巨人のエース菅野と小林誠司という男と。(2019年7月3日#小林誠司)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

毎週水曜日に一週間の小林捕手についてまとめてます。

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

野球ド素人なので、正直リードとか分かりません。

カル〇ス
カル〇ス

許してね。

内容は薄いです。ノークレームです。それでも良いのであれば、ご覧ください。それではスタートダヨー!

今年は菅野と小林誠司のカップリングみれるのかなぁ…

こんにちは。おつまむです。水曜日は小林誠司の日という事で、今回も巨人が誇る名捕手小林誠司捕手について語っていきたいと思います。
小林捕手と巨人の絶対的エース菅野は相性が非常に素晴らしく、プライベートでも仲が良いので、ガチで関係すら疑ってしまう、素晴らしいカップリングです。
そんな素晴らしいカップリングの二人ですが、菅野投手が体調を崩し登録を抹消され、再登録された時に菅野投手の球を受けたのは、西武よりFAで加入した炭谷捕手でした。

炭谷捕手も素晴らしいキャッチャーです。巨人の首脳陣が、炭谷捕手と若手のピッチャーを組ましている辺りリード面においては小林捕手より、炭谷捕手の方が上手という事が伺えます。

ただ、菅野投手に関してはどの様なリードでも勝ってしまう。また、小林捕手のリードというのは、様々な評論家の人の意見を参考に調べたところ「打者中心のリード」なので、すべての球が超一流の菅野投手とは相性が良いのです。

逆に炭谷捕手は色々な選手の話を聞きメモをとっている姿を見ると「投手中心のリード」なのではないのかと思います。
また経験値でいえば炭谷捕手の方が上なので、投手中心のリードでありながら、状況を読んだリードも出来るのが、原監督からしたら「銀ちゃんの方がリード面において一枚半上」と言わせる要因の一つなのでしょう。

しかし、小林捕手は素晴らしい守備力あり投手は安心して球を投げる事ができます。でないと前年にノーヒットノーランを2回も達成する事なんてできませんからね。守備力と菅野投手との相性が良いリードがあり、2人は素晴らしいバッテリーを展開してきました。

しかし、最近は炭谷捕手がバッテリーを組んでいます。これは私も悔しい。ただ、昨日の試合を見て私はハッと思ったのです。
昨日の対中日戦は菅野投手と炭谷捕手がバッテリーを組みマウンドに上がりました。そして見事に完封。単純に怪我をしながら投げているから、中8日で休めたというのもありますが、テレビでみている感じでは菅野投手の球は結構高めに浮き本調子とは思えませんでした。
ですが結果は完封勝利です。
菅野投手の能力が高い事や中日打線が冷え冷えだったのもありますが、キャッチャー小林誠司だった時に、同じ結果がだせていたのか?と思った時、私はそうは思えませんでした。

勿論小林捕手は素晴らしい捕手です。ですがやはり小林捕手がリードしていても昨日の試合は同じ結果だったと自信をもっては言えないのです。

では、この現状について菅野投手はどう思っているのか?菅野投手が連載している面白い記事を見つけたので、次はこの記事を引用を交えてご紹介させていただきます。(参考記事→【巨人】菅野智之の思い…炭谷、小林、若手のこと、ケガは「今後の糧に」
題名は【巨人】菅野智之の思い…炭谷、小林、若手のこと、ケガは「今後の糧に」です。怪我から得た教訓や、バッテリーを組んだ炭谷捕手から学んだこと、同学年の小林捕手について等、菅野投手が想いを綴っています。

まずは体の方から、菅野投手はこの様に語っています→本当に完全に治るのを待っていたらシーズンが終わってしまう、そんなに迷惑かけられないと思い、投げながら治していくことを選ばせてもらいました。(引用)
というように、やはり体については現状良くないと言う事です。中5日の中で怪我を治しながら投げ続けられるのかは少し疑問な所です。
この様に、本来の菅野投手ではないという事が伺え、小林捕手のリードだと…と判断されても仕方ないのかなとも思います。また菅野投手は炭谷捕手についてこの様に語っています。→一番思ったのは、銀さんは腹をくくっている。「コース狙い過ぎなくていいよ。ツーシームど真ん中でいいよ」とか。「ここは真ん中でもいいぞ」とかジェスチャーでも示してくれる。投手を楽にしてくれるなと感じました。(引用)

勿論小林捕手の事を否定している訳ではありません→勘違いしてもらいたくないのは、別に小林誠司が腹をくくっていない、という訳じゃないですよ。そんなつもりは1ミリもないですから。誠司とはこれまで、いろんなものを積み重ねてきた自負がありますし、誠司には誠司の良さがあって銀さんには銀さんの良さがある。(引用)

また配球面に関しては「捕手のリードで抑える事はあっても、リードで打たれる事はあまりない」という考えで、負けるのはそこに投げ切れないピッチャーの責任ともいっています。

その事について、小林捕手にも謝ったとも述べていますし、小林捕手も「俺のせいだから」とかなり悔しがっている様です。記事にもありますが、小林捕手が菅野投手とバッテリーを組むときは、試合にかけている部分もあると思いますし、一ファンの私としても胸が熱くなる素晴らしいバッテリーだと思っています。

私は小林×菅野のカップリングを待ち続けます!

本当は、この菅野投手の記事についてもう少し触れたい所ですが今日はこの辺りで。本日のピッチャーは若手の桜井投手ですね。まぁ先発スタメンのキャッチャーを見なくても炭谷捕手だと分かります。
今、巨人は若手の良いピッチャーがバンバンマウンドに上がっています。ですので、後半戦キャッチャー小林の出番は減るのかなと。ただ、必ず小林捕手にもチャンスはあります。個人的に小林誠司という男はかなりの豪運だと思っています。間違いなく期待されなくなってきたなと思った時に、ぽろっと活躍するのです。
是非今回の事を糧にして、できれば今年中に菅野×小林のベストカップルをマウンドでみたいですね。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

小林!いや小林捕手様。巨人の捕手と言えば小林誠司だぞ!(2019年6月12日カル〇スブログ)
小林捕手のリードの評価まとめ!野球ド素人だけどまとめてみた!(2019年5月29日カル〇スブログ2)