ついに出てきてしまった…[女子高生の無駄づかい]マジョ!マジョと他キャラの絡みが良い!

三度の飯ぐらい好きな漫画の作品と言えば…そう!「女子高生の無駄づかい」ですね。さてさて、女子高生の無駄づかいは、打ち切り等も経験しながら、なんと今絶賛アニメ化しているのです!
私が女子高生の無駄づかいを知ったのはニコニコ静画でして、知った時は打ち切り後ぐらいか、連載再開した時ぐらいだった様な気がします(曖昧)


ぶっちゃけニワカにも程があるのですが、とにかく最初女子高生の無駄づかい読んだ時はお腹がよじれる程笑ってしまいまして、そのあと少ししてからアニメが決定。その時に単行本をすべて揃えました。なので単行本の表紙は新しく書き直した物になります。
さて、そんな私が女子高生の無駄づかいの中で好きなキャラが「マジョ」です。女子高生の無駄づかいアニメ6話で「マジョ」が出てきたので、マジョの魅力をご紹介しようと思います!

女子高生の無駄づかいで人気「マジョ」!アニメの声優等もご紹介!(ここからネタバレあり)

女子高生の無駄づかいは主人公のバカ(田中)とヲタ(菊池)とロボ(鷺宮)の3人を中心とした、女子高校生の話です。日常系?とはまた違う感じで…女子高生の無駄づかいという作品はこの3人を中心としたギャグアニメです。女子高生の無駄づかいの作者はビーノさん。その中で出てくるキャラの一人が「マジョ」です。

マジョは女子高生の無駄づかいの中では大変人気のキャラで、ニコニコ静画の第1回人気投票では2位、第二回では4位と安定した人気をみせているののがマジョです。ちなみに第2回一位はリリィ、二位はワセダでした。ワセダの人気やばすぎるww


それでは女子高生の無駄づかいの「マジョ」についてご紹介。マジョは主人公?のバカこと田中が付けたあだ名です。本名は「九条翡翠」です。アニメの声優さんはM.A.Oさんが担当しています。
性格は人見知りで、オカルト大好きな女の子。琥珀という双子の妹がいて、琥珀曰く「私が姉のコミュニケーション能力や感性をすべて奪いとってしまい、姉にはカスしか残らなかったんじゃないかって」と発言する程に変わった女の子です(女子高生の無駄づかい2巻参照)

逆に妹の琥珀の行動力は素晴らしく、不登校気味の姉のマジョを学校に行かせるために、違う高校のバカ達に声を掛ける程です。女子高生の無駄づかいアニメ6話では琥珀がバカ達に声を掛ける所から始まります。琥珀が声を掛けるのは単行本2巻です。
そして「女子高生の無駄づかい」というタイトルだけあって、この作品の面白さは、色々なタイプの女子高生のカップリングです。


女子高生の無駄づかいのマジョの魅力をより知ってもらうために、マジョが中心のアニメ6話のご紹介と、女子高生の無駄づかいアニメ6話でマジョがカップリングした女子高生のお話をご紹介します。

女子高生の無駄づかい6話カップリング「マジョ×バカ×ヲタ×ロボ」

女子高生の無駄づかいのop前は、いつもバカこと「おもしれー女」の凄い話から始まるのですが、その最中に話を掛けてきたのはマジョの双子の妹である九条琥珀。
不登校気味のマジョと友達になってくれと頼むのです。そこでバカが即友達になる事を了承するのもかっこいいですし、琥珀が「二足歩行するツチノコを見つけた」と騙して呼び出し、怒ったマジョに対してバカが「どうも、二足歩行するツチノコです」と返すのもかっこいい…いや…おもしれー女…


という事で、マジョとバカ達が友達になり、翌日マジョは学校にくるのです。そしてお近づきになったお礼としてミサンガをバカ達に渡します。あれ?髪短くなってない?
そして、女子高生と自然な会話をする為に、マジョは琥珀から会話の極意を教わる。「それな」「うける」「かわいい」この3つを使いこなせばとりあえず女子高生の会話についていけると伝授。

そんな感じで会話をしているとヲタが「そんなの気にせず喋っていーのに」と励まし、ロボは「理解(わかって)くれる人だけ大事にすれば良い」と助言。女子高生の無駄づかいで、胸に刺さる良い助言です。マンガでは、帰り道に買ったハミチキをホルマリン漬けにしているのですが、アニメではそのシーンはありませんでした。良かった良かった(フラグ)

女子高生の無駄づかい6話カップリング「マジョ×ハジメ」

「それな」「うける」「かわいい」の被害にあった人がここに…。女子高生の無駄づかいアニメ6話では、ハジメがマジョに話しかけるシーンがあります。
そこでマジョの「それな」の受け答えに対しハジメは「ソーメン・冷麵・ナポリタンの頭文字を取ってそれな?…意味が分からない」と困惑。そういえば、ハジメって頭が良いけど、頭が弱い子でしたね…。

女子高生の無駄づかい6話カップリング「マジョ×ロリ」

女子高生の無駄づかいの中でも特に異色のカップリングと勝手に思っています。すごいイノベーションが起きそうです。ロリとの絡みは、マジョが琥珀と恋愛映画を見に行った時、ばったり遭遇するところからです。この二人をみた琥珀の感想…「2人も面倒くさいwww」

さて、血みどろな映画が好きなマジョさんですが、この恋愛映画はやはり合わなかった様です。単行本でもアニメでも「早く誰か殺されないかなー」と思っていますが、アニメでは「この人交際相手がいるのに」と割とまともな事を言っています。ロリは…まぁ本当にロリだなぁ。

そしてその映画を観た後、妙に意見が合う2人…。マンガではその後2人は意気投合して、マジョがロリを映画に誘うのですが、アニメでは別個にバカ達を通じてロリを映画に誘うシーンがあります。その時食べていたチョコバットをマジョはホルマリン漬けにするのです。ここでホルマリン漬け回収。勿論マジョが好む映画はアレですから、ロリは地獄の120分が…。その後ロリから避け続けられるのですが、ロリとマジョのカップリングの話は今後もあるのでこうご期待です!

女子高生の無駄づかい6話カップリング「マジョ×ヤマイ」

女子高生の無駄づかいのキャラの中で、一番マジョと相性が良いカップリングと言えるのがこのヤマイ。オカルト×中二病の破壊力ときたら…。「それな」「うける」「かわいい」被害を受けたヤマイは、教室の前で「危険度レベル3マジョを要注意人物に指定」と警戒する。それをみた担任の先生ワセダが「危険度で言えばお前のそれは最後のステージだぞ山本」とするどいつっこみをいれるww

放課後マジョと掃除が一緒になるヤマイ。ヤマイはマジョにとある質問をぶつけます。それは「マジョとやら、お前何か隠している事があるだろ?
尚、下駄箱の上に座っている為、マジョはヤマイの下着をばっちりみている模様。すばらしい。
先ほどの質問に対しマジョは「人の血を見るのが三度の飯より好きなんです」と告白。びびるヤマイ。そしてゴミを捨てる為にチリトリを取りに行くマジョは、昼にバカ達とやっていた遊び「死に方あみだ」の紙を落とす。それをみてヤマイ驚愕。素手でゴミを捨て、ゴミ捨てもヤマイが行い、ヤマイは心から「マジョだけは怒らせんどこ」と決意する。
今後のこの二人のカップリングは多く、特に面白いので是非注目です!

女子高生の無駄づかい単行本は2・3・4巻辺り!

現在絶賛アニメ放送中の「女子高生の無駄づかい」の人気キャラ「マジョ」についてご紹介しました。女子高生の無駄づかい6話アニメの予告を見た時からついに来たかと。作中一番ぶっ飛んでいるすばらしいキャラです。

マジョは人気が安定しているキャラです。アニメの感じも良いですし、「それな」「うける」「かわいい」の言い方もかわいい!もっとマジョ好きになりました。女子高生の無駄づかいアニメも6話が放送されまして…ますます面白いキャラが今後も沢山登場します。もっとマジョが出てくる事を祈りつつ今回は終わりにしたいと思います。

内部リンクはブログの基本ですよね☆

女子高生の無駄づかい!本当にアニメ化までたどり着いて…(感無量)(2019年5月30日カル〇スブログ)

アニメ化した女子高生の無駄づかい!見どころは「ワセダ」!(2019年7月22日カル〇スブログ)

ぼっち・ざ・ろっくの面白いシーン10選!素材と化したぼっちちゃんww

育成ゲー系漫画「スライムライフ」の面白さがビルドアップしている件(2019年7月16日カル〇スブログ)

[球詠]詠深ちゃんのぐう畜な発言が目立つ件(2019年4月23日カル〇スブログ)