やはり最後に笑うのは小林!小林ファンとして強いて苦言を言うなら…打撃ぐらい。(2019年9月11日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

マジック再点灯!残暑厳しい中小林もいい仕事もしています。

こんにちは。おつまむです。6連敗を喫していたジャイアンツですが、見事に連敗を止め、マジック再点灯。
また昨日の最終回、デラロサの160キロストレート後からのホームラン、からの解説佐々木大魔神の「バッテリー意味分からない」発言がありましたが、勝ちは勝ち!マジック再点灯9!
とまぁ、未だに小林捕手のリードに苦言が多い今日この頃、試合も終盤、今まで多くマスクは被ってきた捕手は誰ですか?そう!小林誠司なのです!

ちょくちょくリードが叩かれる男、小林誠司なのですがリードに関しては結果論だと個人的には思いますので。そのリードや守備等を含め捕手として一番評価されているのはそう!小林誠司ですよ!
しかしまだ、試合が残っているのでとりあえず目の前にあるリーグ優勝に小林捕手は貢献していただければと思います。
毎度毎度小林捕手を持ちげてしまう私ですが、時にはいちファンとして今回は少し苦言を言いたいなと思います。
と、その前に小林捕手の活躍を中心に9/3~9/10までの一週間を振り返ってみましょう!

まずは、9/4の対中日戦。ジャイアンツは帰ってきたエース菅野!バッテリーは…小林ではなく炭谷捕手…
炭谷捕手が嫌いとかではなく、私の様な小林ファンは、菅野と小林のバッテリーに強いこだわりをもっているのです。それが、前までは菅野と炭谷投手が組む事が多く、最近になってまたスガコバのコンビが見れるようになりました。
それがまた炭谷捕手に変えてきたという事はもしかしたら菅野調子悪いのでは?思っていました。
以前菅野投手の調子が悪くなった時、原監督曰くリードが上の炭谷にバッテリーを変えましたからね。まぁ見事に予想的中。2回4失点で降板。「普通じゃない」という事でそのまま登録を抹消。そして8-4で負けました。
小林捕手はその後9回にマスクを被っています。


9/5は今年大ブレークした桜井投手です。受けるキャッチャーは小林捕手!やったぜ!このバッテリー好きなんですよねぇ~。
桜井小林バッテリーは7回まで0行進を続け、7回裏に小林の代打で出たゲレーロがホームランを打ち、桜井の代打で出た田中が二塁打、その後丸の技ありの犠牲フライで2点を先制!しかし、その後8回表に3点を奪われ逆転を許しそのままゲームセット…。
まぁ、桜井と小林の代打で得点できたのですが、小林がもう少し打てたら…小林にもう少し信頼があれば…


実際この試合の解説者の山本昌さんは、フットワークが良かったと小林を評価していましたし、「同じピッチャーとしては代えて欲しくなかったですね。続投していれば、完封する確率は高かったと思いますよ」ともいっています。(山本昌氏、巨人の先発・桜井を「代えて欲しくなかった」)

また、小林捕手のリードを結構評価している里崎さんもこの日のバッテリーを絶賛。「直球とカーブ、カットボール、チェンジアップ。4つの球種をまんべんなく投げきった」「小林のリードと桜井の抜群の投球は「1+1」を3にも4にも5にもさせるコンビネーションを生んだ。それだけに、中継ぎ陣が踏ん張れなかったことが悔やまれる。」(巨人桜井4球種投げ分け好投、制球も抜群/里崎智也


そして9/6は対ヤクルト戦、ジャイアンツの先発は期待の左腕高橋投手。受けるキャッチャーは小林捕手でした。ルーキーなので炭谷捕手かなと思いましたが、小林!
ついに小林の時代きたか?と勝手に思っていました。初回、バレンティンにすごい2ランを打たれましたが、その後は0行進。6回2失点としながら負け投手に。やはり高橋投手は球数が多くなってしまいますよねぇ。
その後8回に3点を追加され、ジ・エンド。小林捕手は7回に代打を告げられ交代しています。


9/7のヤクルト2戦目の先発は山口投手、捕手は小林捕手!そこはまだ健在で良かった…。山口投手は6回途中4失点で13勝目を挙げ、試合は10-6で勝利。ようやく連敗ストップ…。怪我明けから山口投手はいまいちピリッとしませんが、まぁ…勝てばよかろうなのだぁ!6連敗中は本当にアレでしたが、勝つのがいかに大変か思い知りましたね…。ちなみに小林捕手は7回に代打を送られ途中交代しています。


その後試合中止と休みを挟み9/10の対横浜戦。横浜は左腕のエース今永投手。そして今永投手は中8日と万全の体勢。
一方こちらは、投手不足から中継ぎから先発に回ったクック投手。球種的には先発向きですけどね。ただ3回ぐらいから怪しくなり、4回には極端にやばくなりましたよねw逆にあそこまで悪かったからスパッと投手交代できたのかもしれませんね。
まぁ今日は勝てる未来が全くなかったので、半ば諦めながら試合をみていたのですが、、、中継ぎが踏ん張り、0を重ね岡本選手の2打席連続ホームランもあり4-2で勝利!


なにが嬉しいって、最後まで小林捕手を見れた事ですね。最後デラロサがホームラン打たれて、解説者の佐々木さんに色々言われてましたが難しいですよね。結果的にホームラン打たれてしまいましたが、勝ちましたし反省するとこは反省してでいいと思います。

さて、天王山である対横浜戦の初戦をとれたのはかなり大きいのではないのでしょうか?また、小林が4試合連続スタメンマスクというのも小林ファンとしては嬉しい限りです。
ただ、やはり小林ファンとしては昨日の試合の様に9回までみたい!!
守備も素晴らしいですし、最近たまにリードは叩かれますが、結果的に抑えている、ただやはり打撃が…4月の世界のKOBAYASHIは?


良い所でゲッツーを打ってしまう(9/6のヤクルト戦の様に)小林も、正直個人的には嫌いではない!むしろそういう所も含めて良い!
そして小林アンチからいっぱい叩かれながらも、結局そういう声を黙らせて最後に勝つ小林が好きなのです!
まぁ印象残る場面でゲッツー打っていたら代打も出ますよね…。

残り試合でせめて打率250に…(切実)

という事で、最近チャンスを掴みまくってモノにしている小林捕手に、いちファンとして少し苦言を言ってみました。
しかし、今シーズン始まった時は炭谷捕手の加入がありボスの「250打てなきゃ」発言やらなんやらありましたが…炭谷捕手が怪我で戦列を離れたとはいえ、結局一番信頼を得たキャッチャーは小林捕手でしたね。
とりあえず、打率250切っているのでね!まぁ、2軍に落とす事は無いとは思いますが、250打てないと一軍にいれないみたいな事をシーズン序盤監督が言っていたので、残り試合全部先発して、いっぱい打って打率を是非爆上げして頂きたいですね。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

また叩かれる小林…しかし毎回「結果的に」勝利を勝ち取る小林…これだから小林ファンは辞められないw(2019年9月4日#小林誠司)

DeNA戦カード負け越し…炭谷捕手復帰間近?もっと小林捕手を使ってくれてもええんやで?(2019年8月28日#小林誠司)