現行ヴェイパーフライはセーフに!世界陸連が新規性を発表! (2020年2月1日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

良い判断!道具の技術の進化ではないだろうか!

こんにちは。おつまむです。オリンピックイヤーに舞い込んできたナイキ・ヴェイパーフライの規制問題。

数多くのメディアが、ヴェイパーフライは世界陸連の新規制にかかりアウトになるのではいのか…と報道していたが、風向きがいつの間にか変わりまして。1月31日に世界陸連は規則の修正を発表。

新ルールについて→①20年4月30日以降は、レースの4カ月前からオンライン、または店頭で購入できること(医学的理由などでカスタマイズされたものは許可される)

②ソールの厚さは40ミリ以下、複数の剛性の埋め込みプレートは使用できないなどの要件を満たさない靴は無期限停止となる。

こちらから引用→厚底シューズで世界陸連が新規則発表 ナイキ現行モデルは可“2時間切り”靴は規制に

やはり「ソールの厚さ」が規制対象になりました。個人的にはそこでは無い気がするけど。という事で、ソールに埋め込まれる「カーボンプレート」についてはセーフ。

ただ「複数の剛性埋め込みプレートはアウト」という事で、厚さが37ミリでカーボンプレート1枚の現行のヴェイパーフライはセーフという形に落ち着いた。

個人的には素晴らしい落としどころだと思いますし、カーボンプレートが認められたという事で、もっともっとランニングシューズは進化していくのかなとも感じます。

まさに道具の進化をみたという感じですね。また今までのレーシングシューズの常識に囚われないナイキのアイディアにはいつも驚かされます。

ナイキフリーというふにゃふにゃなシューズの真逆のシューズを出すわけですから…また国産ブランドのアシックスとミズノも負けじと、ヴェイパーフライに対抗する為のシューズを開発しました。

ただこのミズノとアシックスの高速シューズは「プロトタイプ」なので①の「20年4月30日以降は、レースの4カ月前からオンライン、または店頭で購入できること」に引っ掛かる事があります。3月には発売しないといけませんね。

ナイキ・ヴェイパーフライはトーピングシューズ等と言われていますが、屈曲性がなく進む力が強いので、合う・合わないというのは人により出てきます。

靴にエンジンがついているとか、禁止になりましたがカーボンプレートを何枚か組み合わせる事で、推進力とクッションをより強固にすればリスクをそこまで共わないので、ドーピングシューズと言われても仕方ないです。

ですが現行のナイキ・ヴェイパーフライを履く事でリスクを負いますし、なによりヴェイパーフライの恩恵を受けるためにトレーニングや走りを変える人もいます。

「トレーニングや走りを変えた人もいる」という見方からも、今回の新規則はかなり良い判断ではないのでしょうか。

さてさて道具の進化を見せつけた「ナイキ・ヴェイパーフライ」ですが、今後他社も負けじと追随してほしいなと感じます。

個人的に注目しているのは「ミズノ」と「プーマ」です。ミズノについては、以前取り上げたことがあるのですが、真っ白なプロトシューズが箱根駅伝で躍動しました。

そもそもミズノのランニングシューズは衝撃を推進力に変える技術が素晴らしいシューズでして。今はナイキ・ヴェイパーフライの下位互換的な感じになってしまいましたが…

まぁナイキ・ヴェイパーフライという大きな壁がある事で、ミズノのランニングシューズは一躍伸びてくるのではないのかと感じています。今まではアシックスに推され気味でしたが。

そしてもう一つ注目しているのブランドが「プーマ」です。日本人にはあまり注目されないブランドですが「早く走る靴」という技術においてはかなりの高い技術を持っているブランドです。

足幅が狭くリスクも負いがちになりますが、今の若い世代はちゃんとした靴のサイズ選びをしていますし、食生活の変化で頑丈です。

今後プーマとミズノがどの様なランニングシューズを開発してくるのかにも密かに注目しています。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★ナイキ「ヴェイパーフライ」禁止か。元スポーツ店店員はどう思う?[nike/vapor・fly]

★ヴェイパーフライに追随するアシックスとミズノ!元スポーツ店店員の私見をお話したい。[nike/vapor・fly]

★ヨネックスがガチればナイキ「ヴェイパーフライ」にも届き得るのではないのか?(元スポーツ店の私見)

★これからランニングを始める人はアシックスでどうだろうか?入門者にアシックスをおすすめする理由! (2019年7月7日カル〇スブログ)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)