やっぱり吉井和哉の歌詞は美しい…私の好きなソロ吉井和哉の歌詞!2(2019年6月22日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

YOSHII LOVINSON名義最後のアルバムから!

こんにちは。おつまむです。最近なんとも言えない天候の日が続く今日この頃。今日は雨も降っていて、こういう日はイエモンのJAMの歌詞がずっと頭を駆け巡ります。

さてさて、今日は、私の大好きな吉井和哉様のお気に入り歌詞をご紹介しちゃおうかと思いまして。前回からの続きですね。
今回はYOSHII LOVINSON名義では最後のアルバムになります、「WHITE ROOM」から個人的に美しい歌詞をご紹介しようかと思います。
こちらのアルバムの全体的な特徴ですが、個人的にはノスタルジックな吉井和哉様を味わえるアルバムではないのかなと。
私は非常に頭が悪いのですが、このアルバムは全体的に意味深というか、色々と深く考えてしまう歌詞が多く、すべての曲のフレーズがいちいちかっこいいのです。
この後の吉井和哉名義の曲と比べると、全く別物なのですが、しかし吉井和哉名義のソロ曲には別の良さがあります。
今回のアルバムは、ノスタルジックで憎たらしい程の美しい歌詞の曲が多く、イエモン時代にかなり近い感じはあります。
とまぁ、アルバム全体の個人的な私の感想は置いといて、「WHITE ROOM」から美しい吉井和哉の詩の数々をご紹介させていただきます。

吉井和哉個人的お気に入りの歌詞…PHOENIX「羽ばたけ羽ばたけ羽ばたけ 元気出せ元気出せ もう恐れる事勿れ」

暗い感じなんだけど、凄いかっこいい曲なんですよ。最後の、落ち着いた曲調の中でこの歌詞が出てくるのだけど、曲調の感じと2回繰り返しているのが、自分に言い聞かせている様な感じがして好きです。

吉井和哉個人的お気に入りの歌詞…CALL ME「何年過ぎても同じさ 人が人の上を目指し」

吉井和哉のソロ曲で特に名曲とも言われるのがこの歌。歌詞の中の「君」は神を指している事が判明している。この「君」の正体が分かる事で、色々とハマっていくのですよねぇ!そんで、ここの歌詞はいわゆるブリッジと呼ばれる部分なのですが、社会って本当に色々メンドクセーって思う瞬間。でも「雑草みたいにさりげなく、アスファルトを突き破りたい」よね。

吉井和哉個人的お気に入りの歌詞…欲望「脂肪と同じだよおいしいほど後が怖い」

人間の欲望を分かりやすくかっこよく歌っている曲。触んないでクレー!!

吉井和哉個人的お気に入りの歌詞…WANTED AND SHEEP「逃げる事目的は生きるためそれだけ」

終始暗い感じの曲調で、歌詞の6割ぐらいウォンテッドシープで、何かの比喩表現ばかりなのだけど、この歌詞は妙に納得してしまう。

吉井和哉個人的お気に入りの歌詞…JUST A LITTLE DAY「喜怒哀楽の絵の具を重ね重ね何重にも重ねて」

これまた吉井さんの美しブリッジの歌詞。歳とる度に実感します。またこの前の曲「RAINBOW」の後に聞くから良いのです!

吉井和哉個人的お気に入りの歌詞…NATURALLY「ぶきっちょでまっすぐはいいんじゃない?」

暗い曲なのですけど、すごい良い歌詞だらけなのです。人は人それぞれだけど一つだけ共有するものがあるって、この曲で言っているのだけど、まだ言わないんだって。

吉井和哉個人的お気に入りの歌詞…トブヨウニ「捨ててしまったもの戻ってこないけれど なくしてしまったものなら急に帰ってくることあるんだぜ」

吉井さんの歌詞で特に好きな歌詞。この曲全部がかっこいいけど、PVがかなりふざけてるww

吉井和哉個人的お気に入りの歌詞…WHAT TIME「ジョンレノンは天国などいないさ レコードの中だよ」

歌詞にジョンレノンが出てくる驚きと、さらっとかっこいい事を言える吉井さんに感服です。夢に向かって、気休めだって黙って走ります。

やっぱり最高じゃないか

という事で今回は、YOSHII LOVINSON名義では最後のアルバム「WHITE ROOM」から、個人的に好きな歌詞をご紹介しました。
本当ににわか丸出しで申し訳ないのですが、個人的にソロ活動のアルバムの中では、このアルバムが一番好きです。暗い曲が多いのだけど、時には励まされたり、ノスタルジックな気分になったり、これ以上にないぐらいに落ち込んでみたりできる素晴らしいアルバムです。
最近は平々凡々なので、吉井さんのソロをSDカードにいれて、まとめて聞いているのですが、とにかく気分が落ち込んだ時は、WHITEROOMを黙って曲順に聞くのが最高です。
という事で、今日はこの辺で!

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

吉井和哉の歌詞が美しい…おすすめの歌詞まとめ!(ソロ)1(2019年5月8日カル〇スブログ2)
吉井和哉様が作る「ブリッジ」が美しい(2019年3月7日カル〇スブログ)