スライムライフ5巻のブラド・7巻のブラドと図書館の件、関係ある?

こんにちは。おつまむです。スライムライフ7巻がデジタル限定販売で、そこそこブーブー言っていた私ですが…まぁ7巻のスライムライフも最の高という事でね…。

いつかスペシャルなスライムライフ7巻が、紙媒体ででてくれるという布石という事でな。前向きに考えようと思う。

さて、題名の本題に入る前に報告と注意。本日1月29日は大人気声優、佐倉綾音の誕生日です(パチパチ)。それと私も本日1月29日誕生日です。私の事ココアちゃんって呼んでもいいのよ?

ちなみに私は32歳になりました。親からはあんたの歳忘れたと言われ、誕生日にマネーを請求した妹とは音信不通に。ただ、私と同じように適当に働いている姉からはケーキを頂いた。

流石アッネ。さて今回はスライムライフ7巻を読んで、気になった点があったのでちょっと私が思う事をお話したい。

特に考察とかをしている訳ではないので、過度の期待はよしてくれたまえ。それと、今回気になる点をご紹介するにあたり、普通にネタバレを致します。それが嫌な場合でも読んでいってください。

スライムライフ7巻を読んで思った事。5巻で語ったブラドの話と7巻と。

さて、注意喚起もしたところで。今回の話題ですが5巻「ブラドの大魔法」で語られた話と7巻の「ブラドの報告」そして7巻の「歴史とフェンリル」で語られた「フレクシア・アルカード」の話は何か関係しているのでは?というお話です。ていうか「アルカード」繋がりで関係しているだろう!!

その前に今回のお話で必要な最低限の人物紹介を。スライムライフの主人公は題名の通り「スライム」。スライムを雇っているのが黒魔導士「ダルル・アルカード」、ダルルの兄が「ブラド・アルカード」、そして6巻でスライムの友達になった伝説の狼「フェンリル」。

その他にも多数の登場人物がいるのだが、気になる人は至急、全巻アマゾン等で購入してくれ。ちなみに7巻は紙媒体ではないので、今から全巻集めるのであれば電子コミックをおすすめする。

まずスライムライフ5巻のブラドの大魔法から。スライムが街の工房で作った大切な仲間「ゴーレム」が事故で壊れて動かなくなってしまった。

ゴーレムは一度壊れると蘇る(直す)事がない。スライムやダルルが失望している中、5巻で現れたのがダルルの兄ブラド。

ブラドは禁術を使いドラゴンに変身し「ゴーレムを直せないってのもそれは現状の話」とゴーレムを「直す」というあらたな提案をした。

その事でスライムは元気を取り戻した。その時ブラドはとある昔話をスライムにしている。その内容が「内容は深く知らないが、かつて一人の魔法使いが実現不可能だと思われていた魔法を研究していた。周りからは[実現不可能]だと笑われたがその魔導士は研究を辞めなかった」

「そしてその魔導士はついに不可能と言われていた魔法を完成させた」という話だ。この話を読んだ時は深くなにも思わなかったのだが、7巻を読んでこのスライムに話した話は今後、ストーリーに大きく関わってくるのでは?と勝手に思ったのだ。

次はその7巻「ブラドの報告」から。ダルルの家族は兄のブラドぐらいしか語られていないのだが、前々から姉がいる事は判明して。そして7巻では姉が登場する。ブラド曰く、その姉は「ゴーレムを直す事ができるかもしれない」との事。

ブラドが「良い報告」として「ゴーレムを直せるかもしれない」とダルルに伝えたあと「悪い報告もある」と行った時にダルルが「お姉ちゃんが帰ってきたの?」と察している。

その事からはダルルは姉の事が苦手である事が伺え、相当な魔法使いである事も同時に伺える。また7巻の最後に姉がチラッと登場するのだが、かなりラスボス感がある。ただ、この姉(セラ・アルカード)かなりの妹好きとビンビン感じる。最高や。

そして7巻175話での歴史とフェンリルにて、叡智の図書館を訪れたフェンリルが司書?のスフィンクスに聞いた、伝説の魔法使い「フレクシア・アルカード」について。

スフィンクス曰く、フレクシア・アルカードは「なにを成したのか全くの謎の魔法使い。英雄なのか咎人なのかも分からない」という事。

この謎だらけの「フレクシア・アルカード」、5巻でブラドが語った不可能を可能にした謎の魔法使い、これはもしかしたら同一人物なのでは?と私は思ったのです。

またフレクシア・アルカードとブラドがスライムに語った人物が同一人物の場合、ブラドの方がスフィンクスより情報量が多いので、この伝説の魔法使いはアルカード家の先祖では? とも私は思った。

親友のヨルルから語られる「ダルル・アルカード」の才能、禁術を使えるほどの魔法使い「ブラド・アルカード」ラスボス感があり不可能と言われているゴーレムを直す可能性がある姉「セラ・アルカード」。そして伝説の魔法使い「フレクシア・アルカード」と共通の「アルカード」の名。

こんなほのぼのした日常系の漫画で、5巻と7巻の意味ありげな話と、7巻でのラスボス感ある姉の登場。伝説の魔法使いとアルカード家。

不可能を可能にした伝説の魔法使いフレクシア・アルカードが先祖的なものであったとして、その血を強く受け継いでいるのが姉のセラ・アルカードとしたら。

そうなるとゴーレムを直す「不可能」を「可能」にする事もできるのかもしれない。ふむ…私の勝手な妄想だけで色々気になってきたぞww

えっ?吸血鬼?

とまぁ、私の妄想が最後の方良く分かんない感じになりましたが、アルカードってなんか聞いた事ありますよね?

そう…「オープンセサミィ…」で有名な、ヘルシングの主人公「アーカード」です。アーカードの名前由来は、Draculaを反対から読んだものです。

そしてこの逆詠みには「アーカード」の他に「アルカード」という読み方もあります。ヘルシングのアーカードは吸血鬼です。

えっ?もしかしてダルルも吸血系女子?なのか?そういやぁ、ワルの実を食べた時可愛らしく牙生えていた様な…

兄がスライムを勇気づける時の「俺の魔法が初めて人の役に立ちそう」や姉のラスボス感、可愛いもの好きのダルルが家出をした事から、実家はすごい事をしていそうですし、まぁ吸血鬼の家系だったらありえる話ですよね。

また「なにを成したのか全くの謎の魔法使い。英雄なのか咎人なのかも分からない」というスフィンクスの話。ヘルシングの見すぎなのか、吸血鬼なら英雄でも咎人にもなりえる…

とにかく今後の展開が気になる7巻。そしてこんなにも健全な漫画なのに7巻からデジタル限定、ジャンププラスの年齢制限…これは…まさかのヘルシングへの路線変更??

だとしたら「ゆるプニスローライフコメディ」とはかけ離れてしまうwwでも8巻が気になるww

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★育成ゲー系漫画「スライムライフ」の面白さがビルドアップしている件(2019年7月16日カル〇スブログ)

★スライムライフ7巻の単行本…どこ? (2020年1月27日カル〇スブログ)

★[球詠]これぞきららのエース!武田詠深ちゃんのかわいい発言!ぐう畜な発言も合わせて15選!

★見える子ちゃん「さんかい」が確信に迫ったなぁ?! (2020年1月10日カル〇スブログ2)

★女子高生の無駄づかい7巻の感想。草ァ!! (2020年1月17日カル〇スブログ)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)