小林「菅野がおかしい…」菅野「行けます」???「よし行ってこい!」←その結果…(2019年9月18日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。

 

カル〇ス

 

カル〇ス

仕方ないね

 

おつまむ

 

おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

 

カル〇ス

 

カル〇ス

許してね。

 

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

小林捕手ほぼスタメンマスク!一方菅野投手は…

こんにちは。おつまむです。今週もやって参りました、ただの小林誠司捕手ファンの私が、ニュース等を見ながら小林選手をただただ持ち上げる日…そう!水曜日ですww
今週は9/11~9/16の巨人の試合を振り替えつつ、ジャイアンツの正捕手(勝手に思っているだけなので)小林誠司選手を振り返っていくぅ!

さて!早速!の前に今週の出来事をさらっと。最近はエース菅野を含めた投手陣が軒並み不調で、先発がなんと!!3人wwどうなってるねん。
菅野投手は腰の違和感で登録抹消(最短10日で戻り15日の阪神戦で先発)され、山口投手、桜井投手、ルーキー左腕の高橋投手のみという非常事態。
という事で、今週は一日ブルペン陣だけで回す「ブルペンデー」を一日挟む事が決定していました。
個人的にはメルセデス投手や戸郷投手が5回ぐらいまでそこそこ良いピッチングしてくれそうなので、素直に上げれば?と思ったのですが、きっと呼ばれないという事は、何かしらの原因があるのでしょう。

ブルペンデーを挟みますが、それでも現状先発は3人。今週桜井投手は中4日での登板になりました。また、小林捕手は守備だけではなく、打ってチームにも貢献できたのでしょうか?その辺りも含めて9/11からの試合を、小林捕手を中心に振り返りましょう!!


まず9/11の対横浜ベイスターズ戦から。先発は桜井投手。気迫あふれるピッチャーですね。
先発マスクは小林…ではなく炭谷捕手。やっぱり桜井投手には小林捕手でしょ!と勝手に思っていますが、まぁまぁ…。
試合は先発の桜井投手が4回6安打5失点で敗戦。坂本選手とホームラン争いしているソトに2打席連続でホームランを打たれるおまけつき…


さて翌日同一カード、9/12の先発はルーキー左腕高橋投手です。先発マスクは小林捕手!高橋投手は5回途中3失点という事で、5回投げ切る事ができませんでしたが、序盤から大きくリードを奪いなんとか勝利。
そしてまたソトに打たれる。正直ねぇ、ソトは何処投げても打たれる感じしかありませんでした。唯一インハイがいけるんじゃないか?と解説の人が言っていて、小林もインハイに要求。それが「インロー」に入り飛翔…正直あのインロー打つとは思いませんよ…。ただその後、併殺に仕留めたりしてなんとか抑え込みましたけど。あのゲッツーはしびれましたね!監督もあの場面で敬遠は無いっていってましたし。
ちなみにこの試合で小林捕手はヒット一本打ったのですが…あまりにも久しぶりの様な気がして、懐かしくなりました。


そして翌日2連戦は対広島。9/13は、先発山口投手でした。受けるキャッチャーは勿論小林捕手!やっぱりこのバッテリーは相性抜群ですね。
一時期怪我明けの時は中々勝てずに…という場面がありましたが、山口投手が8回途中1失点という好投で見事に勝利!次の日のプルペンデーに向けナイスなピッチングでした。
こういうフォークを使うピッチャーは、やはり小林捕手の守備。またヒーローインタビューでも「誠司のリードを含め」と言ってくれただけで、思わずに涙腺が緩む…。
またこの日の小林捕手は結構運が良くて?3回に押し出しのデッドボール食らったり、7回にいつも通りの良い所でのゲッツー病を、相手の守備が悪送球してくれたりと…。まぁデッドボールは運が良いとは言い切れませんが、正直相手投手の方が痛かったですね。
またこの日の川相さんの実況も面白くて、小林捕手はキャッチャーなので、もう少し配球を読んだバッティングを~とも指摘していました。からの良い所でのゲッツーコース。ふむ。百里ある。
でもまぁ、結果的に1失点で守り抜いてくれましたから、小林の打撃は多めに…ね?


さて9/14はブルペンデー。先発は澤村投手。先発マスクは炭谷捕手でした。まぁ色々な投手をリードするわけですから!経験豊富な捕手に先発を任せるの至極当然…。
澤村投手は3回を完璧に抑えるも、敗戦。ブルペンデーですからある程度負けは予想していましたが、広島のジョンソン投手と対戦して僅差での負けですからね…。ただブルペン消耗した感がすごかったです。


そして9/15は対阪神戦。先発はエース菅野投手。故障明けなのでまた炭谷捕手なのかなぁと思ったのですが、なんとスガコバ!でしたが、菅野投手4回4失点で降板。どうやら自分から降板を申し上げたようですね…。一回の三者凡退をみたら、某コーチの様に、復活ですね…これは…と思ってしまいがちですが、かなり下半身粘れていなかったようですね。ちょっと仕事で見れなかったのですが、小林が菅野の見ていないところで、ベンチにサインを送っていたようですし。
ちなみこの日の小林捕手は良い所でゲッツーを打ったり、三振してしまったりと、8回に代打を送られています。せめてゲッツーが無ければ…。本当に僅差で小林捕手を最後まで見る事が少ない(涙)


さて翌日9/16の試合は中4日で桜井投手。前回炭谷捕手とのコンビでしたが、今回は小林捕手とのコンビでした!桜井投手は押し出しのデッドボールで勝ち越し点を与えるも6回2失点と粘りましたが、2-1で敗戦。中4日でこれはかなり良い成績ではないのかと。
しかし、この1点実は小林捕手のタイムリーなのですよww久しぶりの打点でびっくりしました。まぁ仕事で見てなかったのですけど!ちなみその後6回の1アウト満塁のチャンスで三振して7回の守備の時に大城に交代してます。打点1つ挙げても、1アウト満塁で犠牲フライも上げられないのであれば交代。これがプロという世界…かどうかは分かりませんが、まぁ僅差ですし。野球は点取りゲーム。こういう僅差で負けていれば、打撃がアレな小林捕手は下げられちゃうのですよ。あぁ、4月の小林が年間続けば…。
試合は2-1で負けました。唯一の見せ場は、滅多にお目見えできない、小林捕手のだ…と9回の代走宮国ぐらいですかね。


さて、打撃はさておき(おいちゃダメだろ)炭谷捕手が戻る前より、先発の機会が増えた小林捕手ですが、この一週間での小林捕手が絡んだ試合で特に印象深いのが9/16の菅野投手とのバッテリーを組んだ試合。結果的に腰治ってませんでしたね。
ダイジェストとかでみても、明らかな手投げ。勿論その後抹消されました。CSまで抹消的な事を言ってましたが、長年の功労者ですから…。もっと休ませても…。
あとその談話がこちら→またまた腰痛で…巨人菅野の3度目抹消は“人災”とOB投手苦言

まぁあまり信用できる出どころではないのですが、この記事は中々衝撃的な内容でしたね。
ざっくり言うと…???「141キロ?カットボールかな?」小林「おかしい」???「菅野…いけるか?」菅野「大丈夫」~4回終了後~菅野「チームに迷惑はかけれません。降板します」???「…」

という事です。ピッチャーをやりくりしたり打線を組んだりするのもプロの方ですから、文句は言いませんが、流石にエースのプライドをもっている菅野投手に、この時期にいけるか?って聞かれたらそりゃ行くって言うでしょ…。
それでも小林捕手が試合中に何か首脳陣にサインを送ったり、一番受けている小林捕手が「おかしい」といっているのですから…。止めるのもコーチの役目じゃないですか…。

特に腰の怪我は解明されていない事が多いですから、完全に完治するのは難しいですし、最短で来た時におかしいと思いましたよ。
でもいつも初回は良い投球するからブルペンじゃ分からないですよね。まぁ、今後首脳陣が「エース復活」とか言っても話半分で聞く事にします。本当に菅野が潰れてしまわない事を祈るばかりです。

リーグ優勝は目前!このまま小林先発でも…!

今週小林捕手は先発マスク4回被りました!ちなみに炭谷捕手は2回!その中で小林捕手がスタメンマスクを被った試合は3勝1敗という事で。まぁこの一週間巨人は3勝3敗ですから、それなりに小林捕手の貢献度は高いのかなと思います。
投手と捕手でバッテリー。結局は投手の出来次第てのもあるのですけど!流れが良いのでこのまま小林捕手先発でいいのではなかろうか?と小林贔屓の私が提案致します。
ツイッターフォーローして下さい!なんでもはしませんが!→gaharagi3(おつまむブログ)

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

やはり最後に笑うのは小林!小林ファンとして強いて苦言を言うなら…打撃ぐらい。(2019年9月11日#小林誠司)

また叩かれる小林…しかし毎回「結果的に」勝利を勝ち取る小林…これだから小林ファンは辞められないw(2019年9月4日#小林誠司)

人気の野球漫画!球詠1巻のおすすめシーン19選!(ネタバレ注意)