日本でもアマゾンアソシエイト紹介料率大幅カットか?オワコン化が加速するブログ…

こんにちは。おつまむです。スマホでクロームのおすすめニュースをちょくちょくみているのですが(その人に合わせた記事が表示される)とても興味あるニュースを見つけたので、自分なりの私見を綴ろうと思い久しぶりのブログ記事。

さて今回話題にするのは題名にもある様に、アマゾンアソシエイトについてです。参考記事→Amazonがアフィリエイトリンクからの紹介料率を大幅にカットすると決定、商品によっては50%以上のカットも

ブログに広告を貼り、そのリンクから紹介する事で報酬が貰える「アフィリエイト」。そんなアフィリエイト広告の代表的な一つ「アマゾンアソシエイト(アメリカ)」が、4月14日より一部製品の紹介率を大幅カットされるとの通知があった。

これは「アメリカ」のアマゾンに限った事であり、日本のアマゾンアソシエイトが、紹介率の大幅カットをしてくるかは2020年4月17日現在では不明だ。

そこで今回はこの話題になっているアマゾンアソシエイト紹介料カットについてや、ブログはやはりオワコンなのか等、私が思う事をこのブログに綴ろうと思う。

しかし注意してほしい点が2つ。1.この記事はあくまで個人的な感想なので、これが「真実」ではないという事、2.「アフィリで稼ぐ方法」はここではご紹介していないという事、この2点を了承して頂きたい。

ここまでクッソ長い前置きを見て頂いたので、時間に余裕があるのであれば読んで欲しい。内容もそこまで濃くないので、頭に入りやすいと思いますので…よしなに…

アマゾンアソシエイトの紹介率カットが日本でも適応されたらいよいよブログもオワコンの向こう側へ?

オワコン…主に一般ユーザー又は、個人ユーザーに飽きられてしまい、一時は栄えていたが現在では見捨てられてしまったこと、ブームが去って流行遅れになったこと、および時代に合わなくなった漫画・アニメや商品・サービスを意味するインターネットスラングである。ウィキより参照

アマゾンアソシエイト紹介率大幅カットで、いよいよブログもオワコンか…?と感じる今日この頃。まてまて…もうブログ自体がオワコンだよ?って人も多いと思います。

そもそもブログは本当にオワコンかどうか?と言われれば、私は「イエス」とお答えします。なぜなら周りにライバルを作りたくないからです。という冗談はおいとき、ブログ自体がオワコンというのには色々な理由があります。

個人的に思うのはSNSの普及です。必要な情報は手軽にツイッターから得る事ができ、エンタメ・深い情報はユーチューブから得る事ができます。

さらにSNSの普及により、ヤフーやグーグルの検索ツールからの検索が少なくなっているというのも理由の一つではないのかと思います。その他にもパソコンを使う人が圧倒的に少なくなり検索のきっかけが減った等があります。

そして今回の話題であるアフィリの代表格であるアマゾンアフィリの紹介率大幅カット…

ブログがオワコンだなと感じた人の中には「アマゾンアソシエイトで稼げなくなりブログの終わりを感じた」という人もいます。なぜアマゾンアフィリがブログで稼げる指数の様になっているのでしょうか?

理由はアマゾンという高いブランド力と紹介料の高さです。ブログに広告を貼る時、ASPという広告者とブロガーを仲介する業者の様な会社があります。

そのASPに登録し、各ASPの会社が提供する広告を貼り商品を紹介する事で収益が生まれます。

アマゾンアソシエイトで商品を紹介する紹介率は、他のASPサイト経由で紹介するより紹介率が高いのです。

さらにアマゾンで買い物をする人がここ数年で大幅に増えているのは周知の事実で、他のASPで紹介する広告より、アマゾンアソシエイトの広告を貼る方が簡単に売り上げに繋がるのも人気の理由といえます。

アマゾンもASP(もしもアフィリ等)に登録されており、ASPによって紹介料は変わりませんが、アソシエイト同様に審査がある事や、アマゾンアソシエイトの様々な便利なツールや広告を簡単に使える事を考えると、アマゾンアソシエイト経由で広告を貼る方が良いのではないのでしょうか。

これだけのブランド力があり、紹介料の高さ・便利な広告等に定評がある”アマゾンアソシエイト”。アマゾンアソシエイトで収益を上げられないならブログはオワコンだと思う人もそりゃ多くいます。

そこに日本でもアマゾンアソシエイト紹介率の大幅カットが起きると、稼げる要素は「ない」とは言えませんが、難しいですよね?

またこの紹介料カットは日本でも実施されるのではないのか?と感じます。理由は上記で述べてきたようにブログのオワコン化が進んでいるからです。

ブログを通じての売り上げが少なければ、縮小するのは当たり前ですし、なによりアマゾンには高いブランド力があるので、直接アマゾンで検索しレビューをみて自分で選択し購入します。

そうなるとブログはいよいよブログはオワコンの向こう側に行ってしまう…という事で今後はユーチューブとかツイッターとかインスタとかで稼ぎましょう!と言っておきたい。

ではなぜ”ブログ”を選んだのか?

私がブログ運用をし始めたのは約3年前です。はっきりいって遅すぎますよねwでも私はユーチューブ等のSNSよりブログの方が「稼げる」と感じたからブログ運用を始めました。

稼げているかどうかをご紹介するのは、ブログ運用をする上で「ご法度」だと思っているので、その辺は伏せておきますが、一応収益化には成功しています。本当に微々たる金額ですが、良いお小遣い程度にはなっています。

オワコンだと言われるブログを始めた理由は、収益化をする際に自分自身とブログとの相性が良かった事や、仕事でのしがらみで出来ない事をブログで疑似的に出来ると思ったからです。

その辺りの事はまたの機会に…。それでは今後アマゾンアソシエイトの紹介料カットでブログを辞めるのか?と言われれば答えは「辞めません」です。

アマゾンでも収益化はしておりますが、本当に微々たる金額ですしそこまでブログ活動に影響はありません。

ブログを始める際に色々な事を調べましたが、その中に広告についても調べました。その時からアマゾンアソシエイトは「選択肢の一つにすぎない」ぐらいの考えでした。

ですので日本でも紹介料大幅カットされたら痛手ですがそこまで落胆はしません。それよりも心配なのが、メインで貼っている広告が、アマゾンアソシエイトと足並みを揃えてしまうという事。

まぁ最近のブログ活動は始めた当初の「稼ぎたい」というより、どれだけ人を集められるのか?という「趣味」みたいな感じになっているので、別に良いかw稼ぐならやっぱりユーチューブですぜ!

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★リサイクショップというダンジョン(職場)に就きました。1

★スーパーマーケット従業員のスーパートーク (2020年3月16日カル〇スブログ)

★転売されそうだな…って思ってたスニーカーと、転売ヤーへの個人的な私見。

★[非常事態宣言とはなんだったのか]スーパーの肉屋アルバイト店員が語る地獄の4日間(2020年2月27~3月1日)

★WordPressとcocoonで新しいサイトを作っちゃった(低クオリティ) (2020年2月8日カル〇スブログ)