なぜブログを始めたのか?とブログをやって思ったネット情報の真意について。

ブログ関連の話

こんにちは。おつまむです。私は現在ブログを運営しております。

このサイトを作ったのが2017年ぐらいでして、4年ぐらいやっている計算になるのですが、本格的に始めたのが2019年なので実働期間としては2年ぐらいです。



月のPV数とか詳しい事は言えませんが、始めた当初では考えられないぐらいのPV数と生活を若干豊かにする程の収入を得る事ができています。

ここまで来るのは大変だったかどうかで言うと、割と趣味感覚でやっていたのでそこまで大変だとは思いませんでした。が、最初は全くアクセスがなく何度も辞めようかなとは思いましたw

では、そもそもなぜブログを始めたのか?YouTubeという選択もあった中でなぜブログなのか?を今回テーマにブログを書いていきます。

また、始めたばかりにやった事やネットの情報も真意はどうなのか?も、2年間ブログ活動をしてみた経験から私の思う事をご紹介します。間違っている可能性もあるのであくまで参考程度に。



なぜYouTubeではなくブログを始めた?

実働は約2年間ですが、実際に立ち上げたのは2017年でした。

そもそもなぜブログを始めたかと言うと、当時「情報が金になる時代」という話を小耳に挟んだからです。

まぁぶっちゃけ理由はお金でしたね。当時は「”元”リサイクルショップ副店長」って言って始めましたが、始めた当初はまだリサイクルショップで働いていまして。

副店長なのに毎月の給料は手取り14万円、一応休みはあるのですがほぼ休みの日も仕事に行っていました。



当時はサビ残がいつか自分に帰ってくると信じていましたからね。

結局、私はその会社では評価されていない事をひしひしと感じていたので、リサイクルショップを辞めて、ネットで副業でもしながらバイトでもしようかなと考えていました。

そんな事を考えている時に、嘘か本当かは分かりませんが「情報は金になる」という話を聞いたのです。

私的にネットでの活動といえば、YouTubeで動画投稿をするかブログを書くかでした。

[情報は文章の方がお金になると考えた]

私がブログを立ち上げた2017年は、既にYouTubeで稼げるとこは周知の事実でした。一部の人間ではありますが。

逆にブログは企業がライターを雇い、大量の記事を作成していた事で、個人では稼げないと言われていたのです。

ではなぜブログを選んだのかと言うと、「情報をお金にする」という事に関して、動画との相性が良いのか?と考えた時、動画より文章の方が有利だと私は思ったからです。

コンテンツによりますが、動画だと情報の後追いが面倒なのですよね。

逆に文章だと、自分のペースで自分の知りたい情報を読む事が出来ますし、読んでいるうちに忘れてしまった部分も後追いがしやすい。

[ライバルが少ないのかなと感じた]

また個人ブロガーがYouTubeに流れたという事や、ブログではなくYouTubeに挑戦する人が増えているというのを感じ、ブログの方がライバルが少ないかもと思いましたし、ユーチューバーの会社がどんどん出来てきていたので、YouTubeも結局ブログと同じような道を歩むのではと感じていました。

あとコメント欄を解放するのが怖かった…。メンタル絹なので。

結局、芸能人がYouTubeでチャンネル持ったりして個人では本当に稼ぎにくくなっちゃいましたし、まぁブログを選んで良かったのかなと。

ブログも稼げるか?と言われたらめちゅくちゃ微妙ですが、失〇天・快〇天・きららMAXを定期購買できる程には生活が豊かになったのでやって良かったのかなと。

私のブログの始め方と始めたばかりにやったアクセスを伸ばす為の事

ではブログを始めた当初アクセスを伸ばす為にやった事をご紹介します。私自身そこまで稼いでいる訳ではないのでそこまで参考にはならないかもしれませんし、私自身ライバルを増やしたくはないので、本当に重要な事は言えませんが…

[ドメインを購入し一からブログを始めた]

ブログを始めるにあたってまず始めたのが、ドメインを買ってレンタルサーバーを契約した事です。

ブログにはドメインというネットの住所の様なものを買い、ネットの土地の様なもの(レンタルサーバー)を借りて契約しブログを運営する方法と、アメーバブログなど用意されたブログサービスで運営するか、二つの方法があります。



正直一から始めるのは金も掛かりますし、時間も掛かるし、よくバグるし、さっぱり集客されないしで本当に大変でした。

それでも一から作ったのは信頼度の問題です。無料のブログサービスの方が楽ですし集客も初めから見込まれますが、ブログを一からしっかり運営さえしていれば、将来的に自分で作ったブログの方が信頼度が高くなり、SEO的に良いと聞いたからです(SEOについて→、検索エンジンのオーガニックな検索結果において、特定のウェブサイトが上位に表示されるよう、ウェブサイトの構成などを調整すること。

あといい勉強になるかなと思ったのと。

それで数記事書いてのですが…さっぱりアクセスがなくてww



[ライターの仕事経験]

それで、ネットや本(あまり読まなかったけど)で調べて得られる知識って少ないなぁと思ってライターの仕事を始めました。

「クラウドワークス」っていうネットで仕事を依頼したり受けたりするサイトがあるのですが、そこでライターの仕事を受けて2年ぐらいやりました。

お金をもらいながら、SEO対策、企業のやり方や弱点など…本当に勉強になりましたね。時給換算すると500円ぐらいでしたがね!

ライターとしての仕事は本当に良い経験になり、そこから記事を量産し反応があったやつをリライトして…の繰り返しでしたね。



[アクセス数を伸ばす事が趣味になる]

当初の「お金が欲しい」という目的ではなく「アクセスをどう伸ばすか」という事ばかり考えていたので、途中から趣味感覚でブログを書いていました。

だから続けられたのかもしれませんね。

まぁ今もそこまでアクセスが多い訳ではありませんが、どうやったらアクセス数が伸びるかと言われたら、ライターの仕事を経験して、企業がやっている事を吸収し、弱点を見つけそこを徹底的につっつく。

ブログをやってみて思ったのですが、一つのワードとサジェストワードで企業を打倒する事が、勝ち残る為に重要なポイントなのです。

企業に弱点を徹底的につく。私はこれが一番重要ではないのかなと思います。



ブログを始めた時に調べたネット情報は本当か?嘘か?分かる範囲での私の感想。

最後に、ブログで得た収益で、失〇天・快〇天・きららMAXを定期購買している私から、始めたばかりの頃調べた事が本当だったのか?それとも今の時代に合っていないのか?を少し解説します。

何度も言いますが、私は大したPV力を持っている訳ではないので、参考程度に。

[アクセスを伸ばす為の一番の方法は100記事書く事]
アクセス数を伸ばす為の方法として多くの人が言うのは100記事書くという事。この100記事というのは、主に文字数が2000文字以上×100を指します。

これはSEOをめちゃくちゃ意識していれば100記事である程度のアクセス数を得る事ができます。ちなみに私はある程度のアクセス数になるまでに200記事かかりました。

[内容よりも記事の数]
これは企業の蹂躙をみていたら分かりますね。ただ、今は記事を評価するクローラーの進化で内容もかなり重要です。

それでは記事数は必要ではないのか?と言われればそうではありません。今ブログで勝つのは、内容のある記事と多くの記事を持っている人です。



[記事数が何よりも重要だから人を雇っている企業には勝てない]
これは先ほどの話とも繋がりますが、多くのライターを雇って記事を書かせる方が前までは有利でした、内容はともかくとして。

ですが今は内容も評価されます。ですがですが!記事数も重要なポイントである事には変わりはありません。つまり、有能なライターを雇っているキュレーションサイトがクッソ最強。

やっぱり勝てないかも…

[SEO対策をするのではなくSNSを強化すべき]
検索結果で自分のサイトを上位に出す為の対策「SEO」。しかしながら今は、調べ事や暇つぶしにはツイッター等のSNSを使う人が多い様に感じます。

まぁブログ記事が検索結果に表示されるまでラグがあるので、リアルで情報が飛び交うSNSを見るのは必然なのでしょう。

しかし、ツイッターとかからブログって呼び込むのって案外難しいのですよね…。



呼び込む事ができるワードの法則があって、アクセス数を増やす事は出来るのですが、この呼び込むワードって、長続きしなくてSEO的にはそこまで強くない様な気がします。

私はSNSはそこまで強化していません。なぜなら、SEOが強ければある程度の記事を書けばある程度のアクセス数を見込めるからです。SNSから呼び込もうとしたら毎日継続しなくちゃいけない。

高いモチベーションは保てるかもしれませんが、普通に仕事をしている身では割と難易度高め。

アクセス数の少なさに絶望しながら、将来の安定をとるならSEO、今すぐアクセス数が欲しいならSNSを強化すればいいのではないでしょうか。てか、両方強化した方が良い。



[王道のワードには手を出すな!ライバルが少ないワードを攻めれ!]
これはやってみて思ったのですが、王道のワードこそ手を出すべきだと思います。正直ライバルが少ないワードの記事がないっ!

それじゃもっとニッチに…ニッチに…ってやっちゃうんですが、正直めちゃくちゃニッチなやつは検索すらされず、グーグルの世界に住ませてくれません。

そこで王道なワードをちょっと覗いてみてはいかがでしょうか?企業が蹂躙してくれたお陰で、自分の方がもっと良い記事が書けるのでは?という記事が検索ランキングの上位を占めている事があります。

今は”数”と”内容”の両方が評価される時代です。ニッチな話題を探すのに時間をかけるよりは、王道の記事を書くべきだと私は思います。

ですが、王道の記事は相当長い時間をかけないと難しい面もあります。ですので、ライバルが少ないワードの記事や、ニッチな記事も必要なのです。

[サイトのコンテンツは1つに絞るべき]

サイトはコンテンツを一つに絞った方が良いと多くの人が言いますが、私はそうは思いません。私は色々な所で働いていたという事もあり、私のブログは様々なジャンルが散乱しております。

自サイトの人気コンテンツは偏りますが、世間で見える子ちゃんが話題になれば見える子ちゃんの記事が上位に上がりますし、バーベキューシーズンになれば肉の記事が上位に上がりますし、アルペンの会長が逮捕されたら、ゼビオとアルペンを考察した記事が上位にきますし。

サイトのコンテンツが散乱していたらサイトの評価が悪くなるなんて人もいますが、私は特にそう感じた事はありません。

ただ、内部リンクの問題で私はコンテンツを絞ったサブサイトを幾つか運営しています。そういった意味ではサイトのコンテンツは絞るのが理想的なのかもしれません。


結局ブログは稼げる?稼げない?

最後になりますが、結局のところブログは儲かるのか?と聞かれれば私は儲からないと思います。

これは冗談抜きにです。YouTubeの世界と同じ。個人で稼げる時代から人が多く集まり、企業が参入し稼ぎにくくなる。

そしてブログの世界はもっともっと企業に浸食されている状況です。ブログをやっている人の約半分の人が収入0~1000円代という状態です(参考サイト→https://gekkan-fukugyou.jp/get-income-with-affiliate/

私が少し生活が豊かになる程度に稼げる様になったのは、普通に仕事をしながらライターの仕事や頑張って記事を量産したってのもありますが、半分は運だと思っています。

たまたま書いた記事が、たまたまライバルが増える前で、たまたま評価されたから、サイト全体の評価が上がったのです。

明日もしかしたら私のブログ記事が評価されなくなり、私の収益がゼロになるなんて事もある世界です。

ブログが今後稼げるなんて私は思いませんが、今は内容も評価される時代です。

もし自分がもっている情報に自信があるなら、是非ブログやYouTubeを…いや、YouTubeを始めてみましょう!



ついったー→★元靴屋店員で元リサイクルショップ店員で、今スーパーの肉屋の人(おつまむブログ)

スポンサーサイト











タイトルとURLをコピーしました