今の小売店に積極的な接客は必要?接客されたくない人の対策もご紹介!(2019年5月12日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

正直積極的な接客は嫌ですし、されたくありません。

こんにちはおつまむです。今日は日曜日という事で、小売店に勤めている人の殆んどは出勤しているかと思います。という私も小売店でバイトをしているので、先ほど仕事が終わり帰宅致しました。
さて今日は、様々な小売店で働いた私が思う事を話題にしたいと思います。それは「今の小売店で積極的な接客は必要なのか?」という事です。私は様々な小売店に勤めてきました。その中で小売店の接客の考え方は店によって全然違うなという事を毎回痛感してきました。
主に、小売店の接客の考え方は3パターンで「積極的に接客にいけスタイル」「接客してほしそうな人をみたら声をかけろスタイル」「お客様が声を掛けてくるまで絶対に接客をするなスタイル」の3つです。

私はコミュ障なので基本的に声をかけに行くのは非常に苦手ですから(なぜ接客業を選んだのか)なるべくなら、自分からお客さんに声を掛けたくはありません。また、自分が逆の立場にたった時、店員に話を掛けられるのも嫌なのです。
ですが!先ほども言った通り、コミュ障なので、困った時に店員に話しかける事も出来ず、「話しかけてくれよ」と思う時もあります。
クッソわがままな客ですよね。でも、そういうお客さんって意外にいて、アンケートとかに「困っている素振りを見せているのに声を掛けられなかった」という意見もそこそこあります。ですので、小売店としての接客の仕方としては「接客してほしそうな人をみたら接客にいけスタイル」が正解に近いのではないのかなと思いす。
ただ、小さいお店やテナントに関していえば、セルフで売れる割合と接客で売れる割合が大型店舗と比べ違いますので、接客に積極的にいかなければいけません。←とでも言うと思った?残念。
私が「接客を積極的にいけスタイル」のお店に勤めていた時、お客さんに近づくと逃げられたり、お客さんによっては「話しかけてくるな」と怒られた事もあります。
結局私の経験の中での持論ですが!もしかしたら私が気持ち悪いから怒られただけかもしれませんが!店員も話かけたくないし、逆の立場だったら話かけられたくない人の方が絶対多いでしょ?むしろ気軽に話しかけて売り上げ落としているぞ?と私は思います。
という事でそんな私みたいに、接客をされたくない人の為に!店員に話かけられない対策を、長年接客業に勤めてきた私が3つご紹介します。
誰得かは分かりませんが、小さなショップだと結構接客してきますので。また、大型店舗でも積極的に接客をしてくる時もあります。是非接客されたくない人は参考にして下さい。
店員から話しかけられない対策①…イヤホンをつける

鉄板かもしれませんが、イヤホンをつけていると、店員は接客に行きづらくなります。「行きづらく」なので、ぐいぐいくる人は来ますけど…。大型店で積極的に声を掛けてくるお店に有効です。小さい店舗はぐいぐいくるので無理です。

店員から話しかけられない対策②…店員と目を1度でも合わせない様にする

店によっては、お客様に一度でも目が合えば接客に行けと言う方針をもったお店もあります。なので、店員が近づいてきても冷静に。目を合わせない事が重要です。もし、一度目が合ってしまった場合が、商品をみるのではなく店全体をみましょう。なるべく早歩きで。
なぜなら商品を見ていると「サイズお出ししますよ~」等という切り口で話を展開します。また、ただ店をみていたら「何かお探しですか?」という切り口できます。なので早歩きで。それでも話かけられた場合は、「見ているだけなので」で会話を終了させましょう。それか強めに「結構です」とお答えするのが良いでしょう。私は「見ているだけなので」と言った後即立ち去ります。

店員から話しかけられない対策③…商品を長く持たない

最近はお客さんが嫌がっているのを察しているのか、必要以上に声掛けするお店も少なくなりました。ですが、相変わらず商品を手に長く持ったら声を掛けてくる店員もまだまだいます。つまり、長い事商品を持たなければ良いのです。逆に望みの商品があれば、商品をじっくりみたりしていれば近いずいてきます。まぁ、あまり接客をしないお店だと来ない事が多いのですが。個人的に、自分で在庫を探す環境を提供してくれればいいかなと思います。

今店員にもとめられるのは知識と売場管理力

という事で、今回は接客に来る店員から身を守る対策をご紹介しました。本当に接客にくる店員嫌いです。こっちはじっくりみて、自分のタイミングで声をかけるっつーの。(コミュ障なので勇気がいりますが)
では今小売店の店員に求められているのはなんでしょうか?このネット通販で安く買える時代に。と問われると非常に難しい問題です。だって、ネットで安く買えますし、店員に話かけられないですし!そりゃネットで買えますもん。
ですが、お店で買える「信頼性」はありますよね。ネットで安く買い偽物だったという話もよく聞きます。そういった「信頼性」を求めてくるお客様に店側はどうすれば良いのか?
それは、高い売場の管理能力と、お客様に納得してもらう程の接客力・知識力を身に着けるという事です。とまぁ、本当はまだまだ言いたい事はりますが、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。それでは。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

4月26日オープン!元靴屋の店員が帯広のABCマートに行ってきました!(2019年4月26日カル〇スブログ②)
[老害元副店長]売場の陳列方法はこうやれ!!(あまり信用しないで下さい)