心が狭い男、床屋へいく。[日常ブログ] (2019年12月13日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

 

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

 

おつまむ 
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど(ひっそりやってます)インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

 

カル〇ス 
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

 

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

床屋に行くだけで怒る男、それが私です。

こんにちは。おつまむです。私は昔から心が狭い事で知られており、ちょっとした事ですぐに怒ってしまうどうしようもない人間です。

勿論社会では猫かぶって生きているので、誰かに怒ったり、人に不愉快になるような事はしておりません。多分。

心が狭いというのは本当に生きづらく、大変です。いつもちょっとした事にすぐ腹を立てています。

そんな私が床屋に行ってきました。ここの床屋には約2年通い続けています。特に髪型を気にするような人ではないので、自分で髪を切る技術があれば自分で切りたいぐらいです。

また床屋で話しかけられるとイラっとします。当たり障りのない会話を振ってきて、微妙な空気になるのが嫌だからです。

なので常連になってくると結構喋ってくる人が多いので、そうなると違う床屋で髪をきります。

そして今通っている床屋は全く話かけてきません。最高です。しかし今通っている床屋は、今まで行った床屋よりも悲しい感じです。その理由は、私の要望にまず応えてくれない。

そんなに難しい事は言ってないのです。耳を出して、あとは適当に自然に、前髪は眉の上1センチぐらい。これがいつもの要望です。

とにかく耳が出て、全体のボリュームが少なくなり、眉より上であればいいのです。なのに毎回ここの床屋は「眉の上」に髪がかかる感じで仕上げてくるのです。

確かに眉上だけど!わざわざ「眉より1センチ上」と伝えているのですよ?なぜ毎回伝わらない!

そしてそれを言えない私!言えよ!「あっ、いいですよ」って即答してるんじゃないよ!

ただ、この床屋、どの店員も喋りかけてこないから最高なのです。前髪ぐらいなら自分で帰って切れますしね。

そして最近髪が良い感じに伸びて、お客さんから女性と間違えられたので、いつもの床屋へ。

夕方は混むので、さっさと仕事を終わらして4時半に入店。それでも30分待つ。
私の番が回ってきた。いつもは、後ろ髪だけ長く伸ばして束ねているセンスを疑う50代ぐらいのおじさんに切ってもらうのだが、今日は私より少し年上ぐらいの人だった。

ただ、少しはげている。若干の不安がよぎったが、ここまできて引き返せない。そしていつも通りの注文を言う。

悲報。このおっさん全く敬語でしゃべらない。第一声が「どれぐらい切るー?」だった。心の中は「( ゚Д゚)ハァ?」だったが、いつも通りの注文をする。

いつも髪を切ってくれるセンスが怪しいおっさんは、隣の中学生の頭を洗っていた。

洗っていたのだが、洗い方がとてもドメスティックで若干イラッときた。物静かなガタイが良い中学生なのだが、頭持ってかれるんじゃないのか?ってぐらい激しく頭を洗っていた。二回も。

そして私のカットが始まったのだが、とにかく霧吹きをかける。私の髪質は薄いのでそんなにかけなくても…というぐらいかける。あと、座った時に思ったのだが、掃除をしないまま私を座らせたので、髪の毛が服に沢山付着している。

おいおいおいおい…心の中は穏やかじゃなかった。ある程度髪を切り終えた所で、顔剃りに。私は最近、口の周りの出来物が多く、自分で髭を剃る時はいつも慎重だ。

ただ、今日のおっさん…ガンガン剃る。とにかく容赦なしだ。あまりも痛くて終わったあと血が出ていないか確認したほどだ。

尚且つ、私の髭を剃っている間スタッフ同士でずっと喋っている。頼むから顔剃りの時は集中してほしい…という願いは叶わず終始ずっと喋る。

時には、私の顔剃りを中断し、話に夢中になっているのだ。とにかく心が狭い私だ。私の心は、それはそれは怒りに満ち溢れていた。

そしてカットも顔剃りも終了。私は目が悪くメガネをかけており、カットの時は勿論外す。

普通は店員さんがメガネをかけさせて、出来上がりをチェックさせる(両手がふさっがている為)。しかし、メガネはかけさせてもらえず、曇りあるマナコ(眼)で出来上がりを確認した(してない)。

とにかく心が狭い私なので、次は違う床屋にしようと思い、メガネをかけ鑑を見た。

「いい出来じゃねぇか」。そう、今までで最高の仕上がりだった。またくるぜ、大将。~完~

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

★吉井和哉様のかっこいい歌詞でブログ記事を更新してみた (2019年12月10日カル〇スブログ2)

★夕刊フ〇・東ス〇。日刊ゲ〇ダイの野球ニュースはなぜみてしまうのか?(2019年12月6日カル〇スブログ)

★弱い自己主張は捨てられて、強い個性だと殺される←吉井さん天才過ぎるでしょ。(2019年7月26日カル〇スブログ)

★「ぱくたそ」というサイトのフリー画像が色々とやりすぎな件(2019年6月23日カル〇スブログ)

★昨日女の子同士が手を繋いで歩いていました。最高過ぎます。(2019年6月9日カル〇スブログ)

ついったー→★gaharagi3(おつまむブログ)