ブログでPVを稼ぎたいならツイッターで情報を得るのは愚行ではないのだろうか

ブログ関連の話

こんにちは。おつまむです。いきなり題名と矛盾するんですが、最近ブログ関連で気になる事があって、ツイッターでちょっと調べものをしていたのですよ。

それで調べていると、まぁブログ関連の質問をしている人が多いのですよね。



ですが、ブログ関連の事をツイッター(SNS)で質問したり情報取集するのって実はあまりよろしくないと私は思うのです。

なぜSNSでブログ関連の情報を得るのがよろしくないのかを今回ご紹介します。個人的な意見なのであくまで参考程度に。

そもそも無償でPVの集め方とか収益を上げる方法なんぞ教えてくれない


という事です。誰でもできるSNSで、ブログに人をどうやって集めるとか、より稼げるようなサイトを作るとかなんて教えてくれません。

そんな事を知っているならライバルを増やすような事はしないですし、自分で実践して市場を独占しています。

なぜそのような事をしているのかというと、そういった情報を発信して、自分のブログに誘導したりとか、情報商材を売ろうとする等の事を考えているからです。

ちょっとでもお金の足しにしようと思って始めたブログだと思うのですが、逆に採取されてしまう事もあるので気をつけましょう。

仮に、仮にですよ?無償でブログ関連の有益な情報を教えてくれる聖人がいるとします。

※聖人とは、、、徳が高く、人格高潔で、生き方において他の人物の模範となるようなのような人物のことをさす。つまりワシ(ウィキより参照https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E4%BA%BA

それでもブログに人を集める事は難しいですし、収益を上げるのは難しいのです。有益な情報で集客や収益を一時的に上げる事ができると思いますが、長くは続きません。

理由は私の戦略的観点から詳しくは言えませんが、今は周りにライバルが増えすぎた為、多くの人が「順番を待っている状態」にあるからです。

一時的に人を集めてそこで収益が上がっても、順番待ちをしている人が多く、埋もれてしまうのです。

ですので多くの人は、お金になるかならないのか分からない記事を大量に書き、そこから小さな変化を読み取り、まだ進出していない分野や傾向を分析し、ブログに人を集めていく努力をしているのです。

ブログで必ず儲かるなんて都合のいい話はありませんし、将来的に稼ぐ事ができるかどうかなんて誰も分からないのです。



ブログ関連の情報はググるのが一番


かといって全くなにも分からない状況からブログを始めるには非常に無謀といえます。

ブログ関連の情報については、SNSを使うのではなくググれば良いのです。

ブログ関連の情報で検索して検索結果に表示され、さらに上位に出てくるサイトは、SNSの情報に比べ非常に信頼性が高い情報だからです。

なぜなら、広告等をつけて収益化させて儲けようとしているので、検索結果の上位に表示させなければならないからです。

検索結果の上位に表示させる為には有益な情報ではなりません。ですので、必要な部分は隠しつつもそれなりに有益な情報を得る事ができます。

その得た情報でブログを構築し、自分のブログの「型」を見つけていくのが重要なのです。


SNSでの情報収集も時には必要


「順番待ち」をしている状態にある状況ですが、より良い記事を書いていないと順番は回ってきません。

ですので、ツイッター等のSNSを時には活用する事も必要です。

ツイッター等のSNSは使っている人が多く、リアルタイムで情報が動きます。

このスピード感はグーグル等の検索窓で検索して、検索ワードの上位に出てくる情報よりもはるかにスピード感があります。

ですので、、、

最新の商品やサービス等のレビュー

トレンドのワード

ブログに関連した最新事情

について知る事ができます。またググって分からないがあった時に、もしかしたら誰かが質問に答えてくれる可能性があるのもメリットですね。

ちなみに私がSNSで調べていたのは、アドセンスの最近の単価事情と、ブログのPVについてのここ最近の事情についてです。

商品レビューは、最近ECサイトのレビューが古い事があるのでツイッターとかで最新の情報がないか探したり、トレンドのワードもやっている人が多いから見つけやすいのです。

SNS一辺倒に検索するのはダメだと思いますが、グーグル等の検索一辺倒もいけません。上手く両方使う事が重要です。

そして、これが一番重要な事ですが、ブログで稼ぐ重要な情報は世の中にはありません。地道に頑張るか、嫌なら違う方法を模索する事をおすすめします。


[内部リンクやスポンサーサイト]

なぜブログを始めたのか?とブログをやって思ったネット情報の真意について。







タイトルとURLをコピーしました