選び方が難しくなってしまったランニングシューズ。元スポーツ店員の私が軽くアドバイス。 (2020年5月28日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

ナイキヴェイパーフライで選び方が難しくなった「ランニングシューズ」の選び方

こんにちは。おつまむです。コロナによる緊急事態宣言が解除されこれからランニングを楽しみたいという人も多いのではないのでしょうか?

ある程度のランニング経験者であれば、ランニングシューズの選び方は、おちゃのこさいさいだと思いますが、最近は「ナイキヴェイパーフライ」の盛り上がりで、少しランニングシューズの選び方が難しくなったようにも思えます。

そこで今回は、初心者を想定したランニングシューズの選び方を、元スポーツ店員である私が!一方的に接客しようと思います。

ナイキヴェイパーフライはどんなランニングシューズ?

そもそもナイキヴェイパーフライとは…?ナイキヴェイパーフライは、厚底のアウトソールを採用した高性能なランニングシューズです。

ナイキヴェイパーフライの性能として画期的だと思ったのが、ミッドソールの機能とカーボンプレートを採用した事にあります。

カーボンプレートを搭載する事で高い反発性能を実現。さらに軽量なのでランニングシューズに組み込んでも問題無し。

そしてこの高性能な反発性能のバランスをとるミッドソール「ズームX」で高い安定性を確保。またアウトソールのナイキ特有の軽量で高いクッション「厚底」と形状は高いクッション性だけではなく走行性能をより効率化させています。

とまぁ画期的なランニングシューズですね。マラソンの新記録がバンバンでるもので、オリンピックの規制対象になる所でしたが、現在発売されていて(4か月以上)ソールの厚は40mm以下、複数のプレートが使用されていなければ規制の対象にはならないという事。

えぇ…カーボン許されてしまった。世界陸連はカーボンプレートを入れる事を「技術の進化」と捉えた様ですね。

ナイキヴェイパーフライは初心者におすすめ?

このナイキヴェイパーフライは初心者におすすめなのかどうかという点ですが、イエスでもありノーでもあると私は思います。

理由はこのランニングシューズの性能を「安全に」発揮させるのであれば、上手な体重移動を常にしなければいけません。

なので上手な体重移動を心がける事により正しく走る事ができます。しかし、長時間ブレなく正しく走るという事は非常に難しい。クッション性も非常に高いランニングシューズですが、このクッション性は走行効率を活かす為のもの。

ある程度筋力がある男性で、これからランニングを始めるという人にはおすすめできると私は思います。ただ、スゲー高いから結局あまりおすすめできませんw

人気の国産ブランド「アシックス」がおすすめ?

それで次の候補に挙がってくるのが「アシックス」。日本が誇る人気スポーツブランドですね。高いクッション性・サポート性能が特徴的なランニングシューズが多いです。

またランニングシューズの幅も広く、幅広のモデルが発売されている等、選び方が幅広いのも支持されている理由の一つです。

しかし、アシックスのランニングシューズはサポート性能が充実し過ぎており「足が過保護になる」や「クッションが沈み過ぎて走行動作の妨げになる」等の指摘もありました。

だがしかし!ナイキの厚底シューズに対抗して発売した?アシックスの厚底ランニングシューズ「EVORIDE」はこれまでのアシックスのランニングシューズの概念の真逆を行きました。


ただ、これまで培ってきた性能を上手く乗せているので、軽さ・反発性・クッション性の3つ見事に実現し。さらにメーカー希望価格「11,000円」という驚愕の安さ。

怪我持ちの人はアシックスの中でクッション性が高い「ゲルカヤノ」等アシックスの高い性能をもったランニングシューズを選べば良い。

アシックスと方を並べる国産ブランド「ミズノ」は?

初心者におすすめのランニングシューズ、次も国産ブランドから「ミズノ」です。アシックスが「柔軟」であればミズノは「剛性」といったところ。

アシックス同様日本人向けのランニングシューズに定評があるブランドです。アシックスが得意とする「ゲル」が衝撃吸収材、対してミズノが得意とする「ウェーブ」は衝撃分散材です。

ミズノは着地による衝撃を受け止めるのに対して、ミズノは衝撃を分散させ次の走行に繋げるという感じです。

ナイキヴェイパーフライに近いですね。もっとライトにして足の負担を少なくしたような感じです。正しい走りを促すモデルが多い一方で、アシックスの様に衝撃を吸収してくれないので、足への負担はどうしても多くなります。

ですがそれ以外のねじれ防止機能やフィット性能は、アシックスと同等と考えてよい。

結局アシックス・ミズノがおすすめ

ナイキヴェイパーフライが有名になり機能を調べたりしていると、アシックスとミズノは完全敗北だなと私は思いました。

高い技術はあるとは思うのですがね。ただ、これは「長く速く走る」という点においての問題。多くのランナーは「安全に長く走りたい」と思いますよね。

その点においてはアシックス・ミズノはまだまだ負けていないと思います。また様々なランニングシューズはメーカーサイトとかで分かりやすくシューズの説明がされています。

是非これからランニングを始めるのであれば、アシックス・ミズノを選択して下さい。

違う記事も宣伝していくスタイル

★これからランニングを始める人はアシックスでどうだろうか?入門者にアシックスをおすすめする理由! (2019年7月7日カル〇スブログ)

★現行ヴェイパーフライはセーフに!世界陸連が新規性を発表! (2020年2月1日カル〇スブログ)

★ヨネックスがガチればナイキ「ヴェイパーフライ」にも届き得るのではないのか?(元スポーツ店の私見)

★ヴェイパーフライに追随するアシックスとミズノ!元スポーツ店店員の私見をお話したい。[nike/vapor・fly]

★靴を正確に履く為のポイントは?足のサイズの測り方や選び方等を一方的に接客する。[元靴屋のひとりごと]

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)