ナイキ「ヴェイパーフライ」禁止か。元スポーツ店店員はどう思う?[nike/vapor・fly]

こんにちは。おつまむです。オリンピックイヤーである2020年。衝撃的?なニュースが飛び込んできました。

それはナイキの厚底シューズが禁止になるのではないのか?という事です。問題になっているのはナイキのランニング・レーシングシューズ「ヴェイパーフライ」だ。

このナイキのヴェイパーフライというランニング・レーシングシューズは、ミッドソールに航空宇宙産業で使う特殊素材を採用し、特殊素材の間に反発力の高いスプーン状のカーボンプレートを挟み込んだシューズです。

このシューズが発売されてから、様々な大きな記録が誕生し、世界記録をもつキプチョゲ選手は非公式ながら、人類で初めて42.195kmを2時間切って走りました。

その他にもヴェイパーフライを履き多くの記録が更新されている訳ですから、間違いなく靴の恩恵は受けているといえるでしょう。

そして今回なんと「ヴェイパーフライ」が禁止になるのではないのか?と世界で報道がなされている。

今回はその事について元スポーツ店店員の私が思う事を述べようと思う。まず「ヴェイパーフライ」について私が思う事から。

さすがナイキ!他のスポーツブランドとは一味も二味も違うぜ!というのが「ヴェイパーフライ」を初めて知った時の感想です。

なぜなら、トレーニングをする「ランニングシューズ」はクッション性を高める為に厚底なものがありますが、記録を狙う「レーシングシューズ」はソールが薄く、さらに屈曲性があるものではいけないというのが常識でした。

それらの常識を覆したのがそう!「ヴェイパーフライ」であり、さらに結果も伴っていました。

禁止には反対!「不公平なサポート」に抵触する可能性があるのかが鍵。

そして、このシューズが禁止されるという事についての個人的な意見としては「基本的に反対」というところです。

禁止になるかどうかの判断基準は世界陸連が定めた規則「競技者の使用されるシューズはすべてのランナーが合理的に利用可能でなければならず、不公平なサポートや利点を提供するものではあってはいけない」にある。

まず冒頭の「競技者の使用されるシューズはすべてのランナーが合理的に利用可能」についてはスポーンサー等の問題があるにしろ、誰でも履く事ができますよね。

問題は「不公平なサポートや利点を提供するものではあってはいけない」という部分にあります。「軽さとクッション性を両立させるために使われた新素材」に関しては特に問題なさそうだが、問題は推進力を推し進める為にミッドソールにはめ込まれた「カーボンプレート」だ。

このカーボンプレートをいれる事で屈曲性はなくなる。しかしカーボン自体は屈曲しており元に戻ろうとする力が働くので、高い推進力を発揮します。

基本的に「クッション性」と「推進力」は共存しないと思っていた私にとっては驚愕の事実である。

そしてそれを可能にしているのが紛れもなく「カーボンプレートをミッドソールにはめ込む」というナイキの「技術」だ。

その技術が「不公平なサポートや利点を提供するもの」に該当するのか?と言われれば私はそうは思わない。

この「不公平なサポートや利点を提供するもの」という私の解釈は、自転車のレースにバイクで出るという様なもので「リスクなく別の力が大きく働いている」というもの。

「ヴェイパーフライ」にそこまでの別の力が働いているのか?と言われれば「かなり微妙なライン」ではあるが、屈曲しない分「怪我のリスク」があるという事も含め、私はセーフではないのかと思う。

ただ、このカーボンプレートを差し込むという技術に関しては、他の靴と比べ推進力が大幅に違います。野球で言うと「金属バット」と「木製バット」ぐらいの素材の差あるのかなと。この事が「不公平なサポートや利点を提供するもの」と指摘されても仕方ないのかなとも思います。

なので禁止は反対だが「仕方ない」という側面も大いにあるというのが私の個人的な考えです。ちなみに私は一度も履いた事ありませんww

決めるのが遅すぎて草も生えない

私がこの靴を履いて走れと言われてもおそらく良い結果は残せないでしょう。理由は慢性的な怪我を過去にしているので、この靴についていけないからです。

筋肉もつきづらい体質ですし、走りも屈曲性が高いランニングシューズ向けの走りですので。

ただこの「ヴェイパーフライ」に合わせたトレーニングをし、練習に励んできた人達が多くいます。

★大迫傑“厚底シューズ報道”早期決着を希望「どっちでも良いからさっさと決めて」

えっ?このオリンピックイヤーに禁止?たしか調査を始めたという記事がでたのが10月頃。まず動き出しが…

愛用している選手達はさっさと決めてくれという心境でしょうね。禁止になり、違うシューズになり怪我をしてしまうなんて事もあります。

スポーツ選手にとって道具は重要な相棒です。さっさと決まってほしいですね。

てかこの「ヴェイパーフライ」関連の記事を読んでいて知ったのですが、女子マラソンで16年前にラドクリフが出した世界記録が、最近更新されていたのですね。

ラドクリフ強すぎだろ…

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★FWザイオン・ウィリアムソン選手のナイキのバッシュが剥がれました (2019年2月23日カル〇スブログ)

★これからランニングを始める人はアシックスでどうだろうか?入門者にアシックスをおすすめする理由! (2019年7月7日カル〇スブログ)

★ナイキ・ターミネーターに今更はまっているにわかです。[元靴屋のひとりごと]

★コンバース・オールスターの魅力を徹底的に紹介!サイズ感は?選び方は?[元靴屋のひとりごと]

★中古スニーカー「ナイキ・ズームアップテンポ5」をお買い得にゲット!

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)