靴を買ったらおすすすめされる「防水スプレー」防水スプレーって本当に必要? [元靴屋のひとりごと]

こんにちは。おつまむです。靴を買ったらかなりの確率でおすすめされる「防水スプレー」。私も接客時には狂ったように防水スプレーをおすすめしていました。

懐かしいですねぇ。靴屋の業務で一番嫌なのがこの接客でしてねぇ。そりゃあ素直に買ってくる人もいますが、そんなのは本当に少数。

いりませんと普通にお断りする人が殆んどですが、中には機嫌を損ねて怒る人もいるのですよね。

はるかにそういう人は少ないのですが、やはり一度怒られると妙に疑心暗鬼になってすすめたくなくなったりしてね。

とはいってもこれも靴屋の仕事ですから。私はちなみに狂ったように防水スプレーをおすすめし続けた結果、一か月で100本程売る事ができました。

上には上がいて、倍以上売っている人もいましたけどwさてさて、そんな狂ったようにおすすめしていた「防水スプレー」。

私の友達も、初売りの時に防水スプレーをすすめられて、断り切れず購入していましたが…はたして防水スプレーは必要なのか?というのを今回ご紹介いたします。

狂ったように防水スプレーをおすすめしていたので、防水スプレーについての知識もそれなりに学びました。

その上で!靴を購入した際に防水スプレーは本当に必要なのかどうかを、狂ったように防水スプレーをおすすめしていた元靴屋店員の私がご説明します。

防水スプレーは必要?防水スプレーの性能と靴の性能を比べて「自分」で判断しよう!

私の友達が初売りで、靴を購入し防水スプレーをおすすめされ、断り切れなく購入していました。

ちなみ友達は「継続してスプレーする自信がない…断り切れなかった」と言っていましたwwとまぁ、私の友達の様に継続的に防水スプレーを使用する自身がないのであれば、断れば良いと思います。お金の無駄です。

防水スプレーというものは、水を弾く度に効果が失われていきます。そして弾くのは水だけではありません。汚れも弾きます。ですので防水スプレーの効果は思ったよりも短いのです。

その為、継続的に防水スプレーをしないと感じるのであれば、買わない方が良いのです。防水性のある靴や、撥水効果がある靴を選んだ方が良いでしょう。

では防水スプレーが必要な人はどの様な人なのか?それは靴を大事にしたい人や、汚れや水を吸い込んでしまう靴を履いている人の事を指します。

例えば、天然革の靴を履く人や、長く靴を大事に綺麗に履きたいというのであれば、防水スプレーは必須です。

天然革を採用したスニーカーやビジネスシューズ等の靴は、人の肌と同じで気孔があり水や汚れを吸収してしまいます。

その反面革が伸びるので、履けば履くほど自分の足にピッタリあった靴となっていくのです。汚れや水というのは、革靴類の気孔の間に水や汚れが詰まると、寿命を短くしてしまう事があります。

ですので、革素材を採用した靴には防水スプレーは必須といえます。では逆に合皮素材やゴアテックスを使用した防水効果がある靴には必要ではないのか?と言われると、そういう訳ではありません。

防水スプレーには「汚れ」も弾く効果があります。また完全防水を謳っている靴以外の防水性や撥水性ある靴だと、ある一定の効果を過ぎると水が浸入します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GT防水スプレー 146ml –
価格:1100円(税込、送料別) (2020/1/31時点)

より防水性を強固にしたい人は、防止性ある靴にも防水スプレーを使用する事をおすすめします。

とまぁ。途中から私の接客文句になってしまいましたが…そんな狂ったように防水スプレーをおすすめしていた私自身は防水スプレーを…持っていませんww

勿論購入して使った事はあります。実際に使わないと効果なんて分かりませんし。そして実際に購入して、思った以上に高い効果を感じる事ができました。

ですので接客時に、狂ったようにおすすめする事ができたのです。そして靴屋に置いてある防水スプレーは、スポーツ店とかホームセンターに置いてあるものより割高ですが、高性能で機能が長持ちです。

「靴」というデリケートなアイテムに使える防水スプレーですから、他のモノにも使えますし性能がよい!

ですが私は持っていないwwではなぜ私は防水スプレーを持っていないのか?それは防水スプレーの性能と靴の性能を比べて「私は」必要ないと感じたからです。

私は多くのスニーカーを所有しており、雨が降れば防水性がある靴を、雨が多い時期や冬の季節には撥水性がある合皮の靴を履きます。

そしてアウトドア活動に出る時はアウトドアシューズを。また車に大量のスニーカーがつまれているので、その時その時によって靴を履き替える事もできます。

私的に防水スプレーは「水を弾く」よりも「汚れを弾く」効果に魅力的を感じますが、それでも防水スプレーから受ける恩恵は私にとっては非常に少なく、防水スプレーを使用する機会が非常に少ないのです。

毎日スニーカーは違うのを履くので汚れる事も少ないですし…。私が持っているスニーカーの中には、防水スプレーを必要とするものは多くあります。

ただ、場面によって適正な靴に履き替えている事、一つの靴を毎日履いている訳では無い事を考えると、私は必要ないなと判断しました。

それに掛ける頻度が少ないので、防水スプレーがあっても忘れる事もありましたしww

靴屋に売っている防水スプレーは非常に性能が高くおすすめです。ですが靴の性能と比較した時に必要かどうかというのをまず判断しましょう。

そしてその防水スプレーから受けられる恩恵が「少ない」と思うのであれば購入は控えましょう。先ほども申し上げた様に、防水スプレーの効果は水や汚れを弾く度に効果が落ちる為、こまめに防水スプレーをかけなければいけないからです。

防水スプレーが「必要」と感じる事が少なければ、高い頻度で防水スプレーを掛ける事がなくなり…と私の友達の様に置物になる事必須です。かならず最後は自分で判断する。そこが一番大事です。

防水スプレーについての注意点

防水スプレーが必要かどうか?という点ですが、防水スプレーの性能と靴の性能、そして自分にとって本当に必要かどうか?というのが重要なポイントです。

ただ、持っていない私が言うのもあれですがww防水スプレーは無いよりあった方が良いです。水から靴を守る効果もそうですが、やはり汚れを弾くというのは靴にとって大きな利点です。

では、最後に防水スプレーを使う際の注意点についてご紹介します。まずスプレータイプですので、火気厳禁・使う際は屋外が基本です。この辺は普通のスプレー缶と一緒です。勿論使っていて気分が悪くなる様でしたら、使用を中止しましょう。

靴にスプレーをする際は20cm程度離してスプレーしましょう。でないと革の素材によってはシミになる事がありますのです。

防水スプレーを使用した際の、靴の機能低下について。靴屋で売っている防水スプレーで機能性が低下する靴は殆んどありませんが「ゴアテックス採用」の靴には靴屋に置いてある防水スプレーでも、かける事はおすすめできません。

ホームセンターやスポーツ店で売っている安い防水スプレーはもってのほかです。理由は、ゴアテックスの性能にあります。

ゴアテックスは汗等の小さな粒子を押し出す「気孔」が付いており、この気孔は外からの水を完全に遮断する性能も持ち合わせています。

しかし防水スプレーをかける事でその高性能な気孔が塞がれ、汗を逃がす機能が失われるという事が起きてしまうのです。

靴屋にある防水スプレーは、汗を逃がす様な成分を含みますが、それでも気孔を覆う事には間違いないのであまりおすすめできません。

また防水スプレーが効果を発揮するまでの時間について。防水スプレーをかけてから、乾かないうちだと防水効果は発揮しません。

それどころか、逆に汚れや水を巻き込む事になり逆効果になります。防水スプレーは出かける前ではなく、掛けてから30分は乾かしましょう。

注意点はこんなところですかね。防水スプレーを買うも買わないも人それぞれ。あった方が良いですが、継続して掛けないのであれば意味がありません。

頻度は毎日やるべきだと考えます。その点を踏まえ必要かどうか。店員さんがすすめるからと購入するのはあまりおすすめできません。

それにスプレー缶って処理するの面倒ですし。ただ靴を大事にしたいというのであれば是非購入して下さい。靴屋の防水スプレーは他のモノにも使えて高性能なので便利ですよ!

その他のひとりごと。(内部リンクは基本ですね☆)

★靴を正確に履く為のポイントは?足のサイズの測り方や選び方等を一方的に接客する。[元靴屋のひとりごと]

★知らないうちに発売されてた「コンバース・ネクスター」とは?色々調べてみた![conversenextar][元靴屋のひとりごと]

★コンバース・オールスターの魅力を徹底的に紹介!サイズ感は?選び方は?[元靴屋のひとりごと]

★ニューバランスML574が人気!人気色やサイズ感もご説明! [元靴屋のひとりごと]

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)