吉井さんは「エロい」じゃないの!「妖艶」なの![ THE YELLOW MONKEY ](2020年7月17日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス

カル〇ス

仕方ないね

おつまむ

おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス

カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

吉井和哉さまのシモ…妖艶な歌詞をご紹介しちゃうぞ!

こんにちは。おつまむです。突然ですが私は怒っています。理由はTHE YELLOW MONKEYの歌詞を調べていた時です。

イエモンの吉井和哉様の書く歌詞は比喩表現や言葉遊びがとても多く、聴き手によって「この歌詞はこういう意味じゃやないか?」と人それぞれ様々な解釈が出来るのです。

それで、吉井和哉様が書く美しい歌詞の数々をなぁ、色々検索していたら、吉井さんは「下ネタの表現が多い」とか「歌ってない時はただのエロイ人」とか…

違う違う…吉井さんはエロいんじゃない…妖艶なのだよ…。という事でな、吉井さんの下ネタ歌詞…じゃなくて妖艶な歌詞を今日は紹介しようと思う。

先に述べておくが、「あれ?これ普通な歌詞じゃね」と思うやつも含まれている。考え過ぎかもしれないが、それは私の頭の中が年中ピンクというだ。

「Chelsea Girl」から「パパやママには内緒だよいずれ分かる時が来るから」
えっ?ロリコン?

「This Is for You」より「数を数え君の身体に何度も爪をたてる」
私はこの曲を高度な赤ちゃんプレイだと想像する。という冗談は置いとき、なんか吉井さんが女性になった様な雰囲気の曲で好きですね

「真珠色の革命時代」より「空の上で始まるオーケストラparadise」
水玉のメイク・ラブ決めて血まみれのディープ・キス決めて、空の上で始まるオーケストラ決めてからのパラダイス。キメセク?

「Drastic Holiday」より「貴方の燃える舌で HURRY UP! 君の名前は?」
ここまで露骨だと、エロい曲じゃないのでは?とすら思う。

「フリージアの少年」より「もしもあなたに 今夜僕が釘付けで 百年の恋が生まれるかもね」
ウホッ。

「Suck of Life」より「君の彼はゲイでおまけにデブ 幸せなんて言葉はない」
ただの下の悪口wwそのあとの「目が覚めて鑑を見れば口紅であいらぶゆー」が、昨晩何をしたのか非常に分かりやすくスタイリッシュ。

「Red Light」より「君の大切なVAGINAが泣いている」
比喩表現とかじゃなく、直接過ぎて好きすぎる

「悲しきASIAN BOY」より「白くちらつく胸元に触れたいのに胸元に」
「強い」「弱さ」に縛られた、までがセット。正しく切なくいやらしい…

「Love Communication」より「あとは君の真っ赤な薔薇の微笑みに魅せられたら笑うしかないね」
この曲、歌詞が全部エロ切なくて好き…そして最後は「笑うしかないね」という事で。

「ヴィーナスの花」より「もしも綺麗な花びらを見たら僕は蝶になり君に舞うのさ」
よくここまでこんなエロを想像させる歌詞を思い浮かぶなぁ。もうねぇ「高嶺の花に蜂蜜がいっぱい」で興奮しちゃいますわ。

「熱帯夜」より「頭は身体を突き放す 欲望と理性のメリーゴーラウンド」
そういえば最近、別居中の男の友達が二人目の子供ができたって言ってたなぁ。

「I Love You Baby」より「君の生きかたとイキかたが大好きさもう一度」
カモン!!たった5、6分の宇宙すら見れないかもしれないなぁ

「Love Sauce」より「愛であふれるソースをかけて天使のような君を食べる」
使いこまれたナイフとフォークで頂くのですね。分かります。私のは錆びちゃってますが。

「天国旅行」より「僕は孤独なつくしんぼう」
賢者モードの時に聴くとノスタルジックな気分になる(自分のつくしんぼうを拭きながら)。

「創生児」より「たてまえじゃねぇ立たせてもらえ お前の想像どうりやれよ」
もうタイトルがエロい!

「見てないようで見てる」より「敏感なんだよ血が集まるのさ」
どこにwww

「LOVE LOVE SHOW」より「ねえ乗りなよ 私はあなたの馬」
おねえさん…

「プライマル。」より「花柄の気分もまた一日のうちたった6秒」
たった6秒って射精の事じゃないのかと勝手に思ってます。この曲すごい明るいメロディなのに歌詞が暗いのですよね。そして最後の「さようならきっと好きだった」という歌詞。いやぁお互い初めてを捧げた昔の彼女を思い出しましたわ。長く付き合って振られたんですけど、最後彼女はそんな感じだったのかなぁ。

吉井さんはやはりエロくて最高だった

結構吉井さんの歌詞の一部とかで検索すると、吉井さんはエロい言葉を比喩で表現しているって言う人多いけど、結構露骨なやつ多めですよねw

もう…本当に最高!吉井さんがエロい事はねぇ自伝とか読めば分かりますからね。ちなみに自伝の中の、夜明けのスキャットと吉井さんの両親の件がめちゃくちゃ好きですw

ただこれは吉井さんだから「エロい」ではなく「妖艶」と言われるのであって。曲調とかにもよりますが。私がこれらの歌詞を見知らぬ女性に言ったら公然わいせつ罪でつかまりますわ。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★吉井和哉様が歌うからかっこいい歌詞!イエモン時代とソロ時代から自分的最高な歌詞10選! (2020年3月3日カル〇スブログ)

★吉井和哉様のソロ時代のアルバム「39108」は味わい深い名曲ばかり。 (2020年2月25日カル〇スブログ)

★やっぱり吉井和哉の歌詞は美しい…私の好きなソロ吉井和哉の歌詞!2(2019年6月22日カル〇スブログ)

★吉井和哉の歌詞が美しい…おすすめの歌詞まとめ!(ソロ)1(2019年5月8日カル〇スブログ2)

★吉井和哉様が作る「ブリッジ」が美しい(2019年3月7日カル〇スブログ)

ついったー→★元靴屋店員で元リサイクルショップ店員で、今スーパーの肉屋の人(おつまむブログ)