パワハラが横行している職場で働いています。ちょっと愚痴りたい。 (2020年2月5日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ 
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス 
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

若い社員が毎日怒声を浴びせられている。見てるこっちもそろそろしんどい…

こんにちは。おつまむです。今回はちょっと愚痴を…ね…。私は月の半分ぐらいはとある小売業で働いています。理由は、夏に友達の農家のお仕事を手伝っているからです。

その他にも、前はライティングとかの仕事をもらっていましたが、ライティング業も結構厳しくなってきており、結局仕事を貰う事もなくなり、農家が始まるまでは月の半分は仕事をしていませんww

とはいっても夏になれば毎日仕事なのですけどね…。それでね、月の半分ぐらい勤めている会社なのですが…まぁ怒声が毎日の様に響き渡っているのですよ…

ちなみに怒られているのは私ではなく違う人。その怒声を毎日浴びせられている人は、若手の社員で、今年3年目を迎える社員です。

そしてこの社員…2年間毎日の様に怒声を浴びせられているのに、辞める事無く未だにこの職場にかじりつく強いメンタルを持っています。

さて、なぜこの若い社員が毎日怒声を浴びせられているのか。まず始めに注意喚起しておきますが、一番悪なのはパワハラをしている方です。私の愚痴を進めるにあたり、これだけは言いたかった。

注意喚起したところで、なぜこの若手社員が怒られるか。理由は大きくわけて3つあります。

まず一つ目。単純に仕事を呑み込めない。仕事の飲み込みが「遅い」のではなく「呑み込めない」。一応徐々に呑み込んでいるわけではあるのですが…。

もう一般的な「仕事の呑み込みが遅い」を逸脱しているのです。普通の人が一日二日で覚えられる仕事があったとします。その子の場合はその仕事を習得するのに一か月…いや一年を要するかもしれません。

とにかく仕事を呑み込まないから、上司は「適材適所」な仕事をさせようとします。ですが仕事を呑み込まないから本当にやる事が限られるのです。

何とかできそうな仕事でも大きなミスをする。最初はみんな優しかったのです。ちなみに私とその若手社員は同時期に入社しています(私はアルバイトですけど)。

本当に最初はみんな優しく教えていたのです。私が今の職場に入社した時は人間関係がおだやかで…変に怒る人もいないですし、失敗しても優しく指導してくれました。本当に久しぶりに良い所に入社したなと。

それが今は…。

理由2つ目、その若手が「社員」だからです。私の職場は社員が3人、パート・アルバイトが3人の6人編成です。

先ほど、怒声を浴び続けられている社員は仕事が限られているという話をしましたが…まぁその仕事パート・アルバイトでもできるのです…

そしてその簡単な作業もミスをする→違う社員が怒る→焦ってまたミスをする→もっと違う社員が怒るの無限ループ。

また本来その若手社員がする仕事をパート・アルバイトが担い、それでも間に合わない(労働時間の関係で)場合は違う社員二人が休みや労働時間外にその仕事を担う。

結果、その社員の仕事を担っているパート・アルバイトの人や、負担を肩代わりしている社員の不満が爆発。

正直私が出勤した時はその社員がやるはずの仕事をしています。私も不安がありますが、怒声を浴びせるような事はしません。たまに陰口をこぼす事はありますが(いや、しょっちゅう)。

こっちは最低賃金、あっちは社員だから月20万円以上を貰っているわけで。勿論労働時間は若手の社員の方が多いので仕方ないですが。ですが…

最後3つ目は「応用」ができない事です。普通なら少し考えればできる事も、教えてあげなければいけないので、逆に何を教えていいのか分からくなります。

みんな必死にあれこれ教えるわけなのですが、途中から何教えているのだろう?ってなり怒りがこみ上げるのです。

特に面白かったのが、売場でイヤホンをつけて音楽を聴きながら仕事をしていて、上司が「仕事中はイヤホンで音楽を聴きながら仕事をしたらダメなんだよ」って注意していた事です。

普通は少し考えればわかる事です。それがその子には教えてあげないと分からないのです。常識を知らないってのも関係しているかも。

また悪い子ではないのでが、応用を利かせた言い方ができないので、上司に喧嘩を売っている様な説明になったりします。

この3つの若手社員の特徴が1年目より2年目、2年目より3年目と、どんどん怒声がひどくなっているのです。

見ているこっちがしんどい…

パワハラをする方が一番悪いのですが、怒声飛び交う職場になるまでの過程を見てきた私としては、今まで必死に教えてきた社員やパートの人達の気持ちも分からなくもない。さすがにあれだけの怒声を飛ばすのはどうなのかなとは思いますが。

ただ、出来ないものは出来ない。怒声を飛ばされている社員をみるのは本当にしんどい。だから自分がしんどくなりたくないから、その社員を必死にフォローをする。

フォローをするのだが、逆にフォローをすればするほどその社員の仕事を奪ってしまい、その社員がする事がなくなりまた怒られる。

となると、怒声を飛ばす人をなだめようとする。パワハラの根源を絶つ作戦だ。そうなると逆に私にも被害が及ぶわけだ。そりゃあ、頭に血が上っているからね。

そしていつの間にか私もその社員の陰口を言ってしまう。ミイラ取りがミイラになっとる。陰口って怒りを増幅させるか、言ってすっきりするかのどちらかだと思うのだけど、私は言ってスッキリタイプ。

怒声を浴びせている人は、怒りを増幅させていくタイプ。つまり逆に燃料を投下してしまったのだ。何やってんだ、私。

もしかしたらその若手社員は何かしらの精神的な病気なのかもしれない。ただ、いくら怒声を飛ばす社員とはいえ「病院行け」とは中々言えないらしい。

そして最近、フォローをしている私が気にくわないのか知らないが、とんでもない裏切り行為にあった(おそらくその社員は無自覚)。

仕事への態度はまじめだ。特に素行が悪いわけでもない。言われた事もやろうと頑張る。ただいつまで経っても仕事が呑み込めない。

だから、怒られているのを見るのが余計しんどい。例えば素行が悪い奴とかだったら、ざまぁwwとか思うのだが別にそういう訳でもない。

ただ、かわいそうかどうか?と言われれば…うーん。なんだろうね、とにかくしんどい。この怒声を聞くのがとにかくしんどい。

心の中では仕事辞めてくれないのかぐらい思っている。ただそう思っているぐらいなら、私が辞めようかなと思っている。まさかの裏切りにもあったしね。

まーた、職探しかぁ…都合よく15日勤務で社会保険かけてくれる職場あるかなぁ。あと人間関係が良好なところ。

うーん、そんな職場があればみんな辞めずに働いているか…。あーストレスが前立腺にくるのじゃー。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★弱い自己主張は捨てられて、強い個性だと殺される←吉井さん天才過ぎるでしょ。(2019年7月26日カル〇スブログ)

★心が狭い男、床屋へいく。[日常ブログ] (2019年12月13日カル〇スブログ)

★「ぱくたそ」というサイトのフリー画像が色々とやりすぎな件(2019年6月23日カル〇スブログ)

★転売を生業としている人へ。元リサイクルショップ副店長の新たな提案です![スケート・キングスパワー]

★[あけおめ☆]小売店の初売りについて色々と語るだけ (2020年1月1日カル〇スブログ)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)