を悪くしているのかもしれません。

結論:安定した姿勢や負担の少ない接地はある程度点数が高いだろうなと思っていたが、その他の点数も高くてびっくり。

ただ、やはりアシックスのクッションの性能と私のランニングフォームを合わせると、体の連動性は悪くなると改めて確信しました。

ただ、これだけ安定感がありながらもこのアシックスのランニングシューズ…一万円以下という凄さ…!


モーションセンサーで計測!1位のランニングシューズの点数は67点!

1位:プーマ・ハイブリッドNXオゾンFM[67点]

プーマ・ハイブリッドNXオゾンFMの画像

なんと一番点数が良かったのはプーマのハイブリッドでした。

こちらのランニングシューズは高いエネルギーリターン・クッション性を実現する「NRGY」と、プーマ独自の軽量性・安定性を実現したミッドソールフォーム「IGNITE」を合わせた、ハイブリッドモデルです。

こちらのランニングシューズは、柔らかいクッション性がある等、インパクトがある機能性は無いのですが、走れば走るほど快適性が分かる面白いモデルです。

ランニングの理にかなった機能性をもっとぉり、正しく素直な蹴り出しが出来るモデルだと感じています。

レビューはこちら→[初めてのプーマ]プーマランニングシューズ”ハイブリッド”履き心地の評価!!

評価:私自身そこまで良いランニングシューズだとは思っていなかったのですが、点数は全体的にかなり高めです。

プーマ・ハイブリッドNXオゾンFMの画像のモーションセンサーの点数画像

やはり理にかなった足さばきが出来との事で、スムーズな重心移動の点数が非常に高い。

強いて言えば安定した姿勢と骨盤を軸とした全身の運動に点数の物足りなさを感じますが、それでも全体的に高い点数。

人にもよると思いますが、バランスが良くクセが無いランニングシューズは高得点がでるのかもしれません。

結論:理にかなったランニングシューズだとは思っていましたが、ここまでの結果がでるとは思ってもいませんでした。

あまり良い感覚の印象はないのですが、インソールとか色々工夫して自分が走りやすいランニングシューズにしていこうかなと色々と考え中。

骨盤を軸とした全身の連動は私のランニングフォームの上、点数を上げるのは難しいと思います。

ですが同様に点数を上げるのが難しいと思われていたスムーズな重心移動が割と高得点なのは嬉しいポイントです。

安定した姿勢が少し弱いので、インソール等でカバーすれば、結構良いシューズになるのではないのではないのかと思っています。



ランニングシューズが自分と合っているかを知れるのはすばらしいメリット

アシックス・カシオから発売されている「モーションセンサー」を使い、様々なランニングシューズを計測してみました。

その時の体調にもよるのであまり参考になるデータではないのかもしれませんが、割と考えていたような結果がでたのかなと感じます。

ただ、1位がプーマだったのはビックリしましたね。理にかなった素晴らしいランニングシューズだとは感じていたのですが、そこまで好んで使うモデルでもないですし。

ただこうやって自分にとってどのランニングシューズと相性が良いのかを知れたのは非常に良い事だと思います。

またランニングシューズによって、自分がどういう走りの傾向になるか知る事で、どの様なトレーニングで使うかや、インソール等を組み合わせたら良いのではとか、色々と考える事ができる良い機会になりました。

ランニングシューズが自分と合っているかどうかは自分が一番分かりますが、こういったアイテムで検証をしてみたら新たな発見があり便利です。

是非モーションセンサーを買った際には、様々なランニングシューズを履いて、新たな発見を見つけてみましょう!


タイトルとURLをコピーしました