リサイクルショップの原価率ってどれぐらい?元リサイクルショップ副店長が教えて進ぜよう(2019年6月7日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

リサイクルショップによっても原価率は異なる

こんにちは。おつまむです。いきなりですが、リサイクルショップの原価率ってどれぐらいなのでしょうか?
リサイクルショップの買取はどれぐらいで、粗利率はどれぐらいあるというのは何回かご説明しているのですが、リサイクルショップの粗利率や原価率について、案外つっこんでご説明した事がなかったので、今日少しつっこんでご紹介致します。

私はいつもリサイクルショップの粗利率は総合すると70%という事は常々お話しています。なので店側が100円で売ると想定した時、30円の買取になるという事ですね。あくまで例です。原価率の計算となると「売り金額の原価÷売上高×100」ですので、原価率は30%という事になります。
あとこれは私が勤めていたリサイクルショップを元にご説明しています。リサイクルショップによって、原価率はおそらく変わると思いますので、あくまで参考程度に。(保険をかけていくスタイル)

それで、この原価率30%って普通の小売業ではあまり考えられない数字だと思うのですが、大抵の人は、そんな高く買い取ってもらったイメージはないと思います。
理由は簡単です。誰でも手軽に売りに出そうとする服・雑貨類はもっともっと原価率が低い為です。
売り上げの70%が利益と言いましたが、服・雑貨に関しては8割~9割が粗利(利益)です。下手したら、靴も服飾として括られてしまう場合があるので、靴に関しても同じぐらいになる場合があります。
勿論しっかりとしたブランドや、中古相場が高い服・雑貨は原価率30%以上で買取しますが、殆んどはあって無いような買取金額です。在庫が増えやすい商品カテゴリなので売場で溜まりやすく実は回転率はそこまで良くないので仕方ない面もあるので許してね。

逆に粗利率が低い・原価率が高いカテゴリは「黒物家電」です。テレビ・パソコン等色が黒い家電の事ですね。私が勤めていたリサイクルショップで粗利率は30%~50%。一般の小売店のPB商品ぐらいの粗利率にはなりましたね。黒物家電に関しては、そんなに入ってくる商品でもないですし、回転率も良いので粗利率は低いのです。
ただ、想定する金額はリサイクルショップによって差がでます。田舎にあるリサイクルショップ(この変だとあいうえおやビッグバン)は黒物家電はかなり強気な価格をつけています。理由は新品の家電がどこも高いからです。逆に全国チェーンのリサイクルショップは安い傾向があります。
また、年数によっては粗利率70%で計算されます。大体高価買取してくれる年数は5年が目安です。

大きく粗利率の平均値が変わるカテゴリははこれぐらいで、あとは粗利率約70%です。しかし、家具と家電においては粗利率80%・原価率20%になってしまう事があります。
それは、出張買取です。出張買取は店から人員を出し、トラックを使いお客様の家を周ります。またお客様宅という事で細かい動作のチェックもできません。
経費的な問題もありますが、リスク回避の問題の方が実は大きな理由です。さらに物が大きいですし、運び出した時に床や壁を傷つける危険だってあるのも、買取金額が低くなる理由の一つです。

あと高く売れない物の代表格の一つが「ソフト」です。ただ最新のソフトの粗利はかなり低いですし、分母もでかいので合わせたら約粗利率70%。
古いソフトやCDは基本的に粗利率80%ぐらいなので、少し新しめのソフトやオークションが熱いソフトじゃないと捨てた方が早いです。

その他、粗利率が安定しないのが「スポーツ用品」です。スポーツ用品って、服もあれば、ギア物もあったり、小物もあったりします。高い釣り竿だったら原価率は高くなりますが、それでも50%~40%ぐらい。スポーツ系の服・小物は雑貨と衣料品と同じ扱いの場合が殆んど。それ以外はほぼ粗利率70%という所です。

趣味物は本当に店によって違いすぎる…

リサイクルショップの原価率・粗利率について詳しい内容をそういえば話していないなぁと思ったので、今日ご説明しました。
リサイクルショップの粗利率は全部合わさって粗利率70%、原価率30%ですがカテゴリによってその率は変わります。
ですが、趣味物に関しては本当に店によって全然違います。先ほど申し上げた「スポーツ用品」もそうですが、「楽器」「カメラ」この3カテゴリは本当に店によって差が開きます。電話で聞いても正確な買取金額は教えてくれないので実際に持って行くしかないのですが…。
とにかくリサイクルショップにいって、その売りたいカテゴリの金額を見て高く買い取ってくれるリサイクルショップかどうかを判断する事ぐらいしかできませんね。
この粗利率・原価率だと自分でオークションとかメルカリで売った方がと思うかもしれませんが…まぁ即お金にできるというメリットもありますし…(震え声)

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

リサイクルショップで売る事をおすすめする理由! (2019年5月29日カル〇スブログ)
服・雑貨はリサイクルショップに期待するな!これがリサイクルショップの闇。草。(2019年5月17日カル〇スブログ)