職場のパワハラ対策はポーズだけ!10年前社会に出てからどこも一緒!(2019年7月23日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

社会にでて約10年の私がパワハラ・セクハラ問題について現状を教えたい

こんにちは。おつまむです。最近吉本興行のパワハラ問題や、とあるDJ集団の炎上商法で、「パワハラ・セクハラ」問題について考える機会が増えました。
今回は、社会にでて約10年ちょいの私が、今まで渡り歩いて企業の経験から、パワハラ・セクハラ問題について思う所を紹介していきたいと思います。

まず、私自身パワハラやセクハラを受けた事があるのか?と言われれば、セクハラは受けた事無いが、パワハラは受けた事は何度もあります。しかし、これは私が何も勉強せずにここまで過ごしてきて、選ぶ職の幅が少なかったというのも理由の一つです。また、個人的な能力も低いですし。

あと、社会にでてこれはパワハラだなと思う出来事を経験した人は結構多いと思います。勿論、受け手の問題もあります。ちょっと注意されただけで、パワハラだという人もいますしね。

さてこのパワハラという定義については非常に難しいですが、私はどのような真っ当な理由でも「声を上げ恫喝する言い方」と「仕事に関わる事以外の事で不快だと思われる事を言われた時」はパワハラと判断し、すぐに仕事を辞めてきました。

まず、そうやって言われるという事は、自分の能力とその職場環境や、職場での能力が足りてないという事ですから、すぐ辞めた方が良いと思うのですよ。変に能力をつけて戦力になってから、やっぱり辞めますとか、職場に迷惑しかけませんから。

さて、このセクハラ・モラハラ問題なのですが、私が約10年前社会にでて就職してから、ずっと「セクハラ」「パワハラ」はいけませんよ!と言われ続けています。

幸いにも誰かがセクハラ行為をしている所を見たことはありませんが、パワハラは申し訳ないですが、今までの会社で全部見てきました。

そして、今週3程度しか行ってないバイト先でも普通にパワハラはあります。個人的な経験からの意見ですが、未だにパワハラ又は、それに近い事に関しては、改善されている傾向はないのです。

過去に受けてきたパワハラは色々ありますが、一番衝撃だったのが最初入社した会社でしたね。初めて社会にでたばかりという事も大きな要因です。

入社して間もない頃に「仕事量私の方が多いのにお前と給料変わらない」とか、あとミスしたら無視されたりとかは普通にありました。ただよくよく考えると、この会社が一番パワハラが少なかったかなと思います。

ここの会社にはパートで入社したのですが、そういった腹立つ事を毎日のように言われていたので、早く出世して社員になりこういう行為を無くしたいと思っていました。結果的に半年ぐらいで社員になる事ができ、私にパワハラ行為をしていた奴は大人しくなりました。というか、違う部門に移動しちゃいました。

ただ、面白い事に「パワハラ行為」の認識が大きくずれてるやつって、組織には2割程度いて、いくら私が偉くなってパワハラを無くしても、部下が私の見えない所でパワハラまがいな事を働いているのです。

逆にセクハラ行為というのは、パワハラよりかは具体例を出しやすいので、幸いそういう事をしている人は見たことはないです。

パワハラに関しては、具体例を出すのが本当に難しい。私が、上の立場で働いていた時、私自身が臆病者で強く注意されたり、恫喝するような言い方をされるのが嫌だったので、強い口調で注意した事はあまりしませんでした。

「あまり」なので私の記憶の中1回だけ強く言ってしまった事がありまして。それ以外にも本当は覚えていない事もあって、私がもしかしたらパワハラ行為を働いてた事もあるかもしれません。

パワハラといのは、本当に自分自身がいつおこしてもおかしくない問題です。(今はそういう立場じゃないので気が楽です)

また恐ろしい事に、企業側が「パワハラ」を強要する事もあります。私は基本的に、強く注意せずなぜそうなったのか等の相手の「言い訳」をしっかり聞き、こうやった方が正解だったねという言い方を心がけました。

勿論パワハラ防止でもあるのですが、私自身が間違えてミスをする事もあります。もし私が強言い方で注意して、ミスったら部下はどう思うか?

それで、強く注意しない私をみて、上の上司がこういうのです「もっと強く注意しないと相手の為にならないよ」と。確かにそうかもしれません。私も強く言われた過去があるから今まで這い上がってきました。

ですが、時代が違います。いや、本音を言えばパワハラする程度の奴の能力は低いと思っているので。周りから、そういう「低能」と思われたくないだけなのですよね。三角形の面積の求め方分からない低能ですけど。

今各所で話題のパワハラ問題はどう思う?

今回は私のしょぼい人生経験から、パワハラセクハラ問題について思う所を述べました。「パワハラ」というのは、どの様な人でもしてしまう可能性があるのです。

また今話題になりました、吉本興行の社長も「和ませようと」みたいに冗談だったと言ってますが、これは多分本気で言っているのです。あの社長も「パワハラ」の認識がずれた組織の「2割」の人なのです。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

なんだかんだ言って巨人が首位!どすこいと小林のコンビも最高!若手は炭谷に任せて…あれ?(2019年7月10日カル〇スブログ)
ぼっち・ざ・ろっくの面白いシーン10選!素材と化したぼっちちゃんww