[スポーツ向け]着圧レギンス!元スポーツ店員がおすすめの3選をご紹介!(2019年5月30日カル〇スブログ2)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

元スポーツ店員の私が着圧スパッツについてご説明します

こんにちは。おつまむです。最近気温も暑くなる今日この頃。運動でも初めてみませんか?(強引)
という事で今日はスポーツの際におすすめの着圧スパッツを3つご紹介します。前に女性向けの着圧レギンス・スパッツについてご紹介したのですが、今日はスポーツをする人向けです。
前と内容が重複しますが、なぜスポーツをする際に着圧スパッツは有効なのかをさらっとご紹介します。
着圧ウェアというのは、体を程よく締め付ける事で血液の流れを良くする作用があります。水道の蛇口にホースをつけ、ホースの先に圧をかけると水が勢いよくでるあの原理と一緒です。
なぜ、女性編の着圧スパッツとスポーツ編の着圧スパッツに分けたのかというと、着圧の原理は同じでも、用途が異なると肌荒れ等トラブルがおこる事があるからです。

また着圧スパッツには、サポート機能がついているものもあります。これは、スポーツをする事を想定した作りと、日常生活を想定した作りではサポート性能は異なります。
前ご紹介した女性向けの着圧スパッツの中には、運動も大丈夫と謳っている着圧スパッツもありますが、元スポーツ店員としてはおすすめできません。サポートの性能が異なりますし、日常を想定されて作られた着圧スパッツは、肌荒れを起こしたり、性能を長く維持できないからです。

特に女性は、男性に比べ骨格や筋力の差があるのにも関わらず、普段からヒールを履いたりするので、血液の循環は悪くなります。もし運動をする場合は、日常生活用とスポーツ用と分けて使う事をおすすめします。
とまぁ、前置きはこの辺にしておいて、元スポーツ店員の私がスポーツにおすすめの着圧スパッツを3つご紹介します。是非参考にして下さい!

スポーツにおすすめの着圧スパッツ①…アンダーアーマー「UAラッシュレギングス」

初めての着圧レギンス・スパッツとなると、私はアンアダーアーマーの着圧レギンスをおすすめします。アンダーアーマーの着圧レギンスのサポート性能はそこまで高くはありませんが、着圧の性能は非常に高く履きやすいのです。また、快適性に関しても私が色々履いた中では、間違いなくアンダーアーマーのレギンスが一番です。もし過去に大きな怪我をして、引きずっているという場合はおすすめ出来ませんが、特に過去大きな怪我がない場合はアンダーアーマーのレギンスが一番です。

スポーツにおすすめの着圧スパッツ②…CW-X「ジェネレーターモデル」

 

 

こちらは打って変わってがちがちのサポート性能がある着圧レギンス。CW-Xの中には様々なサポート性能があるレギンス・スパッツがあります。あまりサポートが欲しくない、逆に欲しいなと思っている人等全員の要望をかなえてくれる素晴らしいブランドです。こちらのジェネレーターモデルは大きい筋肉は勿論ふくらはぎまでしっかりサポートしてくれる、CW-Xのハイサポートモデルです。
サポート性能も勿論いいのですが、独自の段階着圧設計もいい仕事をしていて、このギアを履いていると本当に甘えてしまうなと感じてしまいますね。ただ、サイズがしっかり合って無いと逆に動きづらくなるので注意

スポーツにおすすめの着圧スパッツ③…スキンズ「A200 DNAMIC CORE」

 

 

ハイパフォーマンスを狙うのであれば、スキンズのロングスパッツがおすすめ。こちらは、スキンズの人気モデルです。スキンズの凄い所って、スポーツ選手がハイパフォーマンスを実現するために、努力を惜しまず研究を続けているという事です。なので、スポーツ時どのんな時でも、適切な着圧を掛けてくれるのです。また、肌触りがいいのもおすすめするポイントです。
着圧スパッツ・レギンスは理論上パフォーマンスを向上させるギアですが、着圧に馴染めない人もいます。そういった人の中には、スキンズのスパッツだけは大丈夫という人もいるぐらい自然な履き心地を実現しています。

着圧レギンス着用の注意点

着圧レギンス、特にスポーツタイプは、サポート機能や段階着圧等、結構しびやな作りをしています。ですので、サイズの選び方に関しては細心の注意が必要です。サイズが合わないだけで、逆に怪我をする事になる事もあります。
あとは、着圧が人によって合わない人もいるので変だと思ったら使用を控えるのが最善。という事でここでは、着圧レギンス・スパッツについてご紹介しました。

私個人としては、アンダーアーマーを愛用しているのですが、スキンズのふくらはぎのみをサポートする着圧ギアを買おうかなと検討中です。サポートタイツも良いのですが効率のいいパフォーマンスをするのが一番疲れを和らげる事なのかなと最近感じている為です。ですので、しばらくアンダーアーマーのタイツで頑張ります。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

[女性向け]着圧レギンス!元スポーツ店員がおすすめの3選をご紹介!(2019年5月16日カル〇スブログ)
アウトドアシューズと言えば!キーンのジャスパーだよねぇ(2019年5月2日カル〇スブログ)