日本が誇る夕刊3紙は小林1億円をどのように伝えたのか?オフも熱いぜ!フ●・ゲン●イ・東ス●!(2019年12月11日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。(不定期になりました)

 

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

 

おつまむ 
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

 

カル〇ス 
カル〇ス

許してね。

 

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

えっ?小林複数年ってマ?

こんにちは。おつまむです。最近ジャイアンツの全選手の契約更改が終了し、私が大ファンである小林捕手が1億円の大台に乗りました。

小林捕手もまさかの表情というか、満面の笑みで会見をしており、その笑顔は多くの女性ファンをまたも虜にしてしまいました。

小林捕手が一億の大台に乗った事で、100試合切っているの貰い過ぎィ!という人もちらほら見えますが、今まで怪我なくやってきて盗塁阻止率.419の4年連続トップ、高い守備力等々「今年帳尻を合ってきた」というのが私の個人的な感想です。

また、来年FA取得という事で、Bクラスまで引き上げたというのも少なからずあると思います。

さらに、小林誠司を流出すると間違いなく「グッズ」での売り上げ面はかなり下がると思います。

単純な人気だけですと、キャプテンの坂本選手が人気だと思いますが、小林捕手には熱心なファンが非常に多く、熱くなりすぎてツイッター上で良く分からない感じになっている人もいます。

ビジネス面にもおいて、小林誠司を流出させるとジャイアンツ側は大変な事にもなります。その分も考えると、私個人としては少ない気がしますw

とまぁ、私の個人的な感想がおいておきまして、今回はヤフーニュース界のレジェンド3紙、夕刊フ●・日刊ゲンダ●・東ス●はどの様にジャイアンツの人気選手「小林誠司」の1億円契約更改を伝えたのかをご紹介します。

このレジェンド3紙は「球団関係者」から熱心に取材をし、野球ファンの我々に時には笑いを、時には本当の情報を書いて驚かせてくれる素晴らしい夕刊紙3社です。

まずは日刊ゲンダイから…「巨人・小林が年俸1億円突破 スタメン減でも大幅4000万円増の意味

この小林ファンを煽ってくる感じが、もうワクワクしかありません。さて中身を見ていきましょう。

小林捕手は来年FAを獲得するという事で、他球団が小林の動向を気にかけているとの事。この記事によると、ジャイアンツより他球団の方が小林への評価は高く、年俸1億にしたから「出ていくなよ」というジャイアンツの意思表示でもあるという事らしい。

さらに(引用)「このオフは国内FA戦線で美馬、鈴木に逃げられ、連敗を喫している。さらに小林まで流出してしまったら、巨人の面目は丸潰れである。」

あくまで日刊ゲンダイの記者の考えた感想ではあるが、球団側は本当に思ってそうだから困る。さすがゲンダイ。分かっている。ただ、題名的に「小林がBクラスの選手」になった事も触れてほしかったかなぁという感じ。あと、内容が普通だった。

次は夕刊フジ…「独占スクープ! 巨人・小林誠司“1億円更改”の真相 実は3年契約のFA流出阻止策、原監督のメジャー流編成の一手か

ファッ?小林複数年なの?本人は単年って言ってたけど。どうやら夕刊フジは「秋季宮崎キャンプ中に全権監督が発した言葉に」をヒントに複数年を結んだのではないのか?と予想しているのだ。

また「シーズン終了後、フロントに残留交渉を急がせ3年契約を打診した。」と断言している。まぁこの記事は正直「推測」の域であり信頼性がとてもないのですが、「球団関係者」が出てきていないから、逆に私の中では信頼性が高いです。

ただ、本人が単年と言っていますのでね。国内FA権が射程に入ったが本人は「取れる保証もない」と言っているあたり、取ってから何らかのオプションで複数年になるのかな?

最近になって坂本選手が複数年契約を結んでいた事が明かされた事から、かなり疑っている感はありますよね。

最後は東スポ…巨人・小林 実は複数年契約だった

またぁ?!多分坂本選手の「実は複数年契約だった事件」からこの2つの夕刊紙はかなり疑い深くなっているのかな?

東スポが12/10・17:08、夕刊フジが12/10・16:56という事でね、東スポさん…負けです。

こちらも原監督の発言を取り上げ、複数年契約を監督が球団に進言したと伝えている。2社が同様の事を言っているからそうなのかなぁ?でも東スポと夕刊フジだしなぁ。

しかし今回ゲンダイ・フジ共に「球団関係者」がでてきていない。それだけで信頼性が高くなってしまうのは私だけだろうか?

ただこの記事、コメントにもあるようにちょっと分からない部分がある。(引用)「原監督が複数年契約も提案した背景にあるのは小林のFA流出阻止だけではない。プロテクト枠の少なさへの対応策でもある。あくまで原監督の理想は人的補償撤廃だが、一朝一夕には変わらないのが現状。ならば複数年契約という“プロテクト”を施すことで守ろうということだろう。」

うん? Aクラス及びBクラスのFA選手を獲得する際に発生する「人的保証」は、複数年契約を結んでいると、プロテクト対象外になるの?

ルール的にそんなのはないですし、文脈のニュアンスもなんか違う気がする。

「小林と複数年契約を結ぶ事で、人的補償が発生した際、小林をプロテクトから外しても、そこまでお金をかけて獲得する球団はない(契約は次の球団に受け継がれる為)」という事を言いたいのか?

それか「小林は複数年契約し、FAでの流出を避けなければいけない程の選手。もし人的補償が発生した場合は、そら(小林を)そう(プロテクトするのは当たり前だよなぁ)よ」という原監督の球団への訴えなのか?

はたまた「小林はジャイアンツと複数年契約を結んでいるぐらい重要な選手。だからプロテクト外でも他球団は取るなよ」と他球団への牽制になるという事を言いたいのか。

なんかまぶたがピクピクしてきたので私は考えるのをやめた…。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

ツイッター→★gaharagi3(おつまむブログ)
小林年俸1億やったぜ。どうなる来年?そして私が個人的に小林に期待する事と。(2019年12月9日#小林誠司)

FA失敗…どすこいメジャーへ…どんでんと化した原辰徳監督(2019年11月21日#小林誠司)