対広島嫌な予感的中…その中でも輝いた(と思う)小林誠司!(2019年7月24日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

対広島にまさかの3連敗。また広島を勢いづかせてしまった巨人。

こんにちは。おつまむです。今日は水曜日という事でね…そう!我らが誇る名捕手、小林誠司についてお話させていただこうと思います。
さて前回の小林記事で、小林誠司という男は存在感が増してきており、限られた役割の中で仕事果たしてきている。また山口投手の活躍もありかなり存在感を増してきているのではないのか?というお話をさせて頂きました。
ですが、不安もあると。それは大型連勝中に広島との対戦がなく、3連戦が控えている事、一方広島は大型の連敗をしていて、巨人戦によっては浮上のきっかけをつかむのではないのか?と 私は思っていたのです。

理由は、とにかく巨人自体が広島アレルギーである事と、前半戦調子が悪かった広島を目覚めさせてしまったのは巨人であるからです。あと、広島打線と小林のリードの相性が悪い意味で良いって事と。

そして迎えた対広島3連戦。これは私が思った以上の事が起きました。あっ、勿論悪い意味ですよwまさかの3連敗。流石にこの勢いの中で3連敗するとは思わなかった。
野球って良くも悪くも流れのスポーツです。この対極の流れのチームの対戦がまさか…と。

対広島に苦手意識を持っているというのは分かっていたので、1勝2敗は覚悟していたですが、流石に3連敗は受け入れ態勢が…。
そして、3連戦すべて終盤で勝ちきれない戦いをしたのが巨人。この3連敗はやっかいな相手を呼び覚ましてしまったと私は察しました。
今巨人は独走状態ですが、ハッキリいって不安。特に「広島」に1勝もできなかったというのが、なんだか不気味ですよね。

ですが、その対広島戦にて私は「小林誠司」という男は輝いていたのではないのかと思います。まぁ、1戦目は炭谷捕手だったので正確には2戦ですけどね。
では、この対広島3連敗について少し振り返りましょうか。まず1戦目は巨人のエース菅野。受けるキャッチャーは炭谷。まったく、いつになったら小林捕手にもどしてくれるのやら!

菅野は7回途中4失点。ウーン、やっぱりピリッとしないですねぇ。しかもこの試合はかなり巨人優勢で進めていたのにも関わらず、負けましたからね。負けは3失点を喫したマシソン。マシソンってなんか広島と相性悪いイメージしかないですね…。そもそも病み上がりですし。
結果的に、この優勢でゲームを進めている中でのこの負けはかなり痛いなと。この勝利で、広島は流れを呼び戻しましたね。

そして翌日7/20の先発は今村投手です。バッテリーは勿論小林捕手!一度炭谷捕手とも組んだことはありますが、やはり今村投手は小林ですね。
そして勝ち投手は…今村投手!あっ、広島のね。
結果的に巨人の今村投手は7回2失点で一応広島には追い上げられはしたものの逆転は許さず。やはり今村投手は6回以降ですね。
とはいっても7回2失点は先発としては普通に合格ライン。これからも小林捕手と相談しながらどんどん成長していってほしいですね。

そして今村投手・小林捕手共に8回に代打を送られ、その裏に田口が打たれ逆転。そのままゲームセット。
ここで、もし小林捕手がもう少し打てたなら…と思うのは、小林狂の私だけかもしれませんが、こういった緊迫した試合の終盤では、やはり守備力が高い小林誠司が適任だと思うのですよ。でもまぁ、野球は点取りゲームですし、仕方ない。ただ、しれっとデラロサが失点しているのが気になるなと思ってました。(ヤクルト戦へのフラグ)

対広島戦最後は7/21ですね。この日先発は桜井投手だったので、今日は炭谷捕手かぁっと思っていたらまさかの小林誠司!前桜井投手と組んだことはあるのですが、その際は今村投手が炭谷捕手と組んでいました。
なので、前日に今村投手と組んだ小林誠司は今日は出番はあっても終盤かなと思っていたところにまさかの!

これは、小林捕手かなりチャンスまわってきたのではないのか!!そして、小林捕手も期待に応える様に、リードでも守備でも見せてくれました!小林キャノンも見れたし満足、満足!てか小林の前によく盗塁しようと思ったなww
結果的に、緊迫した1-1のスコアの中、小林捕手は8回に代打を出され交代。そのまま延長で鈴木誠也にサヨナラヒットを打たれ終戦。そして負けはマシソン…。

エラーも絡んでるからなんともですが、やっぱり広島との相性が悪い。あと打てないから仕方ないのだが、終盤に小林捕手を変えるのはやはり不安でしかない。逆に終盤小林捕手を守備固め的に使うのは賛成ではあるけど。でも、あまり中川投手と相性良いイメージもないですし…ウーン。
ですがこの日の強気のリード…。やっぱり小林最高だわ。最近はピッチャーともすごい会話しているし。

スタメンマスク勝率が下がっています。そこも小林らしくて好きww

さて、さて今回は対広島戦3連敗という事ですが、その中でも輝いていたのは、小林捕手だと私は思います。
お気づきの人も多いと思うのですが、小林捕手はすべて交代した後にチームが負けています。つまり小林誠司のスタメンマスク勝率が下がっているのですww
逆に終盤守備固めで起用される事もありよくでてくる小林誠司ですが、その時はいくら勝利に貢献しても炭谷捕手や大城捕手のスタメンマスクの勝率が上がるだけでwwなんか、本当に過小評価される男ですよね。

ですが、それが小林誠司らしくて良いのですよ。評価しているファンも多いですし、とりあえず終盤になればなるほど小林捕手の力が必要なんですから、パパッと打てるようになって正捕手になって下さいよ。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

存在感がより濃くなってきた小林誠司と最近少し不安な点と。(2019年7月17日カル〇スブログ)
なんだかんだ言って巨人が首位!どすこいと小林のコンビも最高!若手は炭谷に任せて…あれ?(2019年7月10日カル〇スブログ)
巨人のエース菅野と小林誠司という男と。(2019年7月3日カル〇スブログ)