最近の転生系は「悪役令嬢」!ニコニコ漫画でも沢山あります!面白い!(2019年7月1日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス 
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ 
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス 
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

悪役令嬢系漫画が異常に面白いのですが。

こんにちは。おつまむです。ニコニコ漫画大好きな私です。それでタイトルにもあるのですが、最近ニコニコ漫画でもやたら目にする「悪役令嬢系転生もの」が今面白いと。

殆んどの原作がいわゆる「なろう系」の「転生もの」なのですが、特に最近のトレンドは「悪役令嬢系」だと私は思います。
実際漫画になっているものも非常に多く、私もにわかながら、2作品ほど今日一日使って拝見させて頂きました。本当は、もう1作品見たのですけどちょっと諸事情があったのと、ニコニコ漫画の中には、ある程度話が進むと、途中のストーリーが消えているものもあり、3作品目は正にそれでした。
まぁ、ちゃんとした雑誌で連載していて、振り返り連載みたいな漫画は、最初の数話と最近の話数話公開されている作品が殆んどなので。そのへん、ぼっち・ざ・ろっくは全部公開していてすごいわー。

悪役令嬢系・転生作品は、各作品で全然違いますが、いくつか共通点があります。

転生先はギャルゲーのゲーム内であり、どの主人公もそこそこにやりこんでいる設定です。だから悪役令嬢に転生したとしても、結構うまく生きていける。けど、悪役令嬢という運命力には逆らえない事が多いです。
そこからクリアしたゲームの記憶を頼りに、悪役令嬢として上手く生き抜いたり、運命力に逆らえないという事で別の道を選んだりと、様々に話は分岐していきます。

また主人公の転生前は大体辛い人生を歩んでいる事が多くボッチ。でないとギャルゲーなんてやり込めないですしね。あと転生する際の亡くなり方は、トラック一辺倒ではなくて、作品によって違います。やっとあのトラックは救われたんやなって…。

ここまでネガティブな共通点ばかりでしたが、最後はポジティブな意見も。悪役令嬢系作品はどれもしっかり話が作られていて面白いという事です。
読んでいて関心したのですが、この悪役令嬢・転生系というカテゴリは様々な話が展開できますし、ゲームの世界に転生しゲームの記憶はあるとはいえ、「悪役令嬢」のバッドエンドな、運命を回避する為にどの様に話を進めて行くのかも、毎回気になります。

また悪役令嬢の運命をなんとか変えようと、色々と策を講じて頑張る悪役令嬢を好きになってしまったうのです。だって、交代されたヒロインってすごい魅力的やん?
これは私の持論なのですが、主人公のファンが多い漫画や作品は名作が多いと思っています。幽白は別。
最後に、今日一日読んでいた悪役令嬢転生系漫画を1つご紹介させていただきます。

・悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました

 

この作品は、悪役令嬢に転生した「アイリーン」がバッドエンド回避の為に、ラスボスである魔王「クロード」を攻略していくというストーリーです。ゲーム内での悪役令嬢アイリーンの死に方はある意味で悲惨ですからね。
もち転生前にやりこんでいるので、魔王攻略の方法も知っているのですが、色々な事情が重なり新たな攻略や切り抜け方をしていくのもこの話の魅力。

 

2巻の最後にお試し読みの原作がのっていたのですが、個人的には原作の方が好きかも。ただ、漫画は漫画の良さがあり、特にアイリーンのキャラ絵!悪役という感じも出しつつどこか優しさもある感じで私は好きです。あと、ラノベ読むのつらい。

この世の中は悪役令嬢に溢れている

という事で今回は、なろう系特有の「転生系」からさらに発展した「悪役令嬢系」の作品が面白いという事をご紹介させて頂きました。
最初の入りとかは割とどれも似たり寄ったりなのですけど、悪役令嬢ってこんなに分岐するのっ?!て感じですね。
あと、大体の話の始まりは婚約者と幼馴染で、小さいころ結婚の約束をしていて、頑張り過ぎて悪役令嬢になってしまって、ぽっとでてきたヒロインにやられるっていうね。
そりゃみんな悪役令嬢好きになりますやん。
という事で今回は、ニコニコでも大流行りな転生系悪役令嬢作品に。。ついてご紹介しました。それでは。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

もっと百合漫画!おつまむさんの3選!社会人百合もイイネ!(2019年6月5日カル〇スブログ)
かわいいホラー漫画「見える子ちゃん」が急激に私のツボを押してきた[1巻買うしかない!]