ローテクスニーカーとは?おすすめモデルやこだわりを紹介! [元靴屋のひとりごと]

ローテクスニーカーとはどんなスニーカー?

こんにちは。おつまむです。長らく続くスニーカーブームが、文化になりつつある今日この頃。「ローテクスニーカー」というスニーカーをご存知でしょうか?

厚底スニーカーやダッドスニーカー等ボリューミーなスニーカーが流行の中心になりつつあるスニーカー文化ですが、前から流行の最先端を走っているのが「ローテクスニーカー」なのです。



ローテクスニーカーとはどの様なスニーカーなのでしょうか。ローテクスニーカーとは「ロー」「テクノロジー」を合わせた言葉です。

主に、メーカーの技術を集結させて作られた「ハイスニーカー」に対して使われる言葉ですが、ローテクスニーカーが流行の中心になった事で、ハイテクスニーカーよりメジャーな言葉になりました。


[ハイテクスニーカーとは?]

ハイテクスニーカーとは、メーカーの技術を集結させたスニーカーですので、ナイキのエアマックスやリーボックのポンプフューリー等、ハイクオリティな技術を搭載し、近未来的なスタイルをしたスニーカーの事を指します。

それに対してローテクスニーカーは、アッパー生地・糸・ソール等、最低限の素材で作られたスニーカーを指します。

主に、コンバースオールスターやヴァンスのオールドスクールを思い浮かべれば分かりやすいのではないのでしょうか。



ローテクスニーカーに対する個人的なこだわり

高い技術を集結させた「ハイテクスニーカー」に対して、ローテクスニーカーは最低限の素材で作られたスニーカーの事を指します。

この定義だと、世の中は殆んどのスニーカーがローテクスニーカーとなってしまいます。

例えば、ローテクスニーカーでとても有名な「アディダス・スタンスミス」。確かにアッパー素材と糸とソールの最低限の素材で作られている「ローテクスニーカー」と言えます。

しかし、アッパー素材である上質なレザー素材をあそこまで魅力的に加工する事を「ローテク」と呼ぶのはどうなのか?とも思います。

勿論これらの事は「コンバースワンスター」や「アディダススーパースター」にも同様の事にが言えます。

個人的には「ローテクスニーカー」と認める判断基準の中に「手軽さ」いうのも含まれます。

コンバースのオールスターやヴァンズのオールドスクールに使われている、キャンバスとソールをくっつける製法「バルカナイズ製法」を「ローテク」と呼ぶのは非常に忍びない。

ですが、価格が安く大量に量産さえている事など、手軽なスニーカーであるから、これらのキャンバススニーカーはローテクスニーカーといえます。

また単に作りがシンプルというだけではなく「買いやすい価格・買いやすいスニーカーでスタイリッシュでかっこいいスニーカー」が、私個人のローテクスニーカーであるべきというこだわりです。

ローテクスニーカーは各ブランドの定番になる事が多く、今の流行りが過ぎ去った後でも安定して履く事が可能です。

価格も安く流行に左右されないローテクスニーカーばかりですので、是非一足は持っておきたいアイテムではないのでしょうか。

次は個人的におすすめのローテクスニーカーをご紹介していきます!


おすすめのローテクスニーカーをご紹介[メジャー編]1コンバース


(引用:[コンバース] スニーカー キャンバス オールスター OX (定番) ブラック 23.5 cm

ローテクスニーカーの定番中の定番といえば「コンバース・オールスター」です。

歴史あるチャックテイラーのアイコンに、確かな歴史と完成されたキャンバスニーカーは、価格も手ごろで、まさにローテクスニーカーの王道といえます。

しかしながら、量販店の激しい価格競争によりブランド価値を下げる事を懸念したコンバースジャパンは、量販店での販売を辞めました。

その代わりに量販店では「コンバース・ネクスター」が発売されています。

(ネクスターについて→元靴屋店員が解説!”コンバース・ネクスター”とは?色々調べてみた![conversenextar]

オールスターのスタイルを基に作られたネクスターは、軽量化・程よい履き心地・低価格を実現しています。

また、コンバースのローテクスニーカーの中で、是非押さえていて欲しいのが「ジャックパーセル」です。

ヒゲ・スマイルのアイコンがアクセントになっているモデルで、キャンバススニーカーの中では特に洗礼されているシリーズです。



おすすめのローテクスニーカーをご紹介[メジャー編]2プロケッズ


1916年にアメリカで生まれたブランド「ケッズ」の、プロバスケットモデルとして誕生したブランドが「プロケッズ」です。

アメリカでは、コンバースと肩を並べる程の魅力的なスニーカーで、日本でも大きなブームになった事もありました。

現在は、ジーフットが販売の契約を締結しており、基本的に日本ではジーフット系列でのみ購入が可能です。

プロケッズのローテクスニーカーの定番といえば「ロイヤルアメリカ」です。

トゥキャップや外側のラインが特徴的で、レトロな風合いあるスニーカーで、カラー展開もセンスがあり、高い人気を獲得しています。

近年、クラシカルなモデルをモダンなスタイルで復活させた復刻モデルも注目を集め、流行の中心になるのではないのか?と言われています。

モダンなクラシカルスタイルスニーカーの中で、プロケッズのロイヤルアメリカは、クラシカルなイメージを持たせつつ、現代風の味わいも持たせている至極な一足です。



おすすめのローテクスニーカーをご紹介[メジャー編]3ヴァンズ


(引用:【VANS】 ヴァンズ OLD SKOOL DX オールドスクール DX V36CL+ BLACK

スケーボーシューズとして日本でも大人気のブランドと言えば「ヴァンズ」です。

様々なサブカルチャーと共に進化し続けたブランド「ヴァンズ」ですが、ヴァンズのスニーカーの販売は、ABCマートが販売の権利を締結しており、基本的に日本ではABCマートでしか購入できません。

ヴァンズのローテクスニーカーといえば「オールドスクール」です。オールドスクールはヴァンズのクラシックラインであり、定番モデルでもあります。

一目でヴァンズと分かる歴史あるモデルにスケーター達にも嬉しい機能を搭載した一足です。

サブカルチャーと共に歩み続けたスタイルを現代的に復刻されたモデルです。スタイリッシュというより、カジュアルにかっこよく足元を演出できるローテクスニーカーではないでしょうか。



おすすめのローテクスニーカーをご紹介[マイナー編]1ヒュンメル


(引用:ヒュンメル スニーカーhummel SLIMMER STADIL LOW HM63112Kスリマースタディール ローカットスニーカー キャンバススニーカー

サッカーで人気のブランド「ヒュンメル」。サッカー系のスニーカーはあまり注目される事はありませんが、ヒュンメルのスニーカーはカラー・スタイル共にセンスが良く、徐々に人気を集めています。

(ヒュンメルのスニーカーについて→ヒュンメルのスニーカーがかわいい!ヒュンメルのおすすめスニーカーを10個厳選!

また、流行にもしっかり対応したスニーカーも発売しており、ボリューミーなダッドスニーカーや、ローテクスニーカーもしっかり押さえています。

その中でもヒュンメルのローテクスニーカーの定番である「SL.STADIL CANVAS」はキャンバス生地とは思えないかっこいい素材感がおしゃれに足元を演出しています。

価格もメーカー希望価格5280円と安価に購入する事ができますし、カップインソールも採用しているので、履き心地の良さも実現ています。



おすすめのローテクスニーカーをご紹介[マイナー編]2アドミラル


(引用:アドミラル スニーカー メンズ レディース イノマー Admiral INOMER クラシック シンプル SJAD1509 02 341004

イギリスの海軍の制服を手掛けるブランドとして誕生した「アドミラル」。アドミラルはその後、サッカーブランドとしての地位を築き、スポーツブランドとして地位を確立しています。

アドミラルのスニーカーも最近、人気を集めているブランドで、アドミラルのスニーカーの魅力は「男女選ばない高い汎用性があるスニーカー」という事です。

その中でも、アドミラルの定番であるローテクスニーカー「イノマー」は、汎用性が高いながらも他のローテクスニーカーとは一線を画すスニーカーと言えます。

このスニーカーの凄い所は、男性が履くとかっこよくみえ、女性が履くとかわいく見えるという点。

男女共に自信をもっておすすめできるセンスあるこちらのローテクスニーカーは、革を採用しているスニーカーなのに、メーカー希望が1万円を切っているコスパが良いスニーカーです!



おすすめのローテクスニーカーをご紹介[マイナー編]3マッドフット


(引用:MADFOOT!(マッドフット) MAD LITE(マッドライト) 197100 ブラック
2001年に東京原宿で生まれたスニーカーブランドです。カジュアルでストリートで活躍出来そうなスタイルを採用したこちらのスニーカーは、現在ジーフット系列で購入する事が可能です。

今はブランド価値がかなり低下した事があり、ジーフットで取り扱っている中でもそこまで高い価値がなく、かなり安く購入可能です。

しかし、カジュアルを追求した装いや靴の機能性を考えると、コスパ最強のローテクスニーカーと言えるのではないのでしょうか。

ローテクスニーカーの定番であるキャンバス生地を採用したモデルと、スケートシューズのモデルが、汎用性がありながらも最高にスタイリッシュでおすすめです。
G-FOOT shoes marche

ローテクスニーカーはシンプルに白で!


ローテクスニーカーは、アッパー素材・糸・アウトソールなど最低限の構成されたスニーカーです。

元々はナイキのエアマックスの様な近未来的でメーカーの機能を充実させた「ハイテクスニーカー」に対して使われていましたが、現在はローテクスニーカーの方が、ワードとして多く聞く事が多いのではないのでしょうか。

それほど高い注目を集めている「ローテクスニーカー」ですが、注目の色は「白」です。

簡素で使いやすさがあるローテクスニーカーはシンプルなカラーである「白」と「黒」がおすすめです。

その中でも「白」は足元を清潔感溢れる雰囲気で演出してくれるので、スタイリッシュにより幅広いコーデにも対応してくれます。

スニーカー文化において、清潔感を与えるというのは非常に難しいとされていますが、ローテクスニーカー×白の組み合わせは高いレベルの清潔感を与えます。

足元の清潔感を演出するという事は「大人なコーデの手助け」や「幅広い対応力」を実現しますので、清潔感あるローテクの白スニーカーは、一足は持っておきたいアイテムと言えるのではないのでしょうか。


ローテクスニーカーは流行の中心?

こちらでは、私のこだわりでもある「価格面」に重点を置き、ローテクスニーカーをご紹介しました。

最近のスニーカーの流行といえば、厚底などのボリューミーなスニーカーが中心になっています。

では、それとは真逆の様なスニーカーである「ローテクスニーカー」は流行りの中心ではないと言えるのでしょうか?

個人的に思う事は、流行りの中心で注目を集めているのは「ボリューミーなスニーカー」ですが、長い間流行の中心であった「ローテクスニーカー」は流行りというより、一足は持っておきたい万能なスニーカーというイメージです。

スニーカーが文化になっている様に、ローテクスニーカーは「流行」というより、当たり前の様に持っている「文化」の様な存在ではないのでしょうか。

こちらでは、世の中に多く存在するローテクスニーカーの中から、有名ブランド・次に来るマイナーブランドから、3つずつおすすめのローテクスニーカーをご紹介しました。

こちらで紹介したおすすめローテクスニーカーがあれば、幅広いコーデに対応できます。使いやすくコスパが良いローテクスニーカーばかりですので、是非チェックしてみて下さい!



[内部リンクやスポンサーサイトなど、、、]
靴を買ったらおすすすめされる「防水スプレー」防水スプレーって本当に必要? [元靴屋のひとりごと]

コンバース・オールスターを元靴屋店員が徹底的に紹介!魅力は?サイズ感は?選び方は?[元靴屋のひとりごと]

タイトルとURLをコピーしました